映画「座頭市 牢破り」


勝新太郎                       三國連太郎

今回は山本薩夫監督1967年製作「座頭市 牢破り」をピックアップする。
本作は、勝プロダクション第一回作品で、“座頭市”シリーズ第16作目になる。俳優陣はベテランが勢揃いして山本薩夫監督が演出された事もあり、勧善懲悪の座頭市にならずに、刀による闘いでの人の生死を、観客に問いかける作りが良かった。

座頭市シリーズ


西村晃                        浜田ゆう子

【ストリー】
一宿一飯の恩義から富蔵親分(遠藤辰雄)の使いに立った座頭市(勝新太郎)は、相手の朝五郎親分(三國連太郎)の気っぷのいい態度に難題をまとめることができたのだが、朝五郎を追い落す機会だと、もめごとが起るのを待っていた富蔵の反感を買った。おまけに市が、百姓を大切にする朝五郎に惚れて頼まれもしないのにインチキ賭博の人質にとられていた百姓を富蔵の手から助け出したことから、頭にきた富蔵は子分の貞松(酒井修)や仁三郎(細川俊之)らに市を襲わせた。彼らが市の居合にかなうはずもなかった。市はその夜、千葉周作直伝の腕を持ちながら、国の大本は農にありと剣を捨てて土地の百姓たちと農業に励む大原秋穂(鈴木瑞穂)を知った。大原は剣の道は虚しいと、暗に市をさとした。しかし翌日、再び市を狙う富蔵たちに、市は手向わずにはおれなかった。富蔵を斬った市は再び旅に出た。アンマ仲間に入って安らかな日々を得たいと願った市だったが、成金にへつらう盲人の世界もいやらしいものだった。そんなある日、市の前に仁三郎が現われ、関八州出役の須賀(西村晃)から十手を預った朝五郎が百姓を痛めつけ、仁三郎の恋人志乃(浜田ゆう子)を須賀の妾にされたと語った。朝五郎の人柄を知る市は耳をかさなかった。ところが数カ月後、市は女郎屋で会った志乃から彼の言葉が正しかったことを知った。百姓をたぶらかし一揆を企てたとの理由で大原が縛についているとも知った市は、急ぎ村に戻った。村は荒れはて、須賀や新興商人の山源(松下達夫)と結託した朝五郎一家に、百姓たちは惨めな生活をしていた。朝五郎を信頼していた市にとって、これは意外なことだった。そんな市を朝五郎はせせら笑っていた。市は大原を助けようと朝五郎一家に殴り込んだが、一足ちがいに大原は江戸に送られた。その後を追った市は峠で一行に追いつき、須賀や朝五郎らと悽惨な闘いをまじえ、彼らを倒して峠を一面の血の海に染めた。市は大原を助けることができたものの、朝五郎に裏切られた。彼の心は、何か虚しく、またひとり、何処ともなく旅だっていくのだった。


鈴木瑞穂                        細川俊之

題名:座頭市 牢破り
監督:山本薩夫
企画:伊藤武郎、宮古とく子
製作:永田雅一
原作:子母沢寛
脚本:中島丈博、松本孝二、 猿若清方
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:林土太郎
美術:西岡善信
擬斗:土井茂
記録:藤岡輝夫
編集:菅沼完二
音楽:池野成
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:土井茂
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、三國連太郎、西村晃、浜田ゆう子、鈴木瑞穂、細川俊之、石山健二郎、遠藤辰雄、藤岡琢也、松下達夫、玉川良一、京唄子、鳳啓助、古川緑九、伊達三郎、酒井修
1967年日本・勝プロダクション+大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
-座頭市 牢破り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


勝新太郎「座頭市 牢破り」

映画「アパッチ」


バート・ランカスター                ジーン・ピータース

今回はロバート・アルドリッチ監督1954年製作「アパッチ(APACHE)」をピックアップする。
本作は、アルドリッチの監督2作目にして初の西部劇になる。先住民のキャラクターを褐色メイクした白人俳優たちが演じたのに違和感はあるものの、’50年代当時のアメリカで、アパッチ族の戦士を反逆のヒーローとして描いた事は評価出来るのではないだろうか。


チャールズ・バチンキスー(チャールズ・ブロンソン)  アパッチ(APACHE)

【ストリー】
アパッチ族は酋長ジェロニモ以下が合衆国に降伏して捕らえられたが、その中の1人マサイ(バート・ランカスター)は列車護送中に脱走し、故郷の西部アパッチへ帰りついた。しかし、彼のいない間に故郷はすっかり変貌し、マサイの恋人ナリンリ(ジーン・ピータース)の父サントス(ポール・ギルフォイル)が、名前だけの酋長にまつりあげられていた。マサイはアパッチ族が自立するには青年たちの意欲を農業に向かわせなければならないと主張したが、サントスに裏切られて再び敵に捕らえられる。だが、マサイはまたもや護送中に脱走、ただ1人山中に隠れて、合衆国と裏切者に対する復讐に燃え立った。そしてある日、ナリンリを誘拐して隠れ家の廃鉱へ連れてきた。最初は2人とも互いに打ちとけなかったが、次第に愛情を抱き合うようになり、冬が来る頃には結婚して小さな小屋を営んだ。春が訪れた頃、ナリンリは身篭っていた。あるとき彼女が村へ下って食糧を盗んできたことから足がつき、2人の小屋は合衆国軍に包囲された。マサイは1人敢然と敵に立ち向かったが衆寡敵せず重傷を負う。マサイが最後の力をふりしぼって敵に向かおうとしたとき、突如赤ん坊の産声が一際高く聞こえた。声の方をふりむくマサイを撃とうとする合衆国兵士は、誰ひとりとしていなかった。かくて、マサイは農夫となって一生を送り、アパッチ帰順の先覚といわれるようになったのである。


アパッチ(APACHE)

題名:APACHE
邦題:アパッチ
監督:ロバート・アルドリッチ
製作:ハロルド・ヘクト
原作:ポール・I・ウェルマン
脚本:ジェームズ・R・ウェッブ
撮影:アーネスト・ラズロ
録音:ジャック・ソロモン
美術:ニコライ・レミソフ
衣装:ノーマ
編集:アラン・クロスランド・ジュニア
音楽:デヴィッド・ラクシン
現像:テクニカラー
出演:バート・ランカスター、ジーン・ピータース、ジョン・マッキンタイア、チャールズ・バチンキスー(チャールズ・ブロンソン)、ジョン・デナー、ポール・ギルフォイル、ウォルター・サンド、モーリス・アンクラム、モント・ブルー
1954年アメリカ/スタンダードサイズ・カラー87分35mmフィルム
アパッチ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


アパッチ(APACHE)

映画「ラーメン大使」


フランキー堺                      船越英二

今回は島耕二監督1967年製作「ラーメン大使」をピックアップする。
本作は、東宝専属俳優だったフランキー堺さんが、1958年から1969年まで制作された”駅前シリーズ(全24作)”の「喜劇 駅前満貫(監督:佐伯幸三)」と「喜劇 駅前学園(監督:井上和男)」の間に大映で制作された人情喜劇である。同年の他作品と比べて、感覚が古いなという印象だった。


渚まゆみ                        高毬子

【ストリー】
大小さまざまな船が停泊している横浜港に着いた貨物船で中国服を着た男が日本にやってきた。王さん(フランキー堺)である。古びた頭陀袋を堤げて、感慨無量の面持ちである。28年前、中国で極貧の生活を送っていた王さんは、一兵卒の山川(星ひかる)という日本人にお金を借り、今、その恩返しをしようと日本にきたのである。しかし、山川という名前だけでは探しようがない。王さんはクリーニング店の六さん(三角八郎)や長島巡査(船越英二)の世話で「万来軒」に住み込み、根気よく山川さんを探すことにした。たちまち王さんは人気者になってしまった。たどたどしい日本語も人気の原因だったが、何よりも王さんのチャーシューメンがおいしかったからである。そんな間に、訪ねてみた山川さんがとんだ人違いだったりしたが、ある日、ひょんなことから100万円を盗んだドロ棒を捕えたことから、王さんは全国に紹介されることになった。ところが、ニュースを聞いて現われたのは、山川組の親分で、王さんに金を貸したという。しかし、この親分は戦争中、刑務所に入っていたことが分った。その他、王さんの善意を利用しようとする人が次々に現われて、彼は弱ってしまった。しかも旅券の期限が迫っていた。万来軒のおしげ婆さんや六さんも奔走してくれたが、なかなか本物の山川さんには会えなかった。ところが、ある日、たったひとつの手掛りをもとに訪ねてみると、王さんの前に現われた老人こそは、探し求める山川さんたった。山川さんは実は、23円50銭を王さんに貸したのである。二人は再会を喜び、やがて、王さんの帰国の日には、六さんや長島巡査も駆けつけ、王さんは満足そうな笑顔を浮べて故国へ帰っていった。


春川ますみ                     若水ヤエ子

題名:ラーメン大使
監督:島耕二
企画:藤井浩明
原作:花登筐
脚本:舟橋和郎、花登筐
撮影:渡辺徹
照明:泉正蔵
録音:三枝康徐
美術:高橋康一
記録:沓掛恒一
編集:鈴木東陽
音楽:大森盛太郎
現像:東京現像所
製作主任:真鍋義彦
助監督:遠藤重行
スチール:沓掛恒一
出演:フランキー堺、船越英二、渚まゆみ、高毬子、春川ますみ、若水ヤエ子、人見きよし、星ひかる、中村是好、市村俊幸、丸井太郎、三角八郎
1967年日本・大映/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
ラーメン大使 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


フランキー堺、船越英二              ラーメン大使

1 2 3 540