マカロニウエスタン傑作DVDコレクション版「地獄から来たプロガンマン」

地獄から来たプロガンマン
アンソニー・ステファン                      ジェリー・ウィルソン

朝日新聞出版より5月25日発売の「マカロニウエスタン傑作DVDコレクション」第30号が届いた。二作品のうち今回はアルバート・カーディフ監督1966年製作「地獄から来たプロガンマン(SEVEN DOLLARS TO KILL)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 30号 2017年 6/4号 [分冊百科]


フェルナンド・サンチョ           ロレダーナ・ヌシアク

カバーバージョンだったデ・マージの傑作
「地獄から来たプロガンマン」は、生涯にわたって200本以上の映画音楽を手掛けたフランチェスコ・デ・マージの代表作の一つである。1930年にローマで生まれ、ナポリ国立音楽学院(サン・ビエトロ・ア・マイエッラ)で作曲わ学んだデ・マージは、叔父である音楽家アキーレ・ロンゴの助手として映画音楽の作曲を開始。以降「南十字星の下(1959年)」「新・残酷物語(1963年)」「鉄腕マチステ(1963年)」「スバルタカスの復讐(1965年)」といった史劇映画を経て、1965年からマカロニ・ウエスタンの音楽を手掛ける様になった。しかし、当時のマカロニ・ウエスタンは「荒野の用心棒(1964年)」でエンニオ・モリコーネが確立した”モリコーネ節”の影響を強く受けており、製作者側もそれを要求した。そんな中、自らのオリジナルティを模索し続けてきた彼が、”デ・マージ”節をようやく確立したのが「地獄から来たプロガンマン」だと評価されているのだ。
大好評を受け、日本でもサントラ盤としてシングルレコードが発売されたが、後にはそれは日本で録音されたカバーバージョンだった事が判明。現在は別バージョンを含む27曲入りの”完全版CD”が発売されている。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)


エリザ・モンテス            ジェリー・ウィルソン、キャロル・ブラウン

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。

地獄から来たプロガンマン(SEVEN DOLLARS TO KILL)


映画「地獄から来たプロガンマン」当ブログ2014年9月26日公開

地獄から来たプロガンマン地獄から来たプロガンマン
アンソニー・ステファン

今回はアルバート・カーディフ監督1966年製作「地獄から来たプロガンマン(SEVEN DOLLARS TO KILL)」をピックアップする。主演は「嵐を呼ぶプロ・ファイター」「荒野の棺桶」のアンソニー・ステファン、「二匹の流れ星」「ミネソタ無頼」のフェルナンド・サンチョ、「続・荒野の用心棒」のロレダーナ・ヌシアクが競演している。
本作はマカロニウエスタン初期の作品でハリウッド製西部劇(ビフテキウエスタン)の影響を受け、中でもアンソニー・ステファンの出演作はオーソドックスなものが多いのが特徴だ。

地獄から来たプロガンマン地獄から来たプロガンマン
フェルナンド・サンチョ

【ストリー】
幌馬車隊の道案内をしていたジョニー・アシュレー(アンソニー・ステファン)は、留守中、サンチョ(フェルナンド・サンチョ)を首領とする山賊の一味に妻を殺され、二つになる息子ジェリーを奪われた。ジョニーは妻のかたきと、息子の行方を探し求めて、西部一帯を歩いたが、目ざすサンチョはなかなか見つからなかった。そして二十年過ぎた。ジェリーはサンチョの息子として育てられ、今は乱暴な若者になっていた。サンチョは一度解散させていた組織を再びおこし、馬泥棒を始めていた。
やがてウィッシュビル銀行の襲撃を計画した。そして偵察にジェリーを送った。途中ジェリーは暴漢に襲われていたジョニーを、父とも知らず助けた。ウィッシュビルの町では、ジョニーの昔なじみのエミリーが妹のシビル(ロレダーナ・ヌシアク)と酒場を経営していた。エミリーはジョニーを見てなつかしがった。またジョニーの旧友の保安官は銀行に多額の金が預けられたから、警備に力を貸してくれとジョニーに頼んだ。その晩ジェリーはサンチョに、銀行には多量の金があること、明後日になると金がよその町に移されるから明日襲撃するよう報告した。ひそかに馬車でジェリーのあとを追って来たシビルは、この話を立ち聞きして愕然とした。愛している男が山賊の仲間だと知った驚きであった。
その時ジェリーに見つかり銃弾をあびせられた。彼女は必死になって馬車を走らせ、銀行襲撃の報を苦しい息の下から酒場の姉に告げて死んだ。サンチョはジェリーを家に残して町へ向った。だが町では彼らを迎え撃つ準備が出来ていてサンチョはジョニーに殺された。これを知ったジェリーは父の復讐に燃えて町へ来た。だがそれより早く、サンチョの妻ローザがジョニーを訪ね、ジェリーが彼の捜し求める息子であると言った。激しい雨の中、ジョニーとジェリーは対決した。ジェリーは拳銃を抜かないジョニーを父と信じようとせず、短剣を抜いた。揉みあううちジェリーは自らの短剣を胸にして倒れた。

地獄から来たプロガンマン地獄から来たプロガンマン
ロレダーナ・ヌシアク

題名:SEVEN DOLLARS TO KILL
邦題:地獄から来たプロガンマン
監督:アルバート・カーディフ
脚色:アルネ・フランクリン
原作:ハメッド・ライ
製作:マーロン・シルコ
撮影:ホセ・F・アグアーヨ
音楽:フランチェスコ・デ・マージ
出演:アンソニー・ステファン、フェルナンド・サンチョ、ジェリー・ウィルソン、ロレダーナ・ヌシアク、エリザ・モンテス、キャロル・ブラウン
1966年イタリア/テクニスコープ・イーストマンカラー96分35mmフィルム
地獄から来たプロガンマン [DVD]

地獄から来たプロガンマン地獄から来たプロガンマン
地獄から来たプロガンマン(SEVEN DOLLARS TO KILL)

映画「砂塵に血を吐け」

砂塵に血を吐け
アンソニー・ステファン
アンソニー・ステファンアンソニー・ステファン
アンソニー・ステファン             ジャンニ・ガルコ

今回はアルバート・カーディフ監督1966年製作「砂塵に血を吐け(BLOOD AT SUNDOWN)」をピックアップした。
出演は「地獄から来たプロガンマン」「嵐を呼ぶプロ・ファイター」「荒野の棺桶」のアンソニー・ステファン「二匹の流れ星」「サルタナがやって来る」のジャンニ・ガルコ(以前の芸名:ゲイリー・ハドソン)などだ。

本作でジャンニ・ガルコが演じた悪逆非道な”サルタナ”というキャラクターは、イタリアで封切りされた1966年12月からたちまち大評判となり、1967年7月に西ドイツで公開される際には、題名が「サルタナ」に変更される程だった。そして本作公開の2年後、サルタナ・シリーズが製作されるのである。
1968年「Se incontri Sartana prega per la tua morte.[サルタナに出会ったら奴はお前の死を祈る]」
1969年「Sono Sartana,il vostro becchino.[俺はサルタナお前の葬式を執り行う]
1970年「Buon funcrale amigos!..paga Sartana.[良い葬式をアミーゴ葬式代はサルタナが支払う]」
1970年「Una Nuvola di polvere… un grido di mo.[邦題:サルタナがやって来る 虐殺の一匹狼]」
本作でサディスティックな悪役ぶりを見せつけたサルタナは、このシリーズで悪人とも善人ともつかない正体不明の凄腕ガンマンに変貌した。粋なベストにネクタイを締め、懐中時計の鎖を覗かせるというスタイルが更なる人気を呼んだ。ジャンニ・ガルコが完成させたこのキャラクターは「西部悪人伝」「西部決闘史」でリー・ヴァン・クリーフが演じた”サバタ”の原型にもなっている。
またジャンニ・ガルコは、4作で降板したが、その後「C’e Saartana…vendi la pistola e comprati la bara![俺はサルタナ…貴様の拳銃と棺桶を交換だ(1970年)]」がジョージ・ヒルトン主演で製作されている。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

※サルタナ・シリーズは日本劇場未公開。「サルタナがやって来る 虐殺の一匹狼」はDVD販売あり。
砂塵に血を吐け砂塵に血を吐け
エリカ・ブラン                                     ジェリー・ウィルソン、アンソニー・ステファン

【ストリー】
無実の罪で投獄されていたジョニー(アンソニー・ステファン)は12年ぶりに故郷へ帰った。そこでは弟のサルタナ(ジョン・ガルコ)が多くの部下を擁し、山賊から保護するという名目で、定期的に金品を強奪していた。また、恋人だったマヌエラはサルタナの妻となっていた。ある日、ジョニーは暴漢に襲われたホセリータという娘を助けたが、彼女は十二年前にジョニーが殺した男の娘ということだった。ジョニーは、自分は無実であったことをホセリータに話し徐々にではあるが、彼女もそれを信じるようになった。そのホセリータが、サルタナと気脈を通じているウッド刑事のたくらみで、サルタナの隠れ家にとらえられた。ホセリータを押えていれば、何かと仕事の邪魔になっているジョニーをよぴよせることができるだろうというのである。そのことを教えるため刑事は、ジョニーが秘んでいるマヌエラの弟でオシのジェリーの隠れ家を訪ねた。ジョニーはダイナマイトを腹に巻き、刑事と共にサルタナの砦に向った。ホセリータは釈放されたが、ジョニーは捕えられてしまった。だが、ジョニーは馬にのせられて引き立てられて行く途中、逃走した。部下を率いて町へ押し寄せたサルタナはジョニーを求めて暴れまわった。そしてサルタナの母ロンダも流れ弾にあたって死んだ。サルタナがとなりの町へ向ったと聞いたジョニーは、すぐにその後を追った。町では住民たちが銃をとって抗戦。ジョニーとサルタナは宿命の対決となった。銃声がひびき、サルタナはたおれた。射ったのはジェリーの恋人だった。ジョニーは弟サルタナの死体を馬にのせ、町を去っていった。

砂塵に血を吐け砂塵に血を吐け
カルロ・タンジェロ、ジャンニ・ガルコ  ダニエラ・イグリオッツィ、ジグハルト・ラップ

英題:BLOOD AT SUNDOWN
伊題:1000 DOLLARI SUL NERO
邦題:砂塵に血を吐け
監督:アルバート・カーディフ
製作:マーロン・シルコ
脚本:エルネスト・ガスタルディ、ヴィットリオ・サレルノ
撮影:ジーノ・サンティーニ
編集:ロメオ・チィアティ
音楽:ミケーレ・ラケェレンツァ
出演:アンソニー・ステファン、ジャンニ・ガルコ、エリカ・ブラン、ジェリー・ウィルソン、キャロル・ブラウン、アンジェリカ・オットー、ジグハルト・ラップ、カルロ・タンジェロ、ダニエラ・イグリオッツィ、ジグハルト・ラップ、フランコ・ファレル
1966年イタリア・西ドイツ/テクニスコープ・テクニカラー104分35mmフィルム
砂塵に血を吐け-DVD-
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 2016年 8/28号[分冊百科]
2016年8月現在、DVDレンタルはありません。

砂塵に血を吐け砂塵に血を吐け
砂塵に血を吐け(BLOOD AT SUNDOWN)
砂塵に血を吐け砂塵に血を吐け
アンソニー・ステファン、アンジェリカ・オットー

砂塵に血を吐け(BLOOD AT SUNDOWN)
砂塵に血を吐け砂塵に血を吐け
※クリックすると別画面で拡大されます。
砂塵に血を吐け砂塵に血を吐け
※クリックすると別画面で拡大されます