映画「見知らぬ乗客」


ファーリー・グレンジャー              ロバート・ウォーカー

今回はアルフレッド・ヒッチコック監督1951年製作「見知らぬ乗客(STRANGERS ON A TRAIN)」をピックアップする。
本作は「太陽がいっばい」を書いたパトリシア・ハイスミス氏の原作者を巨匠ヒッチコック監督が映画化したものだ。内容は交換殺人を持ちかけられた男の恐怖と動揺をサスペンスタッチで描いているが、ラストシーンが米国版と英国版では違う。またヒッチコック監督の実娘(長女)パトリシア・ヒッチコックがバーバラ・モートン役で出演している。


ルース・ローマン            見知らぬ乗客(STRANGERS ON A TRAIN)

【ストリー】
アマチュア・テニス選手として名の通っているガイ・ヘインズ(ファーリー・グレンジャー)は、ワシントンから故郷メトカルフへ離婚のため帰る途中、列車の中で不思議な青年ブルノ・アントニー(ロバート・ウォーカー)と知り合った。彼は、ガイが最近妻ミリアムと不和になり、モートン上院議員の娘アン(ルース・ローマン)と結婚したがっていることを知っていて、自分の父を殺してくれるならミリアムを殺してやろうと申し出たのである。むろんガイはこの交換殺人を一笑に付したが、アントニーは遊園地の草原で本当にミリアムを殺してしまった。ガイはアリバイが不充分なまま刑事の尾行を受けることになったが、そのスキを狙ってブルノははしつこく返礼殺人をガイに迫るのだった。ガイも、この事実を知ったアンも、心からブルノに翻意を促したが、彼はいよいよ狂的になって行き、ついにフォレスト・ヒルの試合当日、ブルノは車中でガイからかすめたライターを現場に置いてくる計画をたてていることが判った。ガイは必死に試合をすすめ、敵に辛勝して尾行刑事をまき、ブルノを遊園地に追った。2人はメリーゴーランド上で対決、あわてた刑事の一弾が係の男を倒したので、突然急転をはじめたメリーゴーランドの上の格闘は凄絶をきわめるものとなった。つにい回転木馬は心棒から折れてみじんに崩け、ガイは外へ放り出されたが、ブルノは敢えなく下敷きとなって息絶えた。その手の中に握られていたライターによって、ガイの容疑が晴れたのはいうまでもない。


ファーリー・グレンジャー       見知らぬ乗客(STRANGERS ON A TRAIN)

題名:STRANGERS ON A TRAIN
邦題:見知らぬ乗客
監督:アルフレッド・ヒッチコック
原作:パトリシア・ハイスミス
脚本:ウィットフィールド・クック 脚色:レイモンド・チャンドラー、ツェンツィ・オルモンド
撮影:ロバート・バークス
美術:テッド・ハワース
装飾:ジョージ・ジェームズ・ホプキンス
編集:ウィリアム・ジーグラー
音楽:ディミトリ・ティオムキン 音楽監督:レイ・ハインドーフ
出演:ファーリー・グレンジャー、ロバート・ウォーカー、ルース・ローマン、パトリシア・ヒッチコック、ローラ・エリオット、マリオン・ローン、レオ・G・キャロル
1951年アメリカ/スタンダードサイズ・モノクロ101分35mmフィルム
見知らぬ乗客 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ルース・ローマン                 ロバート・ウォーカー

映画「めまい」


ジェームズ・スチュアート                キム・ノヴァク 

今回はアルフレッド・ヒッチコック監督1958年製作「めまい(VERTIGO)」をピックアップする。
ラストの有名な「床が落ちるような目眩ショット」は逆ズームと言われ、他の多くの映画やCF撮影で使われる事があり、ズームレンズを装着し、ズームバックしながら被写体のサイズを変えずにカメラを前方へ移動(トラックアップ)する手法だ。タイトル映像の刻々と変化する光のパターンは、”CGの父”と呼ばれる実験映像作家のジョン・ホイットニー・シニアが担当している。また本作の原版は、保存状態の悪さのため、非常に傷み色あせていた。これを危惧したジェームズ・C・カッツ、ロバート・A・ハリスらの手によってネガは2年かけて修復され、1996年に再公開された。


バーバラ・ベル・ゲデス

【ストリー】
元刑事のジョン・ファーガスン(ジェームズ・スチュアート)は、屋上で犯人追跡中に同僚を墜死させたことから、高所恐怖症にかかって今は退職していた。商業画家の女友達、ミッジ(バーバラ・ベル・ゲデス)の所だけが、彼の気の安まる場所だった。そんなある日、昔の学校友達ゲビン・エルスターから電話があって、彼はその妻の尾行を依頼された。美しい妻のマドレイヌ(キム・ノヴァク)が、時々、昔狂って自殺した曽祖母のことを口走っては、夢遊病者のように不可解な行動に出るというのだ。しかも、彼女は、まだ自分にそんな曽祖母のあったことは、知らぬ筈だという。翌日から、ジョンの尾行がはじまった。マドレイヌの行動範囲はサンフランシスコ一帯に及んだ。ある時は曽祖母の埋められている墓地に、ある時は曽祖母が昔住んでいたというホテルに、ある時は若かりし頃の曽祖母の画像の飾られている画廊に。しかも、ぼんやりと絵に見いる彼女の、手にもつ花束の型や髪型は画像の曽祖母と同じものなのだ。そしてある日、彼女は海に身を投げた。ジョンは彼女を救って、自宅につれかえり、介抱した。そして、今はもう彼女を愛している自分を知った。彼女は、自分の行動もよく覚えてはいなかった。何事かを恐れるマドレイヌの心理を解きほぐすために、ジョンは彼女を、よく夢に見るというサンフランシスコ南部のスペイン領時代の古い教会にともなった。しかし、突然彼に愛をうちあけながら彼女は、教会の高塔にかけ上り、めまいを起したジョンが階段にたちつくすうちに、身を投げて死んだ。そのショックから、ジョンはサナトリウムに療養する身となった。まだ自分をとりもどすことの出来ぬ彼は、街をさまよっているうちに、ふとジュデイ(キム・ノヴァク)というショップ・ガールに会った。身なり化粧こそげびて俗だったとはいえ彼女の面ざしはマドレイヌに似ていた。ジョンは、いつか彼女の面倒をみてやる身となった。彼は彼女にマドレイヌに似た化粧や身なりを教えた。しかし彼女はそれをいやがった。何故なら彼女こそは、妻を殺すためにジョンの高所恐怖症を利用したゲビンに使われ、ジョンをあざむいて顔かたちの似たマドレイヌになりすましていた女だったのだから。あの時、高塔の上には殺した妻を抱いたゲビンがいた。そして、めまいを起こして高所に上れぬジョンを証人につかって、かけ上ってきたジュデイとタイミングを合わせて妻の死体を塔から投げ下ろし、自殺に見せるというトリックを使ったのだ。サンフランシスコ一帯にジョンを引きまわし、彼と恋におちたマドレイヌとは、実はジュデイその人だったのだ。ある夜、死んだはずのマドレイヌのものだった首飾りをジュデイの胸にみつけたジョンは、彼女をあの教会の白亜の高塔につれていって詰問した。総ては今やはっきりした。しかし、今はジョンを愛するジュデイは、彼への愛を口走りながら、恐怖のために塔から足をふみ外して墜死した。


バーバラ・ベル・ゲデス、ジェームズ・スチュアート

題名:VERTIGO
邦題:めまい
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作:ピエール・ボワロー
脚本:アレック・コッペル、サム・テイラー
撮影:ロバート・バークス
美術:ハル・ペレイラ、ヘンリー・バムステッド
衣装:エディス・ヘッド
編集:ジョージ・トマシーニ
効果:ジョン・ホイットニー・シニア
題字:ソウル・バス
音楽:バーナード・ハーマン
出演:ジェームズ・スチュアート、キム・ノヴァク、バーバラ・ベル・ゲデス、トム・ヘルモア、ヘンリー・ジョーンズ
1958年アメリカ/ビスタサイズ・テクニカラーカラー128分35mmフィルム
めまい(1958) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


めまい(VERTIGO)

映画「ハリーの災難」


シャーリー・マクレーン             ジョン・フォーサイス

今回はアルフレッド・ヒッチコック監督1955年製作「ハリーの災難(THE TROUBLE WITH HARRY)」をピックアップする。
本作は、ヒッチコック監督が「泥棒成金」に続いて製作・監督した死体をめぐるスリラー・コメディだ。撮影システムも同様にパラマウント・ビスタビジョンを採用している。またブロードウェイの舞台でダンサーとしての才能を認められての抜擢となったシャーリー・マクレーンさんの映画デビュー作でもある。
※パラマウント・ビスタビジョンについては「泥棒成金」で説明しています。


エドマンド・グウェン              ミルドレッド・ダンノック

【ストリー】
もみじの美しいヴァーモント州の森の中で不思議な事件がおこった。4つになった男の子アーニー・ロジャース(ジェリー・マシューズ)が森に遊びに行って、男の死体を見つけた。村の人々のなかにこの男を殺す動機を持っていると疑われるものがいた。死体はハリーという男だった。映画の主役はこのハリーの死体なのである。死体が発見された時、もと船長であったアルバート・ワイルスという中年の男(エドモンド・グエン)は、兎を射っていて、あやまって殺人を犯したものと信じてしまった。ミス・グレヴリーという中年女(ミルドレッド・ナットウィック)は森の中でハリーに襲われ、ハイ・ヒールのかかとで頭をなぐりつけたので、それが死因であると思い込んでしまった。ジェニファー・ロジャー(シャーリー・マクレーン)という若く美しい後家も、疑われるだけの理由を持っていた。ジェニファーは死体を見つけたアーニー少年の母親で、ハリーはジェニファーの2度目の良人だった。アーニーの父親である最初の良人ロバートが死んだ時、ロッバートの兄のハリーが無理にジェニファーと結婚、ジェニファーはハリーに愛情がないことを知って、ヴァージニアの田舎に身を隠したのだが死体を発見した朝、ハリーが突然訪れてきて家に入り込もうとしたので、牛乳のビンでなぐりつけた。ハリーは眼がくらんで、ふらふらと森の中に姿をかくし、その後死体となって発見された。もう1人疑われる理由を持っていたのはサム・マロー(ジョン・フォーサイス)という青年画家だった。サムはジェニファーを愛していて、ジェニファーもサムに想いをよせていたので、名目だけの良人であるとはいえ、ハリーの存在が邪魔であるのは当然のことだった。こうして、4人のものがそれぞれの立場を考えて、夕方から朝にかけてハリーの死体を埋めたり掘り返したりした。ワイルス船長ははじめに兎とまちがえて射殺したと思ったが、しとめた兎をアーニーが拾っていたことがわかって、自分に罪がないことを知ったし、ミス・グレイヴリーは死体を埋めることをたのんでからワイルス船長と親しくなり、かねてからひそかに想い合っていたことがわかると、晴れて夫婦になりたいと思い、それには埋めた死体を掘り出して正統防衛を主張した方がいいと考えた。サムはワイルス船長に話を持ちかけられて、死体を埋める手伝いをしたが、ジェニファーと結婚するとなると、ハリーが死んだことを明らかにしなければならないので、埋めた死体を掘り出さなければ都合が悪かった。そのうちに、ハリーの死体の靴を盗んだ浮浪者がつかまって、シェリフの手伝いをしているカルヴィン(ロイヤル・ダノ)が活躍をはじめた。ハリーの死体に共通の関心を抱いた4人は相談のあげく死体を森の中のもとの所へ置いて、改めてアーニーに見つけさせようと企てた。この企てはどんな結果になるか。


ロイヤル・ダノ                                  ハリーの災難(THE TROUBLE WITH HARRY)

題名:THE TROUBLE WITH HARRY
邦題:ハリーの災難
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作:ジャック・トレヴァー・ストーリー
脚本:ジョン・マイケル・ヘイズ
撮影:ロバート・バークス
美術:ハル・ペレイラ 、 ジョン・B・グッドマン
衣裳:イーディス・ヘッド
特効:ジョン・P・フルトン
音楽:バーナード・ハーマン 歌:マック・デイヴィッド、レイモンド・スコット
編集:アルマ・マックローリー
撮影機材:パラマウント・ビスタビジョン
現像:テクニカラー タイミング:リチャード・ミューラー
出演:エドマンド・グウェン、ジョン・フォーサイス、シャーリー・マクレーン、ジェリー・マシューズ、ロイヤル・ダノ、ミルドレッド・ダンノック、ジェリー・メイザース、ドワイト・マーフィールド、パーカー・フェンネリー
1955年アメリカ/ビスタサイズ・カラー99分35mmフィルム
ハリーの災難 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「ハリーの災難(THE TROUBLE WITH HARRY)」アルフレッド・ヒッチコック監督

1 2 3 5