映画「処女の泉」

処女の泉処女の泉
グンネル・リンドブロム

今回はイングマル・ベルイマン監督1960年製作「処女の泉(JUNGFRUKALLAN/THE VIRGIN SPRING)」をピックアップした。
本作は中世のスウェーデンを舞台に、陵辱の果てに命を奪われた少女の悲劇と、彼女の父親による復讐を描いたキリスト教信仰色が強い内容だ。屋外のシーンはダーラナ地方で、室内のシーンはストックホルムの映画スタジオで撮影されたそうだ。

処女の泉処女の泉
ビルギッタ・ペテルソン、ビルギッタ・ヴァルベルイ  マックス・フォン・シドー

【ストリー】
16世紀、スエーデンの片田舎。ヴェンゲ集落の豪農の一人娘カリン(ビルギッタ・ペテルソン)は、養女インゲリ(グンネル・リンドブロム)を連れて教会にローソクを捧げに行くことになった。下女代りのインゲリは父なし子を宿してい、美しい世間知らずのカリンを嫉妬していた。二人は信心深い母メレータ(ビルギッタ・ヴァルベルイ)と父テーレ(マックス・フォン・シドー)に見送られ馬に乗って出発した。教会までの道は長かった。小川の小屋にさしかかり、インゲリはここで待つといいだした。一人先を急ぐカリンは、途中でオシとヤセッポと少年の三人の羊飼いに会った。彼らはカリンに食事する場所に案内するといった。一方、インゲリは小屋で気味の悪い老人を逃がれてカリンの後を追った。オシのカリンをみつめる目がしだいに変った。身の危険を感じた彼女が馬に乗ろうとすると、ヤセッポが邪魔をした。大声をあげようとした時、オシとヤセッポが彼女を襲いオシが犯した。--よろめきながら立ちあがるカリンを、オシが後から殴り殺した。これを目撃していたインゲリは、恐ろしさのあまり声も出なかった。--その日の夕暮、例の三人がテーレの家に夕飯を無心にやってきた。テーレは三人に食事を与えた。少年はカリンと同じお祈りに驚いた。テーレ家の人々はカリンの帰宅が遅いので心配していた。食事が済んだ。ヤセッポがカリンから強奪した衣服をメレータに買ってくれと頼んだ。すべてを察した彼女は夫に告げた。怒りにふるえるテーレは三人を殺す決意をした。不意をつかれた男たちは死んだ。あどけない少年までも。復讐したテーレは罪の深さにおののいた。片隅に隠れていたインゲリを案内に、家中で現場に急いだ。無惨に変りはてたカリンをみて、人々は呆ぜんとした。テーレは復讐の罪の償いに、ここに教会を建てると誓った。テーレがカリンを抱きあげると、不思議なことに泉がこんこんと湧き出した。--後世の多くの人々がこの地に建てられた教会に訪れたという。

処女の泉処女の泉

題名:JUNGFRUKALLAN/THE VIRGIN SPRING
邦題:処女の泉
監督:イングマル・ベルイマン
原作:ウルラ・イザクソン
脚本:ウルラ・イザクソン
撮影:スヴェン・ニクヴィスト
美術:P・A・ルンドグレン
編集:Oscar Rosander
音楽:エリク・ノルドグレン
出演:マックス・フォン・シドー、ビルギッタ・ペテルスン、グンネル・リンドブロム、ビルギッタ・ヴァルベルイ、アラン・エドワール
1960年アカデミー賞【外国語映画賞】1960年カンヌ国際映画祭【FIPRESCI(国際映画批評家連盟)賞】イングマール・ベルイマン【特別賞】イングマール・ベルイマン1960年ゴールデン・グローブ【外国映画賞(外国語)】
1960年スウェーデン/スタンダードサイズ・モノクロ89分35mmフィルム
処女の泉 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

処女の泉処女の泉

映画「仮面ペルソナ」

仮面ペルソナ仮面ペルソナ
ビビ・アンデショーン                 リヴ・ウルマン

今回はイングマル・ベルイマン監督1966年製作「仮面ペルソナ(PERSONA)」をピックアップする。
本作は、舞台俳優で映画初登場のリヴ・ウルマンとビビ・アンデショーンが演技を競い、ドッペルゲンガーをモティーフに極限状態に置かれた人間の相克と確執を描いた作品だ。他のベルイマン監督作品に比べ実験的表現が多く試みられている。

作品リスト

仮面ペルソナ仮面ペルソナ

【ストリー】
エリザベート・フォグラー(リヴ・ウルマン)は、今や舞台女優として確固とした地位を築き、家庭生活においても善良な夫(グンナール・ビョルンストランド)と可愛い息子に恵まれ、至極幸福であった。ところがある日、彼女は舞台で「エレクトラ」に出演中、突然セリフが喋れなくなってしまった。それはほんの一瞬間の出来事だったから、別に大したこともなく無事演技を終えたのだったが、数日後、その発作が再発、彼女は言葉を失うと同時に、身体の動きをも失ってしまった。まる三カ月の精密検査にもかかわらず、精神的にも肉体的にも何ら欠陥をみつけ出せなかった。そこで担当の女医はエリザベートに、バルト海に面した自分の別荘への転地療養をすすめた。エリザベートはつきそいの看護婦アルマ(ビビ・アンデショーン)がひどく気に入った。そしてアルマも言葉にならぬエリザベートの意志をたちまち理解出来るほどになった。ある日アルマは聞き上手なエリザベートにせがまれて、過去におかしたいまわしい自分の誤ちを話した。エリザベートにとって、健康でたくましいアルマの肉体はまぶしく、その上アルマの官能性が自分にのり移ってくるように感じられた。アルマはある日、女医あてのエリザベートの手紙をぬすみ見て驚いた。そこにはアルマが名前も素姓も分らぬ男たちと戯れた白昼の浜辺の出来事、そのあげく妊娠してしまい、同棲していた医学生に堕胎医を探してもらった思い出話--が、細かに書かれていた。アルマは怒った。二人の仲は裂かれた。その頃から夢ともうつつともさだかならぬ状態の中で、エリザベートとアルマの肉体は入れかわり始めたのだ。やがてエリザベートは再び口がきけるようになった。彼女は幼い息子のことを得々とアルマに語り、一方アルマは耐えられぬ吐き気に悩まされた。それはエリザベートが息子をみごもった時の苦しみが、アルマの肉体に移ったのであった。エリザベートとアルマの入れかわりはそればかりでなく、エリザベートは夫との交わりにおいても、アルマの肉体を感じた。しかし危機はやがて去った。エリザベートは女優として華やかにカムバックし、アルマは病院に帰った。

仮面ペルソナ仮面ペルソナ

題名:PERSONA
邦題:仮面ペルソナ
監督:イングマル・ベルイマン
製作:ラーシュ=オーヴェ・カールベルイ、イングマール・ベルイマン
脚本:イングマル・ベルイマン
撮影:スヴェン・ニクヴィスト
音楽:ラーシュ・ヨハン・ワーレ
出演:ビビ・アンデショーン、リヴ・ウルマン、グンナール・ビョルンストランド、マルガレータ・クルーク、ヨルゲン・リンドストレム、B・アンデルソン
1966年スウェーデン/スタンダードサイズ・モノクロ82分35mmフィルム
仮面/ペルソナ [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

仮面ペルソナ仮面ペルソナ

映画「夏の夜は三たび微笑む」

夏の夜は三たび微笑む夏の夜は三たび微笑む
アンウラ・ヤコブソン

今回はイングマル・ベルイマン監督1955年製作「夏の夜は三たび微笑む(SOMMARNATTENS LEENDE/SMILES OF A SUMMER)」をピックアップする。本作は哲学的なテーマを取り扱った難解な内容が多いとされるベルイマン監督の作品群の中で、明快なプロットと洗練されたユーモアで構成されていて分かり易い。それは製作前にプロデューサーから「もし次回作が興行的に失敗したら二度と映画を作れなくなる」と脅しを掛けた経緯があり、スウェーデン国内で予想外の大成功を収めたそうだ。

作品リスト

夏の夜は三たび微笑む夏の夜は三たび微笑む
ビヨルン・ビェルヴヴェンスタム

【ストリー】
20世紀の初頭、スウェーデンの小都会に弁護士を開業するフレデリック・エーゲルマン(グンナール・ビヨルンストランド)は、昔は伊達者だったが今は、年頃の息子ヘンリック(ビヨルン・ビェルヴヴェンスタム)のよき父であり、また後妻で16歳の若妻(アンウラ・ヤコブソン)の優しい夫である。神学校の試験にパスした息子も帰省、女中のペトラ(ハリエット・アンデルソン)を加え平和な日を送るフレデリックではあるが、彼に一つの秘密があった。舞台女優デジレ(エヴァ・ダールベック)との嘗ての情事がそれである。その夜、数年ぶりに町に戻ったデジレの舞台を観に、フレデリックはアンと出かけた。留守番はヘンリックとペトラ。ヘンリックは義母アンを慕っていたが女中の誘惑にも気があった。デジレの舞台姿は相変らず美しかったが、彼女と夫との間を、うすうす感じたアンが頭痛を訴えたので、夫妻は早々に帰った。しかしフレデリックは家を抜け出し再びデジレの楽屋へ行き、誘われるままに彼女の家へ行く。ところがデジレの現在のパトロン、伊達男のマルコルム伯爵が不意に訪れ、弁護士殿は寝巻姿で追返された。だが内心デジレはフレデリックに深い愛情を感じていた。やがて弁護士夫妻は、デジレのパーティに招かれた。ヘンリックとペトラも付添って来たが、その席にはマルコルム伯爵夫妻も招かれ、互いの間に緊張の気が漲った。酒宴の冗談は、伯爵夫人が弁護士殿を誘惑できるかどうかの賭に発展、伯爵は、夫人が勝てば何でもやると約束する。が、そのうちヘンリックは大人たちの偽善に満ちた会話に憤って一人そこを飛出す。ところが、その彼は庭園で戯れるペトラと馭者の姿を見て、僧侶になる我が身への恨めしさから首を吊ろうとする。しかし紐が切れて落ちたとたん、そこに秘密の仕掛があったため、からくりから隣の部屋に休んでいたアンがベッドごと現われる始末となった。不意の出来事からヘンリックとアンは結びつく。一方、心中深く期する伯爵夫人は、庭の東屋にフレデリックを訪ねる。すると、そこへ伯爵が乗込み弁護士殿に決闘を申出る。二人の拳銃が大きく響く。倒れたのはフレデリック。しかし彼は生きていた。拳銃の弾の代りに煤が詰めてあったのだ。煤で真黒のフレデリックはデジレの手に抱かれ今こそ彼女が自分に似合う女と知った。が、これこそフレデリックを想うデジレの策であり、今宵のパーティの狙いでもあった。伯爵も夫人の手に戻り、同じ頃ペトラは草の上で馭者に結婚を誓わせていた。北欧の夏の夜は微笑みつつ明けて行く。

夏の夜は三たび微笑む夏の夜は三たび微笑む
グンナール・ビヨルンストランド

題名:SOMMARNATTENS LEENDE/SMILES OF A SUMMER
邦題:夏の夜は三たび微笑む
監督:イングマル・ベルイマン
脚本:イングマル・ベルイマン
撮影:グンナール・フィッシェル
音楽:エリク・ノルドグレン
出演:ウーラ・ヤコブソン、ハリエット・アンデルソン、グンナル・ビョーンストランド、グンナール・ビョルンストランド、エーヴァ・ダールベック、ヤール・キューレ、ビビ・アンデショーン
映画賞:1956年カンヌ国際映画祭【詩的ユーモア賞】イングマール・ベルイマン
1955年スウェーデン/スタンダードサイズ・モノクロ108分35mmフィルム
夏の夜は三たび微笑む [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

夏の夜は三たび微笑む夏の夜は三たび微笑む

1 2 3