映画「夜の大捜査線」


シドニー・ポワチエ                   ロッド・スタイガー

今回はノーマン・ジュイソン監督1967年製作「夜の大捜査線(IN THE HEAT OF THE NIGHT)」をピックアップする。1960年代当時、ここまでリアルにアメリカ南部の人種差別問題を背景として描いた作品は、本作をおいてない。サスペンス・ドラマとしても傑作で、撮影は巨匠ハスケル・ウェクス氏だ。「マイ・シネマトグラファー」というドキュメンタリーを参照すると興味深い。


リー・グラント              シドニー・ポワチエ、ロッド・スタイガー

【ストリー】
ミシシッピーの田舎町スパルタの夜はうだるような熱さだった。警官サム(ウォーレン・オーツ)は深夜のパトロール中、町の実業家が殺害されているのを発見した。サムからの連絡をうけた署長のビル・ギレスピー(ロッド・スタイガー)は早速行動を開始した。気負いたったサムは駅で列車をまっていた黒人をいきなり容疑者として逮捕した。ところがその黒人はバージル・ティッブス(シドニー・ポワチエ)というフィラデルフィア警察の殺人課の優秀な刑事で、休暇で帰っていたのだった。初めて殺人事件を扱うギレスピーはベテランのティッブスの協力を頼みたいと思ったが、人種偏見の強い土地柄、どうしても頭をさげることができなかった。だが殺人犯として逮捕された不良少年が犯人ではないと断定したティッブスの見事な論理にカブトを脱いだギレスピーは渋々と助力を頼みこんだ。絶えず衝突し、感情を抑えながらもティッブスとギレスピーは捜査を続けた。だが白人が黒人に調べられるという屈辱に町民は怒り、捜査は困難をきわめ、ティッブスは生命さえ危険になっていった。これ以上のトラブルをおそれたギレスピーは捜査をうち切るようにとティッブスに勧告したが、ティッブスは聞きいれなかった。そして、実業家は他所で殺されて発見された場所まで車で運ばれたと推理したティッブスは、事件のあった夜、車の中で不良少女と情事にふけっていた食堂のボーイを犯人と断定した。ティッブスの推理は正しかった。ボーイは少女の堕胎費をえるために殺人をおかしたのだった。感情的な対立に苦しみながら、こうして事件は終わった。フィラデルフィアへ帰るティッブスをギレスピーは駅頭に送り、黙したままトランクを持ってやった。無骨なギレスピーの、これが唯一の感謝のしるしだった。

題名:IN THE HEAT OF THE NIGHT
邦題:夜の大捜査線
監督:ノーマン・ジュイソン
製作:ウォルター・ミリッシュ
原作:ジョン・ボール
脚本:スティーリング・シリファント
撮影:ハスケル・ウェクスラー
美術:ロバート・プリーストリー
録音:サミュエル・ゴールドウィン
配役:リン・スタルマスター
編集:ハル・アシュビー
音楽:クインシー・ジョーンズ 歌:レイ・チャールズ
現像:デラックスカラー
出演:シドニー・ポワチエ、ロッド・スタイガー、ウォーレン・オーツ、リー・グラント、ジェームズ・パターソン、クエンティン・ディーン、ラリー・ゲイツ、ウィリアム・シャラート、ベア・リチャーズ、スコット・ウィルソン
1968年第40回アカデミー賞作品賞、主演男優賞(ロッド・スタイガー)、脚色賞(スターリング・シリファント)、音響賞(サミュエル・ゴールドウィン、撮影所サウンド部)、編集賞(ハル・アシュビー)を受賞。
1967年アメリカ/ビスタサイズ・カラー109分35mmフィルム
夜の大捜査線 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


シドニー・ポワチエ、ロッド・スタイガー           シドニー・ポワチエ

映画「ワイルド・バンチ」

ワイルド・バンチワイルド・バンチ
ウィリアム・ホールデン               ロバート・ライアン

今回はサム・ペキンパー監督1969年製作「ワイルド・バンチ(THE WILD BUNCH)」をピックアップする。
本作はサム・ペキンパー監督の最高傑作として高く評価された作品で、1969年にはデニス・ホッパー監督「イージー・ライダー」ジョージ・ロイ・ヒル監督「明日に向って撃て!」と並び”アメリカン・ニューシネマ “の一つであるとされている。また本作は、スローモーション撮影と当時のカラー映画最多の3,624カットを駆使し、アクション映画における暴力描写に新境地を切り開いた。特に6台のパナビジョンキャメラを用いて11日間にわたって撮影されたというラストの壮絶なシーンは有名だ。

ワイルド・バンチワイルド・バンチ
アーネスト・ボーグナイン

【ストリー】
1913年、テキサスとの国境の町。パイク(ウィリアム・ホールデン)をリーダーに、ダッチ(アーネスト・ボーグナイン)ら5人組は鉄道の駅舎で、突如、 物騒な強盗作業を開始。まんまと事を運んだかにみえたが、鉄道会社の経営者が雇った3人の腕ききガンマンたちに逆襲されて大混乱。こちらのリーダーは仮釈放中のソーントン(ロバート・ライアン)である。パイクたちが再び集まったのは老ガンマンのサイクス(エドモンド・オブライエン)の牧場だった。そしてサ イクスも仲間に割り込んできた。再び旅が始まった。ソーントンとバウンティハンターたちが追う。1ヵ月以内にパイク一味を捕まえればソーントンの罪は帳消 しになるのだ。やがてパイク一味はメキシコ人の小さな村にたどり着く。そこは一味の1人、エンジェルの故郷だ。だがエンジェルの恋人テレサが、マパッチを リーダーとする野盗の群れに掠われた。一味は彼を追って、さらに奥地へ。だがパイクもマパッチも、悪党であることに変わりはない。やっとのことで追いつ き、商談らしきものが成立したが、そこは双方だまし合い。あげくの果てに悪と悪との壮烈な戦いとなり、すべてが死に絶えるというさま。そこへソーントンの 一行がやって来た。死体をめぐって仲間割れ。ソーントンだけが生き残った。だが、そこへ現れたのが、サイクス老人だ。彼はパイク一味の仲間入りしたにもか かわらず同行せず、すべてが死んだ後に1人でやって来て、原住民と商取り引きを始めた。金のないソーントンなど手を出すすべもない。悪の中でも最高の悪が 勝った開拓時代の1エピソードである。

ワイルド・バンチワイルド・バンチ
ワイルド・バンチワイルド・バンチ
ワイルド・バンチワイルド・バンチ
サム・ペキンパー監督

題名:THE WILD BUNCH
邦題:ワイルド・バンチ
監督:サム・ペキンパー
製作:フィル・フェルドマン
原案:ワロン・グリーン、ロイ・N・シックナー
脚本:ワロン・グリーン、サム・ペキンパー
撮影:ルシアン・バラード
編集:ルイス・ロンバルト
音楽:ジェリー・フィールディング
撮影機材:パナビジョン
現像:テクニカラー
出演:ウィリアム・ホールデン、アーネスト・ボーグナイン、ロバート・ライアン、ウォーレン・オーツ、ベン・ジョンソン、エドモンド・オブライエン、ストローザー・マーティン、 アルバート・デッカー
1969年アメリカ/シネスコサイズ・カラー177分35mmフィルム
ディレクターズカット ワイルドバンチ スペシャル・エディション [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ワイルド・バンチワイルド・バンチ

映画「続・荒野の七人」


ロバート・フラー、ユル・ブリンナー 「続・荒野の七人(RETURN OF THE SEVEN)」

ユル・ブリンナー                  ロバート・フラー

今回はバート・ケネディ監督1966年製作「続・荒野の七人(RETURN OF THE SEVEN)」をピックアップする。
本作の撮影は前作のアメリカからスペイン・バレンシア州アリカンテとマドリッドのブロンストンスタジオで行われた。
どおりでマカロニウエスタンで見慣れた風景やロケセットに見覚えがある。本作は原作(七人の侍)にはない内容で、以降「新・荒野の七人 馬上の決闘(1969年)」「荒野の七人・真昼の決闘(1972年)」の続編が作られた。


クロード・エイキンズ

【ストリー】
19世紀も終わりに近いころのメキシコ。貧しい農民たちが砂漠に囲まれた不毛の土地にしがみついて細々と暮しをたてていた。ある日、そのあたり一帯を勢力下に治め悪業の限りをつくしている男ロルカ(エミリオ・フェルナンデス)一味が村を襲い、男たちをひっ捕らえて消えた。ロルカは戦いで破壊された自分の領地を再生しようと、農夫を集め奴隷のように労働させていたのだ。捕えられた男の中には、かつて6人の仲間と村人のために馬賊と闘った経験のあるガンマン、チコ(ジュリアン・マテオス)がいた。彼は村娘ペトラと結ばれて以来、平和な農村生活を送っていたのだった。その頃、チコの昔の仲間クリス(ユル・ブリンナー)とビン(ロバート・フラー)は近くの町で闘牛見物に興じていた。そこへチコの危急の報が1人の少年によってもたらされた。ふたりは早速村へ急行すべく仲間集めを開始した。昔の仲間は4人とも馬賊との戦いで死んでしまったから、新たに屈強のガンマンを探さねばならなかった。しかし、それは雑作なかった。たちまちそれぞれ腕に一癖ある男たち、フランク、ルイ、コルビー(ウォーレン・オーツ)、マヌエルの4人が仲間となった。クリスたちがロルカの本拠“悪魔の背骨”に騎首を進めている頃、チコは300人の農民とロルカの牢から脱出に成功していた。チコと合流して昔どおりの7人にかえった一同は、村人を指揮して教会を急ごしらえの砦に改変し、敵の襲撃を待った。戦いは翌朝を皮切りに、2回3回と続いた。7人の果敢な攻撃は重装備で騎馬に乗ったロルカ一味をかきまわし、決戦を次の日の朝に持ちこした。敵の背後に回ったマヌエルの投じたダイナマイトで一味は大半壊滅した。猛り狂ったロルカもクリスの正確な一発で倒された。再び平和を取り戻した村に響く鐘楼の鐘の音は、壮烈な死をとげたフランクやルイを追悼し、去って行くクリスとビンを惜しんでいるようであった。


エミリオ・フェルナンデス

題名:RETURN OF THE SEVEN
邦題:続・荒野の七人
監督:バート・ケネディ
製作:テッド・リッチモンド
脚本:ラリー・コーエン
撮影:ポール・C・ヴォーゲル
編集:バート・ベイツ
音楽:エルマー・バーンスタイン
撮影機材:パナビジョン
現像:FOTOFILM ESPANA プリント:デラックス
出演:ユル・ブリンナー、ロバート・フラー、ジュリアン・マテオス、ロゼンダ・モンテロス、ウォーレン・オーツ、エミリオ・フェルナンデス、クロード・エイキンズ、フェルナンド・レイ、ジョーダン・クリストファー
1966年アメリカ/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
続・荒野の七人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


続・荒野の七人(RETURN OF THE SEVEN)

フェルナンド・レイ、ジュリアン・マテオス、ロゼンダ・モンテロス