映画「上海から来た女」

上海から来た女上海から来た女
リタ・ヘイワース                オーソン・ウェルズ

今回はオーソン・ウェルズ監督・主演1947年製作「上海から来た女(THE LADY FROM SHANGHAI)」をピックアップする。
本作は、ある美女に出会い心を奪われた事を契機に殺人事件に巻き込まれて行く。大女優リタ・ヘイワースと名匠オーソン・ウェルズが手掛けたフィルム・ノワールだが、上海は出て来ない。
遊園地のマジック・ルームの場面は、衝撃的であり、冴えた映像感覚だと思う。

上海から来た女上海から来た女

【ストリー】
宵闇深まるニューヨークはセントラルパーク。散歩中のマイク(オーソン・ウェルズ)は、美しい女エルザ(リタ・ヘイワース)と出会う。その場は冷たくあしらわれたマイクだが、別れてしばらく後、彼女の悲鳴が聞こえた。かけつけたマイクは暴漢に襲われてるエルザを見た。彼女を助け駐車場まで送った彼は、彼女が弁護士で資産家のバニスター(エヴェレット・スローン)の妻であることを知る。翌日、船員斡旋所にバニスターも来た。マイクの聞いたカリブへのヨット航海のためで、目的地はサンフランシスコ。航海は順調に続き、マイクとエルザは親密になってくる。だが気がかりなのは、バニスターの顧問弁護士を自称するグリズビー(グレン・アンダース)の存在だった。サンフランシスコでグリズビーに会ったマイクは、奇妙な申し出をうけた。「グリズビーを殺したのは私です」という書類にサインすれば5千ドル与えるというのだ。即答をさけた彼はエルザと会う。彼女は駆けおちしようといい、その資金のため、彼は書類にサインした。そして再び、エルザの元へ向かう途中、マイクは非常検問にぶつかる。何と本当にグリズビーが殺されたのだ。あの書類を証拠にマイクは逮捕された。誰かの罠。殺人犯として公判に付された彼は、裁判所を脱走しチャイナ・タウンに逃げる。急に彼を襲う中国人。彼の気づいたその場所はすべて壁が鏡ばりの部屋だった。やがてエルザが現われた。財産のため彼女とバニスターがしくんだ殺人だったのだ。やがて、バニスターも現われ、射ち合いになる。鏡の中に顔が、どこに写っているのが本当の人間--彼らなのか。エルザとバニスターは死に、マイクだけが生き残って街を去っていった。

上海から来た女上海から来た女

題名:THE LADY FROM SHANGHAI
邦題:上海から来た女
監督:オーソン・ウェルズ
製作総指揮:ハリー・コーン
製作:オーソン・ウェルズ
原作:シャーウッド・キング
脚本:オーソン・ウェルズ
撮影:チャールズ・ロートン・Jr
特撮:ローレンス・バトラー
美術:スタージェス・カーン、スティーヴン・グーソン
装置:ウィルバー・メネフィー、ハーマン・N・シェーンブラン
衣裳:ジャン・ルイ
編集:ヴァイオラ・ローレンス
音楽:ハインツ・ロームヘルド
出演:リタ・ヘイワース、オーソン・ウェルズ、テッド・デ・コルシア、グレン・アンダース、エヴェレット・ストーン
1947年アメリカ・コロンビア映画/スタンダードサイズ・モノクロ87分35mmフィルム
上海から来た女 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

上海から来た女上海から来た女

映画「市民ケーン」

市民ケーン市民ケーン
オーソン・ウェルズ

今回はオーソン・ウェルズ監督1941年製作「市民ケーン(CITIZEN KANE)」高評価作品sをピックアップする。
本作は、著作権保護期間が終了したパブリックドメイン(著作権が放棄されたもしくは消滅した映画)になった作品である。当時25歳だったオーソン・ウェルズの処女作であり、自ら製作・脚本・主演を務めた。過去と現在を交錯して描くという斬新な構成や、グレッグ・トーランド氏の撮影によるパンフォーカスの使用、ワンシーン・ワンショット撮影、広角レンズ・ローアングルの多用、極端なクローズアップなど、画期的な表現技術・撮影技術が駆使され、公開当時はその技術が革新的すぎるといわれたものの、映画史上最大の傑作として現在に至るまで非常に高い評価を得ている。

市民ケーン市民ケーン
ジョゼフ・コットン

【ストリー】
荒廃した壮大な邸宅の内で、片手に雪景色の一軒家のあるガラス玉を握り、“バラのつぼみ”という最後の言葉を残し新聞王ケーン(オーソン・ウェルズ)は死んだ。死後のケーンに与えられた賛否の声は数多かったが、ニュース記者トムスンは“バラのつぼみ”の中にケーンの真の人間性を解く鍵があると信じ彼の生涯に関係のある人々に会うことになった。ケーンが幼少の頃、宿泊代のかたにとった金鉱の権利書から母親が思わぬ金持ちになった。そのために彼は財産の管理と教育のため、片田舎の両親の愛の中から無理矢理にニューヨークに押し出された。やがて青年になったケーンはかねてから興味を持っていた新聞経営にのりだした。先ず破産寸前のインクワイアラー紙を買いとり友人の劇評家リーランド(ジョセフ・コットン)とバーンステインの協力を得て完全に立ち直らせた。さらに斬新で強引な経営方針と暴露と煽動の編集方針で遂にニューヨーク一の新聞に育てあげた。読者を楽しませるが決して真実を語らぬ彼の態度を友人は諌めるが、飛ぶ鳥も落とすケーンの勢いには全く通じなかった。世界第6位という財産をバックに報道機関をことごとく掌中にし、彼の権力はもはや絶対的なものになった。一方大統領の姪エミリー(ルース・ウォリック)をしとめるに至り知事から大統領への座は目前のものとなった。しかし圧勝を予想された知事選挙の数日前に、オペラ歌手スーザン(ドロシー・カミンゴア)との情事をライバルに新聞紙上で暴露され形勢を逆転された。それと同時に妻エミリーはケーンのエゴイズムに耐え切れず去っていった。離婚、落選という初めての挫折にケーンは狂ったようにスーザンに全てを集中した。彼女の素質も考えず巨大なオペラ劇場を建て自分の新聞で大々的に宣伝をしたが、それはかえって彼女を重圧から自殺未遂へと追いやってしまい、遂には彼女も去っていった。そして1941年孤独のうちにケーンは死んだ。トムスンの努力にもかかわらず“バラのつぼみ”の意味はわからなかった。彼の死後身辺が整理されおびただしいがらくたが暖炉に投げこまれた。そのなかの1つ幼少の頃に遊んだソリが燃えあがる瞬間、ソリの腹に“バラのつぼみ”の文字が現れた。

市民ケーン市民ケーン

題名:CITIZEN KANE
邦題:市民ケーン
監督:オーソン・ウェルズ
脚本:オーソン・ウェルズ、ハーマン・J・マンキーウィッツ
撮影:グレッグ・トーランド
美術:ペリー・ファーガソン
アート・ディレクター:ヴァン・ボスト・ボルグレイス
衣裳:エドワード・スティーヴンソン
特効:ヴァーノン・L・ウォーカー
編集:ロバート・ワイズ
音楽:バーナード・ハーマン
出演:オーソン・ウェルズ、ジョゼフ・コットン、ルース・ウォリック、ドロシー・カミンゴア、アグネス・ムーアヘッド、レイ・コリンズ、ジョージ・クールリス
1941年アメリカ/スタンダードサイズ・モノクロ119分35mmフィルム
市民ケーン [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

市民ケーン市民ケーン

【解説】
1938年10月30日に、H・G・ウェルズのSF小説「宇宙戦争」を翻案したラジオドラマ「火星人襲来」を手掛けたオーソン・ウェルズは、ドラマの中でフィクションの火星人襲来のニュースを挿入して、全米をパニックにさせて話題になっていた。そのウェルズの才能に目を向けたのが、当時経営難に遭っていたRKOであった。ウェルズは10万ドルの報酬と、製作・脚本・監督・主演俳優の決定権を委ねるという破格の待遇でRKOと契約を結んだ。ウェルズは最初の監督作品としてジョセフ・コンラッド原作の『闇の奥』の映画化に取り掛かるが、全編一人称カメラで撮影するという技術が難しいという理由で製作が中止された。その次に手掛けたのが「市民ケーン」である。この作品はハーマン・J・マンキーウィッツが書いた実在の新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストをモデルにした構想を採用して、マンキーウィッツが脚本を書き、ウェルズとともに改訂を繰り返してシナリオを完成させた。
ウェルズは自らが主宰する劇団・マーキュリー劇団の俳優であるジョゼフ・コットンらを主要キャストに起用。音楽はウェルズのラジオドラマでも音楽を手掛けていたバーナード・ハーマンが、撮影は「嵐が丘(1939年)」でパンフォーカスの技法を実験的に試みていたグレッグ・トーランドが担当し、編集はロバート・ワイズが務めた。ウェルズ本人は監督・脚本だけでなく製作・主演も行った。
物語はウィリアム・ランドルフ・ハーストをモデルにした新聞王・ケーンが最期に残した言葉「バラのつぼみ(ローズバッド)」の謎を探るために新聞記者がケーンの過去を知る人々を取材していくうちに、ケーンの孤独で波乱な生涯が浮かび上がっていくというものだが、ハーストはこの内容が自分と愛人であるマリオン・デイヴィスを侮辱していると考え、映画の公開を阻止するために様々な妨害を行った。まず、ハースト系の新聞が作品を批判し、やがてウェルズ本人を批判し始め、「彼の舞台やドラマは共産主義的である」などと書きたてるようになった。さらにハーストの報復を恐れたMGMの重役はRKOにネガやフィルムを焼却させることを薦めたという。批評家や劇場も買収し、これによりハーストを恐れて上映を禁止する劇場も続出してしまった。
作品は1941年5月1日に封切られ、当時は批評家から高い評価を受けるも、妨害工作の影響で興業的には大失敗してしまう。
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞で年間最優秀作品賞を、第7回ニューヨーク映画批評家協会賞で作品賞を受賞するも、アカデミー賞では作品賞を含む9部門にノミネートされながら、脚本賞のみの受賞となり、授賞式では作品名が読み上げられただけでブーイングが起こる始末であった。
○オーソン・ウェルズ(George Orson Welles)1985年10月10日(満70歳没)
(参照:ウィキペディア)

1976年CM ニッカウヰスキー G&G 第三の男 オーソン・ウェルズ

映画「審判」

審判審判
アンソニー・パーキンス              ジャンヌ・モロー

今回はオーソン・ウェルズ監督1963年製作「審判(THE TRIAL)」をピックアップする。
本作はフランツ・カフカの不条理文学「審判」を映画化した作品だ。迷路の様な悪夢の感覚を見事に映像化に成功している傑作である。

審判審判

【ストリー】
大会社の副部長ジョゼフ・K(アンソニー・パーキンス)はある朝突然検察官と刑事に寝込みを襲われた。罪は何か。Kは聞いたが検察官にも判らない。刑事たちと共に彼の会社の同僚までが来てKの一挙一動を監視していた。検察官は何事かメモして帰った。夜、Kは劇場から呼び出され大群衆のつめかけた法廷に出向いた。予審判事は開口一番「君はペンキ屋だな!」といった。余りの馬鹿らしいまちがいにKは法廷を飛び出した。法廷の廊下は自分の会社に通じていた。Kの会社へ伯父のマックスが訪ねてきて、不可解な容疑をはらすため友人の弁護士に頼んだらと、弁護士(オーソン・ウェルズ)のもとへ連れていく。
レニ(ロミー・シュナイダー)という水かきのある娘にかしずかれる弁護士は何とかコネを通じて取計らってやろうと答えた。が、そこには弁護士のコネを待って何カ月もたのみこんでいる老人がいた。そのうち弁護士は役所にコネのあるテイトレリという肖像画家をKに教えた。テイトレリは階段の頂上にある鳥篭のようなアトリエに住んでいた。Kが上っていくと無数の少女がついてきてKをもみくちゃにした。テイトレリからは余りいい返事はもらえなかった。Kは外へ出た。そこは裁判所の廊下だった。Kはひた走りに走った。
地下道を通って出たところは大伽藍だった。説教壇から声があり、お前の罪は明白だ。宗教もそれを救えないという。Kは大伽藍を出た。私服の警官が寄りそってきて無理矢理Kを荒野へ連れ出す。Kを穴に追い込みナイフをつきつける。殺すならお前たちが殺せ! Kは笑う。二人の私服が穴から出ていき、Kにダイナマイトのようなものに火をつけて投げ込んだ。彼にはそれが何であるかわからない。大爆発が起り、やがてそこにキノコ状の雲が拡がっていった。

審判審判
ロミー・シュナイダー              エルザ・マルティネッリ

題名:THE TRIAL
邦題:審判
監督:オーソン・ウェルズ
製作:アレクサンドル・サルキンド
原作:フランツ・カフカ
脚本:アントワーヌ・チュダル、オーソン・ウェルズ 台詞:オーソン・ウェルズ
撮影:エドモン・リシャール
美術:ジャン・マンダルー
音楽:ジャン・ルドリュ
出演:アンソニー・パーキンス、ジャンヌ・モロー、ロミー・シュナイダー、エルザ・マルティネッリ、オーソン・ウェルズ、マドレーヌ・ロバンソン、シュザンヌ・フロン、フェルナン・ルドウ
1963年フランス・イタリア・西ドイツ合作/スタンダードサイズ・モノクロ118分35mmフィルム
審判 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

審判審判
オーソン・ウェルズ

1 2