万華鏡の女 女優ひし美ゆり子

万華鏡の女 女優ひし美ゆり子

2011年に刊行された「万華鏡の女 女優ひし美ゆり子」が文庫版として発売されたので買って読み終えた。
ひし美ゆり子さんは、1967年10月から翌年9月まで報映されたTBS系テレビ映画「ウルトラセブン」のアンヌ隊員役で多くの人に知られる女優さんである。私も中学生の時にリアルタイムで見ていて「綺麗で色気のあるお姉さんだなぁ」と憧れたものである。その後、テレビより映画のスクリーンで見る事が多くなるのだが、最後の映画女優という本著の位置付けと時代考察に感動する。
彼女を「流されて…(Travolti da un insolito destino nell’azzurro mare d’agosto)1974年リナ・ウェルトミューラー監督」のヒロインに例えるあたり、共著の樋口尚文氏が2018年に製作した「葬式の名人」を監督された方であるからだろうか。(昨年夏に撮影の中堀正夫氏から現場の様子をお聞きした。)
ビデオテープ・DVD・Blu-rayの出現による「ウルトラセブン」二次使用での新たな若いファンの登場、そして、ひし美ゆり子さん自身がPCを駆使し、SNSで発信するネットアイドル化、人気は今も衰えないというのは、ファンとして嬉しいが、彼女が恣意的に行った事ではなく「流されて…」という事なのだ。それには全くイヤミがなく好感が持てた。
本著は、日本映画終焉期(1960年代後期~)の映画史、ひし美ゆり子さんの作品歴と心象風景を丁寧に調べ上げた貴重なドキュメントである。

万華鏡の女 女優ひし美ゆり子万華鏡の女 女優ひし美ゆり子

本著で驚いたのは、1972年製作「鏡の中の野心」という作品である。ピンク映画製作会社の東活プロ(松竹系)で小林悟監督が撮られている。私は1978年頃から1980年頃迄に撮影助手として東活プロで小林悟監督のもと、門口カメラマン、加藤ライトマンと10数本をご一緒させて戴いた。もっと早く生まれていれば、ひし美ゆり子さんに会えたのにと思うと悔しくてならない。

万華鏡の女 女優ひし美ゆり子万華鏡の女 女優ひし美ゆり子
当ブログで掲載したひし美ゆり子さん(クリックすると作品紹介にリンクします)

1969年「ブラボー!若大将」岩内克己監督       1970年「俺の空だぜ!若大将」小谷承靖監督

1972年「不良番長 一網打尽」野田幸男監督     1972年「不良番長 骨までしゃぶれ」野田幸男監督

1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」山下耕作監督 1975年「新・仁義なき戦い 組長の首」深作欣二監督
海潮音四畳半色の濡衣
1980年「海潮音」橋浦方人監督         1983年「四畳半色の濡衣」向井寛監督

映画「海潮音」

海潮音海潮音
池部良                         荻野目慶子
海潮音海潮音
山口果林                        泉谷しげる

今回は橋浦方人監督1980年製作「海潮音」をピックアップする。
本作は北陸の海沿いの町のとある旧家を舞台に、行き倒れて記憶を失った女をめぐる大人たちの葛藤を、思春期の少女の視線で描いたATG作品だ。撮影は「砂の女(監督:勅使河原宏/1963年)」「軍旗はためく下に(監督:深作欣二/1971年)」の瀬川浩氏が担当され、照明は「羅生門(監督:黒澤明 撮影:宮川一夫/1951年)」「雨月物語(監督:溝口健二 撮影:宮川一夫/1953年)」「雁の寺(監督:川島雄三 撮影:村井博/1962年)」などを担当された岡本健一氏、美術は「陽炎座(監督:鈴木清順/1981年)」「帝都物語(監督:実相寺昭雄/1988年)」などを担当され、私がコダイでお世話になった池谷仙克氏である。スタッフ、キャストは実力派の布陣である。

海潮音海潮音
浦辺粂子、荻野目慶子                 烏丸せつこ

【ストリー】
北陸の海沿いのある町。実業家で町の実力者でもある旧家、宇島家の主人、理一郎(池部良)は、ある朝、海辺でずぶ濡れになって倒れている記憶を失った女(山口果林)を助けた。このひとりの不思議な女を迎え、宇島家の人々の心は様々に揺れる。一人娘の伊代(荻野目慶子)も少女らしいとまどいと興味を抱いた。女手ひとつでこの家を守ってきた祖母の図世(浦辺粂子)は、息子の嫁を早く失ったこともあり、女を家に置こうとする理一郎に異議を唱えず彼女を看病する。理一郎は次第に女に魅せられていき、伊代は幼い頃の母の記憶に胸を痛めながら、大人たちの成り行きを見守る。ある日、理一郎の亡妻の弟、伊代の叔父にあたる征夫(泉谷しげる)が都会の生活を捨てて、この町に帰ってきた。征夫は理一郎に仕事の世話をしてもらっていたが女を家にとじこめる理一郎に批判的で、やがて二人は対立する。征夫は姉と理一郎の結婚に深い傷痕を残していたのだ。だが、征夫は家を守る男の自信と尊厳のある理一郎にかなうはずもなく、思いを寄せるさちこ(烏丸せつこ)と別れ、ひとり町を去っていく。しばらくして、女に記憶が蘇った。心中したが、男(吉澤健)だけ死に、自分は生き残ってしまった。理一郎の望み通り、この家に留るには辛すぎる記憶。だが、理一郎の女に対する感情は極まっていた。謎の女の出現で、大人たちの未知なる世界に直面した伊代は、幼い体に宿る激しい感受性ゆえに、父や女に殺意も覚えるのだった。

海潮音海潮音
近藤宏、上月左知子                 ひし美ゆり子

題名:海潮音
監督:橋浦方人
企画:多賀祥介
製作:佐々木史朗
脚本:橋浦方人
撮影:瀬川浩
照明:岡本健一
録音:本田孜
音効:福島幸雄 МA:東京テレビセンター
美術:池谷仙克
美粧:小堺なな、古川典子
記録:宮瀬淳子
編集:荒井真琴 ネガ編集:菅野洋子
音楽:深町純
撮影機材:ナック
照明機材:日本照明
現像:東洋現像所 合成:デン・フィルムエフェクト
プロデューサー:佐々木啓
製作担当:熊田雅彦
製作進行:須藤穣、増田信示
助監督:矢野広成
監督助手:榎戸耕史、平山陽之
応援撮影:山田達郎
撮影助手:石倉隆二、永田鉄男、近藤稔
応援助手:下平元己、吉田真二、塩谷真
照明助手:前田基男、淡路俊之、西池彰、石井和男、吉村泰三、吉田幸充
録音助手:高樹勝義
美術助手:細石照美、矢野穀
方言指導:若杜奏身、冨地扶喜子
車両:鈴木文人
脚本協力:福間健二
ロケ協力:門前町(石川県)、穴水町、門前町黒島町旧角海家住宅
スチール:野上哲夫、竹内健二
出演:池部良、荻野目慶子、山口果林、泉谷しげる、上月左知子、烏丸せつこ、浦辺粂子、近藤宏、ひし美ゆり子、吉澤健、野上祐二、弓恵子、早川雄三、木村元、亜湖
1980年日本・シネマハウト+ATG/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
海潮音 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

海潮音海潮音
池部良、山口果林                    吉澤健
海潮音海潮音
泉谷しげる、荻野目慶子                荻野目慶子

映画「お嫁においで」


加山雄三                        沢井桂子

内藤洋子                        黒沢年男

今回は本多猪四郎監督1966年製作「お嫁においで」をピックアップする。
円谷英二特技監督とのコンビで特撮映画を撮り続けた本多猪四郎監督は、「ゴジラ」の生みの親として有名だが、本作は加山雄三さんの同名ヒット曲を元にした歌謡映画にも係わらず、若大将シリーズとは違いプロットがしっかりした作品であると思う。沢井桂子さんが魅力的に映っている。


原恵子、黒沢年男                    田村亮

笠智衆                        千石規子

有島一郎                     沢井桂子、松本めぐみ

【ストリー】
設計技師須山保(加山雄三)は父(笠間雪雄)の経営する造船会社で働いているカッコいい青年。目下、保には縁談があるが、彼はその気になれない。というのは、エンストした保のスポーツカーを押してくれた露木昌子(沢井桂子)が忘れられないからだ。昌子は何処に勤めているとも言わずに立ち去ったのだが、保は彼女がホテルのウェイトレスをしているのを偶然見かけ、それ以来、両親の勧める縁談には耳もかさない有様。ただ、兄思いの妹葉子(内藤洋子)はそんな保のためにプロポーズ作戦を練る。ところで昌子はタクシーの運転手野呂高生(黒沢年男)と親しい。だから、葉子の作戦通り保がホテルの裏口で昌子を待っていると、野呂が彼女を連れ去っていくという具合で、保の歩が悪い。そこで葉子は、タクシー会社へ野呂を指名して遠出させ、その間に保が昌子と会うという計画を立てたのがまんまと成功。保は昌子に愛を打ち明け、恋人に立候補した。昌子は迷った、野呂も好きだし、保の熱烈なプロポーズにも心を動かされる。一方野呂は魚屋の娘つね子(原恵子)から愛を打ち明けられたが、昌子を愛していると断る。そんなある日、保の両親は昌子の存在を知り、ホテルの支配人(有島一郎)を通じて昌子をクビにしたが、それを知った保は驚いて昌子の許に飛んでいった。昌子はその保にはっきりと言った。「あなたのプロポーズは突然飛び込んで来た幸福みたいで落ち着かない。身分相応の野呂さんが自分にはふさわしいと思う」そう言われた保はきっぱりと昌子との結婚を諦め二人を祝福した。ある天気のよい一日、ヨットを走らせる保と葉子の姿が湘南の海に見られた。


内田裕也                      お嫁においで

田村亮、沢井桂子                 内藤洋子、加山雄三

題名:お嫁においで
監督:本多猪四郎
製作:藤本眞澄
脚本:松山善三
撮影:宇野晋作
照明:大野晨一
録音:伴利也
整音:下永尚
美術:育野重一
大道具:田中喜一
小道具:野島秋雄
衣裳:池田誠
記録:米山久江
編集:武田うめ
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「お嫁においで」俺は海の子「夜空を仰いで」
製作担当:山田順彦
製作進行:森知貴秀
助監督:渡辺邦彦
監督助手:藤井誠之助、松本正志
美術助手:荒巻宏俊、櫻木晶、沼田和幸
スチール:秦大三
出演:加山雄三、沢井桂子、内藤洋子、黒沢年男、原恵子、田村亮、千石規子、内田裕也、笠智衆、有島一郎、松本めぐみ、高田稔、飯田蝶子、笠間雪雄、村田知栄子、菱見地谷子(ひし美ゆり子)
1966年日本・東宝/シネスコサイズ・カラー101分35mmフィルム
お嫁においで -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「お嫁においで」沢井桂子

「お嫁においで」沢井桂子

1 2 3 4