マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「 虹に立つガンマン」


ブライアン・ケリー                                            ファブリツォ・モロニ

朝日新聞出版より8月17日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第36号が届いた。二作品のうち今回はフランク・B・コリッシュ(本名:ブルーノ・コルブッチ)監督1968年製作「虹に立つガンマン(SPARA GRINGO SPARA)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 36号 2017年 8/27号 [分冊百科]


フォルコ・ルリ                  ファブリツォ・モロニ

悲劇を克服したブライアン・ケリー
本作の主人公スタークを演じたブライアン・ケリーは、1931年2月14日、ミシガン州デトロイトで生まれた。祖父、叔父は弁護士で、父ハリーはミシガン州知事、同州最高裁判所の裁判官を務めた名士であった。そんな父の影響でミシガン大学法科大学院に進んだケリーだったが、わずか1年で中退し、モデルとしてショービジネス界にデビュー。1964年の映画「頑張れフリッパー」同年にドラマ化された「わんばくフリッパー」の父親役で、33歳にしてようやく成功を掴んだのだった。ところが、本作出演の2年後、テレビ業界の腐敗を描いた映画「ラブ・マシーン」の主役に選ばれたケリーを悲劇が襲う。クランクインの直後、マシンの不具合によるバイク事故に巻き込まれ、片腕と片脚に重傷を負い、言語を含む機能障害が残ってしまったのだ。この事故により、俳優業からの引退を余儀なくされたケリーは、バイクメーカーを相手に訴訟を起こし、賠償金75万ドル(当時のレート:1ドル=360円で2億7,000万円)を獲得。不動産投資でさらなる財を成し、1968年にフィリップ・K・ディックが発表したSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化権を購入する。そして1982年、製作総指揮として、リドリー・スコット監督、ハリソン・フォード主演の「ブレードランナー」を世に送り出し、世界各国からの喝采を浴びたのである。俳優、プロデューサーとして成功を収めたケリーは、2005年、肺炎により73歳で死去している。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


キーナン・ウィン

スティーヴ・マックィーンに影響を与えたキーナン・ウィン
本作でチャーリーを演じているのは、その生涯で280本ねの映像作品に出演したアメリカを代表する名脇役キーナン・ウィンである。1916年、父が喜劇役者のエド・ウィン、母が女優のヒルダ・キーナン、祖父は舞台俳優兼無声映画時代のスターであったフランク・キーナンという芸能一家に生まれたウィンは、幼少期より子役としての活動を始めたものの、本人の夢は飛行機のパイロットになる事だった。そんな彼は、ティーンエイジャーになるとバイクに夢中になり、10代のうちに北米大陸のほぼ全てを走破。1938年に結婚し、1952年には本格的な俳優活動を始めたが、バイク熱は年齢と共に過熱していき、やがてデトロイトを本拠に全米各地のレースに出場するまでになったのだった。
1950年代末のある日の事、テレビ西部劇「拳銃無宿」でブレイクしたばかりのスティーヴ・マックィーンが、後輩俳優デニス・ホッパーと共に、ロサンゼルス郊外でバイクを走らせていた。その時、道路から遠く離れた荒野でオフロードバイクを駆っていたのが、14歳上のベテラン俳優ウィンであった。そもそもバイク好きのマックィーンは、険しい崖をものともせずに登って行くウィンの雄姿に見とれてしまい、その翌日、イギリスのバイクメーカー”トライアンフ”のオフロード・バイクを購入。日夜オフロード・ライディングのテクニックを磨く様になった。その経験が、不朽の名作「大脱走(1963年)」でマックィーンが披露したトライアンフ・TR6による名シーンにつながったのである(鉄条網に突っ込むシーンなど一部はスタントマンが担当)。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


虹に立つガンマン(SPARA GRINGO SPARA)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「虹に立つガンマン」当ブログ2015年2月13日公開

虹に立つガンマン虹に立つガンマン
ブライアン・ケリー

今回はフランク・B・コリッシュ(本名:ブルーノ・コルブッチ)監督1968年製作「虹に立つガンマン(SPARA GRINGO SPARA)」をピックアップする。
監督のブルーノ・コルブッチ氏はセルジオ・コルブッチ監督の実弟であり、「続・荒野の用心棒」では兄と共同脚本を担当している。主演のブライアン・ケリーは、アメリカTV映画「わんぱくフリッパー」で父親役を好演し、後に「ブレードランナー(BLADE RUNNER/リドリー・スコット監督1982年)」のエグゼクティヴ・プロデューサーに転身している。共演は「マッケンナの黄金(MACKENNA’S GOLD/J・リー・トンプソン監督1969年)」のキーナン・ウィンほか。

虹に立つガンマン虹に立つガンマン
キーナン・ウィン         ブライアン・ケリー、 ファブリツォ・モロニ

【ストリー】
早撃ちと鞭の使い手として名が知られたチャド・スターク(ブライアン・ケリー)は、金持ちのメキシコ人農場主(フォルコ・ルッリ)から、家出して野盗の群れに身を投じた息子のフィデル(ファブリツォ・モロニ)を連れて帰るよう依頼された。苦難の末に彼を見つけ出し、野党の首領デューハン少佐(キーナン・ウィン)を説得して、チャドはフィデルをメキシコへと連れ戻す。途中何度も逃走を試みるフィデルとチャドの間に不思議な友情が生まれ始めるが、家に帰ったフィデルを待っていたのは、残酷な運命だった。多額の報奨金を受け取る直前、チャドは自らの信条を捨てて、銃を手にする。

虹に立つガンマン虹に立つガンマン

題名:SPARA GRINGO SPARA
邦題:虹に立つガンマン
監督:フランク・B・コリッシュ(ブルーノ・コルブッチ)
製作:ウィリアム・サックス
製作総指揮:アーサー・ステロフ
脚本:マリオ・アメンドラ、ブルーノ・コルブッチ
撮影:ファウスト・ザッコーリ
音楽:サンテ・マリア・ロミッテリ
出演:ブライアン・ケリー、キーナン・ウィン、フォルコ・ルリ、エリカ・ブラン、ヴァージニア・フィールド、 リック・バッタリア
1968年イタリア・フランス/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム[日本劇場未公開]
虹に立つガンマン [DVD]

虹に立つガンマン虹に立つガンマン
虹に立つガンマン(SPARA GRINGO SPARA)

映画「俺はサルタナ 銃と棺桶の交換」


ジョージ・ヒルトン                                       チャールズ・サウスウッド

今回はアンソニー・アスコット(本名:ジュリアーノ・カルニメーオ)監督1970年製作「俺はサルタナ 銃と棺桶の交換(C’E SARTANA,VENDI LE PISOTLA COMPARI LA BARA!)」をピックアップする。「砂塵に血を吐け」での初登場以降、ジャンニ・カルゴが4作にわたって演じてきた”サルタナ”役に「真昼の用心棒」のジョージ・ヒルトンが初めて挑んだ。「荒野の無頼漢」でもヒルトンと共演したチャールズ・サウスウッドが、もう一人のヒーロー”サバタ”役で登場する。

※サルタナ・シリーズ 主演:ジャンニ・カルゴ
1968年「Se incontri Sartana prega per la tua morte.[サルタナに出会ったら奴はお前の死を祈る]」
1969年「Sono Sartana,il vostro becchino.[俺はサルタナお前の葬式を執り行う]
1970年「Buon funcrale amigos!..paga Sartana.[良い葬式をアミーゴ葬式代はサルタナが支払う]」
1970年「Una Nuvola di polvere… un grido di mo.[邦題:サルタナがやって来る 虐殺の一匹狼]」

※サバタ・シリーズ
1970年「西部悪人伝(SABATA)」主演:リー・ヴァン・クリーフ
1971年「大西部無頼列伝(ADIOS,SABATA/SABATA2/INDIO BLACK)」主演:ユル・ブリンナー
1972年「西部決闘史(RETURN OF SABATA)」主演:リー・ヴァン・クリーフ

サバタが使用するM1866″イエローボーイ”
本作は、ジャンニ・カルゴが「砂塵に血を吐け」で演じ、その後、4本のキャラクター”サバタ”も登場する異色作である。最も、リー・ヴァン・クリーフが「西部悪人伝」で演じた黒ずくめの元祖サバタとは違い、本作でチャールズ・サウスウッドが演じるサバタは、正反対の白いスーツ姿だ。使用銃は、元祖サバタと同じM1866だが、本作では近接戦闘用に銃身・銃床を切り詰めた”メアズ・レッグ”([雌ロバの足]の意味。反動が凄まじく、蹴とばされている様だったため)となっている。ちなみに、マカロニ・ウエスタンに最も多く登場するライフルであるM1866は、西部開拓時代、真鍮フレームが黄色っぽく見える事から、先住民により”イエローボーイ”と呼ばれた。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


ネロ・バッツァフィーニ                                            ピエロ・ルリ

【ストリー】
賞金稼ぎのサルタナ(ジョージ・ヒルトン)は、マンタス(ネロ・バッツァフィーニ)率いる盗賊団が金を積んだ馬車を襲撃するものの、金を盗まずに去って行くところを目撃。
馬車を護衛していた賞金首の死体を保安官事務所に運び、5,000ドルを得たサルタナは、盗賊団が牛耳る町へ向かう。酒場に入り、「金」と「マンタス」という言葉を口にしたサルタナは、そこにいた男に「首を突っ込むと酷い目に遭うぞ」と脅されるが、難なく撃退する………….。

題名:C’E SARTANA,VENDI LE PISOTLA COMPARI LA BARA!
邦題:俺はサルタナ 銃と棺桶の交換
監督:アンソニー・アスコット(ジュリアーノ・カルニメーオ)
製作:セルジオ・ポレッリ
脚本:ティト・カルビ
撮影:ステルヴィオ・マッシ
音楽:フランチェスコ・デ・マージ
出演:ジョージ・ヒルトン、チャールズ・サウスウッド、ピエロ・ルリ、エリカ・ブラン、ネロ・バッツァフィーニ、カルロ・ガッティ、アルド・バルベリート、リンダ・シニ、フェデリコ・ボイド(リック・ボイド)、ルチアーノ・ロッシ
1970年イタリア/テクニスコープ・テクニカラー88分35mmフィルム [日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 33号 2017年 7/16号 [分冊百科]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


エリカ・ブラン
俺はサルタナ 銃と棺桶の交換(C’E SARTANA,VENDI LE PISOTLA COMPARI LA BARA!)

俺はサルタナ 銃と棺桶の交換(C’E SARTANA,VENDI LE PISOTLA COMPARI LA BARA!)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

映画「砂塵に血を吐け」

砂塵に血を吐け
アンソニー・ステファン
アンソニー・ステファンアンソニー・ステファン
アンソニー・ステファン             ジャンニ・ガルコ

今回はアルバート・カーディフ監督1966年製作「砂塵に血を吐け(BLOOD AT SUNDOWN)」をピックアップした。
出演は「地獄から来たプロガンマン」「嵐を呼ぶプロ・ファイター」「荒野の棺桶」のアンソニー・ステファン「二匹の流れ星」「サルタナがやって来る」のジャンニ・ガルコ(以前の芸名:ゲイリー・ハドソン)などだ。

本作でジャンニ・ガルコが演じた悪逆非道な”サルタナ”というキャラクターは、イタリアで封切りされた1966年12月からたちまち大評判となり、1967年7月に西ドイツで公開される際には、題名が「サルタナ」に変更される程だった。そして本作公開の2年後、サルタナ・シリーズが製作されるのである。
1968年「Se incontri Sartana prega per la tua morte.[サルタナに出会ったら奴はお前の死を祈る]」
1969年「Sono Sartana,il vostro becchino.[俺はサルタナお前の葬式を執り行う]
1970年「Buon funcrale amigos!..paga Sartana.[良い葬式をアミーゴ葬式代はサルタナが支払う]」
1970年「Una Nuvola di polvere… un grido di mo.[邦題:サルタナがやって来る 虐殺の一匹狼]」
本作でサディスティックな悪役ぶりを見せつけたサルタナは、このシリーズで悪人とも善人ともつかない正体不明の凄腕ガンマンに変貌した。粋なベストにネクタイを締め、懐中時計の鎖を覗かせるというスタイルが更なる人気を呼んだ。ジャンニ・ガルコが完成させたこのキャラクターは「西部悪人伝」「西部決闘史」でリー・ヴァン・クリーフが演じた”サバタ”の原型にもなっている。
またジャンニ・ガルコは、4作で降板したが、その後「C’e Saartana…vendi la pistola e comprati la bara![俺はサルタナ…貴様の拳銃と棺桶を交換だ(1970年)]」がジョージ・ヒルトン主演で製作されている。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

※サルタナ・シリーズは日本劇場未公開。「サルタナがやって来る 虐殺の一匹狼」はDVD販売あり。
砂塵に血を吐け砂塵に血を吐け
エリカ・ブラン                                     ジェリー・ウィルソン、アンソニー・ステファン

【ストリー】
無実の罪で投獄されていたジョニー(アンソニー・ステファン)は12年ぶりに故郷へ帰った。そこでは弟のサルタナ(ジョン・ガルコ)が多くの部下を擁し、山賊から保護するという名目で、定期的に金品を強奪していた。また、恋人だったマヌエラはサルタナの妻となっていた。ある日、ジョニーは暴漢に襲われたホセリータという娘を助けたが、彼女は十二年前にジョニーが殺した男の娘ということだった。ジョニーは、自分は無実であったことをホセリータに話し徐々にではあるが、彼女もそれを信じるようになった。そのホセリータが、サルタナと気脈を通じているウッド刑事のたくらみで、サルタナの隠れ家にとらえられた。ホセリータを押えていれば、何かと仕事の邪魔になっているジョニーをよぴよせることができるだろうというのである。そのことを教えるため刑事は、ジョニーが秘んでいるマヌエラの弟でオシのジェリーの隠れ家を訪ねた。ジョニーはダイナマイトを腹に巻き、刑事と共にサルタナの砦に向った。ホセリータは釈放されたが、ジョニーは捕えられてしまった。だが、ジョニーは馬にのせられて引き立てられて行く途中、逃走した。部下を率いて町へ押し寄せたサルタナはジョニーを求めて暴れまわった。そしてサルタナの母ロンダも流れ弾にあたって死んだ。サルタナがとなりの町へ向ったと聞いたジョニーは、すぐにその後を追った。町では住民たちが銃をとって抗戦。ジョニーとサルタナは宿命の対決となった。銃声がひびき、サルタナはたおれた。射ったのはジェリーの恋人だった。ジョニーは弟サルタナの死体を馬にのせ、町を去っていった。

砂塵に血を吐け砂塵に血を吐け
カルロ・タンジェロ、ジャンニ・ガルコ  ダニエラ・イグリオッツィ、ジグハルト・ラップ

英題:BLOOD AT SUNDOWN
伊題:1000 DOLLARI SUL NERO
邦題:砂塵に血を吐け
監督:アルバート・カーディフ
製作:マーロン・シルコ
脚本:エルネスト・ガスタルディ、ヴィットリオ・サレルノ
撮影:ジーノ・サンティーニ
編集:ロメオ・チィアティ
音楽:ミケーレ・ラケェレンツァ
出演:アンソニー・ステファン、ジャンニ・ガルコ、エリカ・ブラン、ジェリー・ウィルソン、キャロル・ブラウン、アンジェリカ・オットー、ジグハルト・ラップ、カルロ・タンジェロ、ダニエラ・イグリオッツィ、ジグハルト・ラップ、フランコ・ファレル
1966年イタリア・西ドイツ/テクニスコープ・テクニカラー104分35mmフィルム
砂塵に血を吐け-DVD-
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 2016年 8/28号[分冊百科]
2016年8月現在、DVDレンタルはありません。

砂塵に血を吐け砂塵に血を吐け
砂塵に血を吐け(BLOOD AT SUNDOWN)
砂塵に血を吐け砂塵に血を吐け
アンソニー・ステファン、アンジェリカ・オットー

砂塵に血を吐け(BLOOD AT SUNDOWN)
砂塵に血を吐け砂塵に血を吐け
※クリックすると別画面で拡大されます。
砂塵に血を吐け砂塵に血を吐け
※クリックすると別画面で拡大されます