映画「ならず者」

ならず者ならず者
高倉健                         丹波哲郎

今回は石井輝男監督1964年製作「ならず者」をピックアップする。
本作は「東京ギャング対香港ギャング(1963年)」同様、香港とマカオにロケーションを敢行した新東宝調フィルム・ノワールである。海外ロケシーンが8割を占める映像は、観光映画にはならず、裏町の様子をリアルに捉えているのが良い。ジョン・ウー監督が本作にインスパイアされて「狼 男たちの挽歌 最終章(1989年香港)」を制作したそうだ。

ならず者ならず者
加賀まりこ                       三原葉子

【ストリー】
殺し屋の南条(高倉健)は、毛(安部徹)という男に殺しの仕事を頼まれて香港に来た。しかし目的の男を射殺し、指定されたホテルに金を受けとりにいってみると、彼を待っていたのは女の死体だった。警察の追求をのがれて毛を探すうちに、南条は遊園地の賭け台で缶詰めを射止め、そこで缶詰めをぜひ買いたいという中国服の女明蘭(三原葉子)に呼びとめられた。不審に思った南条が宿へ帰って調べて見ると、それは数億の値打ちの麻薬だった。翌日、南条は缶詰めを宿の少女小紅(高見理紗)に預けると明蘭が待つアパートを訪ねた。南条はそこで、麻薬と交換に明蘭のボス蒋(丹波哲郎)から、毛の居所を知らせてもらう約束をした。しかし明蘭は、麻薬の横取りを企み、南条をたくみにだまし、麻薬が小紅のところにあることを聞き出して小紅を殺して麻薬を強奪した。明蘭の情報から、毛が横浜にいることを探り出した南条は、横浜に帰るが、毛は一足ちがいで香港へ帰った後だった。再び香港へ戻った南条は、小紅を訪ねるが、そこで小紅が殺されたことを知る。毛を探して賭博場に来た南条は、そこで、勝った賭け金と交換に、毛の情報を聞き出すが、そこで蒋に会い、決闘を申しこまれた。蒋は南条が薬を持ち逃げしたと思い、又南条も、小紅殺しの張本人は蒋だと思っていたので、二人は怒り狂って闘う、がなお言い争ううちにそれが、明蘭の裏切りであることが解り二人は和解した。そして南条は蒋から毛のアジトを聞き出し、指定のホテルで、毛を待ちうけて復讐を果した。しかし南条も毛の手下に腹を射ち抜かれ、かけつけたパトカーの中で一人息を引きとるのだった。

ならず者ならず者
南田洋子                        杉浦直樹
ならず者ならず者
江原真二郎                   高倉健、加賀まりこ

題名:ならず者
監督:石井輝男
企画:関政次郎、片桐譲
脚本:石井輝男
撮影:林七郎
照明:川崎保之丞
録音:廣上益弘
美術:藤田博
編集:鈴木寛
音楽:八木正生
現像:東映化学工業
進行主任:門間安彦
助監督:高桑信
スチール:丸川忠士
出演:高倉健、丹波哲郎、杉浦直樹、江原真二郎、加賀まりこ、三原葉子、南田洋子、赤木春恵、今井健二、鹿内タカシ、千石規子、安部徹、高見理紗、高城丈二
1964年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
ならず者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ならず者ならず者
高倉健                        南田洋子 

ならず者