映画「日本のいちばん長い日」

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
役所広司                      本木雅弘

今回は原田眞人監督2015年製作「日本のいちばん長い日」をピックアップする。
本作は、太平洋戦争が、昭和天皇や閣僚達の御前会議において降伏を決定した1945年(昭和20年)8月14日の正午から宮城事件、そして国民に対してラジオ(日本放送協会=NHK)の玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を描いている。1967年に東宝で岡本喜八監督により製作された「日本のいちばん長い日」のリメイク版だ。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
山崎努                        松坂桃李

【ストリー】
1945年7月、戦局が厳しさを増す中、日本に無条件降伏を求めるポツダム宣言が発表された。連日閣議が開かれ議論に議論が重ねられるが、降伏かそれとも本土決戦か結論が出ないまま8月に突入。広島、そして長崎に原爆が投下され『一億玉砕論』の声も上がる中、日本最大の決断がくだる。しかし降伏に反対する若手将校らは玉音放送を流させまいとクーデターを企て皇居やラジオ局占拠に向け動きはじめる……。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日

題名:日本のいちばん長い日
監督:原田眞人
製作総指揮:迫本淳一
製作:榎望、新垣弘隆
原作:半藤一利
脚本:原田眞人
撮影:柴主高秀
照明:宮西孝明
録音:照井康政
整音:矢野正人
音効:柴崎憲治
美術:原田哲男
美粧:吉野節子
特殊メイク:中田彰輝
衣装:宮本まさ江
配役:石垣光代
殺陣:森聖二
操演:スプリーム・エフェクト
編集:原田遊人
記録:山内薫
音楽:富貴晴美
助監督:落合俊一
SFX/VFXスーパーバイザー:小田一生
ガンエフェクト:BIGSHOT
企画協力プロデューサー:城戸史朗
エグゼクティブプロデューサー:関根真吾、豊島雅郎
ライン・プロデューサー:芳川透
出演:役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、山崎努、松山ケンイチ、蓮佛美沙子、キムラ緑子、戸田恵梨香
2015年日本・松竹(120周年記念作品)/シネスコサイズ・カラー136分デジタルシネマ
日本のいちばん長い日 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日

映画「テルマエ・ロマエII」


阿部寛、上戸彩                  阿部寛、市村正親

今回は武内英樹監督2014年製作「テルマエ・ロマエII」をピックアップする。
前作「テルマエ・ロマエ」から2年後に製作された本作は、主な古代ローマ帝国のシーンをイタリアのチネチッタ撮影所からブルガリアのヌ・ボヤナ・フィルム撮影所へ変更している。内容は、タイムスリップがシーン転換に使われるが、クドく感じられた。これがないと物語が繋がらないのは理解出来るが、ドキドキ感がなく先が読めてしまう展開に失望する。また日本の温泉を綺麗に描いているのは良いが、多すぎる配分でテーマがボケている様に思った。

興行収入 テルマエ・ロマエ:59.8億円 テルマエ・ロマエII :44.2億円(ウィキペディア参照)


宍戸開、阿部寛                    琴欧州

【ストリー】
タイムスリップした先である現代日本の風呂文化から着想を得て斬新な浴場建設をし、一躍人気者となった古代ローマ浴場技師ルシウス(阿部寛)に、コロッセオに闘士たち用の浴場を作るよう命令がくだる。頭を悩ませたルシウスは再び現代日本へタイムスリップ。風呂専門雑誌のライターになった真実(上戸彩)ら、ルシウスが平たい顔族と呼ぶ現代日本人と再会する。一方ローマ帝国では平和推進派であるハドリアヌス帝(市村正親)と武力行使派の元老院が対立、緊張が高まっていた……。


白木みのる

題名:テルマエ・ロマエII
伊題:THERMAE ROMAE II
監督:武内英樹
製作総指揮:稲葉直人、菊地美世志
製作:石原隆、市川南、石川豊、青柳昌行
原作:ヤマザキマリ
脚本:橋本裕志
撮影:江原祥二
照明:杉本崇
録音:加藤大和
整音:伊東晃
美術:原田満生
装飾:石上純一
衣裳:宮本まさ江
記録:渡辺美恵
編集:松尾浩
音楽:住友紀人 主題歌:ラッセル・ワトソン「誰も寝てはならぬ」北島三郎「与作」
監督補:洞功二
助監督:野尻克己
撮影所:ヌ・ボヤナ・フィルム・スタジオ(ブルガリア・ソフィア)、日活撮影所
出演:阿部寛、上戸彩、市村正親、北村一輝、宍戸開、笹野高史、キムラ緑子、竹内力、琴欧州、白木みのる、松島トモ子
2014年日本・フィルムメーカーズ/シネスコサイズ・カラー113分デジタルシネマ
テルマエ・ロマエII -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


上戸彩「テルマエ・ロマエII(THERMAE ROMAE II)」