映画「アトミック・ブロンド」


「アトミック・ブロンド(ATOMIC BLONDE)」シャーリーズ・セロン

シャーリーズ・セロン             ジェームズ・マカヴォイ

今回は2017年10月20日に日本で劇場公開されたデヴィッド・リーチ監督2017年製作「アトミック・ブロンド(ATOMIC BLONDE)」を24日にTOHOシネマ新宿(スクリーン7,DCP)で観て来た。本作は物語が分かり難い所はあるものの、シャーリーズ・セロンの美貌、本気でレベルの高い殺陣(アクション)を堪能出来る。今年観た「ワンダーウーマン」のガル・ガドットもカッコよかったが、本作はシャーリーズ・セロンの新たな魅力を引き出している作品だ。


シャーリーズ・セロン、ソフィア・ブテラ

【ストリー】
1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、ロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)にリスト奪還を命じる。ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィッド・パーシヴァル(ジェームズ・マカヴォイ)とタッグを組み任務を遂行するロレーン。彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった。リストを狙い、ベルリンに集結する世界各国のスパイ。誰が味方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、ロレーンと世界の運命は?


アトミック・ブロンド(ATOMIC BLONDE)

題名:ATOMIC BLONDE
邦題:アトミック・ブロンド
監督:デヴィッド・リーチ
製作総指揮:ニック・メイヤー、マーク・シェイバーグ、ジョー・ノーズマック、ティーヴン・V・スキャヴェリ、イーサン・スミス、デイビッド・ギロッド、カート・ジョンスタッド
製作:シャーリーズ・セロン、A・J・ディックス、ベス・コノ、エリック・ギター、ピーター・シュウェリン
原作:アントニー・ジョンソン、サム・ハート
脚本:カート・ジョンスタッド
撮影:ジョナサン・セラ
美術:デヴィッド・ショイネマン
衣装:シンディ・エヴァンス
スタント:サム・ハーグレイブ
編集:エリザベト・ロナルドスドッティル
音楽:ジョン・フーリアン 作曲:タイラー・ベイツ
出演:シャーリーズ・セロン、ジェームズ・マカヴォイ、ソフィア・ブテラ、ジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズ、ジェームズ・フォークナー、ビル・スカルスガルド、サム・ハーグレイブ、ティル・シュワイガー
2017年アメリカ/シネスコサイズ・カラー115分デジタルシネマ
アトミック・ブロンド -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


アトミック・ブロンド(ATOMIC BLONDE)

映画「ヤング≒アダルト」

ヤング≒アダルト
「ヤング≒アダルト(YOUNG ADULT)」シャーリーズ・セロン
ヤング≒アダルトヤング≒アダルト
シャーリーズ・セロン

今回はジェイソン・ライトマン監督2011年製作「ヤング≒アダルト(YOUNG ADULT)」をピックアップした。
内容はユーモアとほろ苦さを交えた“イタい”人のシリアスドラマなのだが、演技派と言われるだけあってシャーリーズ・セロンの間の良い芝居は素晴らしかった。撮影ははミネソタ州でロケ撮影が行われ、架空の町であるマーキュリーはアップステート・ニューヨークのホワイト・プレインズ、ナニュエット、ニュー・シティ、タッパンなどで行われたそうだ。

ヤング≒アダルトヤング≒アダルト
パトリック・ウィルソン

【ストリー】
37歳になるメイビス(シャーリーズ・セロン)は自称作家だが、現在はゴーストライターとして“ヤングアダルト”(少女向け小説)を執筆中。バツイチで恋人ナシ、心の友はアルコールと愛犬という彼女はある日、一通のメールを受け取り、故郷へ帰ることに。昔の恋人バディ(パトリック・ウィルソン)と再会するメイビス。いつまでも大人になれない、そんな規格外の彼女が大騒動を巻き起こした果てに見つける“真実”とは……。

ヤング≒アダルトヤング≒アダルト
パットン・オズワルト                 エリザベス・リーサー

題名:YOUNG ADULT
邦題:ヤング≒アダルト
監督:ジェイソン・ライトマン
製作総指揮:ネイサン・カヘイン、ジョン・マルコヴィッチ、スティーヴン・レイルズバッグ、ヘレン・エスタブルック
製作:リアンヌ・ハルフォン、ラッセル・スミス、ディアブロ・コディ、メイソン・ノヴィック、ジェイソン・ライトマン
脚本:ディアブロ・コディ
撮影:エリック・スティールバーグ
美術:ケヴィン・トンプソン
衣裳:デイヴィッド・C・ロビンソン
編集:デーナ・E・グローバーマン
音楽:ロルフ・ケント
撮影機材:アリフレックス ALEXA
DCPブリント:デラックスカラー
出演:シャーリーズ・セロン、パトリック・ウィルソン、パットン・オズワルト、エリザベス・リーサー、コレット・ウォルフ
2011年アメリカ/ビスタサイズ・カラー94分デジタルシネマ
ヤング≒アダルト [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ヤング≒アダルトヤング≒アダルト
「ヤング≒アダルト(YOUNG ADULT)」シャーリーズ・セロン

映画「荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~」

シャーリーズ・セロン
シャーリーズ・セロン
荒野はつらいよ
荒野はつらいよ
セス・マクファーレン                シャーリーズ・セロン

今回はセス・マクファーレン監督主演2014年製作「荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~(A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST)」をピックアップする。
本作はコメディ西部劇なのだが、かなり下品なジョークが交差する。どうも私はアメリカンジョークが分からない。素直に笑えないのだ。しかし本場ハリウッドが作るウエスタンなので、舞台のモニュメントバレーなどの画はとても良いし、全体に西部劇のスタイルは保たれており、シャーリーズ・セロンの女ガンマンもシャロン・ストーン「クイック&デッド」とは違った魅力があり良かった。
また「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(ロバート・ゼメキス監督1990年/BACK TO THE FUTURE  PART3)」のクリストファー・ロイドがドク役そのままでタイムマシンを伴って登場するし「ジャンゴ 繋がれざる者」のジェイミー・フォックスもラストでカメオ出演しているのには笑った。

クリストファー・ロイドジェイミー・フォックス
クリストファー・ロイド              ジェイミー・フォックス
荒野はつらいよ荒野はつらいよ

【ストリー】
1882年、西部開拓時代のアリゾナ。そこは、タフさが自慢の男と無法者が何かにつけて銃をぶっ放し、野生化した動物とモラルの低い民衆が溢れる、まさに“生活するには最悪な土地”だった。そんなアリゾナの田舎町で暮らす地味でオタクな羊飼いアルバート(セス・マクファーレン)は、文化度が低く、危険な西部の町を心底嫌い、同じオタクの友人に愚痴をこぼす冴えない日々を送っていた。銃すら撃った経験のない彼は、決闘を挑まれても屁理屈を並べて逃げ出す始末で、呆れたガールフレンドのルイーズ(アマンダ・セイフライド)にフラれてしまう。そんなある日、超一流の射撃の腕を持つミステリアスな美女アンナ(シャーリーズ・セロン)が町に現れ、アルバートはふとしたきっかけから彼女と急接近。やがて2人は恋に落ちる。時を同じくして町に乗り込んできたのが、西部最悪の大悪党クリンチ(リーアム・ニーソン)。彼は、アンナに近づいたアルバートをぶっ殺そうとしていた。果たしてアルバートは、極悪ガンマンを倒し、愛する女性をモノにする事が出来るのか……!?

荒野はつらいよ荒野はつらいよ

題名:A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST
邦題:荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~
監督:セス・マクファーレン
製作総指揮:ウェルスリー・ワイルド 、 アレック・サルキン
製作:スコット・ステューバー、セス・マクファーレン、ジェイソン・クラーク
脚本:アレック・サルキン、セス・マクファーレン、ウェルスリー・ワイルド
撮影:マイケル・バレット
美術:スティーブン・J・ラインウィーヴァー
衣裳:シンディ・エヴァンス
配役:シーラ・ジャッフェ
編集:ジェフ・フリーマン
音楽:ジョエル・マクニーリー
撮影機機材:パナビジョン
現像:テクニカラー
出演:セス・マクファーレン、シャーリーズ・セロン、アマンダ・サイフリッド、ジョヴァンニ・リビシ ニール・パトリック・ハリス、リーアム・ニーソン、クリストファー・ロイド、ジェイミー・フォックス
2014年アメリカ/シネスコサイズ・カラー116分35mmフィルム
荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~ [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

荒野はつらいよ荒野はつらいよ
リーアム・ニーソン、シャーリーズ・セロン