マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「ウエスタン」


朝日新聞出版より11月10日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第16号が届いた。二作品のうち今回はセルジオ・レオーネ監督1968年製作「ウエスタン(ONCE UPON A TIME IN THE WEST)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 2016年 11/20号[分冊百科]

ウエスタン

モリコーネが語る自己最高傑作!?
本作の音楽を担当したのは「歴史上最も多くの曲を作曲したマエストロ」と称される”映画音楽の巨人”エンニオ・モリコーネである。
1961年に初めて手掛けた「IL FEDERALE」以降、今年(2016年)までに実に420作以上の映画音楽を担当。2015年にはクエンティン・タランティーノ監督の西部劇「ヘイトフル・エイト」でアカデミー賞作曲賞に輝いたモリコーネの名前は枚挙にいとまがない。そんな彼が「(自分の)作曲した中で最高の音楽」と語っているのが「ウエスタン」のオープニングである。
とは言え、「映画史上最もなずぃ」とされる約10分にわたるオープニングには”音楽”は流れず、聴こえるのは、ドアが閉められる音、風車が軋む音、ガンマンが指の関節を鳴らす音・・・・といった自然音だけ。モリコーネは「すべての音は音楽である」という考え方に基づき、この冒頭シーンを完成させたのだ。2015年にアメリカのウエッブサイト”Taste of Cinema”が発表した「映画史に残る傑作オープニング20」において「ウエスタン」は堂々の第1位に選出されている。ちなみに、2位はフェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」、3位にはオーソン・ウェルズ監督の「黒い罠」がランキングされた。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

ウエスタン
クラウディア・カルディナーレ

レオーネ監督がヘンリー・フォンダに空港で激怒!
セルジオ・レオーネ監督は、”ドル箱三部作”と呼ばれた「荒野の用心棒(1964年)」「夕陽のガンマン(1965年)「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗(1966年)を撮り終えた時、これでマカロニ・ウエスタンから”卒業”しようと決意していた。そんな彼にバラマウントは「ヘンリー・フォンダに口を利く」と約束し、卒業を延期する事を承諾させたのである。ところが、オファーを受けたフォンダはレオーネの名前さえ知らなかった為「続・夕陽のガンマン」に出演した旧友のイーライ・ウォラックに電話で意見を聞いた。するとウォラックは「とになく会え、セルジオの事が好きになるぞ」と即答。その言葉に促されたフォンダは、ハリウッドにやって来たレオーネと面会し、共に”ドル箱三部作”を鑑賞した上で、出演契約書にサインしたのである。
台本を読み、情け容赦のない悪人を演じる事を知ったフォンダは、自分の青い目では迫力に欠けると考え、茶色のコンタクトレンズを手に入れ「リンカーン大統領を暗殺したジョン・ブースのような」口髭をはやしてローマに向かった。ところが、空港で出迎えたレオーネはフォンダを見るなり早口のイタリア語で「髭を剃れ!」とまくし立て「青い目はどうした?俺が買ったのは青い目だ!」と怒鳴り散らした。
ただし、こう話すのはフォンダの方で、レオーネ自身は時間をかけ、余分なものを取り除いていったと語っている。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

ウエスタンウエスタン
※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「ウエスタン」当ブログ2013年6月30日公開
ウエスタン

今回はセルジオ・レオーネ監督1968年製作「ウエスタン(ONCE UPON A TIME IN THE WEST)」高評価作品sを ピックアップする。主演がアメリカを代表した俳優ヘンリー・フォンダ、チャールズ・ブロンソンでありマカロニウエスタンとは言い難いのだが、調べるとほと んどのロケ地は定番のスペインだった。 本作で驚いたのが原案作成スタッフにベルナルド・ベルトルッチ監督が名を連ねている事だ。
公開当時、私はこの映画を新宿プラザ劇場(東宝洋画系)で観たが劇場オープニング作品だった。劇場は2008年11月「タイタニック」の公開後に閉館となった。

作品リスト

ウエスタンウエスタン

美術監督カルロシーミ氏によるスペイン(ミニハリウッド)に建てられた街のセット(写真右) セルジオ・レオーネ監督は遠近の使い分け、俳優の顔面のクローズアップの多用と、そこに遠景を巧みに織り込んだ緻密な画面構成に特徴がある。本作も撮影監督のトニーノ・デリ・コリ氏がテクニスコープ(2.35:1)を有効に使いフィルムはイーストマンコダック、現像はテクニカラーが採用されている。
このサイズは西部劇を撮る最良なサイズだと思う。

ウエスタンウエスタン
ヘンリー・フォンダ

本作でも冷徹な悪玉を演じたヘンリー・フォンダは名優であり素晴らしかった。
1981年「黄昏」でにアカデミー主演男優賞受賞している。この作品は娘のジェーン・フォンだと共演した。残念な事に1982年8月に77歳で亡くなっている。
上右の写真を見るとトニーノ・チェルビー監督1968年製作「野獣暁に死す」の日本が誇る俳優仲代達矢氏と鬼気としたイメージがダブる。

ウエスタンウエスタン
チャールズ・ブロンソン

チャールズ・ブロンソンは、アメリカ製西部劇「荒野の七人(THE MAGNIFICENT SEVEN)」、「レッド・サン(SOLIEL ROUGE)」などに出演し、日本では大林宣彦監督のTVCF「マンダム」で知名度を上げたが残念な事に2003年8月に81歳で亡くなっている。

ウエスタンウエスタン
クラウディア・カルディナーレ

クラウディア・カルディナーレは、フェデリコ・フェリーニ監督「8 1/2(OTTO E MEZZO)」、ルキノ・ヴィスコンティ監督「山猫(IL GATTOPARDO)」、クリスチャン=ジャック監督「華麗なる対決」などに出演し、日本でもブリジット・バルドーと共に人気で現在75歳(1938年4月15日生)のイタリアの美しい女優だ。何度か訪日している。

ウエスタンウエスタン
ジェイソン・ロバーズ

ジェイソン・ロバーズは、1976年「大統領の陰謀(ALL THE PRESIDENT’S MEN)」、「ジュリア(JULIA)」でアカデミー助演男優賞を受賞した名優。1999年「マグノリア(MAGNOLIA)」が遺作となり、2000年 12月に76歳で残念にも亡くなっている。私は1998年「エネミー・オブ・アメリカ」が好きだった。

【当プログで紹介したセルジオ・レオーネ監督作品】
1964年「荒野の用心棒
1966年「続・夕陽のガンマン
1968年「ウエスタン
1971年「夕陽のギャングたち
1984年「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
1989年4月に60歳で他界されている。

ウエスタンウエスタン
このシーンはイタリアローマ・チネチッタ撮影所で撮影されたそうだ。

【ストリー】
西部に初めて鉄道が敷かれようとしていた頃……。アイルランドから移住して来たマクベイン(フランク・ウォルフ)は、この荒野に大きな夢を抱いていた。そ して、彼 は砂漠を買い、ニュー・オリンズにいる婚約者ジル(クラウディア・カルディナーレ)を呼ぶ準備をした。その彼の地権を狙う二人の悪党がいた。鉄道局の役人 モートン (ガブリエル・フェルゼッティ)と、ガンマンのフランク(ヘンリー・フォンダ)である。そこへ、フランクを捜して一人のよそ者(チャールズ・ブロンソン) がやって来た。彼は“その男”と呼ばれた。もの凄いガンさばきとハーモニカのうまいのが特徴であった。彼と同じ馬車でジルもやって来た。彼女はマク ベインに呼ばれて来たのだった。しかし、その時すでに、マクベインはフランク一味の銃弾に倒れていた。この事件は、ハーフのシャイアン(ジェイソン・ロ バーズ)の しわざということになったが、居酒屋で“その男”に出会ったシャイアンは、犯行を否定した。一方、法的な利権がジルに与えられると知ると、フランクは彼女 を狙いはじめた。身の危険を感じたジルは、保安官(キーナン・ウィン)の助力を得て遺産をせりに出した。フランクは裏工作をしたが、“その男”とシャイア ンが権 利を買いとり、再びジルに与えた。その後も、フランクは執拗に彼女を狙ったが、目的を果せなかった。そしてついに、フランク一味の襲撃を待っていた“その 男”の怨みの銃弾がフランクを倒した。その時“その男”の脳裏には一五歳の時フランクに虐殺された兄の事が浮かんでいた。彼は再びこの土地を去って行っ た。夫の夢をうけついでいこうとするジルを残して………

ウエスタンウエスタン
ライオネル・スタンダー

題名:ONCE UPON A TIME IN THE WEST/C’ERA UNA VOLTA IL WEST
邦題:ウエスタン
監督:セルジオ・レオーネ
製作:フルヴィオ・モルセラ
製作総指揮:ビーノ・チコーニャ
原案:ダリオ・アルジェント、ベルナルド・ベルトルッチ
脚本:セルジオ・ドナティ、セルジオ・レオーネ
撮影:トニーノ・デリ・コリ
美術:カルロシーミ
メイクアップ: ジャンネット・デ・ロッシ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ヘンリー・フォンダ、クラウディア・カルディナーレ、ジェイソン・ロバーズ、チャールズ・ブロンソン、ガブリエル・フェルゼッティ、フランク・ウォルフ、ウディ・ストロード、パオロ・ストッパ、キーナン・ウィン
1968年イタリア・アメリカ/テクニスコープ・テクニカラー165分35mmフィルム
ウエスタン [DVD]

本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。
ウエスタンウエスタン
このシーンだけはアメリカユタ州モニュメント・バレーで撮影された。

映画「女王陛下の007」


ジョージ・レーゼンビー                ダイアナ・リグ

今回はピーター・ハント監督1969年製作「女王陛下の007(ON HER MAJESTY’S SECRET SERVICE)」をピックアップする。
本作は007シリーズ第6弾で、新しいジェームス゛・ボンドを演じるジョージ・レーゼンビーが唯一出演した作品だ。内容もジェームズ・ボンドが初めて本気で愛した女性と結婚するといった設定や宿命の敵であるブロフェルドの因縁なども硬派な画作りとハードボイルドな要素が満載であった。その為に本作の評価は、賛否両論がある。


テリー・サバラス            ダイアナ・リグ、ジョージ・レーゼンビー

【ストリー】
イギリス秘密情報部のM(バーナード・リー)は、スペクターの首領ブロフェルド(テリー・サヴァラス)の捜索と、動静を探るよう007号ジェームズ・ボンド(ジョージ・レーゼンビー)に命じた。常に危険な仕事を求める彼は、この命令をあまり喜ばなかった。こんな時、ボンドはトレーシー(ダイアナ・リグ)に会った。無謀な生き方と、自棄的な影をもった彼女、自殺まで図った彼女に、ボンドはなぜか心を魅かれた。そして、彼女の父ドラコ(ガブリエル・フェルゼッティ)から、娘を立ち直らせてくれと懇願された。ドラコは、マフィアよりも恐ろしい組織、ユニオン・コルスの首領であった。彼の援助で、ブロフェルドの本拠がスイスにあることをつきとめたボンドは、単身そこへ乗り込んだ。スイス・アルプスのピズ・グロリアで、ブロフェルドは会員制のスキー・クラブと研究所を営んでいた。そこで、見事に変貌しているブロフェルドに会ったボンドは、彼の正体を見破ってしまった。しかし、何の武器も持たないボンドは、ひとまずスキーで脱走した。彼の身辺に手榴弾が炸裂する。その危機を救ったのはトレーシーであった。ボンドの報告から、イギリス情報部は、恐るべきスペクターの陰謀を知った。それは、催眠療法を受けた娘たちを使って、細菌をばらまき、生物学的戦争を起こそうとするものだった。ボンドは再びピズ・グロリアへ潜入し、悪の要塞を火柱の中に葬ったが、ブロフェルドをまた取り逃がしてしまった。一仕事おえたボンドは、初めて愛した女、トレーシーと結婚した。しかし新婚の夜に、スペクターの魔手が迫って来た。そして、トレーシーは無残にも血に染って倒れた。最愛の女を殺されたボンドは、燃えたぎる憎悪の中で、ブロフェルドへの復讐を誓うのだった。


ジョージ・レーゼンビー、ガブリエル・フェルゼッティ、ダイアナ・リグ  ダイアナ・リグ

題名:ON HER MAJESTY’S SECRET SERVICE
邦題:女王陛下の007
監督:ピーター・ハント
製作:ハリー・サルツマン、アルバート・R・ブロッコリ
原作:イアン・フレミング
脚本:ウォルフ・マンコウィッツ
撮影:マイケル・リード
美術:シド・ケイン
装置:ピーター・ラモント
特効:ジョン・ステアズ
題字:モーリス・ビンダー
音楽:ジョン・バリー
出演:ジョージ・レーゼンビー、テリー・サヴァラス、ディ・ヴィンセンゾ、ダイアナ・リグ、バーナード・リー、ガブリエル・フェルゼッティ、イルゼ・ステパット、デスモンド・リュウェリン、ロイス・マクスウェル
1969年イギリス/シネスコサイズ・カラー144分35mmフィルム
女王陛下の007 -Blu-ray-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ジョージ・レーゼンビー、ダイアナ・リグ       ダイアナ・リグ

映画「女性上位時代」

女性上位時代
カトリーヌ・スパーク
女性上位時代女性上位時代
カトリーヌ・スパーク

今回はパスクアーレ・フェスタ・カンパニーレ監督1968年製作「女性上位時代(LA MATRIARCA/THE MATRIARCH)」をピックアップした。主演は最近お気に入り女優のカトリーヌ・スパーク、共演はジャン・ルイ・トランティニャン、ガブリエル・フェルゼッティ、そしてマカロニウエスタン「暁の用心棒」「「殺しが静かにやって来る」のフランク・ウォルフ、「ガンマン無頼」「続・夕陽のガンマン」のルイジ・ピスティリほか、本作もカトリーヌ・スパーク魅力満載の映画として楽しめた。

【当ブログで紹介したカトリーヌ・スパーク主演作品】
1962年ルチアーノ・サルチェ監督「狂ったバカンス
1962年カミロ・マストロチンクェ監督「「太陽の下の18歳
1963年ダミアーノ・ダミアーニ監督「禁じられた抱擁
1968年パスクアーレ・フェスタ・カンパニーレ監督「女性上位時代」

女性上位時代女性上位時代
カトリーヌ・スパーク、ルイジ・ピスティリ

【ストリー】
若い身空で未亡人となったミミ(カトリーヌ・スパーク)は、葬式のあとで、弁護士から財産整理の話をきいているうちに、夫が秘かにマンションを隠しもっていたことを知った。そのマンションは、風変りな作り方がされており、夫の“特殊な欲望”を満足させるすべてのものがそろっていた。未知なるもの多きセックスの世界--ミミはその神秘のすべてを知りたい探究心にもえて、さっそく勉学にいそしむことになった。まず手はじめにミミはマルディーニを相手に選んだ。が一人だけでは十分とはいえない。実直そうな歯医者たくましいテニスの教師、街であったプレイボーイ、親友クラウディアスの夫、等々、ミミは次々と相手をかえ研究にいそしんだ。だが、どれもあまりゾッとしないものばかりだった。そんなベールに包まれたミミの健康を案じたミミの母や友人トニーは、一度医者に診察してもらうよう、彼女にすすめた。しかたなく、ミミは病院に行ったが、ここでデ・マルキ(J・L・トランティニャン)なる放射線科の医者にひと目でいかれてしまった。ミミは、学生になりすましデ・マルキの授業に出席し、まんまと、デートにこぎつけ、そして結婚を申しこまれた。ミミはとまどった。自分には秘密の生活がある。だが、ミミのとまどいもためらいも、デ・マルキの愛の前には消えた。ふたりはめでたく結婚した。しかし、足首をいためて背負われた時の快感だけは、ミミに残っていた。ミミを背中にのせ、馬になって“女上位”で室内を歩きまわるデ・マルキの姿がみられた。

女性上位時代女性上位時代
カトリーヌ・スパーク

題名:LA MATRIARCA/THE MATRIARCH
邦題:女性上位時代
監督:パスクアーレ・フェスタ・カンパニーレ
脚本:パオロ・フェラーリ、オッタヴィオ・ジェンマ
撮影:アルフィオ・コンチーニ
音楽:アルマンド トロヴァヨーリ
出演:カトリーヌ・スパーク、ジャン・ルイ・トランティニャン、ガブリエル・フェルゼッティ、フランク・ウォルフ、ルイジ・ピスティリ、フィリップ・ルロワ
1968年イタリア/ビスタサイズ・カラー94分35mmフィルム
女性上位時代 HDニューマスター版 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

女性上位時代女性上位時代

1 2