映画「西部の無頼人」


クレイグ・ヒル                                                レア・マッサリ

今回はパオロ・ビアンチーニ監督1968年製作「西部の無頼人(LO VOGLIO MORTO)」をピックアップする。
主演は「さすらいの一匹狼」でブレイクしたクレイグ・ヒル、共演に「情事(1960年/ミケランジェロ・アントニオーニ監督)」「ロード島の要塞(1961年/セルジオ・レオーネ監督)」「好奇心(1971年/ルイ・マル監督)」の名女優レア・マッサリが出演した唯一のマカロニ・ウエスタンだ。他には「怒りの荒野」のアンドレア・ボシック、「夕陽の用心棒」のホセ・マヌエル・マルティンが脇を固めている。


レア・マッサリ、リシア・カルデロン      クリスティーナ・バシナリ

【ストリー】
牧場を買うためにやって来た放浪するガンマンのクレイトン(クレイグ・ヒル)とその妹メルセデス(クリスティーナ・バシナリ)は。ある町に立ち寄り、クレイトンが知人と会っている間、メルセデスはホテルで休憩をとっていた。そこに悪党ららが侵入し、暴行されたメルセデスは殺されてしまう。
ホテルに戻って来たクレイトンは、妹の遺体のそばにタバコ入れが落ちているのを発見。
ジャック・ブラット(ホセ・マヌエル・マルティン)という悪党の持ち物である事を知った。クレイトンは、妹の復讐を果たすべく、ブラットの行方を追い、とある牧場に辿り着くのだった…….。


アンドレア・ボシック             ホセ・マヌエル・マルティン

題名:LO VOGLIO MORTO
邦題:西部の無頼人
監督:パオロ・ビアンチーニ
脚本:カルロス・サラビア
撮影:リカルド・アントセレイ
編集:エウヘニオ・アラビソ
音楽:ニコ・フィデンコ
出演:クレイグ・ヒル、レア・マッサリ、アンドレア・ボシック、ホセ・マヌエル・マルティン、アンドレア・スコッティ、ランク・ブラナ、ホセ・カナレハス、フランシスコ・エニト、クリスティーナ・バシナリ、リシア・カルデロン
1968年イタリア・スペイン/ビスタサイズ・カラー82分35mmフィルム [日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 48号 2018年 2/11号 [分冊百科]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


西部の無頼人(LO VOGLIO MORTO)」クレイグ・ヒル

西部の無頼人(LO VOGLIO MORTO)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

西部の無頼人(LO VOGLIO MORTO)

映画「.32口径の殺し屋」


「.32口径の殺し屋(KILLER CALIBRO 32)」エレーヌ・シャネル、ピーター・リー・ローレンス

ピーター・リー・ローレンス                  エレーヌ・シャネル

今回はアル・ブッラドレイ(アルフォンソ・ブレシア)監督1967年製作「.32口径の殺し屋(KILLER CALIBRO 32)」をピックアップする。出演は「荒野の墓標」「さらば殺し屋」のピーター・リー・ローレンス、「ガンマン無頼」でフランコ・ネロの弟役を演じ注目されたコレ・キトシュ、「太陽の下の18歳」「狂ったバカンス」等で一世を風靡したフランス人女優カトリーヌ・スパークの姉であるアニエス・スパーク、マカロニ・ウエスタン常連のネロ・パッツァフィーニが脇を固めている。

女優エレーヌ・シャネル誕生秘話
本作で、酒場の女主人ドリーを演じたエレーヌ・シャネル(本名:ヘレン・ストリアロフ)は、1941年にフランスのドーヴィルで誕生した。ブルーの瞳にブロンド、端正な顔立ちの彼女は、モデルにスカウトされた事をきっかけに映画出演が決まり、1956年にイタリアに渡る。デビューに際して、フランス語で「運が良い」という意味の”Chancel”から”ヘレン・チャンセル”という芸名が付けられた。しかし、PR担当者が”Chanel”とスペルを間違えた事で、女優・ヘレン・シャネルが誕生したのだという。「Genitori in Blue-Jeans(1960年)」でデビューした彼女はもエレーヌ・シャネル、シェリル・モーガンなどの変名を使いながらイタリア映画界で活動。1964年に公開された「007 ロシアより愛をこめて」のヒロイン候補に名前が挙がる程の人気を博し、スパイアクション、マカロニ・ウエスタン、コメディなど50作を超える作品に出演した。しかし、後年に彼女は、「女優志望ではなかった。イタリア映画に出続けたのは、純粋にフランスに帰りたくなかったから……」と寂し気に語っている。そんなシャネルは、1970年代に入ると映画界から遠ざかり、現在は実業家として成功を収めている。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


コレ・キトシュ                        アニエス・スパーク

ルーシー・スカイ                    ネロ・パッツァフィーニ、コレ・キトシュ

【ストリー】
7人の覆面をした一団が、カーソンシティの駅馬車を襲うが、乗客がボスの顔を見てしまったため、乗客全員は皆殺しに逢ってしまう。銀行家たちは、度重なる強奪に対し、その犯人探しのために、1,000ドル以上の仕事しかしない殺し屋シルバー(ピーター・リー・ローレンス)を雇うことにした。一方、駅馬車強盗に殺された銀行の会計士の娘ジャネット(ルーシー・スカイ)からもシルバーは犯人探しの協力依頼を受ける。仕事を引き受け、調査を進めるシルバーは何者からか狙われることになるが、相手をことごとく倒すため、保安官(ミルコ・エリス)にまで逆に疑われてしまう。誰を信じていいのか、孤独に悪と立ち向かうシルバー。


アンドレア・ボシック、ピーター・リー・ローレンス

題名:KILLER CALIBRO 32
邦題:.32口径の殺し屋
監督:アル・ブッラドレイ(アルフォンソ・ブレシア)
脚本:ロレンゾ・ギッガ・パリ(エンゾ・ギッガ)
撮影:ボブ・ロバーツ
編集:エドモンド・ジマーウォール
音楽:ロビー・ポイテヴィン
出演:ピー・ター・リー・ロレンス、アニエス・スパーク、エレーヌ・シャネル(シェリル・モーガン)、コレ・キトシュ(アルベルト・デラクッラ)、ミルコ・エリス、アンドレア・ボシック(アンドリュー・ボシック)、ルーシー・スカイ、ネロ・パッツァフィーニ
1967年イタリア/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム [日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 40号 2017年 10/22号 [分冊百科]
2017年10月現在、DVDレンタルはありません。


「.32口径の殺し屋(KILLER CALIBRO 32)」ピーター・リー・ローレンス

ピーター・リー・ローレンス、ミルコ・エリス、エレーヌ・シャネル 「.32口径の殺し屋(KILLER CALIBRO 32)」

「.32口径の殺し屋(KILLER CALIBRO 32)」

「.32口径の殺し屋(KILLER CALIBRO 32)」※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。