映画「007 ドクター・ノオ」

007 ドクター・ノオ007 ドクター・ノオ
ショーン・コネリー

今回は2015年「スペクター(SPECTRE/監督:サム・メンデス 主演:ダニエル・クレイグ)」で第24作となった007シリーズの第一作、テレンス・ヤング監督1963年「007 ドクター・ノオ(007 Dr. No)」をピックアップする。日本公開時の邦題は「007は殺しの番号」だった。本作はシリーズ中、最も低予算(100万ドル)で製作されたが大ヒットして興行収入が約6,000万ドル、1962年の世界興行成績映画部門で第1位となりシリーズ化された。

【ショーン・コネリーが演じた007】
1962年「ドクター・ノオ(DR. NO)」監督:テレンス・ヤング
1963年「ロシアより愛をこめて(FROM RUSSIA WITH LOVE)」監督:テレンス・ヤング
1964年「ゴールドフィンガー(GOLDFINGER)」監督:ガイ・ハミルトン
1965年「サンダーボール作戦(THUNDERBALL)」監督:テレンス・ヤング
1967年「007は二度死ぬ(YOU ONLY LIVE TWICE)」監督:ルイス・ギルバート
1971年「ダイヤモンドは永遠に(DIAMONDS ARE FOREVER)」監督:ガイ・ハミルトン
※第1作~第5作・第7作
1983年「ネバーセイ・ネバーアゲイン」アーヴィン・カーシュナー監督
第6作は1969年「女王陛下の007(ON HER MAJESTY’S SECRET SERVICE)」監督:ピーター・ハント主演:ジョージ・レーゼンビー

007 ドクター・ノオ007 ドクター・ノオ
ウルスラ・アンドレス、ショーン・コネリー

【ストリー】
時は1962年、冷戦の真っ只中。アメリカの要請で、月面ロケット発射を妨害する不正電波を防ぐ工作をしていたジャマイカ駐在の英国諜報部員ジョン・ストラングウェイズとその新人助手メアリーが消息を絶つ。英国情報部「MI6」に所属するエリート諜報員「007」こと、ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)はMから、その捜査を命じられる。CIAのフィリックス・ライター(ジャック・ロード)や、クォレル(ジョン・キッツミラー)らと協力し、ボンドはリモートコントロールによってジャイロスコープコントロールを狂わせる装置が使用され、その発信地がジャマイカ付近であることを突き止める。アメリカの月面ロケット打ち上げを目前に控え、ボンドはその妨害者の発見と、危機回避のため、近付く者は一人として無事に帰ったことのない「ドラゴン」の伝説がある「クラブ・キー」へと乗り込むのだが……。

007 ドクター・ノオ007 ドクター・ノオ
ウルスラ・アンドレス              ジョセフ・ワイズマン

題名:007 Dr. No
邦題:007 ドクター・ノオ 「007は殺しの番号(日本公開時の邦題)」
監督:テレンス・ヤング
製作:ハリー・サルツマン、アルバート・R・ブロッコリ
原作:イアン・フレミング
脚本:リチャード・メイボーム、ジョアンナ・ハーウッド、バークレイ・マーサー、ジャック・ロード、ジョン・キッツミラー
撮影:テッド・ムーア
美術:ケン・アダム
特効:フランク・ジョージ
編集:ピーター・ハント
音楽:モンティ・ノーマン、ジョン・バリー
現像:テクニカラー
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
出演:ショーン・コネリー、ジョセフ・ワイズマン、ウルスラ・アンドレス、ロイス・マクスウェル
1963年イギリス/ビスタサイズ・カラー109分35mmフィルム
007 ドクター・ノオ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

007 ドクター・ノオ007 ドクター・ノオ

映画「007は二度死ぬ」

007は二度死ぬ
若林映子
007は二度死ぬ007は二度死ぬ
ショーン・コネリー              丹波哲郎、ショーン・コネリー

今回はルイス・ギルバート監督1966年製作「007は二度死ぬ(YOU ONLY LIVE TWICE)」をピックアップする。
本作は007シリーズ第5弾で、香港のシーンを除き舞台は日本国内だ。監督を初めとするスタッフは、ロケハンで全日空のヘリコプターを借りて日本全国を飛び回り撮影地を決定し、東京はホテルニューオータニ(紀尾井町)を大里化学本社の外観に見立てたり、旧蔵前国技館(両国)での大相撲、東京タワー、銀座4丁目交差点、駒沢通り、地方は鹿児島県坊津の漁村、霧島山新燃岳(スペクター基地)、兵庫県姫路市姫路城(忍者部隊の訓練所)など大掛かりなロケーシションを東宝撮影所協力の下で行った。
本作は大相撲本場所の様子が登場したり、忍法や居合術を見せる場面があったり、日本式の結婚式の模様が詳しく紹介されている。これは日本文化に並々ならぬ興味を持っていた原作者イアン・フレミングの意図を尊重した作風が本作の大きな特徴であり、他の007シリーズとは一線を画す作品になっている。日本の俳優陣は、丹波哲郎さんが日本の情報機関のボス役、日本人初のボンドガールとして若林映子さんと浜美枝さんが起用され「東京ジョー」などハリウッドで活躍した日系人俳優テル・シマダさんが大里化学のボス役を演じている。

【ショーン・コネリーが演じた007】
1962年「ドクター・ノオ(DR. NO)」監督:テレンス・ヤング
1963年「ロシアより愛をこめて(FROM RUSSIA WITH LOVE)」監督:テレンス・ヤング
1964年「ゴールドフィンガー(GOLDFINGER)」監督:ガイ・ハミルトン
1965年「サンダーボール作戦(THUNDERBALL)」監督:テレンス・ヤング
1967年「007は二度死ぬ(YOU ONLY LIVE TWICE)」監督:ルイス・ギルバート
1971年「ダイヤモンドは永遠に(DIAMONDS ARE FOREVER)」監督:ガイ・ハミルトン
※第1作~第5作・第7作
1983年「ネバーセイ・ネバーアゲイン」アーヴィン・カーシュナー監督
第6作は1969年「女王陛下の007(ON HER MAJESTY’S SECRET SERVICE)」監督:ピーター・ハント主演:ジョージ・レーゼンビー

007は二度死ぬ007は二度死ぬ
若林映子、ショーン・コネリー             浜美枝

【ストリー】
運航中のアメリカとソ連の宇宙のカプセルが、頻々と軌道から姿を消すという怪事件が起った。米・ソは互に相手国の仕業と疑い国際的危機は高まるばかり。イギリス情報部は、妨害ロケットが日本から発射されているらしいと探知した。007号ジェームス・ボンド(ショーン・コネリー)は十日後のアメリカのジェミニ打ち上げまでに、敵の正体と本拠地、その目的をさぐれと命をうけた。日本の秘密諜報機関長田中(丹波哲郎)と秘書アキ(若林映子)の協力を得て、神戸に碇泊中の貨物船が怪しいとわかり、ボンドは神戸に急行したが敵の罠にかかり捕えられた。ボンドを救ったのは、赤髪の美女ヘルガ(カリン・ドール)だったが、そのため彼女は死んだ。日本南端のアキ島に不気味な事件が続き、さらに例の貨物船が現われたと知ると田中はボンドを日本人漁師に変装させアキ島に急行した。地元民の疑惑をさけるためボンドはキッシー(浜美枝)と結婚した。危険を共にしいつか愛しあうようになっていたアキは、別れの夜ボンドの身代りとなって殺された。アキ島の火口湖の底に敵の秘密基地を発見したボンドは、単身基地に潜入し捕えられていた米ソの宇宙飛行士たちを助けたが、妨害ロケットの発射をくい止めることはできなかった。敵は強大な国際犯罪組織スペクターの一号ブロフェルド(ドナルド・プレゼンス)だった。その時田中の指揮する特殊部隊がなだれこみスペクターとの激闘が展開された。ボンドはロケットのコントロール・ルームに飛び込み妨害ロケットの爆破装置を押した。今はこれまでと覚悟を決めたブロフェルドは秘密レバーを引いた。火山全部が吹っ飛ぶような大爆発が起った。すばやく海上へ脱出したボンドとキッシーは飛行機から投げ落されたゴム・ボートに乗り、はじめてゆっくりと抱き合った。

007は二度死ぬ
浜美枝
007は二度死ぬ007は二度死ぬ
丸ノ内線が専用車両の設定        第50代横綱・佐田の山とショーン・コネリー

驚くのは日本の諜報機関の専用軌道として東京メトロ丸の内線(当時は営団)300形を借り切り(方南町駅構内?)ジェームス・ボンドとタイガー田中が乗車するのだ。車内の客席が見えない様に仕切り版も据え付けて諜報機関の車両に見立てている。
※営団地下鉄300形についてはこちら

【撮影エピソード】
現在、姫路城は映画の撮影を一切許可していなが、本作が原因だそうだ。忍者部隊訓練シーンの際、城壁に畳を掛け、そこに手裏剣を投げ込むシーン等が撮られたが、外れた手裏剣が城壁に当たったり、振り回した長刀が当たったりして傷を刻んでしまった。これに閉口した文化庁は、以後姫路城での映画撮影を原則禁止した。当時の姫路城館長は「そのような行動で国宝に傷を付けるとは何事かと立腹し、映画会社に損傷した城壁を全部綺麗に修復させた」と語っている。
(ウィキペディア参照)

007は二度死ぬ007は二度死ぬ
背景は姫路城
007は二度死ぬ007は二度死ぬ

題名:YOU ONLY LIVE TWICE
邦題:007は二度死ぬ
監督:ルイス・ギルバート
製作:ハリー・サルツマン、アルバート・R・ブロッコリ
原作:イアン・フレミング
脚本:ロアルド・ダール
撮影:フレディ・ヤング
美術:ハリー・ポットル
デザイン:ケン・アダム
特効:ジョン・ステアズ
編集:ピーター・ハント
音楽:ジョン・バリー 歌:ナンシー・シナトラ(YOU ONLY LIVE TWICE)
撮影機材:パナビジョン
現像:テクニカラー
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
撮影協力:東宝、奥田喜久丸
出演:ショーン・コネリー、丹波哲郎、若林映子、浜美枝、カリン・ドール、ドナルド・プレゼンス、テル・シマダ
1966年イギリス/シネスコサイズ・カラー117分35mmフィルム
007は二度死ぬ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

007は二度死ぬ007は二度死ぬ
007は二度死ぬ007は二度死ぬ
浜美枝
007は二度死ぬ007は二度死ぬ
007は二度死ぬ(YOU ONLY LIVE TWICE)

007は二度死ぬ(YOU ONLY LIVE TWICE)

浜美枝、ショーン・コネリー、若林映子

映画「007 ダイヤモンドは永遠に」

ダイヤモンドは永遠に
ショーン・コネリー
ダイヤモンドは永遠にダイヤモンドは永遠に
ショーン・コネリー                                           ジル・セント・ジョン

今回は、007シリーズ第7弾、ガイ・ハミルトン監督1971年製作「ダイヤモンドは永遠に(DIAMONDS ARE FOREVER)」をピックアップする。本作はショーン・コネリーさんが演じるジェームズ・ボンドの最終作になる。また長年の宿敵・スペクターのブロフェルドとの対決に一応の終止符を打つ内容だ。

【ショーン・コネリーが演じた007】
1962年「ドクター・ノオ(DR. NO)」監督:テレンス・ヤング
1963年「ロシアより愛をこめて(FROM RUSSIA WITH LOVE)」監督:テレンス・ヤング
1964年「ゴールドフィンガー(GOLDFINGER)」監督:ガイ・ハミルトン
1965年「サンダーボール作戦(THUNDERBALL)」監督:テレンス・ヤング
1967年「007は二度死ぬ(YOU ONLY LIVE TWICE)」監督:ルイス・ギルバート
1971年「ダイヤモンドは永遠に(DIAMONDS ARE FOREVER)」監督:ガイ・ハミルトン
※第1作~第5作・第7作
1983年「ネバーセイ・ネバーアゲイン」アーヴィン・カーシュナー監督
第6作は1969年「女王陛下の007(ON HER MAJESTY’S SECRET SERVICE)」監督:ピーター・ハント主演:ジョージ・レーゼンビー

ダイヤモンドは永遠にダイヤモンドは永遠に
チャールズ・グレイ                                     ローラ・ラースン、トリナ・パークス

【ストリー】
200万ポンドにのぼるダイヤモンドが密輸され、しかもそれが闇市場にも出回っていない。もし何らかの意図で貯めこまれるとすれば、ダイヤモンド産業は一挙に危機にさらされてしまう、とダイヤモンド協会が恐れている。イギリス秘密情報部の上官Mは007号ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)にこう前置きし、現在計画されているダイヤ密輸の運び屋に変装し、アメリカ密輸シンジケートに潜入せよと命じた。ティファニー・ケイス(ジル・セント・ジョン)という女にロスにダイヤを運ぶよう頼まれたボンドは出迎えた敵をかわし、ティファニーに腕によりをかけてサービスをほどこし、彼女を味方に引き入れた。しかしダイヤは知らぬ間に失せていた。ナイトクラブ“ホワイトハウス”の支配人バート・サクスビー(ブルース・キャボット)の仕業だ。しかもダイヤが持ち込まれたのは“ホワイトハウス”の持ち主ウィラード・ホワイト(ジミー・ディーン)の工場だ。そこにはダイヤモンドを一面に散りばめたチョウチョウ型の人工衛星があった。ボンドはホワイトハウスの最上階のホワイトの事務所に忍び込んだが、厳重な警戒網にキャッチされて捕らえられてしまった。しかもこの密輸組織の黒幕は数々の事件で挑戦した宿敵スペクターのブロフェルド(チャールズ・グレイ)だったのだ。だが超人的な能力を発揮して危地を脱したボンドはブロフェルドに利用されていたウィラード・ホワイトに会い、見事な推理力でホワイトの断片的知識をつなぎ合わせ、スペクターの陰謀を読み取ってしまったのだ。レーザー光線の発明はダイヤによって行なわれたこと、ダイヤからダイヤへ屈折し反射する光線は最後に強力なレーザー光線を放射すること、そしてダイヤを一面に散りばめたチョウチョウ型の人工衛星が打ち上げられ、そこからレーザー光線が放射されたら、地球上のあらゆる場所が危機にさらされること。ボンドの予感は的中した。人工衛星は打ち上げられ、世界各地の軍事基地等が次々と破壊されていった。ボンドとホワイトは急ぎ、工場を調べ、衛星がコンピューターに収められたテープのある音波によって操作されていることを知った。更にブロフェルドがカリフォルニアのバージャ沖にある石油櫓から操作していることを知った。送油管を伝って櫓内の司令室に忍び込んだボンドは、ブロフェルドに捕らえられていたティファニーの協力を得て、コンピューターのテープを取り換え、危機一髪ワシントンDCの爆破を防ぐことに成功した。

ダイヤモンドは永遠にダイヤモンドは永遠に
ジル・セント・ジョン

題名:DIAMONDS ARE FOREVER
邦題:ダイヤモンドは永遠に
監督:ガイ・ハミルトン
製作総指揮:ハリー・サルツマン、アルバート・R・ブロッコリ
原作:イアン・フレミング
脚本:トム・マンキーウィッツ
撮影:テッド・ムーア
美術:ビル・ケニー:ジャック・マクステッド、ケン・アダム
特殊効果:レスリー・ヒルマン、ウィッティ・マクマホン
視覚効果:ウォーリー・ヴィーヴァーズ、アルバート・ウィットロック
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
音楽:ジョン・バリー
編集:ジョン・W・ホームズ
撮影機材:パナビジョン
現像:テクニカラー
出演:ショーン・コネリー、ジル・セント・ジョン、チャールズ・グレイ、ラナ・ウッド、ブルース・キャボット、ジミー・ディーン、バーナード・リー、ロイス・マクスウェル、デスモンド・リュウェリン、ジミー・ジェーン、トリナ・パークス、ローラ・ラースン
1971年イギリス・アメリカ/シネスコサイズ・カラー120分35mmフィルム
ダイヤモンドは永遠に -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ダイヤモンドは永遠にダイヤモンドは永遠に

1 2 3 4