映画「拳銃無頼帖 電光石火の男」

拳銃無頼帖 電光石火の男
「拳銃無頼帖 電光石火の男」赤木圭一郎
拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
赤木圭一郎                     浅丘ルリ子

今回は野口博志監督1960年製作「拳銃無頼帖 電光石火の男」をピックアップする。
本作は、赤木圭一郎さん主演の「拳銃無頼帖 抜き射ちの竜」に続く拳銃無頼帖シリーズ第二弾(全4作1960年制作)である。赤木圭一郎さんは、1959年に鈴木清順監督「素っ裸の年令」で初主演を果たし、20本以上の日活アクション映画に出演し、その風貌から”和製ジェームズ・ディーン”と呼ばれ人気を博したが、石原裕次郎さんの怪我で代役となって撮影に臨んだ「激流に生きる男(吉田憲二監督)」の日活撮影所内で撮影中、昼休憩時(1961年2月14日12時20分頃)に、ゴーカートを所内で運転中に操作を誤り、大道具倉庫の鉄扉に激突した。慈恵医大病院(狛江市)に緊急搬送されたが、1961年2月21日に21歳の若さで惜しまれて亡くなった伝説の映画俳優である。

拳銃無頼帖 電光石火の男
「拳銃無頼帖 電光石火の男」浅丘ルリ子
拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
二谷英明                        宍戸錠

【ストリー】
大津組の貞夫(杉山俊夫)と殺し屋の五郎(宍戸錠)が夕陽の燃える砂浜で対決した時、長身の男が現われて五郎の拳銃を吹き飛ばした。男が貞夫と共に姿を現わした時、大津組幹部の辰吉(高品格)は血相を変えた。男は3年前大津組親分仁作を闇討したハイライト興業の元幹部丈二(赤木圭一郎)だった。しかし射ったのは丈二ではなかった。仁作(菅井一郎)もそれは知っていた。丈二は足を洗うつもりで、ボス麻島(武藤章生)の身代りで刑務所に入った。だがこの町に残した恋人圭子(浅丘ルリ子)にひかれて帰って来た。丈二を愛していたが音沙汰の無いのを悲しんだ圭子は東京で警官をしている仁作の一人息子の昇(二谷英明)と婚約していた。圭子の心は乱れたが、丈二はきっぱり忘れることにした。昇が刑事部長としてこの町に赴任して来た。暴力追放を宣言した昇は早速ハイライト興業の根城を襲い、麻島を激怒させた。東京から昔五郎の情婦だった歌手のジーナ(白木マリ)が舞戻って来たが、丈二に熱を上げたジーナは別れ話をして五郎を怒らせた。麻島は五郎に丈二を消すことを命じた。圭子は昇と婚約を解消した。大津組のシマにある喫茶店「異邦人」が襲撃された。ハイライト興業の仕業とにらんだ大津組も、警察も色めき立った。昇の忠告もきかず、怒った仁作はハイライト興業と対決することを決意した。暴力団狩りが始まり、麻島の乾分が次々と検挙された。昇の暗殺を五郎に頼んだが丈二が引き受けた。丈二の真意を知る麻島は五郎に丈二と昇を両方殺すことを命じたが、丈二は昇をかばって難を逃れた。その夜の深更、大津組とハイライト興業は、第三波止場のB倉庫で決戦することになった。麻島らが奇襲を企てて待ち伏せる波止場に丈二の姿が現われた。兇弾が火を吐く。しかし丈二は子分達の手首を鮮やかに射落した。五郎が挑んだ。しかし五郎の胸を射抜いたのは丈二ではなかった。ジーナだった。ジーナも五郎の弾丸に倒れた。B号倉庫に大津組がなだれ込んだのと、昇の指揮する警官隊が突入したのは同時だった。麻島らは残らず縛についた。さん然と輝き出した海を、丈二と圭子はいつまでも見つめていた。

拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
白木マリ                      宍戸錠、藤村有弘

題名:拳銃無頼帖 電光石火の男
監督:野口博志
企画:浅田健三
原作:城戸禮
脚本:松浦健郎
撮影:永塚一栄
照明:河野愛三
録音:高橋三郎
美術:小池一美
特技:天羽四郎
技斗:高瀬将敏
音楽:山本直純 主題歌:赤木圭一郎「野郎泣くねえ」「夕日と拳銃」
記録:小林圭子
編集:辻井正則
現像:東洋現像所
製作主任:山野井政則
助監督:宮野高
色彩計測:上田利男
出演:赤木圭一郎、浅丘ルリ子、二谷英明、宍戸錠、白木マリ、藤村有弘、菅井一郎、吉永小百合、高品格、武藤章生、杉山俊夫、嵯峨善兵、志方稔
1960年日本・日活/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム

拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
赤木圭一郎、吉永小百合、杉山俊夫          杉山俊夫、高品格
拳銃無頼帖 電光石火の男拳銃無頼帖 電光石火の男
赤木圭一郎、浅丘ルリ子             拳銃無頼帖 電光石火の男

映画「肉体女優殺し 五人の犯罪者」

肉体女優殺し 五人の犯罪者肉体女優殺し 五人の犯罪者
宇津井健                      三ツ矢歌子

今回は石井輝男監督1957年製作「肉体女優殺し 五人の犯罪者」をピックアップする。
本作は石井輝男監督デビュー初年度にして、すでに新東宝6本目の作品である。出演者は、新東宝黄金期に貢献した映画俳優でキャスティングされ、当時の新東宝社長&プロデューサーである大蔵貢氏の指揮のもと、当時のエロスぎりぎりのカットを織り交ぜながら推理サスペンスドラマが構成されている。

肉体女優殺し 五人の犯罪者肉体女優殺し 五人の犯罪者
三原葉子                        天知茂

題名:肉体女優殺し 五人の犯罪者
監督:石井輝男
製作:大蔵貢
企画:佐川滉
脚本:中田勇、三輪彰
撮影:鈴木博
照明:傍土延雄
美術:小汲明
録音:竹口一雄
編集:鹿島秀男
音楽:服部レイモンド
製作主任 : 奥原徳太郎
助監督 : 三輪彰
スチール : 花沢正治
出演:宇津井健、三ツ矢歌子、三原葉子、天知茂、林寛、小倉繁、伊沢一郎、北令子、御木本伸介、大江満彦、矢代京子
1957年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ74分35mmフィルム

肉体女優殺し 五人の犯罪者肉体女優殺し 五人の犯罪者
三原葉子

【ストリー】
ストリップ劇場フランス座の人気スター浜野千鳥(北令子)は、芝居に使う小道具のピストルがいつか本物とすりかえられていたため、台の上で殺害された。うったのは舞相手役のベテイ桃園(三原葉子)で、彼女は千鳥の夫のドラム叩き徳島(大江満彦)と関係があったことから、捜査本部はこの徳島を逮捕した。だが毎朝新聞記者、西村(宇津井健)は他に犯人ありとにらみ、徳島の妹水町かほる(三ツ矢歌子)に近づいて、事件の糸口をつかもうとする。かほるは隅田川畔のアパートに住んでいて、下の川を通る船から、長い紐でザルをつるし、毎日のおかずを買っていた。それを知った西村は、千鳥が麻薬常習者だったことから、おかずを売る舟がくさいと考える。だが、当のおかず屋は姿を消し、舞台の事故から有力な事件のカギを握ると見えたベテイ桃園は惨死、また彼女にまつわりついていた秘密の男--森元(御木本伸介)も隅田川に水死体として上る始末。一切が謎につつまれたと見えたが、森元宅にあった「関根精肉店」のカレンダーから、西村は関根(林寛)の家に目ぼしをつけた。折しも関根はフランス座の役者で麻薬患者ハチノキ(小倉繁)をそそのかしてかほるを誘拐し、彼女を手ごめにしようとしていた。実は関根は、肉屋の裏で麻薬密輪をやっており、千鳥の口からそれがもれるのを恐れて森元にピストルをすり替えさせ、次に裏切りそうなベテイ桃園と用のすんだ森元を惨殺した犯人であった。西村の急報に警察がかけつけ、関根は放水時間の迫る死のマンホールに逃れて、自らの生命を断った。

肉体女優殺し 五人の犯罪者肉体女優殺し 五人の犯罪者
肉体女優殺し 五人の犯罪者

映画「乱れる」


高峰秀子                                    加山雄三

今回は成瀬巳喜男監督1963年製作「乱れる」をピックアップする。
本作の内容は、未亡人と義弟の許されない愛を描いたもので、難しい設定ではあるが、礼子(高峰秀子)の心の軌跡、切ない思いの描き方、演技は秀逸だと思う。その後の「乱れ雲」と共に素敵な作品である。


三益愛子、草笛光子                   白川由美、草笛光子

【ストリー】
礼子(高峰秀子)は戦争中学徒動員で清水に派遣された際、しず(三益愛子)に見染められて森田屋酒店に嫁いだ。子供も出来ないまま、夫に先だたれ、嫁ぎ先とはいえ、他人の中で礼子は森田家をきりもりしていた。森田家の次男幸司(加山雄三)は、最近、東京の会社をやめ、清水に帰っていた。何が原因か、女遊びや、パチンコ喧嘩と、その無軌道ぶりは手をつけられない程だ。そんな幸司をいつも、優しくむかえるのは、義姉の礼子だった。再婚話しも断り、18年この家にいたのも、次男の幸司が成長する迄と思えばこそであった。ある日見知らぬ女(浜美枝)との、交際で口喧嘩となった礼子に幸司は、今までわだかまっていた胸の内をはきすてるように言った。馬鹿と言われようが、卑怯者といわれようが、僕は義姉さんの側にいたい」義姉への慕情が純粋であるだけに苦しみ続けた幸司だったのだ。それからの幸司は真剣に店をきりもりした。社長を幸司にしてスーパーマーケットにする話がもちあがった日、礼子は家族を集め『せっかくの良い計画も、私が邪魔しているからです、私がこの店から手をひいて、幸司さんに先頭に立ってスーパーマーケットをやって欲しい。私も元の貝塚礼子に戻って新しい人生に出発します私にも隠していましたが、好きな人が郷里にいるのです』とうちあけた。荷造りをする礼子に、幸司は「義姉さんは何故自分ばっかり傷つけるんだ」と責めた。『私は死んだ夫を今でも愛してる、この気持は貴君には分からない』礼子の出発の日、動き出した車の中に、思いがげない幸司の姿があった。『送っていきたいんだ!!いいだろ』幸司の眼も美しく澄んでいた。


浜美枝                        加山雄三、高峰秀子

題名:乱れる
監督:成瀬巳喜男
製作:藤本真澄、成瀬巳喜男
脚本:松山善三
撮影:安本淳
照明:石井長四郎
録音:藤好昌生
整音:下永尚
美術:中古智
編集:大井英史
音楽:斎藤一郎
現像:キヌタ・ラボラトリー
製作担当者:黒田達雄
監督助手:川西正純
スチール:秦大三
出演:高峰秀子、加山雄三、三益愛子、草笛光子、浜美枝、白川由美、藤木悠、十朱久雄、北村和夫、坂部紀子、柳谷寛、中北千枝子
1963年日本・東宝/シネスコサイズ・モノクロ98分35mmフィルム
乱れる -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高峰秀子                                    乱れる

1 2 3 569