映画「失楽園」


役所広司                      黒木瞳

今回は森田芳光監督1997年製作「失楽園」をピックアップする。
本作は渡辺淳一氏による同名ベストセラーで、閑職に追いやられた中年サラリーマンと、冷めた夫婦関係に体を持て余した人妻が、激しい恋におちて情事を重ねていく姿を描いた性と愛のドラマだ。黒木瞳さんの濡れ場シーンが多く他に残らなかったが、久木文枝役の星野知子さんの芝居は特に素晴らしかった。


役所広司、黒木瞳               役所広司、寺尾聰

【ストリー】
出版社の敏腕編集者だった久木祥一郎(役所広司)は、ある日突然、編集の第一線から閑職の調査室配属を命じられた。そんな久木の前に、彼の友人・衣川(寺尾聰)が勤めるカルチャーセンターで書道の講師をしている松原凛子(黒木瞳)という美しい人妻が現れる。彼女は“楷書の君”と呼ばれているほど折り目正しく淑やかな女性だったが、久木の強引でひたむきな恋の訴えに、やがて彼を受け入れた。そして、週末毎に逢瀬を重ねていくうちに、凛子はいつの間にか性の歓びの底知れない深みに捕われていく。ふたりの関係は次第にエスカレートしていき、凛子の養父が死んだ通夜の晩、久木にせがまれた凛子は、夫や母親の眼を逃れて喪服姿のままホテルで密会した。凛子は罪悪感にさいなまれるが、それはかえってふたりの気持ちを燃え上がらせる。やがて、久木は密かに都内にマンションを借り、凛子との愛の巣を作り上げた。しかし、そうした大胆な行動は隠し通せるものではなく、凛子の夫・晴彦(柴俊夫)は興信所の調査で妻の不貞を知る。晴彦はあえて離婚しないことで凛子を苦しめようとし、一方、久木の妻・文枝(星野知子)は静かに、しかしキッパリと離婚してほしいと要求した。家庭や社会からの孤立が深まっていくなか、それでもふたりは逢うことを止めようとはせず、世間並みの日常が失われていく分だけ、ふたりだけの性と愛の充足は純度を増していく。そんな折、久木の会社に彼の行状を暴く告発文が送られてきた。久木は、それをきっかけに辞職を決意し、文枝との離婚も承諾する。凛子もまた晴彦や実母との縁を切って、久木のもとに走った。「至高の愛の瞬間のまま死ねたら」という凛子の願いに共感するようになった久木は、誰にも告げず、ふたりでこの世を去ろうと決意する。雪深い温泉宿へ向かった久木と凛子は、生命を絞るように激しく求め合ったまま、互いに毒の入ったワインを口にした。後日発見されたふたりの心中死体は、局所が結合したままの愛の絶頂の瞬間の姿であった。


柴俊夫、黒木瞳                  星野知子

題名:失楽園
監督:森田芳光
製作総指揮:角川歴彦
製作:原正人、永井正夫
原作:渡辺淳一
脚本:筒井ともみ
撮影:高瀬比呂志
照明:小野晃
録音:橋本文雄
音効:伊藤進一
美術:小澤秀高
衣装:松井律子
視覚効果:大屋哲男 (マリンポスト)
編集:田中愼二
記録:森永恭子
音楽:大島ミチル 音楽プロデューサー:石川光 音楽録音:伊藤圭一
現像:イマジカ
助監督:杉山泰一
スチール:安保隆
出演:役所広司、黒木瞳、星野知子、柴俊夫、寺尾聰、平泉成、木村佳乃、岩崎加根子、中村敦夫、小坂一也、あがた森魚、石丸謙二郎、原千晶
1997年日本・東映+エースピクチャーズ/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
失楽園 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


映画「女番長ゲリラ」


杉本美樹                           成瀬正孝

今回は鈴木則文監督1972年製作「女番長ゲリラ」をピックアップする。
本作は、女番長(スケバン)シリーズ第3作目になる。
この映画が公開された1972年にあがた森魚さんの楽曲「赤色エレジー」が大ヒットした。
「赤色エレジー」は漫画雑誌ガロに林静一氏が1970年に連載した漫画で、漫画家を目指す一郎と恋人の幸子の同棲生活を描いたものをモチーフにしたものだが、本作は設定を変えて幸子(杉本美樹)と一郎(成瀬正孝)としている。あがた森魚さんもご本人役で出演している。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。

 ←あがた森魚「赤色エレジー」

あがた森魚                         小林千枝、大泉滉


池玲子                           水島道太郎、安部徹

衣麻遼子                       鳳啓助、京唄子

【ストリー】
揃いのジャンプスーツに赤のヘルメット、帰山幸子(杉本美樹)をリーダーに、ユキ(城恵美)、みどり(木本リンダ)、浮子(小林千枝)ら新宿赤ヘル団が京都へやって来た。早速地元の女番長リカ(衣麻遼子)たちと、一騒動起こるが、たちまちリカたちを支配下に置く。そして暴力団筒井組の幹部、中原修治(林彰太郎)の妹奈美(池玲子)や、尼寺のお桂(丘ナオミ)という頼もしい仲間が増えた。幸子たちの派手な行動が筒井組にとって面白いわけがなく、折角恐喝で稼いだ100万円も筒井組に横取されてしまった。その頃幸子は将来チャンピオンを夢見る六回戦ボーイの宮崎一郎(成瀬正孝)と知り合い急速にひかれていった。ところが筒井は一郎の所属する八田ジムの会長、八田正剛(水島道太郎)を抱きこみ八百長試合を仕組もうとしていたが、八田はガンとして聞き入れなかった。それではと、筒井は八田の娘千津子(三浦夏子)を誘拐。事の一部始終を知った幸子は奈美の応援を得て、千津子救出に成功する、が、逆に捉えられ、リンチを受ける。そして救出に来た一郎は無残にも筒井たちのドスを受けて死んでしまった。無事脱出した幸子と奈美は、一郎の仇をとるべく筒井を尾け廻し、筒井の車が名神ハイウェーを走るところを事故に偽装して海へと転落させた……。にがい思い出を捨て去るように一人旅に立つ奈美と別れた幸子ら赤ヘル団は、風の吹くまま気の向くままに単車を駆って京都を後にするのだった。

題名:女番長ゲリラ
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:皆川隆之、鈴木則文
撮影:赤塚滋
照明:和多田弘
録音:堀場一朗
美術:石原昭
装置:米沢勝
装飾:宮川敏夫
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:市田勇
音楽:津島利章 主題歌:杉本美樹「女番長流れ者」挿入歌:あがた森魚「赤色エレジー」
製作主任:渡辺操
助監督:清水彰
演技事務:森村英次
スチール:諸角義雄
出演:杉本美樹、成瀬正孝、丘ナオミ、池玲子、小林千枝、城恵美、三原葉子、鳳啓助、京唄子、岡八郎、大泉滉、水島道太郎、安部徹、田中小実昌、女屋実和子、あがた森魚、衣麻遼子、三浦夏子
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
女番長ゲリラ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


女番長ゲリラ

映画「ビリギャル」

ビリギャル
有村架純
ビリギャルビリギャル
有村架純                        伊藤淳史

今回は土井裕泰監督2015年製作「ビリギャル」をピックアップする。
本作は「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」という坪田信貴氏のベストセラーを原作にしたサクセスストリーだ。
私は大きな期待をせずに観たが、有村架純さんのスケールメリットのキャラクター、その可愛らしさと伊藤淳史さん、吉田羊さんの無理のない自然な芝居がサクセスストリーの結末を爽やかにしいる。若干、冗長な気もしたが、撮影も上手く良い作品だと思う。

ビリギャルビリギャル
吉田羊                      有村架純、吉田羊

【ストリー】
名古屋の女子高に通う工藤さやか(有村架純)は、勉強は一切せず友達と朝まで遊びながら過ごす毎日。このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母・ああちゃん(吉田羊)は、さやかに塾へ通うことを提案する。金髪パーマ、厚化粧、耳にはピアス、極端に短いミニスカートにへそ出しルックというギャル全開の姿で入塾面接に現れたさやかに一瞬面食らう教師の坪田(伊藤淳史)。しかし、見た目は派手でも素直な性格だとすぐに気付いた坪田はさやかと打ち解け、慶應大学への受験合格を約束するのだった。ところが当のさやかの成績は偏差値30の学年ビリ。学力テストをしても聖徳太子を“せいとくたこ”と読み、高校2年生にして小学4年生の学力しかない。そんな彼女の教室大爆笑の珍解答の連続にも「君の発想は天才級だね」と坪田は褒めるのだった。どうやって生きてきたのか理解できないほど知識の欠如を抱えるさやかであったが、坪田だけはこの愛すべきアホぶりの中に凄い可能性が秘められていると踏んだのだ。当初はノリで慶應大学合格という目標を掲げたさやかは、当然、絶望的な高い壁に何度もぶち当たる。だがやがて自分のために必死になる坪田の姿を見てガッカリさせないために、そして愛情を注ぎ応援してくれる母のために、さやかファンの不良少年・森玲司(野村周平)の励まし、ギャル仲間の友情にも支えられ、さやかは本気で勉強に取り組むようになっていく……。

ビリギャルビリギャル
伊藤淳史、有村架純                野村周平、有村架純

題名:ビリギャル
監督:土井裕泰
原作:坪田信貴
脚本:橋本裕志
撮影:花村也寸志
照明:北岡孝文
録音:加藤大和
音効:猪俣泰史
美術:五辻圭
装飾:折戸美由紀
衣裳:篠塚奈美
化粧:佐藤光栄、石邑麻由
記録:鈴木一美
編集:穂垣順之助、山本清香
音楽:瀬川英史、瀬川英史 主題歌:サンボマスター
選曲:藤村義孝 劇中歌:Saku
エグゼクティブプロデューサー:渡辺正一
プロデューサー:那須田淳、進藤淳一
ライン・プロデューサー:鶴賀谷公彦
製作担当:石井仁朗
助監助手:山本亮
演技事務:奥田由美
出演:有村架純、伊藤淳史、吉田羊、野村周平、田中哲司、安田顕、あがた森魚、松井愛莉、蔵下穂波、阿部菜渚美、大内田悠平、奥田こころ
2015年日本・フィルムフェイス/ビスタサイズ・カラー116分デジタルシネマ
ビリギャル -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ビリギャルビリギャル
有村架純、田中哲司                   有村架純