映画「野獣刑事」


緒形拳                        いしだあゆみ

今回は工藤栄一監督1982年製作「野獣刑事」をピックアップする。
ロケハンに3か月を要した本作の主舞台となる恵子(いしだあゆみ)のアパートは、大阪十三の神崎川の縁に建っていた空家を借り切って撮影したそうだ。そのアパートで撮影中に、偶然対岸の伊丹空港近くの町工場が火事を起こして黒煙を上げて燃え始めた。工藤監督は即座にシナリオを書き換え、燃え上がる工場をバックに恵子と阪上(泉谷しげる)の芝居を撮り上げたという。”降りしきる雨の夜、恵子を抱き立ち尽くす大滝の姿”で終わる予定だった本作は、岡田茂東映社長の指示で追加撮影が行われた。それは”阪上(泉谷しげる)が、復讐のため大滝(緒形拳)の前に現れ、大バトルを繰り広げるという展開”で、大阪梅田の繁華街での暴走カーチェイスを三石千尋氏によるカー・スタントで行い、阪上が立て籠る家は、千里の新興住宅地で行ったそうだ。


泉谷しげる                    泉谷しげる、いしだあゆみ

【ストリー】
雨の夜、赤い傘をさした女子短大生の死体が発見された。ナイフで何度も刺された死体は西尾由美子(麻田三智子)と判明した。有能だがヤリ過ぎと評判の大滝刑事(緒形拳)もこの事件の捜査にかり出された。大滝はかつて逮捕した男、阪上(泉谷しげる)の情婦、恵子(いしだあゆみ)と同棲に近い暮しをしている。恵子には一人息子の稔(川上恭尚)がいるが、大滝には慣つこうともしない。大滝は独自の捜査で被害者由美子の隠された生活をつきとめた。彼女は昼はノーパン喫茶、夜はコールガールをしていたのだ。その頃、恵子の夫、阪上が出所し、彼女の所に転り込んできた。大滝には頭の上がらない阪上が加わった奇妙な三角関係の生活が始まった。数日後、大滝は死体の見つかった近くの茂みで、血の跡のついたいくつもの紙片を見つけた。紙を並べると一枚の女の絵になった。そして、阪上がその絵と同じものを売っている男を見つけ、大滝に通報する。その男、田中(益岡徹)を大滝は別件で逮捕、殴る蹴るの尋問をするが証拠不十分でシロ、大滝は捜査本部からはずされた。同じ頃、阪上は再びシャブに手を出すようになり、妄想状態で暴れることもしばしばで、ついに保護されてしまう。一人になった大滝は、恵子に囮になってもらうことを頼んだ。降りしきる雨の夜、恵子は赤い傘をさして歩いた。一台の車が近づくと、赤い傘を残して去っていった。大滝は必死の追跡のはてに犯人を捕えたが、代償はかけがえのない恵子の命だった。一ヵ月後。解放された阪上は、車を奪うと、稔を助手席に乗せ、暴走し、無差別殺人を始めた。そして、住宅街の一角に人質と共に立て篭ると「恵子を殺した大滝を呼べ!」と叫ぶ。包囲する警官の制止をふりきって、大滝は阪上の銃口に向って前進する。大滝は阪上を逮捕するが、その表情は阪上以上の苦悩が読みとれた。


藤田まこと、成田三樹夫              いしだあゆみ、泉谷しげる

題名:野獣刑事
監督:工藤栄一
企画:日下部五朗、本田達男
脚本:神波史男
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:栗山日出登
音効:永田稔
整音:荒川輝彦
美術:高橋章
装飾:窪田治
衣裳:黒木宗幸
美粧・結髪:太田とも子
擬斗:三好郁夫
カースタント:三石千尋 (スリーチェイス)
記録:梅津泰子
編集:市田勇
音楽:大野克夫 主題歌:大野轟二「泳ぐ人」挿入歌:内田裕也「ROLLING ON THE ROAD」
音楽プロデューサー:浅岡弘行
現像:東映化学
進行主任:長岡功
助監督:成田裕介
演技事務:寺内文夫
製作宣伝:丸国艦
スチール:金井謹治
出演:緒形拳、いしだあゆみ、泉谷しげる、川上恭尚、小林薫、成田三樹夫、芦屋雁之助、藤田まこと、川上恭尚、益岡徹、絵沢萠子、阿藤海、蟹江敬三、富永佳代子、麻田三智子
1982年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
野獣刑事 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


野獣刑事                                                      緒形拳


「野獣刑事」いしだあゆみ

映画「クレージーの大爆発」


植木等                                                                       松岡きっこ

今回は古澤憲吾監督1969年製作「クレージーの大爆発」をピックアップする。
本作は、クレージー・キャッツの”クレージー作戦シリーズ”第13弾で全14作が制作された。
マルコ・ビカリオ監督1965年製作「黄金の七人」をオマージュしたと思える本作は、時事ネタやアイロニーを織り交ぜながら、中野昭慶氏の特技監督デビュー作として特撮にも力を入れている作品だ。


高橋紀子                                                         クレイジーキャッツ

【ストリー】
大木健太郎(植木等)はかの三億円強奪事件の真犯人。あり余る札束減らしのために競馬場通いをしていた。日本の三一銀行に預けられている“金”に目をつけた秘密組機GIB本部は、日本支部のW氏(平田昭彦)に毛利エリ子(松岡きっこ)と健太郎を使っての大略奪を命令した。エリ子は早速GIB撮影の三億円強奪現場のフィルムを持って健太郎に接近したが、宇宙真丸教の信奉者健太郎には通じなかった。やがて、御本尊のお告げがエリ子にとって吉と出た。健太郎はその道に達者な仲間六人を集め、後楽園球場を借り切り、巨人対阪神戦のネット裏で作戦会議を開いた。トンネルを掘って真下から金庫を狙うという作戦は、映画ロケと称する演出が効を奏して見事成功した。“金”は本部へ空輸された。7人は輪送機に乗込んだが、受信機が自衛隊からの大変な情報をキャッチした。彼らの輸送機に国籍不明の水爆が搭載されているというのだ。折しも、機は富士の乱気流に巻込まれて火口に不時着。そこを自衛隊員に変装したGIBに捕われ、大西洋上の本部に連行された。ところが、その途中で水爆が爆発、つられて富士山も大噴火、健太郎らの乗ったカプセルは大西洋への軌道をはずれて月に向ってしまった。やがて、月面で夢遊病者のように踊り狂う七人の姿があった。月がキラキラ光っているのは、一説によれば彼らのせいとのことである。


悠木千帆(樹木希林)                                                なべおさみ

由利徹                                                                藤田まこと

題名:クレージーの大爆発
監督:古澤憲吾
製作:大森幹彦、田波靖男
脚本:田波靖男
撮影:永井仙吉
照明:金子光男
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:小川一男
編集:黒岩義民
音楽:萩原哲晶、宮川泰 挿入歌「悪気じゃないんだ」「キンキラキン」
特技監督:中野昭慶
撮影:真野田陽一
照明:原文良
美術:井上泰幸
合成:松田博
現像:東京現像所
製作担当:鈴木政雄
監督助手:黒岩義民
スチール:田中一清
出演:植木等、谷啓、ハナ肇、松岡きっこ、いしだあゆみ、桜井センリ、犬塚弘、石橋エータロー、安田伸、高橋紀子、悠木千帆(樹木希林)、人見明、平田昭彦、藤田まこと、由利徹、藤村有弘、玉川良一、ミッキー安川
1969年日本・東宝+渡辺プロダクション/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー83分35mmフィルム
クレージーの大爆発 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「クレージーの大爆発」いしだあゆみ

いしだあゆみ「恋はそよ風」

植木等、ミッキー安川                                       ELMO製16mm映写機

クレージーの大爆発

クレージーの大爆発

映画「男はつらいよ・寅次郎あじさいの恋」


渥美清                     いしだあゆみ(マドンナ役)

今回は山田洋次監督1982年製作「男はつらいよ・寅次郎あじさいの恋」をピックアップする。
第29作となる本作のロケ地は、京都府京都市、伊根、丹後半島、信濃大町、河井寛次郎記念館(京都市 東山区)、滋賀県彦根市、神奈川県藤沢市江ノ島などで行われ、封切り時の観客動員は139万3,000人、配給収入は10億4,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は1,500円、併映は「えきすとら(監督:朝間義隆 出演:武田鉄矢、石田えり、乙羽信子、鈴木ヒロミツ、田中邦衛)」であった。


柄本明、片岡仁左衛門               いしだあゆみ、津嘉山正種

【ストリー】
葵祭でにぎわう京都、加茂川べりで休んでいた寅次郎(渥美清)は、ひとりの老人と知り合った。孤独な感じの老人に寅次郎は声をかけ慰め、それがうれしかったらしく先斗町の茶屋に寅次郎を誘った。老人は加納(片岡仁左衛門)という有名な陶芸家だった。酒に酔い、翌朝、寅次郎は加納の家で目がさめ、その立派さにびっくりしてしまう。そして加納家のお手伝い・かがり(いしだあゆみ)と会う。かがりは丹後の生まれで、夫は五年前に病死、故郷に娘を置いてきていることを知った。加納は弟子の蒲原(津嘉山正種)とかがりが夫婦になることを望んだが、蒲原は他の女性と結婚するといい、それを聞いたかがりは丹後へ帰ってしまった。旅に出た寅次郎、足がむいたのは丹後。かがりは思いのほか元気だった。その夜、偶然二人きりになってしまい、まんじりともしない一夜を過ごした。そのことを気にしつつ、東京に帰った寅次郎。再び旅に出ようとした矢先、かがりがとらやを訪ねて来た。帰りぎわに鎌倉の紫陽花で有名な寺で待っているという手紙をにぎらされた。当日になると一人では心細いと、甥の満男(吉岡秀隆)を一緒に連れて出かけた。満男を同行した寅次郎をみて、かがりの表情には落胆の色が浮かんだ。鎌倉から江の島への間、かがりは胸のうちを寅次郎にぶちまけるチャンスもなく、そのまま丹後に帰ってしまった。かがりの心を知りながらそれに応えられない哀しさを酒でまぎらわそうとした。かがりは本当は寅次郎が好きだったのでは、と言うさくら(倍賞千恵子)に、あんな美人で賢い人が俺のようなヤクザを思うわけがないといってとらやを後に旅立っていった。数日後、さくらのもとにかがりから故郷で元気に働いているとの便りが来た。そのころ信州の古い宿場で寅次郎は瀬戸物を売っていた。加納の名をかたっている寅次郎の前にひょっこり姿をあらわしたのが寅次郎のさすらいの生活にひかれて旅に出た加納だった。フーテンの寅さんと人間国宝・加納の屈託のない声が信州の山々にこだましていた。


下條正巳、三崎千恵子、倍賞千恵子、笠智衆、佐藤蛾次郎  前田吟、三崎千恵子、下條正巳、三崎千恵子

題名:男はつらいよ・寅次郎あじさいの恋
監督:山田洋次
企画:小林俊一
製作:島津清、佐生哲雄
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:鈴木功
調音:松本隆司
美術:出川三男
編集:石井巌
音楽:山本直純 主題歌・唄:渥美清
撮影機材:パナビジョン
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:玉生久宗
助監督:五十嵐敬司
アニメーション:白組
スチール:長谷川宗平
出演:渥美清、いしだあゆみ、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎、下條正巳、吉岡秀隆、柄本明、片岡仁左衛門、津嘉山正種、杉山とく子、関敬六
1982年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー109分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・寅次郎あじさいの恋 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


倍賞千恵子                     いしだあゆみ、渥美清

1 2