映画「アウトロー」

アウトロー
「アウトロー(THE OUTLAW JOSEY WALES)」
アウトローアウトロー
クリント・イーストウッド               ソンドラ・ロック

今回はクリント・イーストウッド監督・主演1976年製作「アウトロー(THE OUTLAW JOSEY WALES)」をピックアップする。
本作はアメリカ建国200年記念として製作されたハリウッド・ウエスタンで、南北戦争末期のミズーリー州カンザスを舞台に北軍に妻子を殺された男の復讐の旅を描いている。

アウトローアウトロー
ジョン・バーノン                 アウトロー(THE OUTLAW JOSEY WALES)

【ストリー】
南北戦争も終わろうとしていた1860年代なかば。ミズリーの丘を越えてやってきたカンサス・レッドレッグ(北軍秘密軍事組織)の一隊が、罪もない農夫ジョージー・ウェールズ(クリント・イーストウッド)の妻と息子を殺し、リーダーのテリル大尉(ビル・マッキニー)の剣で重傷を負ったジョージーを残して立ち去った。幸い命をとりとめたジョージーは、復讐の一念から鋤を捨てて銃をにぎり、フレッチャー(ジョン・バーノン)率いる反逆者の一団に加わって、テリルを捜すうち、戦争は終わった。ほどなく反逆者たちに対する恩赦が発令され、フレッチャーたちはそれに応じたが、実はこれはテリルの策略で、少年ジェイミー(サム・ボトムズ)を除いて全員が射殺された。恩赦の仲間に加わらなかったジョージーは、傷ついたジェイミーを救って逃げ去った。ただちにジョージー追撃の一隊が組まれ、命だけは助けられたフレッチャーも、しぶしぶそれに加わった。その頃、ジョージーの努力の甲斐もなくジェイミーは死に、彼は1人、インディアンの土地に向かった。途中で年老いたチェロッキー族のローン・ウェイティ(チーフ・ダン・ジョージ)、インディアンの少女リトル・ムーンライト(ジェラルディン・キームス)と知り合い、テキサスをめざして一緒に旅することになった。やがてインディアンへの武器密売で稼いでいるならず者の群れコマンチェロスに、美しい娘ローラ・リー(ソンドラ・ロック)とその祖母サラが襲われているのを目撃し、救い出した。行きがかり上、死んだ息子が残してくれた牧場に行くというサラとローラを連れて行くことになった。牧場に1番近い町、サント・リオはゴーストタウンと化し、1軒だけ酒場があったが酒はとうの昔にきれたままで酒場の女ローズを始めとする5人の人間が死んだように生きていた。ローズの案内でめざす牧場に向かう途中、コマンチ族の酋長テン・ベアーズ(ウィル・サンプソン)の姿をみかけて、また闘いかと一同緊張したが、翌朝早く、ジョージーは危険を覚悟で単身テン・ベアーズに会いに行き、2人は血と血でかわす義兄弟の儀式をとりおこなった。その夜、牧場では呑めや歌えの大騒ぎが続き、ジョージーとローラは結ばれた。しかしそれは一時の平安だった。執拗に追跡してきたテリルとその部下、フレッチャーが牧場をとり囲んだのだ。しかし、一致団結して追跡隊を倒し、ジョージーは1人残ったテリルを町に追いつめて殺した。テリルたちと一緒に来ていたテキサス・レンジャー2人に、ローズがジョージー・ウェールズが1カ月前にメキシコで殺されているのを確かに見たと宣誓書にサインしてくれたおかげで、レンジャーたちは黙って引きあげていった。フレッチャーも無言でそのあとに続く。テリル大尉を殺し、復讐を終えた今、ジョージーの拳銃が火を吹かぬことを、彼はよく知っていたのだ。去っていくフレッチャーの後姿を惜別の思いで見送ると、ジョージーはローラの待つ牧場へと馬を走らせた。

アウトローアウトロー
クリント・イーストウッド

題名:THE OUTLAW JOSEY WALES
邦題:アウトロー
監督:クリント・イーストウッド
製作:ロバート・デイリー
原作:フォレスト・カーター “Gone To Texas”
脚本:フィリップ・カウフマン、ソニア・チャーナス
撮影:ブルース・サーティース
特撮:ロバート・マクドナルド
美術:タンビ・ラーセン
衣装:グレン・ライト
スタント:ジョージ・オリソン
特効:A・ポール・ポラード
編集:フェリス・ウェブスター
音楽:ジェリー・フィールディング
撮影機材:パナビジョン
現像:デラックスカラー
製作補佐:ジェームズ・ファーゴ、フリッツ・メインズ
助監督:ジェームズ・ファーゴ
出演:クリント・イーストウッド、ジョン・バーノン、チーフ・ダン・ジョージ、ソンドラ・ロック、ビル・マッキニー、サム・ボトムズ、ウィル・サンプソン
1976年アメリカ/シネスコサイズ・カラー135分35mmフィルム
アウトロー -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

アウトロー
アウトロー(THE OUTLAW JOSEY WALES)

アウトロー(THE OUTLAW JOSEY WALES)
アウトロー
※本作でオコンナーヘッドに装着されたPANAFLEX GOLD 35mmキャメラ

映画「サンダーボルト」

サンダーボルトサンダーボルト
クリント・イーストウッド              ジェフ・ブリッジス

今回はマイケル・チミノ監督1974年製作「サンダーボルト(THUNDERBOLT AND LIGHTFOOT)」をピックアップする。
本作はマイケル・チミノ監督の長編第1作であり、無駄のない脚本、手堅い演出、美しい風景と空気感、物語の展開に傑作である事は間違いない。

サンダーボルトサンダーボルト
ジョージ・ケネディ、ジョフリー・ルイス

【ストリー】
ここは西部のとある教会。黒い服をまとった宣教師が説教をたれている。そこに1台の車が止まり、降り立った男が突如、宣教師めがけて発砲した。脱兎の如く逃げる宣教師。実は宣教師とは真赤な偽りで、男の名はジョン・ドーアティ(クリント・イーストウッド)、別名サンダーボルト(雷)とも呼ばれる有名な銀行強盗だった。綽名の由来は、彼が銀行を襲撃するやり口が20ミリ機関砲で金庫に風穴を開けるという独特の手口を見せることからきていた。そしてそのサンダーボルトを追う男はレッド・レアリ(ジョージ・ケネディ)。レッドはかつてサンダーボルトと一緒に、モンタナ現金輸送会社から50万ドル強奪したが、事件の首謀者ビリー・ラムが突然心臓マヒで死んでしまい、そのためにレッドはサンダーボルトが50万ドルを持ち逃げしたと思い込んでいるのだ。だが、実は50万ドルはラムが子供の頃通った小学校の黒板の裏に隠してあった。サンダーボルトは、レッドの銃撃から危うく逃れ、逓送する最中にライトフット(ジェフ・ブリッジス)という威勢のよい若者と道連れになった。ライトフットは車の運転は抜群、女はすぐ調達といった具合で、軽い足の綽名どうりすばしっこい好漢だった。彼と組んだことから、サンダーボルトは50万ドルを取り戻す絶好のチャンスと盗んだ車で小学校に駈けつけた。だが意外なことに金が隠匿されている筈の昔の校舎に変わって、新しい校舎が建てられていた。運が悪いというか、そこに現われたのがレッドとグッディ(ジョフリー・ルイス)、銃を突きつけ分け前を要求するが、事情を聞かされ憤懣やる方なし。そしてライトフットの提案で、もう1度同じ手口でモンタナ現金輸送会社を襲うことになり、誰もいなくなる日曜日の夜、決行と決まった。警察直通の電話線を警戒し、金庫をぶち破り、大金強奪と同時に一目散に逃走だ。2度目のことだし万事がうまくいく筈だった。トランクからはみ出したグッディの衣服さえ料金係に見とがめられなかったら。パトカーのサイレンに泡をくって逃げだす強盗一味。グッディは警官の弾丸で瀕死の重体、レッドは気が狂ったのか、サンダーボルトとライトフットを滅茶苦茶に殴り倒し、車と金を奪って逃げようとしたが、結局は追いつめられ、デパートのウインドーに正面衝突してあえない最後を遂げた。一方、命からがら逃げだしたサンダーボルトとライトフットはとぼとぼハイウェイをヒッチハイク。そこで彼らに幸運の女神が奇蹟をもたらした。何と最初に奪った50万ドルが隠されている、取り壊された筈の古い校舎が、眼前に現われたのだ。モンタナ州の文化記念物として、州当局から移転され今や観光客のアトラクションになっているという。喜び勇んで50万ドルを手にする2人の姿は、いつしかハイウェイを颯爽と走るまっ白いキャデラックの上にあった。そのとき突然ライトフックの身体がくずれ落ちた。警察隊に包囲された際、気が狂ったレッドに殴られたのが今頃になってきいてきたのだ。サンダーボルトは慌ててキャデラックを停めたが、最早、彼にもどうすることもできなかった。あえない最後を遂げた今は亡きフットライトの夢をのせた白いキャデラックは、ひた走りにハイウェイを走り続けた。

サンダーボルトサンダーボルト
サンダーボルト(THUNDERBOLT AND LIGHTFOOT)

題名:THUNDERBOLT AND LIGHTFOOT
邦題:サンダーボルト
監督:マイケル・チミノ
製作:ロバート・デイリー
脚本:マイケル・チミノ
撮影:フランク・スタンレー
編集:フェリス・ウェブスター
撮影機材:パナビジョン
現像:デラックスカラー
音楽:ディー・バートン 主題歌:ポール・ウィリアムズ “Where Do I Go from Here”
出演:クリント・イーストウッド、ジェフ・ブリッジス、ジョージ・ケネディ、ジョフリー・ルイス、キャサリン・バック、ゲイリー・ブッシー
1974年アメリカ/シネスコサイズ・カラー115分35mmフィルム
サンダーボルト -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

サンダーボルトサンダーボルト
サンダーボルト(THUNDERBOLT AND LIGHTFOOT)

映画「恐怖のメロディ」


クリント・イーストウッド              ジェシカ・ウォルター

今回はクリント・イーストウッド監督1971年製作「恐怖のメロディ(PLAY MISTY FOR ME)」をピックアップする。
本作は、クリント・イーストウッドさんの監督デビュー作品である。「ダーティハリー(DIRTY HARRY)」シリーズでコンビを組んできたドン・シーゲル監督が、バーテンダー役で出演している。


ドナ・ミルズ                    ドン・シーゲル

【ストリー】
ディスク・ジョッキーとして、モントレイ半島では最高に人気のあるデイブ・ガーランド(クリント・イーストウッド)はKRMLラジオのスターだった。レコードの合い間に詩を読んだり、ちょっとした哲学を聞かせながら、電話によるリクエストを受けていく。彼にはチャーミングな恋人トビー(ドナ・ミルズ)がいたが、彼女はある日、突然、デイブの前から姿を消した。不気味な事件はちょうどその頃から始まろうとしていたのだ。デイブの放送が始まると、決まった時間に若い女の声で“ミスティ”という曲をかけてと判で押したようにリクエストするのだ。その夜、デイブが、事務所がわりに使っているバーに顔を出すと女のひとり客がいた。スマートな美人で、デイブのファイトをかきたてるに充分だった。デイブがバーテンのマーフィー(ドン・シーゲル)とゲームを始めると予想通り、女は身を乗り出してきた。あとはお定まりのコースだ。デイブは娘のアパートにもぐり込んだ。娘の名はイブリン・ドレイバー(ジェシカ・ウォルター)といい、毎晩“ミスティ”をリクエストするのは彼女だった。その晩以来、イブリンは勝手に彼の部屋に押しかけるようになった。その日はちょうど、サン・フランシスコ放送会社の女社長マッジ(アイリーン・ハーヴェイ)から持ち込まれた新しい仕事について、相棒のアル・モンテ(ジェームズ・マッキーチン)と打ち合わせの最中だったのだ。アルは気をきかせて帰っていった。数日後、デイブは、町に戻ってきたトビーと再会し、2人はお互いの愛を確認した。だがイブリンは激しくデイブに迫り、マーフィーやアルの防波堤では防ぎきれなくなったため、覚悟を決めたデイブは彼女に別れ話を持ちかけたが、彼女の異常さは頂点に達し、話し合いどころではなかった。デイブがトビーと海岸で遊んだ日の夜、デイブのアパートにイブリンが飛び込んできた。そして浴室で自ら手首を切ってしまった。仕方なく一番彼女を泊めることにしたが、翌朝、すでにイブリンの姿はなかった。デイブがトビーに今までのことをすべて打ち明けて帰宅すると、掃除夫のバーディが瀕死の重傷を負い、倒れていた。その傍らには放心状態のイブリンが立っていた。彼女は病院へ送られることになった。それからしばらく平穏な日が続き、デイブとトビーはジャズ祭に行った。その帰り、トビーは今一緒に住んでいるマドリンがもうすぐ引っ越し、替わりにアナベルという娘が来ることになったと告げた。ある夜、本番中のデイブにイブリンから電話がかかってきた。病気が治ったのでハワイに行くことに決まったから、その前に“ミスティ”をかけてくれというのだ。デイブは承知した。次の日KRMLに出た彼は、昨夜イブリンが口ずさんだ詩を思い出した。それは、エドガー・アラン・ポーの“アナベル・リー”だった。彼は不安になった。そういえば、トビーの新しい同居人はアナベルといっていたではないか。デイブはとっさにトビーの電話番号を廻したが、受話器から流れる声は間違いなくイブリンの声だ。デイブは放送局を飛びだした。トビーの家に駆け込んだデイブが最初に目撃したものは、トビーの保護を依頼していたマッカラム刑事(ジョン・ラーチ)の死体だった。胸にナイフがつきささり、無残という他はなかった。別の部屋からトビーの恐怖に満ちた悲鳴が聞こえた。彼はまっくら闇の中へつっ込んでいった。そこにはロープで縛られたトビーがいるだけだった。その瞬間、デイブの背後から、ナイフを手にしたイブリンが躍りかかった。彼は必死でかわした。女の力とは思えないすさまじいイブリンの攻撃だったが、乱闘の末彼女はベランダから海へ落ちた。


ドン・シーゲル、ジェシカ・ウォルター、クリント・イーストウッド

題名:PLAY MISTY FOR ME
邦題:恐怖のメロディ
監督:クリント・イーストウッド
製作:ロバート・デイリー
原作:ジョー・ヘイムズ
脚本:ディーン・リーズナー、ジョー・ヘイムズ
撮影:ブルース・サーティース
編集:カール・パインジター
音楽:ディー・バートン
現像:テクニカラー
出演:クリント・イーストウッド、ジェシカ・ウォルター、ドナ・ミルズ、ジョン・ラーチ、ジャック・ギンク、アイリーン・ハーヴェイ、ジェームズ・マッキーチン、ドン・シーゲル
1971年アメリカ/ビスタサイズ・カラー108分35mmフィルム
恐怖のメロディ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ジェシカ・ウォルター          クリント・イーストウッド、ドナ・ミルズ

1 2 3 10