映画「ワイルド・バンチ」

ワイルド・バンチワイルド・バンチ
ウィリアム・ホールデン               ロバート・ライアン

今回はサム・ペキンパー監督1969年製作「ワイルド・バンチ(THE WILD BUNCH)」をピックアップする。
本作はサム・ペキンパー監督の最高傑作として高く評価された作品で、1969年にはデニス・ホッパー監督「イージー・ライダー」ジョージ・ロイ・ヒル監督「明日に向って撃て!」と並び”アメリカン・ニューシネマ “の一つであるとされている。また本作は、スローモーション撮影と当時のカラー映画最多の3,624カットを駆使し、アクション映画における暴力描写に新境地を切り開いた。特に6台のパナビジョンキャメラを用いて11日間にわたって撮影されたというラストの壮絶なシーンは有名だ。

ワイルド・バンチワイルド・バンチ
アーネスト・ボーグナイン

【ストリー】
1913年、テキサスとの国境の町。パイク(ウィリアム・ホールデン)をリーダーに、ダッチ(アーネスト・ボーグナイン)ら5人組は鉄道の駅舎で、突如、 物騒な強盗作業を開始。まんまと事を運んだかにみえたが、鉄道会社の経営者が雇った3人の腕ききガンマンたちに逆襲されて大混乱。こちらのリーダーは仮釈放中のソーントン(ロバート・ライアン)である。パイクたちが再び集まったのは老ガンマンのサイクス(エドモンド・オブライエン)の牧場だった。そしてサ イクスも仲間に割り込んできた。再び旅が始まった。ソーントンとバウンティハンターたちが追う。1ヵ月以内にパイク一味を捕まえればソーントンの罪は帳消 しになるのだ。やがてパイク一味はメキシコ人の小さな村にたどり着く。そこは一味の1人、エンジェルの故郷だ。だがエンジェルの恋人テレサが、マパッチを リーダーとする野盗の群れに掠われた。一味は彼を追って、さらに奥地へ。だがパイクもマパッチも、悪党であることに変わりはない。やっとのことで追いつ き、商談らしきものが成立したが、そこは双方だまし合い。あげくの果てに悪と悪との壮烈な戦いとなり、すべてが死に絶えるというさま。そこへソーントンの 一行がやって来た。死体をめぐって仲間割れ。ソーントンだけが生き残った。だが、そこへ現れたのが、サイクス老人だ。彼はパイク一味の仲間入りしたにもか かわらず同行せず、すべてが死んだ後に1人でやって来て、原住民と商取り引きを始めた。金のないソーントンなど手を出すすべもない。悪の中でも最高の悪が 勝った開拓時代の1エピソードである。

ワイルド・バンチワイルド・バンチ
ワイルド・バンチワイルド・バンチ
ワイルド・バンチワイルド・バンチ
サム・ペキンパー監督

題名:THE WILD BUNCH
邦題:ワイルド・バンチ
監督:サム・ペキンパー
製作:フィル・フェルドマン
原案:ワロン・グリーン、ロイ・N・シックナー
脚本:ワロン・グリーン、サム・ペキンパー
撮影:ルシアン・バラード
編集:ルイス・ロンバルト
音楽:ジェリー・フィールディング
撮影機材:パナビジョン
現像:テクニカラー
出演:ウィリアム・ホールデン、アーネスト・ボーグナイン、ロバート・ライアン、ウォーレン・オーツ、ベン・ジョンソン、エドモンド・オブライエン、ストローザー・マーティン、 アルバート・デッカー
1969年アメリカ/シネスコサイズ・カラー177分35mmフィルム
ディレクターズカット ワイルドバンチ スペシャル・エディション [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ワイルド・バンチワイルド・バンチ

映画「麗しのサブリナ」


麗しのサブリナ(SABRINA)オードリー・ヘップバーン

オードリー・ヘップバーン             ハンフリー・ボガート

今回は名匠ビリー・ワイルダー監督1954年製作「麗しのサブリナ(SABRINA)」をピックアップする。
本作は、ブロードウェイのヒット戯曲(サム・テイラー作)を映画化したものだが、可憐なオードリー・ヘップバーンの魅力を余すことなく引き出されている作品だ。上演され続けられた舞台から生まれた脚本は、無駄がなく、ベーシックなお手本とも言える構成である。ハリウッド映画の良き時代の良き作品である事は間違いないが、「本物の映画は残り、世代を超えて感動を届ける」を体現している作品でもある。


ウィリアム・ホールデン         ジョン・ウィリアムス、オードリー・ヘップバーン

【ストリー】
富豪ララビー家のお抱え運転手の娘サブリナ(オードリー・ヘップバーン)は、邸の次男坊デイヴィッド(ウィリアム・ホールデン)に仄かな思いを寄せていた。しかし父は娘に叶わぬ恋を諦めさせようと、彼女をパリの料理学校へやる。それから2年、サブリナは一分のすきのないパリ・スタイルを身につけて帰ってきた。女好きのデイヴィッドは美しくなったサブリナにたちまち熱を上げ、自分と財閥タイスン家の令嬢エリザベス(マーサ・ハイヤー)との婚約披露パーティーにサブリナを招待し、婚約者をそっちのけにサブリナとばかり踊った。デイヴィッドの兄で謹厳な事業家ライナス(ハンフリー・ボガート)は、このままではまずいとデイヴィッドをシャンペン・グラスの上に座らせて怪我をさせ、彼が動けぬうちにサブリナを再びパリに送ろうと企てる。不粋のライナスにとって、サブリナとつきあうことは骨の折れる仕事だったが、計画はうまくいき、サブリナの心はじょじょにライナスに傾く。一緒にパリへ行くことになって喜ぶサブリナだが、ライナスは船室は2つとっておいて、いざとなって自分は乗船しないつもりだった。サブリナはそのことを知って深く悲しみ、すべてを諦めてパリへ行く決心をする。ライナスもまた自責の念にかられ、いつの間にか自分が本当にサブリナに恋していることに気づく。サブリナ出帆の日、ララビー会社では重役会議が開かれていた。ライナスはここでデイヴィッドとサブリナの結婚を発表するつもりだったが、怪我が治って現れたデイヴィッドは、ライナスとサブリナが結婚するという新聞記事を見せる。そしてヘリコプターを用意しているからサブリナの乗る船に急げ、と兄に言う。すべてはサブリナとライナスの気持ちを察したデイヴィッドの計らいだった。ライナスはサブリナを追い、客船の甲板でふたりは抱き合うのだった。


麗しのサブリナ(SABRINA)

題名:SABRINA
邦題:麗しのサブリナ
監督:ビリー・ワイルダー
製作:ビリー・ワイルダー
原作:サム・テイラー「サブリナ・フェア」
脚本:ビリー・ワイルダー 、 サム・テイラー、アーネスト・レーマン
撮影:チャールズ・ラング・Jr
美術:ハル・ペレイラ、ウォルター・タイラー
装置:サム・コマー、レイ・モイヤー
特撮:ジョン・P・フルトン
衣装:エディス・ヘッド、ユベール・ド・ジヴァンシー
編集:アーサー・P・シュミット、ドーン・ヘリソン
音楽:フレデリック・ホランダー 主題曲「バラ色の人生」
出演:オードリー・ヘップバーン、ハンフリー・ボガート、ウィリアム・ホールデン、ジョン・ウィリアムス、マーサ・ハイヤー、ジョーン・ヴォース、マルセル・ダリオ、マルセル・ヒレイア、ネラ・ウォーカー、フランシス・X・ブッシュマン、エレン・コービー
1954年アメリカ/スタンダードサイズ・モノクロ113分35mmフィルム
麗しのサブリナ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


麗しのサブリナ(SABRINA)