映画「スケアクロウ」

スケアクロウ
スケアクロウ(SCARECROW)
スケアクロウスケアクロウ
ジーン・ハックマン                 アル・パチーノ

今回はジェリー・シャッツバーグ監督1973年製作「スケアクロウ(SCARECROW)」をピックアップする。ロードムービーの名作と言われる本作は、70年代のアメリカを背景にハリウッドの名優によって淡々と描かれる。ラストシーンに向かって走る感情の芝居は素晴らしく、次から次に事件を起こすハリウッドエンタメ映画と違って作品の質を上げていると言える。

スケアクロウスケアクロウ
ドロシー・トリスタン                         アン・ウェッジワース、ジーン・ハックマン

【ストリー】
マックス(ジーン・ハックマン)とライオン(アル・パチーノ)が出会ったのは南カリフォルニアの人里離れた道路であった。マックスは6年の懲役を終えて刑務所から出てきたばかりだった。洗車店を始めるためにピッツバーグへ向かう途中、ちょっとデンバーに立ち寄って、たったひとりの肉親である妹コリー(ドロシー・トリスタン)を訪ねてみるつもりだった。ライオンの方は、5年ぶりに船員生活の足を洗って、デトロイトに置き去りにしたままの妻アニー(ペニー・アレン)に会いに行くところだった。今年5歳になる子供がいるはずだが、男か女さえも知らなかった。その2人は知り合ったとたん気が合った。こうして2人はコンビを組み、洗車屋を始めるために旅をする事になったが、途中、まずデトロイトとデンバーでのそれぞれの用事を済ませる事に相談がまとまった。トラックや汽車を乗り継いでデンバーに着いた2人は早速コリーを訪ねたが、そこで一緒に生活していたフレンチー(アン・ウェッジワース)という女にマックスはすっかりいかれてしまい、ライオンもコリーが気に入った。意気投合した4人は、これからずっと行動を共にしようという事になった。そのためにはまずマックスがピッツバーグの銀行に預けてある金を、ライオンと一緒に引き出しにいく途中、ライオンの妻のいるデトロイトに寄ればいい。ほんのひとときの別れだけれども、お別れパーティを盛大にやろうという事になり、ドンチャン騒ぎが始まった。そのことが原因で町の連中と喧嘩になり、マックスとライオンは30日間の強制労働を課せられた。それを終えると、2人は連れ立って目的地へ急いだ。ようやくたどりついた家の前で、まず電話をしてからと彼は公衆電話へかけ込んで彼女を呼んだ。だが、なつかしさと期待にあふれる彼の気持ちは一瞬にして吹き飛ばされた。アニーは5歳になろうとする男の子の顔を見ながら、出産直前に階段から落ちたために子供が死んで生まれてこなかった事、洗礼を受けていないその子は地獄に落ちたまま永遠に天国へは行けないだろう、そして自分は間もなく再婚すると大声でまくしたてた。それがアニーの悲しい嘘である事をライオンは知る由もない。電話を切ると、ショックを隠して、わざと明るくボックスを飛び出し、表で待ち構えていたマックスに生まれた子供は男の子であった事、しかし女房はすでに再婚しているので会うわけにはいかない事などを話して聞かせた。2人の行く先はもはやピッツバーグしか残っていなかった。ライオンの様子がおかしいのにマックスが気づいたのはその時だった。公園の大きな噴水のそばで子供たちと遊んでいたライオンは、その中の1人をいきなり抱き上げると、氷のような冷たい水の中にザブザブ入って行った。あわてたマックスが、彼を水の中から連れだした。かけつけた車で病院に収容されたライオンは正気に戻るまで当分の間精神療法が必要だという医者の診断であった。その時、マックスの心が決まった。洗車屋を始めるために貯金した金をそっくりそのまま親友の治療費につぎ込もうと。もうライオンとは永久に離れまいと。

スケアクロウスケアクロウ
アル・パチーノ、ジーン・ハックマン         ペニー・アレン

題名:SCARECROW
邦題:スケアクロウ
監督:ジェリー・シャッツバーグ
製作:ロバート・M・シャーマン
脚本:ギャリー・マイケル・ホワイト
撮影:ヴィルモス・ジグモンド
美術:アル・ブレナー
録音:バリー・トーマス
編集:エヴァン・A・ロットマン
撮影機材:パナビジョン
現像:テクニカラー
音楽:フレッド・マイロー
出演:ジーン・ハックマン、アル・パチーノ、ドロシー・トリスタン、アン・ウェッジワース、リチャード・リンチ、アイリーン・ブレナン、ペニー・アレン、リチャード・ハックマン、アル・シンゴーロニー
第26回カンヌ国際映画祭パルム・ドール賞受賞、国際カトリック映画事務局賞受賞
1973年アメリカ/シネスコサイズ・カラー112分35mmフィルム

スケアクロウスケアクロウ
ジーン・ハックマン                  アル・パチーノ
スケアクロウスケアクロウ
PANA ARRIFLEX  IIC                                    PANAVITION MICHELL NCR
スケアクロウ(SCARECROW)

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
レオナルド・ディカプリオ              ブラッド・ピット

今回は8月30日に日本で劇場公開されたクエンティン・タランティーノ監督2019年製作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)」を9月12日にTOHOシネマズ府中スクリーン4で観て来た。
第9回監督作品である本作は、1969年の黄金期のハリウッドを舞台に、落ち目の俳優とその専属スタントマンが映画界で奔走する姿を映画愛で描いたものだ。5年間に渡って書き上げられた脚本は、リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)のモデルがバート・レイノルズであるそうだが、イタリアに渡ってマカロニ・ウエスタンに出演した作品は、セルジオ・コルプッチ監督1966年製作「さすらいのガンマン(Navajo Joe)」だが、作品名を変えている。シャロン・テート(マーゴット・ロビー)が、街の映画館で自分の作品を観るが、フィル・カールソン監督1968年製作「サイレンサー第4弾/破壊部隊(The Wrecking Crew)」、こちらは本物を使っていた。
本作はフィルムスキャンしたものをDCP上映で観たのだが、35mmフィルムで撮られている。
イーストマン・コダックのVISION3 500T(5219)、200T(5213)で現像はフォトケムである。とても素晴らしい作品だった。本作こそ本物の映画である。

作品リスト

撮影監督のロバート・リチャードソン氏によると(コダックメルマガVOL,143より)
「クエンティンは、ズームやリッチで血気盛んな色彩であるテクニカラー(ダイ・トランスファー)のルックを使った、 リック・ダルトンのテレビ西部劇からのシーンやより古い時代とも調和する1969年当時を思わせる映像を求めていました。フィ ルムかデジタルかという議論はありませんでした。デジタルという言葉は、クエンティンの辞書にはありません。彼との共作はすべてコダックフィルムで撮影し ています。
2人がこれまでに35mmフィルムで撮影した作品は、2003年「キル・ビル」「キル・ビル Vol.2」2009年「イングロリアス・バスターズ」2012年「ジャンゴ 繋がれざる者」があり、「ヘイトフル・エイト」は65mmフィルムで撮影されました。

かなり早い段階から、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のフォーマットは、ワイドスクリーンと決 まっていました。
35mmのアナモフィックです。リック・ダルトンのテレビ西部劇シリーズだけは、35mmの白黒フィルムを使い、アスフェリカルのズームレ ンズでほぼすべて1:1.33で撮影しています。また、シャロン・テートとロマン・ポランスキー夫妻の自宅での2シーンは、コダック エクタクロームで撮影し、一方は16mmでもう一方はスーパー8です。」

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
マーゴット・ロビー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
マーゴット・ロビー                  レオナルド・ディカプリオ  

【ストリー】
リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身の道を目指し焦る日々が続いてい た。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は彼に雇われた付き人でスタントマン、そして親友でもある。
目まぐるしく変 化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。
そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。今まさに最高の輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが―。そして、1969年8月9日-それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える事件は起こる。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)

題名:ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD
邦題:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
監督:クエンティン・タランティーノ
製作総指揮:ジョージア・カカンデス
製作:デイヴィッド・ヘイマン、シャノン・マッキントッシュ、クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
撮影:ロバート・リチャードソン
美術:バーバラ・リング
衣裳:アリアンヌ・フィリップス
編集:フレッド・ラスキン
フィルム:イーストマンコダック
※カラーネガティブ フィルム:VISION3 500T(5219)、200T(5213)
撮影機材:パナビジョン
※パナビジョンCとEシリーズのアナモフィックレンズを使用
現像:フォトケム
出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、アル・パチーノ、マーゴット・ロビー、ブルース・ダーン、ダコタ・ファニング、ジェームズ・マースデン、ルーク・ペリー、ティム・ロス、マイケル・マドセン、カート・ラッセル、エミール・ハーシュ、ティモシー・オリファント、ダミアン・ルイス
2019年アメリカ・イギリス/シネスコサイズ・カラー161分35mmフィルム
公式サイト


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

映画「オーシャンズ13」


ジョージ・クルーニー                 アル・パチーノ

今回はスティーヴン・ソダーバーグ監督2007年製作「オーシャンズ13(OCEAN’S THIRTEEN)」をピックアップする。
2001年「オーシャンズ11」2004年「オーシャンズ12」に続くジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットらハリウッド豪華スター競演によるクライム・ムービーの第3弾だ。


ブラッド・ピット             アンディ・ガルシア、エレン・バーキン

【ストリー】
ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)率いるプロフェッショナルな犯罪チーム“オーシャンズ”のメンバーの一人、ルーベン(エリオット・グールド)は、今まさに生死の境を彷徨っていた。世界を股にかけるホテル王、ウィリー・バンク(アル・パチーノ)と組み、ラスベガスに新たな巨大ホテルを立ち上げようとしていた矢先、バンクの裏切りによってホテルを乗っ取られ、失意のあまり心筋梗塞で倒れてしまったのだ。ルーベン危篤の報せに、盗み出す寸前だった大金さえも放り出し、ラスベガスへ駆けつけたラスティー(ブラッド・ピット)。やがて病床に集まったライナス(マット・デイモン)たち“オーシャンズ”のメンバーは、バンクへの復讐を誓う。まもなくダニーは、バンクへの最後の警告として、ホテルの権利を返した方が身のためだと伝えるが、バンクは平然とこれを拒否。所有するすべてのホテルで最高の格付けを得てきたバンクには、“オーシャンズ”など所詮敵ではないと思えたのだ。一方、“オーシャンズ”の狙いは、バンクがルーベンから奪い取った、まもなくグランド・オープンを迎える超高級ホテル“バンク”。カジノを併設するそのホテルは、世界最新にして最高の人工知能セキュリティ“グレコ”に守られていた。だが、“オーシャンズ”は仲間の借りを返すため、金品のみならずバンクのすべてを奪い取るつもりだ。そして“オーシャンズ”にとって因縁の宿敵であり、バンクのライバルであるベネディクト(アンディ・ガルシア)、またバンクの右腕である女性アビゲイル(エレン・バーキン)らも巻き込んで、壮大なリベンジ計画が繰り広げられるのだった。


ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット

題名:OCEAN’S THIRTEEN
邦題:オーシャンズ13
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
製作総指揮:スーザン・イーキンス、グレゴリー・ジェイコブス、フレデリック・W・ブロスト、ブルース・バーマン、ジョージ・クルーニー
製作:ジェリー・ワイントローブ
脚本:ブライアン・コペルマン、デイヴィッド・レヴィーン
撮影:スティーヴン・ソダーバーグ
美術:フィリップ・メッシーナ
衣装:ルイーズ・フログレイ
編集:スティーヴン・ミリオン
音楽:デイヴィッド・ホームズ
撮影機材:パナビジョン
特機機材:チャップマン(Chapman)
フィルム:イーストマンコダック
現像:テクニカラー
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、アル・パチーノ、エレン・バーキン、ドン・チードル、バーニー・マック、ケイシー・アフレック、スコット・カーン、エディー・ジェミソン
2007年アメリカ/シネスコサイズ・カラー122分35mmフィルム
オーシャンズ13 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


マット・デイモン、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット

1 2