映画「つむじ風」


渥美清                        加賀まりこ

今回は中村登監督1963年製作「つむじ風」をピックアップする。
本作は、銭湯の黄金時代(昭和30年代)を背景に物語は展開される。今となっては希少な銭湯を軸にしいる事で、喜劇というより当時の風俗に興味を曳く作品である。撮影は巨匠成島東一郎氏。


桂小金治                        伴淳三郎、殿山泰司

富士真奈美                     若水ヤエ子、伴淳三郎

【ストリー】
失業中の浅利圭介(桂小金治)が乗用車にはね飛ばされた田舎風の青年、松平陣太郎(渥美清)を連れ帰ったのは、逃げた車の持主を探し出して賠償金をたんまりいただこうとの下心があったからである。車のナンバーから犯人は流行作家の加納明治(伊藤雄之助)と風呂屋の猿沢三吉(伴淳三郎)のどちらかであることが判り、浅利が加納に、青年が三吉に当ることになった。この青年松平陣太郎は自ら徳川将軍の末孫と称し、珍奇な風貌、頭の回転と行動力は恐るべきものがあった。彼の調べでは、三吉湯の商売仇に泉湯があり、三吉の娘一子(加賀まりこ)と泉湯の息子竜之助が(川津祐介)ロメオとジュリエット的悲恋の運命にあることも知れた。一人ほくそえんだ陣太郎が両者をあおったからたまらない。風呂賃の値下げ競争で両家の食卓にはウメボシ、ニボシが並ぶだけとなり家族は栄養失調寸前、そんな時陣太郎は引き逃げ事件を三吉に切り出した。三吉のアリバイはアパートに囲っている女子大生のお妾さん、真知子(富士真奈美)によって証明されたが、陣太郎は口止め料をせしめることが出来た。一方浅利は、加納の秘書塙女史(環三千世)を何としても攻略出来なかった。業を煮やしてこちらにも出馬した陣太郎は、たちまち引き逃げしたことを書いた加納の日記を手に入れ、まんまと多額の賠償金をせしめた。三吉に真知子の監視役を頼まれた陣太郎は彼女の隣室に移ったのだが、こともあろうに二人の間に愛情が芽生えていた。そうとは知らず三吉は陣太郎を松平家の御曹子と信じて一子と一緒にさせようと計ったので、一子は愛する竜之助と家出してしまった。塙女史が陣太郎は徳川家と無関係であることを調べあげてきたので烈火の如く怒った三吉達がアパートへ押しよせてみると二人の姿はなく、残されていたのは二組の挙式料請求書であった。その頃、陣太郎と真知子、竜之助と一子のカップルは新婚旅行のタクシーに乗込んでいた。


沢村貞子                       環三千世、伊藤雄之助

題名:つむじ風
監督:中村登
製作:深沢猛
原作:梅崎春生
脚本:清水俊男、宮崎守
撮影:成島東一郎
照明:田村晃雄
録音:吉田庄太郎
美術:佐藤公信
装置:中島好雄
装飾:町田武
衣装:山口松男
編集:浦岡敬一
現像:東洋現像所
音楽:いずみたく 主題歌:渥美清
色彩技術:倉持芳宏
スチール:梶本一三
出演:渥美清、加賀まりこ、川津祐介、伴淳三郎、桂小金治、伊藤雄之助、殿山泰司、富士真奈美、若水ヤエ子、沢村貞子、環三千世、藤田まこと、辻さとみ、大泉滉
1963年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
つむじ風 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


川津祐介、加賀まりこ                 つむじ風

映画「ローマの休日」


「ローマの休日(ROMAN HOLIDAY)」オードリー・ヘップバーン

オードリー・ヘップバーン                     グレゴリー・ペック

今回はウィリアム・ワイラー監督1953年製作「ローマの休日(ROMAN HOLIDAY)」bestをピックアップする。
不朽の名作と言われる本作は、無名の新人だったオードリー・ヘップバーンが、ウィリアム・ワイラー監督とベテラン俳優グレゴリー・ペックによって才能を開花され、第26回アカデミー賞主演女優賞を受賞し、トップスターへと駆け上がるスタートとなった。本作は、1952年夏からイタリア・ローマでのロケーションとチネチッタ撮影所でのセットで全編が撮影されている。


グレゴリー・ペック、エディ・アルバート

【ストリー】
ヨーロッパの各国を親善旅行中のある小国の王女アン(オードリー・ヘプバーン)がローマを訪れたとき、重なる固苦しい日程で王女は少々神経衰弱気味だった。侍医は王女に鎮静剤を飲ませたが、疲労のためかえって目が冴えて眠れなくなって、侍従がいないのをよいことに王女はひとりで街へ出て見る気になった。が、街を歩いているうちに薬がきいてきて広場のベンチで寝こんでしまった。そこへ通りかかったアメリカの新聞記者ジョー・ブラドリー(グレゴリー・ペック)は、彼女を王女とは知らず、助けおこして自分のアパートへ連れ帰った。翌朝、彼女が王女であることを知ったジョーは、これこそ特ダネ記事をものにするチャンスと思い、ローマ見物の案内役をひきうけた。アン王女はジョーの魂胆も知らず、まず床屋で髪を短く切らせ、1日中のびのびと遊び歩いた。ジョーの同僚のカメラマン、アーヴィング(エディ・アルバート)は、隠しもった小型カメラでぬけ目なく王女の行動をスナップした。一方、王女失踪で大使館は上を下への大騒ぎ、しかし、世間に公表するわけにも行かず、本国から秘密探偵をよびよせて捜査に当らせた。夜になってアン王女が遊覧船の上でジョーとダンスを楽しんでいるところへ秘密探偵が現れ、ジョーとの間に時ならぬ争いが起った。ジョーとアン王女は河にとびこんで追手の眼を逃れることができたが、その間に、2人の胸には深い恋ごころが起っていた。河べりの闇の中で、2人は熱い接吻をかわした。だが、この恋はとうてい望みがない、ジョーはアン王女を大使館に送りとどけ、特ダネ用のメモをこなごなに引きさいた。数日後、アン王女の新聞記者会見が大使館で行われたとき、アーヴィングはあのとき撮影したフィルムをそっと王女に渡した。そして、ジョーとアン王女とは、目と目を見合わせ、無言の別れを告げあったのであった。

題名:ROMAN HOLIDAY
邦題:ローマの休日
監督:ウィリアム・ワイラー
製作:ウィリアム・ワイラー
原作:アイアン・マクラレン・ハンター
脚本:アイアン・マクラレン・ハンター(ダルトン・トランボ)、ジョン・ダイトン
撮影:フランク・F・プラナー、アンリ・アルカン
録音:Joreph De Bretagne
美術:ハル・ペレイラ、ウォルター・タイラー
衣装:イーディス・ヘッド
編集:ロバート・スウィンク
音楽:ジョルジュ・オーリック
撮影スタジオ:チネチッタ撮影所(ローマ)
出演:オードリー・ヘップバーン、グレゴリー・ペック、エディ・アルバート、ハートリー・パワー、ハーコート・ウィリアムス、マーガレット・ローリングス、チュリオ・カルミナチ、パオロ・カルリーニ
第26回アカデミー賞主演女優賞、衣裳デザイン賞受賞。
1953年アメリカ/スタンダードサイズ・モノクロ118分35mmフィルム
ローマの休日 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ローマの休日(ROMAN HOLIDAY)

ローマの休日(ROMAN HOLIDAY)

ウィリアム・ワイラー監督

映画「待ち伏せ」


三船敏郎                        勝新太郎

石原裕次郎                      中村錦之助

今回は稲垣浩監督1970年製作「待ち伏せ」をピックアップする。
本作は稲垣監督の遺作となった作品で、五社協定の厳しかった時代からは想像出来ない豪華スターの競演作でもある。
内容も時代劇にグランドホテル形式を取り入れて峠の茶屋で展開するという斬新なものだが、三船敏郎さん以外の性格描写が弱かった気がする。


浅丘ルリ子                    北川美佳、石原裕次郎

【ストリー】
物情騒然としてきた天保年間、幕府の陰謀、策略が日夜企てられ、暗躍していた。ここ、人里離れた三州峠に偶然なのか、申し合わせなのか、にわかに人が集まってきた。まず、“からす”と呼ばれる謎の武士に金で買われた鎬刀三郎(三船敏郎)という用心棒風の男。彼はある密命をうけていたが、それが何であるかは全く知らなかった。三郎は途中、風来の女おくに(浅丘ルリ子)を助け、峠のふもとにある一軒の茶屋に預けた。その茶屋には明るい田舎娘のお雪(北川美佳)、強欲な老主人の徳兵衛(有島一郎)、それに玄哲(勝新太郎)と名乗る無気味な医者くずれが同居していた。そして渡世人の弥太郎(石原裕次郎)が足をとめた。さらに血だらけの男が二人、一人は狙った獲物は必ず射止めるという追跡役人の伊吹兵馬(中村錦之助)で、その縄にかけられているのは盗人の辰(山崎竜之介)であった。三郎と弥太郎が茶屋を出たあと、五、六人の凶悪者が押し入り、伊吹らをおそった。茶屋は一瞬にして恐怖と化し、連中は辰から何か伝言を聞き出すと容赦なく斬り捨て、伊吹ら4人を人質にした。この盗賊の首領は何と意外にも同居人の玄哲ではないか。そこへ、三郎が他の凶悪者に捕えられて入ってきた。三郎の持っていた、一通の密書を見た玄哲は三郎が仲間であることを知り、水野越前守の命で、三州峠を通る御用金を掠奪し、松本藩をつぶすためだと話した。ところが、その命を下した“からす”から「玄哲を斬れ」という密書が三郎に届いた。実は御用金などというのは真赤な嘘で、水野の弱みを握る玄哲を抹殺するという“からす”の大芝居だったのだ。“からす”の差し向けた囮の行列が近づいてきた。弥太郎が率いる陣屋の捕手もかけつけた。策略を知った三郎の止めるのをふりきって、玄哲は一目散に砂袋をつんだ行列の中へ斬り込んだ。だが裏切られ、野望をくだかれた玄哲は追手をのがれ、自ら死を選んだ。もはや、三郎には、一人私腹を肥やす“からす”は許すまじき存在であった。“からす”の一行を待ち伏せた三郎は、その胸元に剣尖を走らせた。


市川中車                       土屋嘉男

題名:待ち伏せ
監督:稲垣浩
製作:三船敏郎、西川善男
脚本:藤木弓(稲垣浩)、小国英雄、高岩肇、宮川一郎
撮影:山田一夫
照明:佐藤幸郎
録音:市川正道
音効:西本定正
整音:東宝ダビング
美術:植田寛
装置:吉田良雄
装飾:佐藤袈裟孝
化粧:小林重夫
衣裳:池田誠
殺陣:久世竜、三船プロ七曜会
記録:藤本文枝
編集:阿良木佳弘
音楽:佐藤勝
現像:東京現像所
製作担当:車田守
監督補佐:丸輝夫
監督助手:安井治
撮影助手:村野信明
照明助手:土井直之
録音助手:小林尚
美術助手:高山彦三郎
スチール:飯高鋼
出演:三船敏郎、石原裕次郎、勝新太郎、浅丘ルリ子、中村錦之助、北川美佳、有島一郎、市川中車、土屋嘉男、中北千枝子、山崎竜之介、戸上城太郎
1970年日本・三船プロダクション/シネスコサイズ・カラー117分35mmフィルム
待ち伏せ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三船敏郎、北川美佳、石原裕次郎、有島一郎            三船敏郎

「待ち伏せ」稲垣浩監督

1 2 3 558