映画「サッドヒルを掘り返せ」


SAD HILL UNEARTHED (本作)      ※プロジェクト終了後のイベントに集結するファン達

2019年3月8日に日本で劇場公開された「サッドヒルを掘り返せ(SAD HILL UNEARTHED)」を新宿シネマカリテで12日に観に行った。本作は、イタリア製西部劇(マカロニウエスタン)の最高傑作「THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY(善玉、悪玉、卑劣漢)」のロケ地スペインのサッドヒルを復元しようとするマカロニ・ファンの熱い思いを追ったドキュメンタリーで、監督・脚本・撮影・編集は、ギレルモ・デ・オリベイラ氏である。


THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY (本編)   ※映画史上最高の決闘シーン

この有名なクライマックス・シーンの広大な墓地は、当時フランコ独裁政権下のスペイン軍の兵士達によって作られた。
この地は撮影後、およそ49年もの間、人知れず眠り続けていた。本作は、このロケ現場を復元しようとする全世界のマカロニ・ファンの熱い思いと一大プロジェクトの全貌を記録している。
草や土に覆われた“墓地”をファンたちが掘り返し始めると、このニュースは瞬く間にヨーロッパ中に広まり、週末毎にサッドヒルを訪れるファンは増えて行った。


THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY (本編) ※このカットはスタントマンであると明かされた

私が知らなかった事実は、南北戦争での戦闘シーンは、スペイン軍の兵士が総動員されて撮られた事である。
南軍と北軍の衣裳、武器、背嚢などを着装した本物のスペイン軍兵士は、どおりで迫力があった訳だ。
TNT爆薬を使用した橋の破壊は、連絡ミスで2度行われた。1度目の破壊は撮影されておらず、激怒したセルジオ・レオーネ監督に対し、スペイン軍は2日で橋を再建し、再び撮影を開始したそうだ。


SAD HILL UNEARTHED (本作)

日本でも映画ロケの聖地巡礼をしばしば見かけるが、マカロニ・ファンの熱い想いはベクトルが違う。
私もマカロニ・ファンの一端であった筈だが、上には上がいるものだと感動した。
日本では社会現象として1960年代後半にイタリア製西部劇(マカロニウエスタン)がエンニオ・モリコーネの音楽と共に流行ったが、1970年代前半には下火になった。今では、本編(THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY )が映画史に残る傑作だと言う私は、異端にされる。

ちなみに私は、2016年10月に4Kデジタル修復版を午前10時の映画祭(TOHOシネマズ日本橋)で観ている。
本編を観たのは何回目だろうか?


THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY (本編)

撮影においてもシネマスコープによるフレームの切り取りは秀悦であり、お手本である。
撮影監督のトニーノ・デリ・コリ氏は、1938年からイタリアのチネチッタ撮影所で働き始め、1940年代に撮影監督デビューし、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督作品を始め、イタリア式コメディ作品の撮影を担当した。ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞撮影賞を4回も受賞している方だ。

本作では、忘れる事のない音楽を担当したエンニオ・モリコーネ氏、主演したクリント・イーストウッド氏、編集のエウジェニオ・アラビソ氏、美術監督カルロ・シーミ氏(故人)の娘さんなど本編に関わった人々の貴重な証言が、映画監督ジョー・ダンテ氏の解説と共に収められている。中でもメタルロックバンド・メタリカのヴォーカル、ジェイムズ・ヘットフィールド氏も熱心なファンで、ライブコンサート前に本編挿入曲「”The Ecstasy Of Gold”(黄金のエクスタシー)」を入場曲にしているのは知らなかった。

【訃報・追記】
イタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」などの音楽を作曲したエンニオ・モリコーネさん(91)が、2020年7月6日朝、ローマの病院で死去した。同国メディアが同日報じた。1928年ローマ生まれ。国立音楽院を卒業後、1960年代から映画音楽の作曲を続けた。映画「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」などのマカロニウェスタンの音楽を担当して注目され、1987年の「アンタッチャブル」でグラミー賞を受賞。シチリア島出身の映画監督の男が、映画にのめり込んだ自分の少年時代を郷愁とともに追憶する「ニュー・シネマ・パラダイス」(1988年)の「愛のテーマ」で世界的名声を得た。長年の映画音楽への功績がたたえられ、2007年に米アカデミー賞の名誉賞を受賞。2016年には「ヘイトフル・エイト」で作曲賞を受賞した。
朝日新聞デジタル


エンニオ・モリコーネ                 クリント・イーストウッド

ジェイムズ・ヘットフィールド(メタリカ Vocal)     ジョー・ダンテ監督

SAD HILL UNEARTHED(本作) 

題名:SAD HILL UNEARTHED
邦題:サッドヒルを掘り返せ
監督:ギレルモ・デ・オリベイラ
製作総指揮:ギレルモ・デ・オリベイラ
製作:ルイザ・カウエル
脚本:ギレルモ・デ・オリベイラ
撮影:ギレルモ・デ・オリベイラ
音楽:セルタ・モンテス
編集:ギレルモ・デ・オリベイラ
出演:エンニオ・モリコーネ、クリント・イーストウッド、クリストファー・フレイリング、アレックス・デ・ラ・イグレシア、ジェイムズ・ヘットフィールド、ジョー・ダンテ、エウヘニオ・アラビソ、セルジオ・サルヴァティ、カルロ・レバ、ジュディッタ・シーミ
2017年スペイン/ビスタサイズ・カラー86分デジタルシネマ
公式サイト

英題:THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY「善玉、悪玉、卑劣漢」
伊題:IL BUONO, IL BRUTTO, IL CATTIVO 「善玉、卑劣漢、悪玉」
邦題:続・夕陽のガンマン/地獄の決斗
監督:セルジオ・レオーネ
脚本:フリオ・スカルペッリ、セルジオ・レオーネ、ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ
製作:アルベルト・グリマルディ
撮影:トニーノ・デリ・コリ
美術:カルロ・シーミ
編集:エウジェニオ・アラビソ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、イーライ・ウォラック、ルイジ・ピスティリ、ベニート・ステファネリ、アルド・サンブレル、チェロ・アロンゾ、アルド・ジュフレ、マリオ・ブレガ、アル・ミューロック、アントニオ・カサス、アントニオ・カサール
1966年イタリア・スペイン・西ドイツ/テクニスコープ・テクニカラー162分(イタリア版は178分)35mmフィルム


クリント・イーストウッド

リー・ヴァン・クリーフ              イーライ・ウォラック

マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「ウエスタン」


朝日新聞出版より11月10日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第16号が届いた。二作品のうち今回はセルジオ・レオーネ監督1968年製作「ウエスタン(ONCE UPON A TIME IN THE WEST)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 2016年 11/20号[分冊百科]

ウエスタン

モリコーネが語る自己最高傑作!?
本作の音楽を担当したのは「歴史上最も多くの曲を作曲したマエストロ」と称される”映画音楽の巨人”エンニオ・モリコーネである。
1961年に初めて手掛けた「IL FEDERALE」以降、今年(2016年)までに実に420作以上の映画音楽を担当。2015年にはクエンティン・タランティーノ監督の西部劇「ヘイトフル・エイト」でアカデミー賞作曲賞に輝いたモリコーネの名前は枚挙にいとまがない。そんな彼が「(自分の)作曲した中で最高の音楽」と語っているのが「ウエスタン」のオープニングである。
とは言え、「映画史上最もなずぃ」とされる約10分にわたるオープニングには”音楽”は流れず、聴こえるのは、ドアが閉められる音、風車が軋む音、ガンマンが指の関節を鳴らす音・・・・といった自然音だけ。モリコーネは「すべての音は音楽である」という考え方に基づき、この冒頭シーンを完成させたのだ。2015年にアメリカのウエッブサイト”Taste of Cinema”が発表した「映画史に残る傑作オープニング20」において「ウエスタン」は堂々の第1位に選出されている。ちなみに、2位はフェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」、3位にはオーソン・ウェルズ監督の「黒い罠」がランキングされた。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

ウエスタン
クラウディア・カルディナーレ

レオーネ監督がヘンリー・フォンダに空港で激怒!
セルジオ・レオーネ監督は、”ドル箱三部作”と呼ばれた「荒野の用心棒(1964年)」「夕陽のガンマン(1965年)「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗(1966年)を撮り終えた時、これでマカロニ・ウエスタンから”卒業”しようと決意していた。そんな彼にバラマウントは「ヘンリー・フォンダに口を利く」と約束し、卒業を延期する事を承諾させたのである。ところが、オファーを受けたフォンダはレオーネの名前さえ知らなかった為「続・夕陽のガンマン」に出演した旧友のイーライ・ウォラックに電話で意見を聞いた。するとウォラックは「とになく会え、セルジオの事が好きになるぞ」と即答。その言葉に促されたフォンダは、ハリウッドにやって来たレオーネと面会し、共に”ドル箱三部作”を鑑賞した上で、出演契約書にサインしたのである。
台本を読み、情け容赦のない悪人を演じる事を知ったフォンダは、自分の青い目では迫力に欠けると考え、茶色のコンタクトレンズを手に入れ「リンカーン大統領を暗殺したジョン・ブースのような」口髭をはやしてローマに向かった。ところが、空港で出迎えたレオーネはフォンダを見るなり早口のイタリア語で「髭を剃れ!」とまくし立て「青い目はどうした?俺が買ったのは青い目だ!」と怒鳴り散らした。
ただし、こう話すのはフォンダの方で、レオーネ自身は時間をかけ、余分なものを取り除いていったと語っている。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

ウエスタンウエスタン
※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「ウエスタン」当ブログ2013年6月30日公開
ウエスタン

今回はセルジオ・レオーネ監督1968年製作「ウエスタン(ONCE UPON A TIME IN THE WEST)」高評価作品sを ピックアップする。主演がアメリカを代表した俳優ヘンリー・フォンダ、チャールズ・ブロンソンでありマカロニウエスタンとは言い難いのだが、調べるとほと んどのロケ地は定番のスペインだった。 本作で驚いたのが原案作成スタッフにベルナルド・ベルトルッチ監督が名を連ねている事だ。
公開当時、私はこの映画を新宿プラザ劇場(東宝洋画系)で観たが劇場オープニング作品だった。劇場は2008年11月「タイタニック」の公開後に閉館となった。

作品リスト

ウエスタンウエスタン

美術監督カルロシーミ氏によるスペイン(ミニハリウッド)に建てられた街のセット(写真右) セルジオ・レオーネ監督は遠近の使い分け、俳優の顔面のクローズアップの多用と、そこに遠景を巧みに織り込んだ緻密な画面構成に特徴がある。本作も撮影監督のトニーノ・デリ・コリ氏がテクニスコープ(2.35:1)を有効に使いフィルムはイーストマンコダック、現像はテクニカラーが採用されている。
このサイズは西部劇を撮る最良なサイズだと思う。

ウエスタンウエスタン
ヘンリー・フォンダ

本作でも冷徹な悪玉を演じたヘンリー・フォンダは名優であり素晴らしかった。
1981年「黄昏」でにアカデミー主演男優賞受賞している。この作品は娘のジェーン・フォンだと共演した。残念な事に1982年8月に77歳で亡くなっている。
上右の写真を見るとトニーノ・チェルビー監督1968年製作「野獣暁に死す」の日本が誇る俳優仲代達矢氏と鬼気としたイメージがダブる。

ウエスタンウエスタン
チャールズ・ブロンソン

チャールズ・ブロンソンは、アメリカ製西部劇「荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)」、「レッド・サン(SOLIEL ROUGE)」などに出演し、日本では大林宣彦監督のTVCF「マンダム」で知名度を上げたが残念な事に2003年8月に81歳で亡くなっている。

ウエスタンウエスタン
クラウディア・カルディナーレ

クラウディア・カルディナーレは、フェデリコ・フェリーニ監督「8 1/2(OTTO E MEZZO)」、ルキノ・ヴィスコンティ監督「山猫(IL GATTOPARDO)」、クリスチャン=ジャック監督「華麗なる対決」などに出演し、日本でもブリジット・バルドーと共に人気で現在75歳(1938年4月15日生)のイタリアの美しい女優だ。何度か訪日している。

ウエスタンウエスタン
ジェイソン・ロバーズ

ジェイソン・ロバーズは、1976年「大統領の陰謀(ALL THE PRESIDENT’S MEN)」、「ジュリア(JULIA)」でアカデミー助演男優賞を受賞した名優。1999年「マグノリア(MAGNOLIA)」が遺作となり、2000年 12月に76歳で残念にも亡くなっている。私は1998年「エネミー・オブ・アメリカ」が好きだった。

【当プログで紹介したセルジオ・レオーネ監督作品】
1964年「荒野の用心棒
1966年「続・夕陽のガンマン
1968年「ウエスタン
1971年「夕陽のギャングたち」
1984年「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
1989年4月に60歳で他界されている。

ウエスタンウエスタン
このシーンはイタリアローマ・チネチッタ撮影所で撮影されたそうだ。

【ストリー】
西部に初めて鉄道が敷かれようとしていた頃……。アイルランドから移住して来たマクベイン(フランク・ウォルフ)は、この荒野に大きな夢を抱いていた。そ して、彼 は砂漠を買い、ニュー・オリンズにいる婚約者ジル(クラウディア・カルディナーレ)を呼ぶ準備をした。その彼の地権を狙う二人の悪党がいた。鉄道局の役人 モートン (ガブリエル・フェルゼッティ)と、ガンマンのフランク(ヘンリー・フォンダ)である。そこへ、フランクを捜して一人のよそ者(チャールズ・ブロンソン) がやって来た。彼は“その男”と呼ばれた。もの凄いガンさばきとハーモニカのうまいのが特徴であった。彼と同じ馬車でジルもやって来た。彼女はマク ベインに呼ばれて来たのだった。しかし、その時すでに、マクベインはフランク一味の銃弾に倒れていた。この事件は、ハーフのシャイアン(ジェイソン・ロ バーズ)の しわざということになったが、居酒屋で“その男”に出会ったシャイアンは、犯行を否定した。一方、法的な利権がジルに与えられると知ると、フランクは彼女 を狙いはじめた。身の危険を感じたジルは、保安官(キーナン・ウィン)の助力を得て遺産をせりに出した。フランクは裏工作をしたが、“その男”とシャイア ンが権 利を買いとり、再びジルに与えた。その後も、フランクは執拗に彼女を狙ったが、目的を果せなかった。そしてついに、フランク一味の襲撃を待っていた“その 男”の怨みの銃弾がフランクを倒した。その時“その男”の脳裏には一五歳の時フランクに虐殺された兄の事が浮かんでいた。彼は再びこの土地を去って行っ た。夫の夢をうけついでいこうとするジルを残して………

ウエスタンウエスタン
ライオネル・スタンダー

題名:ONCE UPON A TIME IN THE WEST/C’ERA UNA VOLTA IL WEST
邦題:ウエスタン
監督:セルジオ・レオーネ
製作:フルヴィオ・モルセラ
製作総指揮:ビーノ・チコーニャ
原案:ダリオ・アルジェント、ベルナルド・ベルトルッチ
脚本:セルジオ・ドナティ、セルジオ・レオーネ
撮影:トニーノ・デリ・コリ
美術:カルロシーミ
メイクアップ: ジャンネット・デ・ロッシ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ヘンリー・フォンダ、クラウディア・カルディナーレ、ジェイソン・ロバーズ、チャールズ・ブロンソン、ガブリエル・フェルゼッティ、フランク・ウォルフ、ウディ・ストロード、パオロ・ストッパ、キーナン・ウィン
1968年イタリア・アメリカ/テクニスコープ・テクニカラー165分35mmフィルム
ウエスタン [DVD]

本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。
ウエスタンウエスタン
このシーンだけはアメリカユタ州モニュメント・バレーで撮影された。

映画「復讐のガンマン」

復讐のガンマン復讐のガンマン
リー・ヴァン・クリーフ                    トーマス・ミリアン

今回はセルジオ・ソリーマ監督1966年製作「復讐のガンマン(THE BIG GUNDOWN)」をピックアップする。
本作は「夕陽のガンマン」のリー・ヴァン・クリーフと「情無用のジャンゴ」のトーマス・ミリアンというマカロニ2大スターが競演し、逃走を続ける殺人事件の容疑者と賞金稼ぎの追跡劇で先に待つ思いがけない真実が待ち受けるのをアクションを交えて描いている。
共演は「夕陽の用心棒」「続・荒野の1ドル銀貨」「星空の用心棒」「サルタナがやって来る」「欲望の中の女」のスペイン美人女優ニエヴェス・ナバロ(スーザン・スコット)、「さすらいの一匹狼」「続・荒野の1ドル銀貨」「黄金無頼」のジョージ・マーティン、「続・荒野の1ドル銀貨」「南から来た用心棒」「地獄から来たプロガンマン」のフェルナンド・サンチョなどマカロニ常連俳優が楽しませてくれる。
巨匠エンニオ・モリコーネが作曲した主題曲が凄く良い!歌はCristy(クリスティ)という歌手なのだが、女性が単独で熱唱するマカロニウエスタンサウンドは貴重だ。

主題曲「Run Man Run/Cristy」

復讐のガンマン
※クリックすると別画面で拡大されます。
復讐のガンマン復讐のガンマン
ニエヴェス・ナバロ(スーザン・スコット)        ジョージ・マーティン

【ストリー】
ジョナサン・コーベット(リー・ヴァン・クリーフ)は、手におえぬヤクザ者を倒すことに生きがいを感じているバウンティ・キラーである。ある晩、町のブロックストン邸でパーティが開かれ、コーベットもまねかれて出席した。パーティの途中、十二歳の少女がさらわれ殺された。犯人はメキシコ人のコチヨ・サンチェス(トーマス・ミリアン)という男で、南へ向っているというニュースがはいった。ブロックスト(ウォルター・バーンズ)ンの頼みで、コーベットはコチヨを追った。あるメキシコ人の村でコーベットはコチヨを発見した。が、コチヨは一足早く逃げてしまった。その後、コーベットは、モルモン教徒の娘と河で遊んでいるコチヨを見つけ拳銃を向けたが、反対に背後から娘に射たれてしまった。未亡人(ニエヴェス・ナバロ)がきりまわしているある牧場に来たコチヨは、そこで仕事にありついたが、そこへまたコーベットが姿をあらわした。コーベットは重傷だったがモルモン教の人たちに救われたのだった。コーベットを歓待する未亡人の様子から、彼がボスになるものと誤解した牧場の男たちは、コーベットを殺そうと小屋をとりかこんだ。その危険を知らせたのはコチヨだった。二人は協力して危機を逃れた。コチヨを捕えたコーベットは帰路についたが、途中、蛇にかまれたのを利用してコチヨはまた逃げ出した。次に二人は牢の中で再会した。コーベットは保安官(フェルナンド・サンチョ)との誤解から、コチヨは喧嘩で牢入りというわけ。コチヨはかくしもったナイフを使って一人で脱出した。
やがてブロックストンに助けられコーベットは町へ帰った。が、彼はここで意外な真実を知った。娘殺しの犯人は、実はブロックストンの義理の息子(ジョージ・マーティン)だったのである。それをかくすためブロックストンはコチヨに罪をかぶせて殺そうとしていたのだ。すべてを知ったコーベットはコチヨと一緒になって、ブロックストン一味と対決した。そして、一味を全滅させた。「あばよ、おれはもうどんなことがあっても、絶対につまからねえよ!」コチヨはそういうと、コーベットのもとを去っていった。

復讐のガンマン復讐のガンマン
フェルナンド・サンチョ

題名:THE BIG GUNDOWN
邦題:復讐のガンマン
監督:セルジオ・ソリーマ
製作:アルベルト・グリマルディ
脚本:フランコ・ソリナス、フェルナンド・モランディ
脚色:セルジオ・ドナーティ、セルジオ・ソリーマ
撮影:ホセ・ガルシア・ガリステオ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:リー・ヴァン・クリーフ、トーマス・ミリアン、ジョージ・マーティン、ニエヴェス・ナバロ(スーザン・スコット)、フェルナンド・サンチョ、ベニート・ステファネッリ、ウォルター・バーンズ、マリア・グラナダ
1966年イタリア・スペイン/テクニスコープ(シネスコサイズ(1:2.35)・テクニカラー108分35mmフィルム
復讐のガンマン [DVD]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 2016年 7/31号[分冊百科]
2016年8月現在、DVDレンタルはありません。

復讐のガンマン復讐のガンマン
復讐のガンマン復讐のガンマン
復讐のガンマン復讐のガンマン

復讐のガンマン
※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

1 2 3 4