映画「ノーカントリー」

ノーカントリーノーカントリー
トミー・リー・ジョーンズ

今回はコーエン兄弟(ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン)監督・脚本の2007年製作「ノーカントリー(NO COUNTRY FOR OLD MEN)」をピックアップする。本作はコーマック・マッカーシー原作の「血と暴力の国」をコーエン兄弟が脚色し映画化したものだ。2007年度のアカデミー賞作品賞を受賞している。正直を言うと私はその意味が分からない。駄作とは思わないし、高度な撮影設計で構成された本作はそれなりに素晴らしいが、作品賞を受賞までなるか!と思う。私には見る目がないのだろう。クランクインは2006年5月に始まり主にテキサス州やニューメキシコ州を中心にロケーションが行われたそうだ。

ノーカントリーノーカントリー
ジョシュ・ブローリン              ハビエル・バルデム

【ストリー】
ベトナム帰還兵のモス(ジョシュ・ブローリン)は、テキサスの荒野で死体たちに囲まれた200万ドル詰めのトランクを発見する。それを奪うことがどれだけ 危険な事態を引き起こすかも予測しながら、誘惑に負けた彼はトランクを抱えて車で逃走した。追っ手から、タイヤと肩を撃ち抜かれながらも自宅に戻ったモス は、妻のカーラ(ケリー・マクドナルド)にメキシコの実家へ帰るよう命じて、自身も逃亡の旅に出る。消えた大金を取り戻すために雇われたのは、オカッパ頭 の殺し屋シガー(ハビエル・バルデム)だった。手錠を嵌められても鎖で保安官を絞め殺す怪力の持ち主である彼は、特製エアガンと散弾銃を手にしていた。そ して、トランク内に設置された発信器からの信号を察知して、モスの行方を追いかける。感情を表に出さないシガーは、顔を知られた人間を次々と情け無用に殺 害してゆく。この連続殺人を担当するのは、年老いた保安官のベル(トミー・リー・ジョーンズ)と部下のウェンデル(ギャレット・ディラハント)だった。しかし、彼らの 捜査は常にひと足遅く、シガーの犯行を阻止する役には立たなかった。モスの居所を確認したシガーは、宿泊するモーテルを襲う。それに気付いたモスは、銃撃 を喰らいながらもメキシコへと逃げ込んだ。病院のベッドで目を覚ましたモスの前には、別の殺し屋ウェルズ(ウッディ・ハレルソン)がいた。奪った金を渡せ ば、命は助けてやるとモスに迫るウェルズ。そんなウェルズも、シガーによって殺害された。そして、遂にはモスも…。
一方、ベル保安官は、モスの妻であるカーラのもとを訪れて、その身の危険を説く。ベル保安官の不吉な予測通り、シガーはカーラの前にも現れた。投げたコイ ンの裏表で、生死の運命を決めようと不敵に語るシガー。しかし、そのシガーもカーラを殺害した直後、不意の交通事故で重傷を受けるのだった。

ノーカントリーノーカントリー
ケリー・マクドナルド              ハビエル・バルデム

題名:NO COUNTRY FOR OLD MEN
邦題:ノーカントリー
監督:ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン
製作:ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン、スコット・ルーディン
製作総指揮:ロバート・グラフ、マーク・ロイバル
原作:コーマック・マッカーシー
脚本:ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン
撮影:ロジャー・ディーキンス
美術:ジェス・ゴンコール
効果:ルーマ・ピクチャーズ
衣装:メアリー・ゾフレス
編集:ロデリック・ジェインズ
音楽:カーター・バーウェル
撮影機材:オットー・メネッツ(OTTO MEMENZ)
編集ソフト:Final Cut Pro(Apple)
現像:デラックスカラー
出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ケリー・マクドナルド、テス・ハーパー
2007年アカデミー賞【作品賞】【助演男優賞】ハビエル・バルデム【監督賞】ジョエル・コーエン【監督賞】イーサン・コーエン【脚色賞】ジョエ ル・コーエン【脚色賞】イーサン・コーエン2007年ゴールデン・グローブ【助演男優賞】ハビエル・バルデム【脚本賞】ジョエル・コーエン【脚本賞】イー サン・コーエン2007年NY批評家協会賞【作品賞】【助演男優賞】ハビエル・バルデム【監督賞】 ジョエル・コーエン【監督賞】 イーサン・コーエン【脚本賞】ジョエル・コーエン【脚本賞】イーサン・コーエン
2007年アメリカ/シネスコサイズ・イーストマンカラー122分35mmフィルム
ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ノーカントリー008