映画「デトロイト」


デトロイト(DETROIT)

ジョン・ボイエガ                 ウィル・ポールター

今回は2018年1月26日に日本で劇場公開された待望のキャスリン・ビグロー監督最新作「デトロイト(DETROIT)」bestを1月31日にTOHOシネマズ府中スクリーン1で観て来た。
私は1990年製作の「ブルースチール」から非凡な監督の才能に惚れ込み前作の「ゼロ・ダーク・サーティ」で衝撃を受けると同時にアカデミー賞では女性初の監督賞を含め作品賞など6部門を受賞し、次回作を心待ちにしていた。
本作は、人種差別や格差社会など、50年を経ても変わらない現代社会への普遍的なテーマとメッセージが込められ、社会への不満を抱く黒人たちが暴動を起こして多くの犠牲者を出したアメリカ史上最大級の事件 “デトロイト暴動” の最中に起きた一夜の惨事を抉る様に描いている。真実に迫る姿勢と観る者を圧倒的な牽引力で集中させてしまう演出は、見事としか言い様がない。この様に優秀な映画は、2時間以上の上映でも時間が気にならず心が奪われるものである。
撮影は2016年7月下旬からボストンで始まり、10月にはデトロイトでも行われた。本作はデトロイトを舞台にした作品であるが、撮影の大半はマサチューセッツ州で行われたそうだ。

作品リスト

題名:DETROIT
邦題:デトロイト
監督:キャスリン・ビグロー
製作総指揮:グレッグ・シャピロ、ヒューゴ・リンドグレン
製作:キャスリン・ビグロー、マーク・ボール、ミーガン・エリソン、マシュー・バドマン、コリン・ウィルソン
脚本:マーク・ボール
撮影:バリー・アクロイド
美術:ジェレミー・ヒンドル
衣装:フランシン・ジェイミンソン=タンチャック
編集:ウィリアム・ゴールデンバーグ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影機材:パナビジョン
出演:ジョン・ボイエガ、ウィル・ポールター、アルジー・スミス、ジェイコブ・ラティモア、ハンナ・マリー
2017年アメリカ/ビスタサイズ・カラー142分デジタルシネマ
デトロイト -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


アルジー・スミス

【ストリー】
1967年夏、デトロイトで暴動が発生。その2日目の夜、街が戦場と化すなか、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報がある。捜索押収のため、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊がアルジェ・モーテルの別館に乗り込む。捜査手順を無視した何人かの警官がモーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を行い、誰彼構わず脅迫し自白を強要する“死のゲーム”が始まる……。

【事件のその後】
メルヴィン・ディスミュークス:殺されるのではないかという恐怖からデトロイトを離れ、別の町に移り住んだ。その町でも、彼は警備員として働いた。
フィリップ・クラウスとその部下たち:警察を解雇されることこそなかったが、彼らが現場に出ることは二度となかった。
ジュリー・アン:暴行を受けたことから何とか立ち直り、幸福な家庭生活を送っている。
ラリー・リード:事件のショックからザ・ドラマティックスを脱退し、聖歌を中心に歌う歌手へと転向した。今日に至るまで、彼はデトロイトで暮らし続けている。


デトロイト(DETROIT)

ハンナ・マリー
デトロイト(DETROIT)


ジョン・ボイエガ、キャスリン・ビグロー監督

「本作のように現実のストーリーを語る場合には、語り手として歴史とそれに関わった人々、生存者にも亡くなった人たちにも、自ら責任を持つ心構えが必要だ。我々はドキュメンタリーではなく、フィクションのエンターテイメント作品を製作しているので、配慮と誠意を込めて、過去の出来事に対して敬意を払わなければならない。」
キャスリン・ビグロー

デトロイト(DETROIT)」

映画「ゼロ・ダーク・サーティ」

ZERO DARK THIRTYZERO DARK THIRTY

今回はキャスリン・ビグロー監督の公開中作品「ゼロ・ダーク・サーティ(ZERO DARK THIRTY)」高評価作品sをピックアップする。本作は第85回アカデミー賞(作品賞・主演女優賞・編集賞)を受賞し、日本では2013年2月15日から公開された。製作費は$40,000,000である。

作品リスト

ZERO DARK THIRTYZERO DARK THIRTY

内容はテロ組織アルカイダの指導者ビンラディンの殺害までの全貌を徹底したリアルティで描き出す。劇映画では長めの上映時間2時間38分がアッという間だった。
私は渋谷TOHO シネマズ Screen2(7F)のデジタル上映で観た。
撮影監督のグレイグ・フレイザー氏は、前作「ハートロッカー(THE HURT LOCKER)」でスーパー16mmフィルムカメラを使用したが、本作はARRIFLEX ALEXAによるデジタルデータ撮影を行った。
前作同様に4台のカメラを一度に廻して180万フィート(フィルム換算)=約320時間を撮ったそうだ。レンズはCOOKE S4 PRIME LENSESを使用している。

ARRI Alexa
Arriflex  Alexa  Camera

撮像素子:スーパー35mmフォーマットCMOSセンサー(ALEV III)
レンズマウント:PLマウント
感度:EI 160~2580(標準 EI 800)
HD-SDI出力:非圧縮HDおよびARRIRAW
質量:約6.2kg(本体のみ)

※このカメラはビデオカメラではない。映画用データカメラである。
※もはやラチチュードは13ストップを確保出来るのでフィルムカーブとの差異は見当たらない。

COOKE S4
Cooke S4Prime Lenses
12/14/16/18/21/25/27/32/35/40/50/65/75/100/135/150/180mm

ZERO DARK THIRTYZERO DARK THIRTY

撮影はインドのチャンディーガルで行われチャンディーガルの一部はパキスタンのラホールと2011年5月に実際にビン・ラーディンが発見・殺害されたアボッターバードとして設定したそうだ。隠れ家は正確なレプリカというから事実に相当こだわる姿勢に感銘する。

ZERO DARK THIRTYZERO DARK THIRTY
ジェシカ・チャステイン

執念でビンラディンを追跡する主人公マヤを演じるジェシカ・チャステインのアカデミー賞主演女優賞には納得が行く。アメリカ政府が隠し続けた衝撃の 真実とオサマ・ビンラディンを追い詰めたのが実在の若い20代女性だったという事に驚く。是非、劇場で観る事をお奨めする高評価作品だ。

【ストリー】
ビンラディンの行方を追うものの、的確な情報を得られずにいる捜索チーム。
そこへ、人並み外れた情報収集力と分析力を誇るCIAアナリストのマヤ(ジェシカ・チャスティン)が加わることに。しかし、巨額の予算を投入した捜査は一 向に進展せず、世界各国で新たな血が次々と流されていく。そんな中、同僚の一人が自爆テロの犠牲となって命を落としてしまう。
それを機に、マヤの中でビンラディン捕獲という職務が狂気じみた執心へと変貌。
ついに、彼が身を隠している場所を特定することに成功するが……。

ZERO DARK THIRTYZERO DARK THIRTY

題名:ZERO DARK THIRTY
邦題:ゼロ・ダーク・サーティ
監督:キャスリン・ビグロー
脚本:マーク・ボール
製作:マーク・ボール、キャスリン・ビグロー、ミーガン・エリソン
製作総指揮:コリン・ウィルソン、グレッグ・シャピロ、テッド・シッパー
撮影:グレイグ・フレイザー
編集:ウィリアム・ゴールデンバーグ、ディラン・ティチェナー
音楽:アレクサンドル・デスプラ
製作会社:アンナプルナ・ピクチャーズ
配給:コロンビア映画(日本:ギャガ)
出演者:ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク、ジョエル・エドガートン、マーク・ストロング、クリス・プラット、カイル・チャンドラー
2012年/アメリカ/ビスタサイズ・カラー157分デジタルシネマ
ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ZERO DARK THIRTY
キャスリン・ビグロー監督

映画「ニア・ダーク」

NEAR DARKNEAR DARK
エイドリアン・パスダー

今回はキャスリン・ビグロー監督1987年製作のデビュー作「ニア・ダーク(NEAR DARK)」をピックアップする。
本作の触れ込みはホラー吸血鬼映画だったが、今までのホラー映画と全く違う手法と展開で水準以上のアクション・シーンに支えられながら極めて特異なキャラクターに仕上がっている。さすがキャスリン・ビグロー監督だと思わせる作品だ。1984年に発表した「ラブレス」がキャスリン・ビグロー監督の商業映画第1作であるが、これはモンティ・モンゴメリーとの共同監督だった為に、本作が実質的なデビュー作とされる。本作は1988年に開催されたパリ国際ファンタスティック&SF映画祭ではグランプリおよび主演女優賞を、同年のブリュッセル国際ファンタスティック映画祭では準グランプリを受賞している。

NEAR DARKNEAR DARK
エイドリアン・パスダー、ジェニー・ライト

【キャスリン・ビグロー監督作品】
1983年「ラブレス(THE LOVELESS)」モンティ・モンゴメリーとの共同監督作品
1987年「ニア・ダーク(NEAR DARK/月夜の出来事)」監督・脚本
1990年「ブルースチール(BLUE STEEL)」監督・脚本
1991年「ハートブルー(POINT BREAK)」監督
1995年「ストレンジ・デイズ(STRANGE DAYS) 」監督
2000年「悪魔の呼ぶ海へ(THE WEIGHT OF WATER) 」監督
2002年「K-19」監督
2008年「ハート・ロッカー(THE HURT LOCKER)」監督・製作
2012年「ゼロ・ダーク・サーティ(ZERO DARK THIRTY)」監督・製作

【ストリー】
ある晩、道端にたたずむメイ(ジェニー・ライト)という美少女を車に乗せたケリブ(エイドリアン・パスダー)は、彼女が吸血鬼であることを知らずに恋をし てしまう。そしてメイとキスをしたケリブは、その際彼女に噛まれてしまい、自らも吸血鬼となって仲間と行動を共にし、警察に追われる羽目になる。ところ が、それ以来行方不明になってしまったケリブを捜す彼の父と妹がメイの仲間達に襲われた時、彼は2人を助けるため吸血鬼たちと戦い、彼らの潜むモーテルか ら脱出。果たして吸血鬼たちは陽の光を浴びて焼け焦げ、血液交換によって人間にもどったケリブはメイを助け出し、彼女を人間に戻すことに成功を収め、2人 はめでたく結ばれるのだった。

NEAR DARKNEAR DARK

題名:NEAR DARK
邦題:ニア・ダーク 月夜の出来事
監督:キャスリン・ビグロー
製作:スティーヴン・チャールズ・ジャフィ
脚本:エリック・レッド、キャスリン・ビグロー
撮影:アダム・グリーンバーグ
編集:ハワード・スミス
音楽:タンジェリン・ドリーム
出演:エイドリアン・パスダー、ジェニー・ライト、ランス・ヘンリクセン、ビル・パクストン、ティム・トマーソン、ジャネット・ゴールドスタイン
1987年アメリカ/スタンダードサイズ・カラー94分35mmフィルム
ニア・ダーク 月夜の出来事 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

1 2 3