映画「神経衰弱ぎりぎりの女たち」

神経衰弱ぎりぎりの女たち神経衰弱ぎりぎりの女たち
アントニオ・バンデラス、カルメン・マウラ

今回はペドロ・アルモドバル監督1987年製作「神経衰弱ぎりぎりの女たち(MUJERES AL BORDE DE UN ATAQUE DE NERVIOS/WOMEN ON THE VERGE OF A NERVOUS BREAKDOWN)」をピックアップした。本作はカルメン・マウラの大人の色気も良かったが、主人公の人生を変える2日間の大騒動の中での動じない逞しさに邦題通りの内容だった。脚本はヴェネチア国際映画祭で受賞するだけあって良かった。スペイン映画はイタリア、フランス映画と違うティストがあり、おもしろい。

神経衰弱ぎりぎりの女たち神経衰弱ぎりぎりの女たち

【ストリー】
俳優のペパ(カルメン・マウラ)とイヴァン(フェルナンド・ギリェン)は、映画の吹き替えで生計をたて、同棲している。ある日イヴァンが留守番電話に伝言を残したきり姿を消し、以後一度も連絡してこない。二人の思い出が深くしみついた家に一人で住むことに耐えられないペパは、部屋を貸すことを決意する。やがて彼女が妊娠に気づいた頃、彼に新しい恋人がいるという噂を耳にした。そんな時友人のカンデリャ(マリア・バランコ)が、彼女のアパートに駆け込んできた。恋人がテロリストであることを知らずに自分の部屋を貸した彼女は、警察の追求を恐れているという。さらにペパのもとに、部屋を借りたいという若いカップルがやってくる。そのひとりカルロス(アントニオ・バンデラス)は実はイヴァンの息子だったのだが、ペパはその事に気づかない。同じ頃、そのカルロスの母親で、20年前のイヴァンの恋人でもあるルシア(フリエタ・セラーノ)も彼の行方を探していた。彼女はイヴァンに捨てられたことで精神障害をうけ、記憶を失くしたのだが、ある日イヴァンの吹き替えの映画を見て、突如として記憶が戻ったのである。イヴァンを忘れるには彼を殺すしかない、と思い込むルシアは、カンデリャを追ってやって来た警官たちから免れるためにペパが仕組んだ大混乱の隙に銃を盗み、今まさに新しい恋人と旅立とうとしているイヴァンを追って空港へ急ぐ。ペパはルシアを追って、チェック・インをしている最中のイヴァンを狙撃しようとする彼女の手から銃を奪い、彼の命を救った。イヴァンはペパにやり直す気があるのか持ちかけるが、ルシアの二の舞になりたくない彼女は、彼と別れる決意をし、訣別の言葉を投げるのだった。

神経衰弱ぎりぎりの女たち神経衰弱ぎりぎりの女たち

題名:WOMEN ON THE VERGE OF A NERVOUS BREAKDOWN
邦題:神経衰弱ぎりぎりの女たち
監督:ペドロ・アルモドバル
製作総指揮:アグスティン・アモドモバル
製作:ペドロ・アルモドバル
脚本:ペドロ・アルモドバル
撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ
録音 : ギリェス・オネティオン
美術 : ホセ・マリア・デ・コシア
編集:ホセ・サルセド
音楽:ベルナルド・ボネッツィ
出演:カルメン・マウラ、アントニオ・バンデラス、ロッシ・デ・パルマ、ジュリエッタ・セラーノ、ロジー・デ・バロマ、マリア・バランコ、フェルナンド・ギーエン、フリエタ・セラーノ
1988年 ヴェネチア国際映画祭【脚本賞】ペドロ・アルモドバル1988年NY批評家協会賞【外国映画賞】
1987年スペイン/スタンダードサイズ・カラー89分35mmフィルム
神経衰弱ぎりぎりの女たち [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

神経衰弱ぎりぎりの女たち神経衰弱ぎりぎりの女たち

映画「恋のロンドン狂騒曲」

恋のロンドン狂騒曲恋のロンドン狂騒曲
ジョシュ・ブローリン             アンソニー・ホプキンス

今回は鬼才ウディ・アレン監督2010年製作「恋のロンドン狂騒曲(YOU WILL MEET A TALL DARK STRANGER)」高評価作品sをピックアップする。
本作の冒頭と最後に「騒ぐ響きと怒りはすさまじいが、意味は何ひとつない物語」というシェイクスピアの「マクベス」のセリフが引用されているが、悲劇を喜劇に置き換えた内容に惹かれてゆく。俳優陣が凄い!「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホ プキンス、「デスペラード」のアントニオ・バンデラス、「インポッシブル」のナオミ・エレン・ワッツ、「アメリカン・ギャングスター」のジョシュ・J・ブ ローリン、「スラムドッグ$ミリオネア」のフリーダ・ピントなど。本作は、重厚な演技に魅了される作品だ。撮影監督は「未知との遭遇(スティーヴン・スピルバーグ監督)」「ラスト・ワルツ(マーティン・スコセッシ監督)」や多くのウディ・アレン監督作品を担当されたヴィルモス・ジグモンド氏。

恋のロンドン狂騒曲恋のロンドン狂騒曲
ジェマ・ジョーンズ             ナオミ・ワッツ

【ストリー】
アルフィ(アンソニー・ホプキンス)とヘレナ(ジェマ・ジョーンズ)はおしどり夫婦だった。しかし、ある夜、ベッドで死の恐怖に襲われたアルフィが若さを 取り戻そうと猛特訓に励み、ついに家を出て行ってしまう。ショックで憔悴したヘレナは睡眠薬で自殺未遂を起こし、一人娘サリー(ナオミ・ワッツ)の世話 に。さらにクリスタル(ポーリン・コリンズ)という怪しい占い師の元に通い始める。サリーの夫ロイ(ジョシュ・ブローリン)は小説家だが、デビュー作以降スランプに陥っていた。子作りにも消極的なロイにサリーの苛立ちは募る。やむなくロ ンドン市内のアートギャラリーで働き始めたサリーは、オーナーで既婚者のグレッグ(アントニオ・バンデラス)に惹かれ、彼と歩む未来を妄想し始める。ロイ は友人ヘンリーから初めて書いた小説を読んでほしいと頼まれるが、それは並外れた才能がみなぎるものだった。ロイは、向かいのアパートに引っ越してきたエ キゾチックな美女ディア(フリーダ・ピント)を、窓越しに眺めることを心の慰めにするようになる。そんなある日、アルフィが自称・女優のシャーメイン(ルーシー・パンチ)という若い女性と再婚すると言い出す。実はシャーメインの正体はコールガールで、 彼女を買ったアルフィが抜群のベッド・テクニックで骨抜きにされたのだった。ある雨の日、ロイはディアをランチに誘い出すことに成功し、恋人との結婚に不 安を抱く彼女を口説く。仕事帰りにグレッグとオペラを鑑賞したサリーは、彼が妻と上手くいっていないことを打ち明けられる。クリスタルのインチキ予言に心 酔するヘレナは、オカルト系ショップを営むジョナサン(ロジャー・アシュトン=グリフィス)と出会い、意気投合。やがて、シャーメインの浪費癖のためにア ルフィは困窮し、グレッグが妻を捨てるというのはサリーの思い違いであることがわかる。また、ディアの結婚を阻止したロイは、交通事故に遭ったヘンリーの小説を自分のものにしようとして泥沼にはまり……。

恋のロンドン狂騒曲恋のロンドン狂騒曲
ジェマ・ジョーンズ ナオミ・ワッツ      フリーダ・ピント

題名:YOU WILL MEET A TALL DARK STRANGER
邦題:恋のロンドン狂騒曲
監督:ウディ・アレン
製作:レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム、ジャウマ・ロウレス
製作総指揮:ハビエル・メンデス
脚本:ウディ・アレン
撮影:ヴィルモス・ジグモンド
美術:ジム・クレイ
編集:アリサ・レプセルター
衣裳デザイン:ベアトリス・アルナ・パスツォール
撮影機材:パナビジョン
出演:アントニオ・バンデラス、ジョシュ・ブローリン、ポーリーン・コリンズ、アンソニー・ホプキンス、ジェマ・ジョーンズ、フリーダ・ピント、ナオミ・ワッツ、エレノア・ゲックス、ジョシュ・ブローリン
2010年アメリカ・スペイン/ビスタサイズ・イーストマンカラー98分35mmフィルム
恋のロンドン狂騒曲 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

恋のロンドン狂騒曲恋のロンドン狂騒曲