映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー パート3」


マイケル・J・フォックス              クリストファー・ロイド

今回はロバート・ゼメキス監督1990年製作「バック・トゥ・ザ・フューチャー パート3(BACK TO THE FUTURE PART III)」をピックアップする。本作は”バック・トゥ・ザ・フューチャー”の完結編で、今回は1885年の西部開拓時代が舞台となる。本来なら突っ込みを入れたくなる様な設定だが、流石ハリウッドメジャーの製作は、西部劇のシーンも手抜きがない。「荒野の用心棒」のパロディも許してしまう。なるほど三部作を全て観て一貫する内容と構成に、脚本の緻密さを知らされる傑作であった。

バック・トゥ・ザ・フューチャー  PART1
バック・トゥ・ザ・フューチャー  PART2
バック・トゥ・ザ・フューチャー  PART3

【ストリー】
1955年11月12日に取り残されたマーティ・マクフライ(マイケル・J・フオックス)は、1885年からのドクの手紙を片手に、この時代のドク(クリストファー・ロイド)を訪ね、1885年にドクが鉱山の廃鉱に隠したデロリアンを壊すためそこに向かうが、デロリアンを探し出した彼が見たものは、1885年に殺されたドクの墓だった。犯人は、ビフ・タネンの曽々祖父ビュフォード・タンネン(トーマス・F・ウィルソン)。マーティはドクの危機を助けるべく、1885年の開拓時代へと向かう。マーティは、アイルランドから移住してきたばかりの先祖、マクフライ夫妻(マイケル・J・フォックス)(リー・トンプソン)の世話になるが、酒場でマーティはタンネン一味にからまれ、縛り首にされかかる。そんな危機一髪の彼を助けたのは、ドクであった。ドクはマーティから生命の危機を聞き、一刻も早く1985年に戻ろうとするが、あいにくデロリアンのガソリン・タンクは空っぽだった。そんなさ中、ドクは当地の新任女教師クララ・クレイトン(メアリー・スティーンバージェン)の命を助け、彼女と恋におちてしまう。そして9月5日のお祭りの日、ドクはクララをめぐって、タンネンと衝突してしまう。一方のマーティは、タンネンにののしられ、彼と決闘をすることになるのだった。翌日はふたりが未来へと戻る日、クララに別れを告げたドクは傷心のあまり酒場で一夜をすごす。夜が明け、そこにタンネンが姿を現わす。ドクを人質にとられたマーティは、タンネンとの決闘を余儀なくされるが、銃ではなく、拳と頭とで彼を倒すのだった。そしていよいよ出発の日、機関車にデロリアンを後押しさせ、その反動で崖からデロリアンを突き落とし、タイム・トリップしようとする。そんなふたりの前にクララが姿を現わした。失恋のショックで町を去ろうとした彼女が偶然ドクの真実の愛を聞きつけ、引き返してきたのだ。そして間一髪のところで、マーティは1985年に、ドクとクララは共にこの時代に残るのだった。やがて1985年に戻り、ジェニファー(エリザベス・シュー)の無事を確認したマーティの前に、機関車をタイムマシーンにしたドクとクララの一家が姿を現わすのだった。


マイケル・J・フォックス             トーマス・F・ウィルソン

題名:BACK TO THE FUTURE PART III
邦題:バック・トゥ・ザ・フューチャー パート3
監督:ロバート・ゼメキス
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ
製作:ボブ・ゲイル 、 ニール・カントン
原案:ロバート・ゼメキス 、 ボブ・ゲイル
脚本:ボブ・ゲイル
撮影:ディーン・カンディ
SFX:インダストリアル・ライト・アンド・マジック(ILM)
編集:アーサー・シュミット
音楽:アラン・シルヴェストリ
撮影機材:パナビジョン (Panaflex Camera&Lenses)
現像:デラックスカラー
出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、メアリー・スティーンバージェン、トーマス・F・ウィルソン、リー・トンプソン、エリザベス・シュー、マット・クラーク
1990年アメリカ/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
バック・トゥ・ザ・フューチャー パート3 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


マイケル・J・フォックス、エリザベス・シュー

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー パート2」


マイケル・J・フォックス              クリストファー・ロイド

今回はロバート・ゼメキス監督1989年製作「バック・トゥ・ザ・フューチャー パート2(BACK TO THE FUTURE PART II)」をピックアップする。本作は当時の最新合成技術であったビスタ・グライド・システムが使用されている。モーションコントロール・カメラでカメラの動きを完全制御し、小道具はすべてセットに固定し、同じ俳優を別位置で撮影し、フィルムの境界をぼかしながら繋げる技術である。またシリーズの2作目と3作目は同時に製作され、6ヶ月間の間を空けて公開された。パート2とパート3は元々一本の映画として企画され、当初は「パラドックス」という3時間半の大作になる予定だったが、上映時間の都合のため配給会社側から短くカットするよう要求されたそうだ。

バック・トゥ・ザ・フューチャー  PART1
バック・トゥ・ザ・フューチャー  PART2
バック・トゥ・ザ・フューチャー  PART3

【ストリー】
1985年の世界に戻ってきたマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)は、未来の世界からドク・ブラウン(クリストファー・ロイド)の訪問をうけ、未来の自分の子供の身が危ないと知らされ、恋人のジェニファー(エリザベス・シュー)と共に、2015年の世界にやって来る。年老いたビフ・タンネン(トーマス・F・ウィルソン)の孫グリフ(トーマス・F・ウィルソン)にいじめられる息子のジュニア(マイケル・J・フォックス)を助け、悪の道に足を踏み入れることをとどまらせたマーティは、安心して85年の世界に戻ろうとするが、その間に、マーティがちょっとした悪戯心で手にしたスポーツ年鑑を、ビフが盗み過去の世界へ旅したことを誰も知らない。果たして戻ったマーティは、閑静な住宅地だったヒル・バレーがすっかり荒廃の地と化してしまっているのに愕然とする。おまけに父のジョージ(クリスピン・グローヴアー)は12年前に何者かによって殺され、未亡人となったロレイン(リー・トンプソン)は、何と今や全米一の大金持ちとなっているビフと再婚していた。
どうやらビフは、1955年のダンスパーティの日に、未来からやって来たビフからスポーツ年鑑を手渡され、これを基にスポーツ賭博で大もうけをしたらしい。時の流れをもとに戻そうと、マーティはドクと共に55年のあのダンス・パーティの日に戻る。そして大騒動の末にマーティはスポーツ年鑑を取り戻し、それを焼き捨てるが、85年の世界に戻ろうとしたその時あの稲妻が発生し、ドクを乗せたデロリアンはマーティを残し、どこかへと消えてしまう。そしてマーティは、あの時1985年に帰る自分を見送ったドクを探し出し、助けを求めるのだった--。

題名:BACK TO THE FUTURE PART II
邦題:バック・トゥ・ザ・フューチャー パート2
監督:ロバート・ゼメキス
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ
製作:ボブ・ゲイル 、 ニール・カントン
原作:ロバート・ゼメキス 、 ボブ・ゲイル
脚本:ボブ・ゲイル
撮影:ディーン・カンディ
美術:リック・カーター
SFX:インダストリアル・ライト・アンド・マジック(ILM)
編集:アーサー・シュミット
音楽:アラン・シルヴェストリ
撮影機材:パナビジョン (Panaflex Camera&Lenses)
現像:デラックスカラー
出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、エリザベス・シュー、リー・トンプソン、トーマス・F・ウィルソン
1989年アメリカ/ビスタサイズ・カラー107分35mmフィルム
バック・トゥ・ザ・フューチャー パート2 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」


マイケル・J・フォックス                    クリストファー・ロイド

今回はロバート・ゼメキス監督1985年製作「バック・トゥ・ザ・フューチャー(BACK TO THE FUTURE)」bestをピックアップする。スティーヴン・スピルバーグ氏が製作総指揮を行った本作は、世界的に大ヒットした。三部作を前提とした緻密な構成と脚本、そしてアクションが満載の本作は傑作である事は間違いない。1989年にパート2、1990年に完結編パート3が製作された。本作でタイムスリップに必要な電力は1.21ジゴワットと言っているが、これは共同脚本家のボブ・ゲイルのミスで本来”gigawatt”(ギガワット)と書くべきこの単語の綴りを、ボブは”jigowatt”だと信じ込んでおり、脚本にもそう書いてしまったそうだ。

バック・トゥ・ザ・フューチャー  PART1
バック・トゥ・ザ・フューチャー  PART2
バック・トゥ・ザ・フューチャー  PART3


クローディア・ウェルズ       リー・トンプソン、マイケル・J・フォックス

【ストリー】
1985年10月25日、音楽好きの高校生マーティ(マイケル・J・フォックス)は、知り合いの一風変った科学者ブラウン博士(クリストファー・ロイド)より、夜中の1時すぎに研究室前の広場にくるようにいわれた。ガールフレンドのジェニファー(クローディア・ウェルズ)とデートの約束もすませたマーティが夜中に広場にいくと、そこには改造車デロリアンがある。実はこれはタイムマシンで、その実験をしようとする時、燃料に使うため博士が盗んだプルトニウムを狙うリビアの過激派が襲ってきた。銃弾をあび倒れる博士を後に、マーティはデロリアンで逃げ、時速140キロをこえたため、タイムスリップしてしまった。ついた所は1955年。彼のパパのジョージ(クリスピン・グローヴァー)とママのロレーン(リー・トンプソン)が、まだ知り合う前。マーティは未来にかえろうとしたが、デロリアンの燃料がない。彼は若き博士をたずね、次の土曜の夜に街の大広場にある時計台に落雷があったことを思い出し、それを博士はデロリアンのエネルギーにしようと準備を始めた。一方、マーティはその間に昔のママとパパと出会う。ところが、そのママがマーティに一目ぼれしてしまった。ママがパパを好きにならないと、マーティはこの世に存在しなくなってしまう。過去を変えてはならない。一方、パパをいつもいじめているビフ(トーマス・F・ウィルソン)はママにモーションをかけるばかり。マーティはママとパパが結ばれるきっかけとなったダンス・パーティで、パパがビフをやっつけたのを契機にやっと2人のきっかけをつくり上げた。夜、暗雲がたちこめ、雷が鳴る。マーティはデロリアンに乗り込む。博士に、30年後の死のことを手紙にたくして、彼は間一髪でタイムスリップに成功。彼が戻ってきた1985年は、タイムパラドックスのため、強いパパのいる世界になっていた。そして博士も防弾チョッキを着ていたため、リビア過激派から身を守ることが出来た--。

題名:BACK TO THE FUTURE
邦題:バック・トゥ・ザ・フューチャー
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ
製作:ボブ・ゲイル 、 ニール・カントン
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:ロバート・ゼメキス、ボブ・ゲイル
撮影:ディーン・カンディ
特殊メイク:ケン・チェイス
SFX:インダストリアル・ライト・アンド・マジック(ILM)
編集:ハリー・ケラミダス、アーサー・シュミット
音楽:アラン・シルヴェストリ
撮影機材:パナビジョン (Panaflex Camera&Lenses)
現像:テクニカラー
出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、トーマス・F・ウィルソン、クリスピン・グローヴァー、クローディア・ウェルズ
1985年アメリカ/ビスタサイズ・カラー116分35mmフィルム
バック・トゥ・ザ・フューチャー -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

1 2