映画「セルラー」


キム・ベイシンガー                クリス・エバンス

今回はデイヴィッド・リチャード・エリス監督2004年製作「セルラー(CELLULAR)」をピックアップする。
本作は誘拐された女性と偶然彼女から電話を受けた青年が携帯電話だけを頼りに事件解決に挑むクライムサスペンスだ。
小道具にガラケーを使う事で物語を展開し、製作費を圧縮している。本作は製作予算が少なくても”おもしろい作品は作れる”という実例である。


ジェイソン・ステイサム

【ストリー】
高校の科学教師ジェシカ・マーティン(キム・ベイシンガー)は、愛する夫と11歳の息子リッキーとともに幸せな暮らしを送っていた。だが彼女の平穏な生活はある日、何の前触れもなく破られる。 ジェシカがリッキーを学校へ送って帰宅したところへ、突然見知らぬ男たちが侵入。彼らはジェシカを車で連れ去ると、どこかの家の屋根裏へ監禁する。リーダー格の男イーサン(ジェイソン・ステイサム)は納屋にあった電話をハンマーで打ち砕くと、彼女を残して立ち去った。彼らが何者なのかも、目的が何なのかも、ジェシカにはまったく思い当たらない。だがひとつの事実が彼女を凍りつかせた。彼らは顔を隠していなかったのだ。顔を見た自分は、いずれ殺される! ジェシカは粉々になった電話のワイヤーを接触させ、ダイヤル信号を送ることに成功する。「お願い、どこかに繋がって!」 彼女の必死の思いは届く。電話に出たのはライアンという若者(クリス・エバンス)だった。だが彼はジェシカの話をいたずらだと思ってとりあわない。それでも彼女のあまりに切羽詰った声に、ライアンはこの携帯を警察に持っていくことを承知する。警察で応対したのはボブ・ムーニー巡査部長(ウィリアム・H・メイシー)。だが、27年の平凡な警官生活を間もなく終えようとしているこの実直な警官が、ジェシカの説明を聞き始めたまさにその時、署内でトラブルが発生。彼はライアンに電話を返すと、殺人課へ行くよう指示する。イーサンたちはジェシカの夫クレイグ(リチャード・バージ)を探しているらしい。ジェシカからクレイグの居場所に関して満足な返答が引き出せないとみるや、イーサンはリッキーを誘拐することにする。ジェシカとイーサンのぞっとするようなやりとりを聞いて事の重大さを悟ったライアンは、ジェシカの頼みでリッキーの学校へ急ぐ。だが下校する大勢の子供たちの中からリッキーを見つけるのに手間取るうちに、少年は誘拐犯グループに連れ去られてしまう。リッキーを乗せた車を必死で追跡するライアン。だが、携帯電話のバッテリーが残り僅かに…。これが切れればジェシカは唯一の望みを失うことになる! 勤務を終えたムーニーは、ジェシカの件が気になり、殺人課の友人ジャック・タナー(ノア・エメリッヒ)に確認するが、彼は何も知らないという。ムーニーはジェシカから聞いた住所を訪ねてみる。玄関に現れたのはイーサンの部下の女。だがそうとは知らないムーニーは、異変に気づかない。「”レフト”とはどこだ?」。イーサンがジェシカを問いつめる。彼女の自宅の留守電に、そこで落ち合うようクレイグから電話があったのだ。目の前でリッキーを殺すと脅されたジェシカは、それがロサンゼルス空港のバーだと明かす。 バッテリーの問題を何とか解決したライアンは、ロサンゼルス空港へ向かうものの、再びイーサンたちに一歩先を越されてしまう。目的の物が銀行の貸し金庫に預けられているとクレイグから聞きだしたイーサンは、彼を連れて銀行へ向かう。ライアンもまた、彼らを追って銀行へ。自宅でTVを見ていたムーニーは、ライアンがジェシカを助けるために起こしたいくつかの”事件”が報道されているのに気づく。ジェシカの自宅に電話をするムーニー。留守電の応答メッセージの声が先刻の女と違うことに彼は気づく。銀行で大胆な行動に出たライアンは、イーサンたちが狙っていたビデオテープを奪取し、彼らの追跡を振り切ることに成功。だがその途中、携帯電話を壊してしまう。テープに写っていたのは、まったく予想していない映像だった。同じ頃、再びジェシカの自宅を訪れたムーニーは、警官生活27年間で最大の危険と謎に直面する。一方、ライアンとの連絡を断たれたジェシカは、僅かなチャンスを捉え、自力での脱出を試みていた……。

題名:CELLULAR
邦題:セルラー
監督:デイヴィッド・リチャード・エリス
製作総指揮:ダグラス・カーティス、キース・ゴールドバーグ
製作:ディーン・デヴリン、ローレン・ロイド
原案:ラリー・コーエン
脚本:クリス・モーガン
撮影:ゲイリー・カポ
編集:エリック・A・シアーズ
音楽:ジョン・オットマン
フィルム:富士フィルム
現像:デラックスカラー
出演:キム・ベイシンガー、クリス・エヴァンス、ジェイソン・ステイサム、ウィリアム・H・メイシー、ノア・エメリッチ
2004年アメリカ/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
セルラー -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


セルラー(CELLULAR)

映画「007 ネバーセイ・ネバーアゲイン」

ネバーセイ・ネバーアゲインネバーセイ・ネバーアゲイン
ショーン・コネリー                キム・ベイシンガー

今回はショーン・コネリーが007ジェームズ・ボンドが「ダイヤモンドは永遠に」から12年振りに演じたアーヴィン・カーシュナー監督1983年製作「007 ネバーセイ・ネバーアゲイン(NEVER SAY NEVER AGAIN)」をピックアップする。撮影地はバハマ、フランス、スペイン、イギリスなどで行っている。本作は複雑な原作の映画化権利関係の中、ショーン・コネリーが実質的プロデュースをしたという番外編でアメリカ映画だ。本家側(イオン・プロ)は「オクトパシー(007 OCTOPUSSY/監督:ジョン・グレン/主演:ロジャー・ムーア)」を同じく’1983年に公開している。

【ショーン・コネリーが演じた007】
1962年「ドクター・ノオ(DR. NO)」監督:テレンス・ヤング
1963年「ロシアより愛をこめて(FROM RUSSIA WITH LOVE)」監督:テレンス・ヤング
1964年「ゴールドフィンガー(GOLDFINGER)」監督:ガイ・ハミルトン
1965年「サンダーボール作戦(THUNDERBALL)」監督:テレンス・ヤング
1967年「007は二度死ぬ(YOU ONLY LIVE TWICE)」監督:ルイス・ギルバート
1971年「ダイヤモンドは永遠に(DIAMONDS ARE FOREVER)」監督:ガイ・ハミルトン
※第1作~第5作・第7作
1983年「ネバーセイ・ネバーアゲイン」アーヴィン・カーシュナー監督
第6作は1969年「女王陛下の007(ON HER MAJESTY’S SECRET SERVICE)」監督:ピーター・ハント主演:ジョージ・レーゼンビー

ネバーセイ・ネバーアゲインネバーセイ・ネバーアゲイン
クラウス・マリア・ブランダウアー        バーバラ・カレラ

【ストリー】
ジャングルにある要塞に侵入するジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)。彼は敏捷な行動で敵を倒し、捕らわれの身となっている若い女性のところへ行く。彼女をたすけ起こそうとした時、彼女は隠し持っていたナイフで彼を刺す。以上は訓練の一つで、それを記録したビデオ・テープを見ながら、新しいMは言う。「私は前任者ほど君を買っていない。スパイ学校で講師をしている間に君の身体はなまったらしいな。シュラブランド療養所に行き、鍛え直したまえ」。一方、対謀報・テロ・復讐・強要機関スペクターは部下を集め、首領のブロフェルド(マックス・フィン・シドー)が、新たなる謀略行動アラーの涙作戦2を発表する。実行にあたる部下 No.1のラルゴ(クラウス・マリア・ブラウンダウアー)が、TVスクリーンを通じ、「我々は在英米軍のジャック・ペタチ大尉を手なづけた。彼の右目の眼球反応は大統領と一致するように手術して、最終訓練をシュラブランドで行なうことにしている」と説明する。シュラブランドにやって来たボンドは厳しいトレーニングを受けつつ、持ち前の性的魅力を発揮して美人の療法士とベッドイン。ある夜彼は1人の患者のあやしげな行動を見て、部屋を覗き込む。その患者こそペタチで、看護しているのはスペクターの女殺し屋ファティマ(バーバラ・カレラ)だった。見られたことを知ったファティマは、巨漢の殺し屋をさしむけた。激しい乱闘の末にボンドは敵をやっつける。ペタチは基地にもどると、大統領でなければ出せない核ミサイル発射命令を眼球反応が同じことを利用してコンピューターに命じた。ミサイルは基地を発射し、途中で海中に降下し、スペクターのフロッグマンが回収した。そして、スペクターはNAT0諸国に、年間石油購入予算の25%相当の金を渡せ、さもなければ、7日後にミサイル2機を爆破すると脅迫。ペタチはファティマの手で始末された。Mはボンドにミサイル回収を命じる。ボンドはペタチの部屋で見たヤマ型マークを手掛りに、そのマークが東欧出身の大富豪ラルゴのトレード・マークであることをつきとめた。新兵器開発担当のアルジーの作った特製万年筆銃を持って、ボンドはバハマに飛ぶ。ここにラルゴの豪華ヨット空飛ぶ円盤号が停泊しているのだ。ラルゴは愛人のドミノ・ペタチ(キム・ベイシンガー)にアラーの涙というペンダントを与え、「裏切ったら喉を裂く」という。ボンドの姿を見たファティマは彼を誘って海へ出る。2人はヨットのなかでメイク・ラヴ。やがて海へ潜り、ファティマはボンドのウェット.スーツに鮫を呼びよせる発信器をくっつける。鮫に襲われたボンドは危ういところで難をさけ、セックスポットのボートに救出された。ホテルで生きているボンドを見たファティマは、彼の部屋に爆弾を仕掛けたが、彼はセックスポットの部屋で抱き合っていたので無事。ニースに向かったラルゴを追ってボンドも南仏へ。そこで友人のCIA局員フェリックス・レイターと英情報部員ニコールに出会う。豪華なカジノで、ボンドとラルゴは初めて対面した・ドミノとタンゴを踊り、彼女に「君の兄はラルゴに殺された」と告げるボンド。ファティマによってニコールが殺された。彼女を特製オートバイでボンドが追いかけ、激しいカー・チェースの末に万年筆銃で倒した。空飛ぶ円盤号に忍び込んだボンドをラルゴが歓待する。コンピューター室で見たアラーの涙という文句がボンドの脳裏に焼きつく。ヨットはアフリカのパルマイラにあるラルゴの別宅につく。ここは中世以来の砦になっていた。ラルゴは2人を鎖でしばり、ミサイルの1つはワシントンにあるといって去る。ボンドは特製レーザー時計で鎖を切り、ドミノを救出すると馬に乗ったまま砦の城壁から海中へ。ただちにレイターが2人を救出。ワシントンのミサイルは発見された。残る1つはどこに? パルマイラ湾が、ドミノのペンダントの模様に似ている。よくみると、その模様は地図になっており、海底の洞窟には古代の神殿があった。ここには油田が埋蔵している。もし爆破されれば、被害は甚大だ。ボンドはレイターやCIA局員らと中に潜入して、スペクター一味と闘う。逃げ出したラルゴとボンドは海中で争い、ボンド危うしという時、ドミノの放った水中銛がラルゴに命中。ミサイルの爆破装置も解除されて、世界に平和がもどった。

ネバーセイ・ネバーアゲインネバーセイ・ネバーアゲイン

題名:NEVER SAY NEVER AGAIN
邦題:ネバーセイ・ネバーアゲイン
監督:アーヴィン・カーシュナー
製作総指揮:ケビン・マクローリー
製作:ジャック・シュワーツマン
原作:イアン・フレミング
脚本:ロレンツォ・センプル・ジュニア
撮影:ダグラス・スローカム
美術:スティーブン・グライムス、レスリー・ディリー、フィリップ・ハリスン
特効:イアン・ウィングローヴ
衣装:チャールズ・ノッド
メイク:ロビン・グランザム
スタント・コーディネーター:グレン・ランドール、ヴィク・アームストロング
編集:ボブ・ローレンス
アソシエイト・プロデューサー:マイケル・ドライハースト
第二班監督:ミッキー・ムーア
水中シーン監督:リコウ・ブラウニング
技術顧問:ガイ・アリモ
音楽:ミシェル・ルグラン 主題歌:ラニ・ホール
撮影機材:パナビジョン
照明機材:Lee Electric (London)
現像:テクニカラー オプチカル:デイヴィッド・ドライヤー
出演:ショーン・コネリー、キム・ベイシンガー、クラウス・マリア・ブランダウアー、マックス・フォン・シドー、バーバラ・カレラ、エドワード・フォックス、バーニー・ケーシー
1983年アメリカ/シネスコサイズ・カラー134分35mmフィルム
ネバーセイ・ネバーアゲイン -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ネバーセイ・ネバーアゲインネバーセイ・ネバーアゲイン