映画「ワイルド・アパッチ」

ワイルド・アパッチワイルド・アパッチ
バート・ランカスター              ブルース・デイヴィソン 

今回はロバート・アルドリッチ監督1972年製作「ワイルド・アパッチ(ULZANA’S RAID)」をピックアップする。
本作は追いつめられたアパッチ族の最後の反逆である“ウルザナの襲撃”を、それが実際に起きたアリゾナの平原と山岳地帯に再現し、撮影はアリゾナ州のコロナド国立森林とノガレス、ネバダ州のバレー・オブ・ファイア州立公園で行われたそうだ。

ワイルド・アパッチワイルド・アパッチ
ホルヘ・リューク             ワイルド・アパッチ(ULZANA’S RAID)

【ストリー】
西へ西へと進んだアメリカ西部開拓の時代も終わろうとしていた1810年代なかば。わずかにこの30年たらずの間に各地で圧倒的な騎兵隊の攻撃の前に、勇敢さで恐れられたシャイアン、スー、コマンチ族などが次々に敗れ、散り散りとなった。ここアリゾナでも、アパッチ族は自分たちの土地だった平原と険しい山々が連なるその一隅に押し込められていた。従って騎兵隊もその役割を終わろうとしていた。安穏な空気が流れるロウェル砦に、インディアン保留地とでたアパッチが、ウルザナに率いられて南へ向かったという報せが入った。砦に呼ばれたマッキントッシュ(バート・ランカスター)は、インディアンとの戦いに長くたずさわっており、騎兵隊の指揮官たちの考えが安易すぎるのを忠告した。これが初陣である若いデブリン中尉(ブルース・デイヴィソン)を指揮官に、20名の隊員が、とりあえず出陣、マッキントッシュが彼を補佐し、地理に明るいアパッチの若い男ケ・ニ・ティ(ホルヘ・リューク)をガイドに、ウルザナの追跡を始めた。だが開拓者たちに危険を知らせるべく、先発していた騎兵隊員たちをたちまち血祭にあげたウルザナ(ホアキン・マルティネス)は、道道の家を襲った。ウルザナな、自決した者も容赦なく身を剥ぎ、心臓をえぐり取った。また犬の尾をくわえさせ、股間を焼くなど、その殺戮は凄惨を極めた。「なぜアパッチはこんなにも残酷なんだ」経験のない若い中尉の怒りにみちた問に、ケ・ニ・ティは答えた。「この厳しい土地で生きるためには力が必要なのだ。殺した男が殺された男の力を受ける。ウルザナは長い保留地の生活で力が薄れているからこれからも多勢の人を殺すだろう」。マッキントッシュは敵の手にのると見せかけてその裏をかき、一挙に決着をつけようとする。ウルザナの策略はこうだ。襲った家の主婦を輪姦し、命だけは助けておく、そうすれば騎兵隊は婦人を砦に送る隊と、追跡する隊に分散する。そこを襲って潰滅させ馬を奪おうというのだ。マッキントッシュはこの危険な賭に乗った。討つか討たれるか、もはや1手の誤ちも許されない緊迫の戦いへ突入した。険しい山がそそりたち、急激に細かく切れ込んでいる“赤い谷”を朝日が朱のように染めあげた。騎兵隊は中尉の率いる本隊と、傷ついた婦人を砦に送りかえすマッキントッシュと軍曹(リチャード・ジャッカル)たちの2手に別れて進んだ。赤い谷に入る護衛隊。襲いかかるアパッチ。狙い射ちに護衛隊員は次々と倒れて、谷は修羅場と化した。だがこのおとり作戦も中尉が合図を読み違え、銃声が轟いてからかけつけたため、功を奏さず、護衛隊は全滅。マッキントッシュはなおも襲いくるアパッチを倒すが、深手を負った。一方、別行動にでていたケ・ニ・ティはウルザナを追いつめた。ウルザナは自分を正当化し、死の歌をうたった。戦いは終わった。砦に運ぼうという中尉の申し出を断わり、来るべき死を静かに待ち受けるマッキントッシュ。中尉は、アパッチも騎兵隊員と同様埋葬するよう命じ、砦に引き上げていった。

ワイルド・アパッチワイルド・アパッチ
リチャード・ジャッケル                                          ホアキン・マルティネス

題名:ULZANA’S RAID
邦題:ワイルド・アパッチ
監督:ロバート・アルドリッチ
製作:カーター・デ・ヘブン、バート・ランカスター
脚本:アラン・シャープ
撮影:ジョゼフ・バイロック
美術:ジェームズ・D・ヴァンス
録音:ワルドン・O・ワトソン、ジム・アレクサンダー
衣装:グレン・ライト
編集:マイケル・ルチアーノ
音楽:フランク・デヴォール
現像:テクニカラー
助監督:マルコム・R・ハーディング
出演:バート・ランカスター、ブルース・デイヴィソン、ホルヘ・リューク、リチャード・ジャッケル、ロイド・ボックナー、ホアキン・マルティネス、カール・スウェンソン、ダグラス・ワトソン
1972年アメリカ/ビスタサイズ・カラー102分35mmフィルム
ワイルド・アパッチ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ワイルド・アパッチワイルド・アパッチ
バート・ランカスター                                  ワイルド・アパッチ(ULZANA’S RAID)

ワイルド・アパッチ

映画「鳥(THE BIRDS)」


ロッド・テイラー、ティッピー・ヘドレン       ティッピー・ヘドレン、スザンヌ・プレシェット

今回はアルフレッド・ヒッチコック監督1963年製作「鳥(THE BIRDS)」をピックアップする。
本作は言わずと知れた1970年代に量産された動物パニック映画の原点である。
テクニカラーの美しい色彩と共に内容も色褪せてない作品であるが、当時にCGはなく、オプチカル合成とパペットで処理された。マスクが切りきれてないので、鳥が背景に透過しているのが気になった。それは近年のCG映画に見慣れた為なのか?
しかし、構成・脚本は傑作である。

【当ブログで紹介したアルフレッド・ヒッチコック監督作品】
1940年「レベッカ
1954年「裏窓
1959年「北北西に進路を取れ
1960年「サイコ
1963年「
1966年「引き裂かれたカーテン


ロッド・テイラー、ティッピー・ヘドレン、ジェシカ・タンディ     ティッピー・ヘドレン

【ストリー】
突然、舞い降りてきた1羽のかもめが、メラニー・ダニエルズ(ティッピー・ヘドレン)の額をつつき飛び去った。これが事件の発端だった。不吉な影がボデガ湾沿いの寒村を覆った。若い弁護士ブレナー(ロッド・テイラー)は異様な鳥の大群を見て、ただならぬ予感に襲われた。そして、ほどなくブレナーの予感は現実となった。鳥の大群が人間を襲い始めたのだ。アニー(スザンヌ・プレシェット)の勤める小学校の庭では、無数のかもめが生徒を襲撃した。メラニーが恋人ブレナー家へ夕食によばれた夜、暖炉の煙突から、突然、すずめに似たフィンチが何百羽となく舞い込んできた。が、ブレナーがやっとのことで追い払った。どこからともなく飛来してくる鳥の群れは、ますます増える一方だった。そして、ついに鳥による惨死者が出た。農夫が目玉をくり抜かれて死んでいたのだ。授業中のアニーは、ふいにメラニーの来訪を受け、外を見て足がすくんだ。おびただしい鴉の群れが校庭の鉄棒を黒々とうずめていたからだ。鋭い口ばしをとぎ、鴉の大群が小学生を襲った。ブレナーの妹をかばったアニーは、無残にも鴉の群れにつつき殺された。この襲撃を機に、今まで不気味な動きを見せていた鳥の大群が、せきを切ったように人家に殺到してきた。顔といわず手といわず彼らの襲撃は凄絶をきわめた。もはや一刻の猶予もない。ブレナーは失神したメラニーを家族と一緒に車に乗せサンフランシスコへの脱出を決心した。


ティッピー・ヘドレン

題名:THE BIRDS
邦題:鳥
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:アルフレッド・ヒッチコック
原作:ダフネ・デュ・モーリア
脚本:エヴァン・ハンター
撮影:ロバート・バークス
美術:ロバート。ボイル
セットデザイン:ジョージ・マイロー
衣装:リタ・リッグス
SFX:アブ・アイワークス
編集:ジョージ・トマシーニ
音楽:レミ・ガスマン、オスカー・サラ
アソシエイト・プロデューサー:ジェームズ・H・ブラウン
現像:テクニカラー
出演:ロッド・テイラー、ティッピ・ヘドレン、スザンヌ・プレシェット、ジェシカ・タンディ、ヴェロニカ・カートライト、エセル・グリフィス、チャールズ・マグロー、ジョー・マンテル、マルコム・アターベリー、カール・スウェンソン
1963年アメリカ/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
鳥・アルフレッド・ヒッチコック -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ロッド・テイラー、ティッピー・ヘドレン