映画「マグニフィセント・セブン」


デンゼル・ワシントン

アントワーン・フークア監督2016年製作「マグニフィセント・セブン(THE MAGNIFICENT SEVEN)」が2017年1月27日に日本で劇場公開され、私は31日にTOHOシネマズ日本橋スクリーン5でDCP上映で観て来た。
本作の予告編は昨年夏頃からYouTubeなどで公開され、私はカレンダーに公開日をマークし期待していた作品だ。内容は黒澤明監督「七人の侍(1954年)」と同作をリメイクした「荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN/1960年ジョン・スタージェス監督)」を原案にしたハリウッド・ウエスタンだ。撮影は2015年3月から8月まで64日かけてルイジアナ州バートン・ルージュ、セイント・フランシスヴィル、ザッカリーで行われたそうだ。

マカロニウエスタン(イタリア製西部劇)を長年見続けて来た私にとって、本作は物足りなかった。何より悪役のキャラが全然立ってない。このインパクトがないとカタルシスが生まれず、復讐の銃弾が弱まり、ガンファイトが浮いて見えるのだ。
例えばセルジオ・レオーネ監督の1965年製作「夕陽のガンマン(FOR A FEW DOLLARS MORE)」では、ジャン・マリア・ヴォロンテ、クラウス・キンスキー、ルイジ・ピスティッリ、アルド・サンブレルなどの名俳優・悪役が佇むだけで成立している。これがないとクリント・イーストウッドとリー・ヴァン・クリーフのガンファイトにカタルシスを感じ得なかっただろう。本作の銃器、衣装、セットの考証は、ハリウッド製作で流石と思うが、作品は凡作である。特に脚本と配役が残念だった。


マグニフィセント・セブン(THE MAGNIFICENT SEVEN)

イ・ビョンホン

【ストリー】
悪漢バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)によって牛耳られ、絶望を感じながら生きているローズ・クリークの町の人々。住民の一人であるエマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は、賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)、ギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、拳銃の達人といった7人の男を雇って、バーソロミューの手から町を救い出すように頼む。金のためと割り切って戦いに身を投じるサムやジョシュだったが……。

題名:THE MAGNIFICENT SEVEN
邦題:マグニフィセント・セブン
監督:アントワーン・フークア
製作総指揮:ブルース・バーマン、アントワーン・フークア、ウォルター・ミリッシュ、ベン・ウェイスブレン
製作:ロジャー・バーンボーム、トッド・ブラック
原作:黒澤明、橋本忍、小国英雄「七人の侍」
脚本:ニック・ピゾラット、リチャード・ウェンク
撮影:マウロ・フィオーレ
編集:ジョン・ルフーア
音楽:ジェームズ・ホーナー、サイモン・フラングレン
フィルム:イーストマン・コダック
撮影機材:パナビジョン
現像:テクニカラー
出演:デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、ヴィンセント・ドノフリオ、イ・ビョンホン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、マーティン・センズメアー、ピーター・サースガード
2016年アメリカ/シネスコサイズ・カラー133分35mmフィルム
マグニフィセント・セブン -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


マグニフィセント・セブン(THE MAGNIFICENT SEVEN)

マグニフィセント・セブン(THE MAGNIFICENT SEVEN)