映画「ラヴレース」


ラヴレース(LOVELACE) アマンダ・セイフライド

アマンダ・セイフライド               ピーター・サースガード

今回は、ロバート・エプスタイン、ジェフリー・フリードマン共同監督2012年製作「ラヴレース(LOVELACE)」をピックアップする。本作は、アメリカの伝説的なポルノ映画「ディープ・スロート(1972年)」の主演女優リンダ・ラヴレースを描いている。
センセーショナルなポルノスターに深い暗部があり、リンダ・ラヴレースは引退後に女性活動家へと転身した部分は全てカットされ、有力な支援者となったフェミニストの主導者、グロリア・スタイネム役にサラ・ジェシカが演じたそうだ。また信仰心の深い母親・ドロシー役を熱演するシャロン・ストーンが、今までのキャラクターをかなぐり捨てているのに驚いた。本筋とは離れるが、劇中のArriflex 35mm ⅡCキャメラにバッテリーケーブルが付いていないのが気になった。


ラヴレース(LOVELACE)

クリス・ノース           劇中キャメラ:Arriflex35 ⅡC (200Feet magazine)

【ストリー】
フロリダの小さな町に暮らすリンダ・ボアマン(アマンダ・セイフライド)は、敬虔なカトリック教徒の両親のもと厳しく育てられた。そんな生活にうんざりしていたリンダは、ある日、女友達と遊んだ帰りに地元でバーを営むチャック・トレイナー(ピーター・サースガード)と出会う。チャックが寄せる甘い言葉に酔いしれた彼女は、すぐに彼と結婚。うぶなリンダにチャックは一つずつセックスの手ほどきをしていった。当初甘い面を見せていたチャックだが、次第に汚い部分を見せ始める。バーでの売春容疑で逮捕され保釈金や多方面への借金を抱え金に困ったチャックは、リンダをポルノ映画に出演させようとする。こうして彼女はリンダ・ラヴレースという芸名でポルノ映画「ディープ・スロート」に主演。作品は1972年に全米公開され、成人映画用の劇場だけでなく一般の映画館でも上映、有名人やセレブ、女性たちもこぞって観に行き、一大センセーションを巻き起こす。『プレイボーイ』編集長のヒュー・ヘフナー(ジェームズ・フランコ)やサミー・デイヴィス・Jr.からの賞賛を受け、リンダは性革命のシンボルとして一躍スターとなる。それから6年後、チャックと別れたリンダは自伝を出すために出版社を訪れる。メディアによって作り上げられたリンダ・ラヴレースの虚像の裏で、チャックから日常的に暴力を振るわれても逃げ出すに逃げ出せず虐げられていた日々があった。辛い過去と決別するために、そして同じように苦しい思いをしている女性たちのために、リンダは当時のことを包み隠さず正直に語る……。


シャロン・ストーン、ロバート・パトリック

題名:LOVELACE
邦題:ラヴレース
監督:ロバート・エプスタイン、ジェフリー・フリードマン
製作総指揮:ジョン・トンプソン、マーク・ギル、メリット・ジョンソン、アビ・ラーナー、ダニー・ディムボート、トレバー・ショート、ボアズ・デビッドソン
製作:ジェイソン・ワインバーグ、ジム・ヤング、ハイディ・ジョー・マーケル、ローラ・リスター
脚本:アンディ・ベリン
撮影:エリック・エドワーズ
美術:ウィリアム・アーノルド
配役:ケリー・バーデン、ポール・シュニー
衣裳:カリン・ワグナー
編集:ロバート・ダルバ、マシュー・ランドン
音楽:スティーヴン・トラスク
撮影機材:クレアモントカメラ(CLAMONT)
現像:POTOKEM
出演:アマンダ・セイフライド、ピーター・サースガード、ハンク・アザリア、シャロン・ストーン、アダム・ブロディ、ボビー・カナヴェイル、ジェームズ・フランコ、デビ・メイザー、クリス・ノース、クロエ・セヴィニー、ジュノー・テンプル、ロバート・パトリック、エリック・ロバーツ、ウェス・ベントリー
2012年アメリカ/ビスタサイズ・カラー93分35mmフィルム
ラヴレース -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


シャロン・ストーン           アマンダ・セイフライド