高橋みなみ、走り続けた3775日のAKB48人生

高橋みなみ

AKB48の高橋みなみが自身の25歳の誕生日でもある8日、「高橋みなみ卒業特別記念公演~10年の軌跡~」を東京・秋葉原のAKB48劇場で開催した。2005年12月8日、AKB48劇場のステージに初めて立ってから10年と4か月。在籍期間3775日、その足跡を振り返るセットリストで、“たかみな”最後の劇場公演を迎えた。
ひとりの女性として、抱負を宣言
これまでのチームAの劇場公演のシーンが映し出された後、ひとりステージに現れた高橋は「桜の花びらたち」をアカペラで披露。観客からの温かい手拍子を受けながら歌う、その瞳は潤んでいた。
卒業公演の1曲目を涙とともに歌い終えた高橋は、今度は笑顔で「始まるよー!」とメンバーを呼び込み、10年前に公演デビューを飾った公演のタイトル曲「PARTY が始まるよ」をパフォーマンス。「10年の足跡を振り返らせていただいた」と高橋自身が説明したように、セットリストは「会いたかった」「誰かのために」「ただいま 恋愛中」「恋愛禁止条例」「目撃者」と、チームAが行ってきた1stから6thまでの公演のタイトル楽曲が続いた。
公演中盤では、ユニット曲を披露。ここでも10年を振り返るように、劇場公演で務めてきたユニット曲を1st公演の「スカート、ひらり」から「嘆きのフィギュア」「ガラスの I LOVE YOU」「Bird」「純愛のクレッシェンド」「愛しさのアクセル」と順番にパフォーマンス。
また本日の公演は卒業公演であると同時に、高橋の最後の生誕祭に。参加が叶わなかった篠田麻里子からのサプライズの生電話などで盛り上がり、25歳の女性としての意気込みを求められた高橋は「お仕事を頑張る」と抱負を宣言。終盤には「RIVER」「大声ダイヤモンド」「唇に Be My Baby」とシングル曲を披露し、「最高でした。あー楽しかったー。ありがとうございました」と充実の表情を見せた。
アンコールでは「みなみ」コールが劇場に響く中、AKB48に在籍した3775日の思い出の映像が流れると、白いドレス姿の高橋が登場。大粒の涙を頬に流しながら、「背中言葉」を歌唱した。
最後の挨拶として高橋は「本当に楽しかった」「やり残したことはありません」「ただただ10年、感謝です」と、ファンに向けて感謝の言葉を述べ、卒業公演に集まったメンバーたちにも「ついてきてくれてありがとう」と深々と頭を下げた。
10年の劇場公演を締めくくる最後の曲は「桜の花びらたち」。前田敦子、板野友美ら卒業した1期生たちもステージに集い、高橋の卒業を祝福。全ての楽曲を終え、ステージに残ったのは高橋、そして小嶋陽菜、峯岸みなみの3人。涙を見せながらも、最後の時を楽しむように、いつものように笑顔で冗談を言い合っていた。
最後に劇場ステージの床をポンポンと叩いて「ありがとうございました」との言葉を残し、“たかみな”こと高橋みなみは、10年間立ち続けたステージを降りた。(modelpress編集部)【高橋みなみ/モデルプレス=4月9日】

高橋みなみ高橋みなみ

高橋みなみコメント
(アンコール明け、「背中言葉」を歌唱後)終わっちゃう…。終わっちゃうなあ…。
今ふと、大島優子が卒業した時に言った言葉を思い出しました。「一番悲しいのはAKB48を卒業することじゃなくて、劇場から卒業すること(が一番悲しい)」その言葉の意味が今、分かりました。10年毎日ではありませんが、この劇場に立ち、公演をして、来てくださるファンの皆様に育てていただきました。本当に感謝しています。
特別公演ということで、最後なので、やりたい曲を全部やらせていただきました。自己満足かもしれませんが、すごく楽しかったです。本当に楽しかった…。今日で、やり残したことは本当になくなりました。やり切りました。
10年は楽しいことだけじゃなくて、辛いこともたくさんあったし、いっぱい泣いてきました。泣いた数の方が多かったかもしれません。でも、苦しい時こそ、あらためて自分自身と向き合う時間になりました。なんで自分はAKB48に入ってここまでやってきたのか、それは、偽善かと思われるかもしれないけど、本当に本当にファンの方がいたからだと思います。
本当に皆がいなかったら頑張れませんでした。本当に辞めたいと思ったことはないと、ずっと言ってきました。でもやっぱり、皆さんに言えないようなところで、心が折れそうになることも沢山あって、そんな時に「大丈夫?」と言ってくれた皆さんの言葉が私をここまで立たせてくれました。
もうね、言うことがないんだよね…。いっぱい色んなことしゃべってきたし、絶対しゃべれる人だと思われてきたけど、最後は「たかみな」ではなく「高橋みなみ」になってしまうのは、やっぱり劇場だからだと思います。ただただ10年感謝です。最高に幸せでした。今日この日まで応援してくれた皆さんに「ありがとう」と言いたいですし、48グループを支えてくださったスタッフの皆さんにも「ありがとう」と言いたいですし、私が総監督の時についてきてくれて本当にありがとう…。沢山話してきたし、怒ってきたし、本当に申し訳なかったなって思っています。でも、皆は聞いてくれていたから、耳を傾けてくれていたから、今日この日まで、務めてこれたなと思います。
横山(由依)には、本当にこのタイミングで総監督を渡すことになって、申し訳なさも正直あります。でも、分かったのは時間は止まらないんだなということです。ずっとずっと進んでいって、14歳から今日で25歳になって、AKB48にずっといたいなと思ったけど、いつかは卒業しないといけない時が来る。さみしいけれど、これからを任せられるメンバーに出会えたことが、私のこの10年の宝物だと思います。
これからの未来を残るメンバーに託して、私自身も前に進みたいと思います。「背中言葉」これからも残ったメンバーたち、後輩たちに見せれる背中でありたいと思います。
(最後の曲「桜の花びらたち」の歌唱後)本当に本当に幸せな10年間でした。(集まった卒業生は)皆、卒業の先輩ですが、皆に負けないくらい走っていきたなと思っています。10年は確かに走り続けました。でも、これから先、止まりたくはないので、ずっと走り続けたいと思います。皆さん、ついて来てください。皆さんとなら、どこまでも行ける気がします。本当に応援してくださった皆さんありがとう。
そしてAKB48、10年本当にありがとうございました。

「高橋みなみ卒業特別記念公演~10年の軌跡~」セットリスト
– Overture –
1 桜の花びらたち
2 PARTYが始まるよ
3 会いたかった
4 誰かのために
5 ただいま 恋愛中
6 恋愛禁止条例
7 目撃者
8 Pioneer
9 スカート、ひらり
10 嘆きのフィギュア
11 ガラスのI LOVE YOU
12 Bird
13 純愛のクレッシェンド
14 愛しさのアクセル
15 RIVER
16 大声ダイヤモンド
17 唇にBe My Baby
<アンコール>
18 背中言葉
19 10年桜
20 桜の花びらたち

高橋みなみ「いい背中を見せたい」

高橋みなみ
<高橋みなみ卒業コンサート>3月27日/横浜スタジアム

私が人生で一番初めて一生懸命になったものが、AKB48でした。14歳の時、入って、いろいろなことがありました。楽しかったこと、つらかったこと、たくさんのメンバーとの出会い、その数の別れ、取り残されていく自分。いっぱいいっぱい泣きました。「辛いなら辞めればいい」。一度母に言われたことがあり ます。でもそのとき辞めなかったのは、AKBが大好きだったからです。
AKBで頑張っている自分が、もがいている自分が好きでした。だからずっとこのグループにいたいと思いました。メンバーのみんなとずっといたいと思いまし た。でもそれではいけないということを知りました。好きだからこそ、前に進まなきゃいけない。そう教えてくれたのは、先に卒業していった、仲間達の背中で した。私にもまだ、やってみたいことがたくさんある。自分を試してみたい。だから、10年を振り返るのは今日で終わりにしようと思います。前に進もうと思 います。
これから歩む道、自分の無力さに、苦しくてへこたれることもたくさんあるかと思いますが、後ろを振り返れば、たくさんの仲間達がいる。たくさんの後輩たちがいる。その子たちにいい背中を見せたい。だからここで約束させてください。
私、高橋みなみは、努力は必ず報われると、卒業したこの先、必ず証明します。それがAKBにできる私の恩返しです。
いつだって優しい声を掛けてくれる、みなさんの温かさに10年間支えられました。みなさんがいなかったら、私はここにいないと思います。
こんな寒い中来てくださった皆さん。48グループを愛してくださっている皆さん。本当にありがとう。そして、いつも私の長い話を聞いていてくれたメンバー、本当にありがとう。舞台チーム、こんなすてきな場所を用意してくれて、衣装メークチーム、いつもすてきな衣装を作ってくれて、私たちをアイドルにし てくれて本当にありがとう。メーキング・ムービーチーム、いつも邪険にしてごめんなさい。みんながいい絵を撮ってくれるから、思い出がいっぱいです。あり がとう。スタッフマネジャーチーム、変な人ばっかりです。マネジャーらしくないけど、一生懸命頑張ってくれるみんなが大好きでした。本当にありがとう。
そして最後に秋元先生、こんな最高なグループを作ってくださり、本当にありがとございます。私は幸せでした。

高橋みなみ

卒業生も集結!AKB48高橋みなみ、卒コン全31曲でセンター務める

昨日3月27日に神奈川・横浜スタジアムで高橋みなみ(AKB48)の卒業イベント「祝 高橋みなみ卒業“148.5cmの見た夢”in 横浜スタジアム」として昼に「第1回AKB48グループ東西対抗歌合戦」、夜に「高橋みなみ卒業コンサート」が開催された。この記事では、夜に行われたAKB48グループによるコンサートの模様をレポートする。
「高橋みなみ卒業コンサート」は、AKB48に約10年間在籍し、総監督を長年務めていた高橋みなみの卒業記念公演。開演前の影アナを峯岸みなみが担当した際には、高橋の門出を盛大に盛り上げるべく観客を煽るつもりが感極まって涙声になる場面も。開演後、まず高橋が凛とした表情でステージに姿を表す。その後、卒業生の前田敦子が「たかみな」と声をかけながらステージ後方からやって来て、2人は冒頭から涙を流しながら夕焼け空の下で「思い出のほとんど」を歌唱した。
その後、ハイテンションなかけ声とともにAKB48卒業生の大島優子が花道の中央に設置されたステージから登場。続いて板野友美、篠田麻里子や、 AKB48グループのメンバーが加わり、「ヘビーローテーション」「ポニーテールとシュシュ」「君はメロディー」が披露された。さらに「少女たちよ」では 高橋の回りを6月1日リリースの44thシングル(タイトル未定)でセンターを務める向井地美音ら選抜メンバーたちが囲む。またMCで「今日は先に見どころを言っちゃったほうがイイんじゃないですかね?」と峯岸に促された高橋は「今日は1曲目から最後まで、全部出ます!」と宣言をした。
そして「PARTYが始まるよ」ではNGT48、「会いたかった」ではAKB48 チーム8、「制服が邪魔をする」ではHKT48、「背中から抱きしめて」ではNMB48、「Only today」ではSKE48、「AKB48」ではAKB48が高橋をバックアップ。「Only today」の曲中では松井珠理奈が「今までカッコいい背中を見せてくれてありがとうございました!」と高橋に声をかける場面も見られた。MCを挟んでから始まった「愛しさのアクセル」では、黒を基調としたクールな衣装を身にまとった高橋に続いて、AKB48卒業生の宮澤佐江、秋元才加が参加。歓声が沸き起こる中、剣を使ったクールなパフォーマンスでファンを喜ばせた。続けて高橋は翼を背中にまとい、松井珠理奈、篠田麻里子とともに「Bird」を歌唱した。

日がすっかり落ちたライブ中盤にはレーザー光線が飛び交う中で男性ダンサーを交えてのクールなダンスパートが繰り広げられた。その後、 「Beginner」「RIVER」と勇ましいナンバーが連投され、「RIVER」では火柱を使った演出や、大きな爆発音のする火薬を使った特攻で観客を 圧倒。ライブ後半、メンバー総出で「フライングゲット」「Everyday、カチューシャ」などが次々披露され、高橋は「大声ダイヤモンド」で歌詞にある 「好きって言葉は最高さ!」というフレーズを特に大声で力強く叫んでいた。
その後、総監督の横山由依が進行を務めるMCで、高橋は「由依、鼻水出てるよ」と指摘。衣装で鼻水を拭おうとする横山をメンバーが制する場面などがあり、 パフォーマンス以外でも楽しい空間を生み出した。彼女たちはラストに「唇にBe MY Baby」を歌い、曲中には花火も打ち上がり、ハッピーな雰囲気の中でライブ本編は盛大に締めくくった。歌唱後に高橋は「あっという間すぎた。あと倍くらいいけるよ! これが10年の賜物ですね! すごい楽しかったです! 本当にありがとうございました!!」と挨拶してステージを去った。

アンコールでは、「みなみ」コールとピンクのペンライトが会場全体を包む中、高橋が1人で登場。彼女は「私が人生で一番一生懸命になったことがAKB48 でした」という言葉から同グループでの10年間を振り返り、さらに「高橋みなみは、努力は必ず報われるということをこの先必ず証明します。それが AKB48に私ができる恩返しです」と話してから自身の卒業ソング「背中言葉」を歌い上げた。
そしてアンコールのラストに現役メンバーと卒業生が混じって登場し、「桜の木になろう」「桜の花びらたち」の2曲を披露。「桜の花びらたち」の曲中には一 部のメンバーを集めて高橋が1人ひとりにマイクを使わずに声をかけ、コミュニケーションを取る場面も。ここでは各メンバーに声をかけた高橋が最後に現総監 督の横山と会話と握手を交わして大サビを歌い上げ、メンバーそれぞれが大粒の涙を流しながらも清々しい表情を見せてファンに手を振っていた。全曲の披露 後、高橋はステージ後方の階段を上がって行き、前を向いてから「卒業はゴールではなくスタートです。10年間本当にどうもありがとうございました!」と挨拶をして出番を終えた。
高橋が去ったあと、横山は「AKB48の第一章が終わったことを感じました。これからたくさんの夢を叶えられるようにがんばっていきたいと思います。皆さ んこれからもAKB48の応援をよろしくお願いします!」と改めてファンに挨拶。さらに「どれだけ時間がかかるかわからないですけど、がんばるので応援し てください!」と伝えるとほかのメンバーは「ついていくよ!」と横山に声をかけつつ、ファンにも感謝の言葉を述べてステージを去っていった。
なお高橋みなみは自身の25歳の誕生日にあたる4月8日に東京・AKB48劇場で行われる「高橋みなみ 卒業公演」をもって、同グループを卒業する。
2015年3月28日音楽ナタリー

高橋みなみ

小林よしのり氏、高橋みなみ卒業に「一時代の終幕」

AKB48の熱心なファンとして知られる漫画家の小林よしのり氏(62)が、27日に横浜スタジアムで卒業コンサートを行った高橋みなみ(24)に対し「骨のある、そして筋目正しいAKBの象徴」と最大級の賛辞を贈った。
高橋の卒業コンサートを会場で見守ったという小林氏は28日に更新したブログで「たかみなの卒業は間違いなくAKB48の一時代の終幕だ」と書き出した。
高橋について「大人の前で緊張しすぎず、飾ることなく、まったく自然に振舞える」とその裏表のない人柄を明かし、さらにリーダーとしての素養を高く評価した小林氏は「あの体育会的な礼儀作法がAKBにとっては重要な背骨になっていた。いなくなるのは惜しい。残念すぎる」と卒業を惜しんだ。
そして「努力は必ず報われる、私、高橋みなみはこの言葉を、人生をかけて証明する」という、高橋が2011年の総選挙でスピーチした名言を卒業コンサート で再び語ったことに触れ、「たかみなの名言だが、相対主義者は『必ずしも努力は報われない』と思った通りの反論をしていたものだ。しかし、たかみなは『私 は人生をかけて証明する』と宣言したのだ。恐るべき覚悟じゃないか!」と称賛。「たかみなから最後にこの言葉が聞けて、嬉しかった。高橋みなみよ、ありがとう。君は骨のある、そして筋目正しいAKBの象徴として君臨してくれた。わしはそのようなAKBが好きだったのだ」との思いをつづった。
2015年3月28日日刊スポーツ

高橋みなみ著「リーダー論」

高橋みなみ著「リーダー論」

12月23日にAmazonから「リーダー論」という新刊本が届いた。著者は高橋みなみさんだ。本書は初版6万部で24日に発売されたが、25日に異例のスピードで増刷が決定したそうだ。本書を読み終えて24歳の若いアイドルが書いたとは思えない”実体験と具体例”を持って”組織の在り方”と”リーダーのあるべき姿”を謙虚に語っている。本書は決してゴーストライターが書いた様なアイドル本ではなく、集団生活を送る全ての人々に役立つ”物事を纏める力”、”コミュニケーション力”、”スピーチ力” が書かれている。私にも24歳の時はあったが、これ程までに仕事に対し真摯だっただろうか?女の子の尻を追ってばかりではなかっただろうか?私は本書を書いた高橋みなみさんの論理への確信とその姿勢に尊敬をするばかりだ。彼女は歌手として上手なだけでなく、そこに至る人間力に益々魅了される。本書は「NHK経済フロントライン」や「日経ビジネスオンライン」等のメディアに取り上げられたと言うのも頷ける良い本だ。特に”組織の在り方”に疑問を持っている方は、本書を読まれる事をお薦めする。

リーダー論001
リーダー論002

1 2 3 19