映画「世界大戦争」

世界大戦争世界大戦争
フランキー堺                       宝田明
世界大戦争世界大戦争
星由里子                           乙羽信子

今回は松林宗恵監督1961年製作「世界大戦争」をピックアップする。
本作は、冷たい戦争と呼ばれた自由主義陣営と共産主義陣営との世界的対立構造と1947年の米国のマーシャル・プラン以降のヨーロッパに於ける東西軍事ブロックの確立、そして1961年にキューバ危機が起こり、ほんとうに核戦争の危機が迫った時代に作られた真に迫った作品である。当時の製作費で3億円、構想3年、4千名を越すエキストラ、そして特撮班が総力を挙げて水爆に見舞われた東京の姿を描き出している。東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、モスクワが、核ミサイルによって破壊されるクライマックスシーンは、天地を逆にしたミニチュアの下から圧縮空気を吹き出させる方法で撮影されたそうだ。

世界大戦争世界大戦争
笠智衆、白川由美                     山村聡

【ストリー】
世界各地に連鎖反応的に起りつつある侵略と闘争は、全人類の平和を危機に追いつめていた。核戦争の鍵を握る同盟国側と連邦国側は、一触即発の状態を続けていた。戦争が始まったら、間違って押したボタン一つからでも音速の十倍以上で飛んでくるミサイルが、全人類を灰にし、地球は取返しのつかないことになってしまう。全人類が一つになって原水爆禁止のための何かをしなければならないのだ。アメリカ・プレス・クラブの運転手田村茂吉(フランキー堺)は裸一貫からささやかな幸せを築いてきた。娘冴子(星由里子)と二階にいる通信技師高野(宝田明)とは恋人同士で原水爆のことを真剣に考えていた。貨物船笠置丸船上で、突然夜空にオレンジ色から紫紅色へと膨らむ不思議な物体を見た高野は、冴子のもとへの帰途、胃潰瘍手術で九死に一生を得た船のコック長江原(笠智衆)を見舞った。彼は保母をやっている娘早苗(白川由美)や子供達に囲まれて生きる素晴しさを感じていた。連邦軍基地で核弾頭を装填したミサイルが手違いで発射されそうになった折、同盟国ICBM陣地でも作業員のミスからダイナマイトが暴発、核弾庫の誘爆の危機に襲われた。そうなれば世界は破滅だと判断した司令官は命を賭して起爆装置をはずした。皆、一兵卒に至る迄心から平和を念じているのだが……平和の願いはパリ首脳会談に託された。記者ワトキンス(ジェリー伊藤)を車で送った茂吉はこれらの状勢は金儲けのための株の変動への期待としか考えられなかった。そして神経痛に顔を歪めるお由(乙羽信子)に代って、庭にチューリップの球根を埋めてやるのだった。バーング海上で連邦軍と同盟軍編隊機の衝突から戦闘状態に入り、くすぶり続けた各地の侵略と闘争は再開され、日本政府は徒らに平和と停戦を呼び続けるのみだった。日本国内基地から飛び立った連邦軍爆撃機への報復として、同盟国の原子爆弾はロケットを発射し、東京は混乱の巷と化し、恐怖は全ての人を捉えた。保育園では早苗がなす術もなく、逃げまどう人々の心には平和を願い続けたのになぜ殺されねばならないのだ!と一様に去来した。冴子は無電機で高野の送信をキャッチした。「コーフクダッタネ……」やがて火球が東京を包み第三次世界大戦が勃発、巨大なビルは破片となって散り、全てが数万度の熱に晒された。ニューヨークでもパリでもモスコーでも……津波の後の静かな洋上を笠置丸は再び東京へ向っていた。東京の最期を見たのは高野達乗組員だけだろう。流れくる放射能のために生きて戻ることは不可能でも高野は帰りたいと思った。全世界がもっと早く声を揃えて戦争を反対すればよかったものを……あらゆる良識を無視して世界大戦は勃発し、そして終ったのだ。

世界大戦争世界大戦争
世界大戦争(THE LAST WAR)
世界大戦争世界大戦争
フランキー堺、星由里子、乙羽信子            東野英治郎

題名:世界大戦争
英題:THE LAST WAR
監督:松林宗恵
製作:藤本真澄、田中友幸
脚本:八住利雄、木村武
撮影:西垣六郎
照明:森弘充
特機:矢島袈裟夫、加賀見正友
録音:矢野口文雄
整音:下永尚
音響:北沢靖 (パースペクタ立体音響)
美術:北猛夫、安倍輝明
大道具:小川重太郎、田中喜一、大谷忠雄
舞台組付:徳竹信義
小道具:建守末好、佐伯慎也
衣裳:岩井正晴
結髪:鈴木和子
記録:米山久江
編集:岩下広一
音楽:団伊玖磨
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:森本朴
製作進行:江口英彦
演技事務:松山元計
助監督:田実泰良
監督助手:岩内克己、砂原博泰、千葉隆司
撮影助手:永井仙吉、志田篤弘、宝田武久、入口勝男
照明助手:秋池深仁、大口良雄、宮下義雄、北川忠利
録音助手:田中信行、山田守、影山修
美術助手:育野重一、鈴木一八、秋森直美
【特殊技術】
監督:円谷英二
撮影:有川貞昌、富岡素敬
美術:渡辺明
照明:岸田九一郎
特機:中代文雄
火薬:山本久蔵、渡辺忠昭
石膏:利光貞三、安丸信行
造型・造形:利光貞三、八木康栄、八木勘寿、開米栄三
光学撮影:幸隆生、徳政義行
合成撮影:三瓶一信、鵜飼啓一
合成作画:石井義雄、塚田猛昭
光学作画:幸隆生、飯塚定雄、茂田江津子、黒川博通
編集:石井清子
製作担当:成田貫
製作進行:関和郎
助監督:浅井正勝
スチール:田中一清
出演:フランキー堺、宝田明、星由里子、乙羽信子、白川由美、笠智衆、ジェリー伊藤、東野英治郎、山村聡、上原謙、河津清三郎、中村伸郎、中北千枝子、富永裕子、阿部浩司
1961年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー110分35mmフィルム
世界大戦争 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

世界大戦争世界大戦争
星由里子、宝田明                      星由里子
世界大戦争世界大戦争
世界大戦争(THE LAST WAR)

映画「ゴルゴ13 九竜の首」


「ゴルゴ13 九竜の首」千葉真一

今回は野田幸男監督1977年製作「ゴルゴ13 九竜の首」をピックアップする。
ゴルゴ13は、1973年に佐藤純彌監督で「ゴルゴ13」としてイラン・ロケで撮影されたが、本作はマイアミ・香港・マカオ・東京・京都で撮影され、香港の九龍城領域内の九龍城砦では映画史上初めて使われたそうだ。作品の出来は別として、デューク東郷のイメージは、千葉真一さんが近いのではないかと思う。


千葉真一                       嘉倫

【ストリー】
アメリカ麻薬組織の代表ロッキーから、シンジケートの香港支部長である周雷峰の暗殺依頼を受けたゴルゴ13は、香港へ飛んだ。ゴルゴがアメリカを発つ数日前、ビクトリア湾に全裸の男の死体が浮かんだ。捜査にあたった麻薬のスミニーと呼ばれる香港警察の主人刑事の鋭い眼は、死体の男がアメリカから派遣された殺し屋であったことから、麻薬のボス・周とアメリカの組織との間に亀裂が生じた結果とにらむ。そこで、香港から麻薬を一掃するチャンスとばかり捜査を開始する。スミニーは女刑事林玲を周の経営する「東方光」へ潜入させるが、林玲は麻薬の精製場である山小舎をつきとめたところで消息を断つ。スミニーはようやくのことで山小舎をつきとめるが、周の部下に爆破され、林玲は死亡する。ゴルゴは「東方光」で周に会うが、帰途、麻薬組織の男を撃ち殺した紅蘭という女を救う。香港警察の厳しい追求とゴルゴの出現に脅える周は、黒幕のXに助けを求めた。Xの指示どおり、周は市民に寄贈したプール開きに出席するが、側頭部を撃ち抜かれ即死する。だが、ゴルゴの銃から弾丸は発射されていなかった。周の情婦麗花の通報により、周殺害の犯人がゴルゴであると知らされたスミニーは、ゴルゴ逮捕に総力をあげる。危険を承知で「東方光」に向ったゴルゴは麗をベットに誘う。その時、ゴルゴは殺気を感じ、銃を撃つと“火喰い鳥”と呼ばれる南米随一の美人殺し屋が倒れていた。周殺しがこの“火喰い鳥”だとにらんだゴルゴは、麗花にXへ計画終了の電話をかけさせたうえ、彼女をも撃ち殺す。ポーラニア領事ポランスキーは、麻薬シンジケートのリストをFBIへの土産としてアメリカ亡命を企み、日本のアメリカ大使館に交渉した。この計画を知ったゴルゴは日本へ飛ぶが、ゴルゴを追ってきたスキニーに邪魔され、ポランスキーを逃してしまう。香港に戻ったポランスキーはアメリカからの連絡を待つ一方、石霊島に隠れ家を建て、厳重に警戒する。スミニーは、捜査網を張りめぐらし、遂にゴルゴを逮捕する。証拠不十分のため釈放されたゴルゴに、ポランスキーが雇った世界各国の殺し屋が襲いかかった。重傷をおったゴルゴは、紅蘭の手厚い看護によって救われる。ポランスキーの逃亡期日が迫っている事を知ったゴルゴは石霊島へ潜入する。処刑の部屋と呼ばれる脱出不可能とも思える所で、ゴルゴは殺し屋を倒す。スミニーが石霊島に到着した時、ポランスキーのためにFBIが用意したヘリコプターは離陸した。その時、ゴルゴの驚異的な威力を誇るアーマライトが火を吹いた。落下するポランスキーの手には麻薬組織の全貌の記録を詰めたアタッシュケースが握られていた。書類を手に入れたスミニー、役目を終えたゴルゴ。互いに激しい闘志をこめて対決する男と男の燃えたぎる鼓動のように飛び発って行くジャンボジェット機。--やがて、その機内に、次の標的に向かうゴルゴの姿があった。


鶴田浩二                        志穂美悦子

題名:ゴルゴ13 九竜の首
監督:野田幸男
企画:俊藤浩滋、杉本直幸。佐藤雅夫
原作:さいとう・たかを
脚本:中島信昭、杉本功
撮影:赤塚滋、勝木勝男
照明:金子凱美
録音:荒川輝彦
美術:井川徳道
装置:吉岡茂一
背景:西村和比古
装飾:白石義明
美粧・結髪:東和美粧
衣装:佐々木常久
技斗:斎藤一之
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:伊部晴美
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
製作進行:伊藤彰将
助監督:土橋亨
スチール:三浦憲治
出演:千葉真一、嘉倫、志穂美悦子、新藤恵美、鶴田浩二、エレーナ・スン、ダナ、林偉哲、ジェリー伊藤
1977年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
ゴルゴ13 九竜の首 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


新藤恵美

映画「ニッポン無責任野郎」

ニッポン無責任野郎ニッポン無責任野郎
植木等                         団令子

今回は古澤憲吾監督1962年製作「ニッポン無責任野郎」をピックアップする。
植木等さんが、歌って踊りながら東急東横線自由が丘駅のロケーションから始まる本作は、次のカットで突然、小田急線成城学園前駅南口に移り、「無責任一代男」を唄いながら、線路を隔てた反対側である北口に現れる。実に楽しい!

ニッポン無責任野郎ニッポン無責任野郎
ニッポン無責任野郎ニッポン無責任野郎
現在の自由が丘駅北口改札         現在の成城学園前駅南口三井住友銀行前

この他にも数寄屋橋交差点、日比谷公園、恵比寿駅前などの風景の移り変わりも楽しめる。
本作は前作「ニッポン無責任時代」のヒットを受けて作られた姉妹篇であり、東宝クレージー映画第2作で、30作まで作られた。子供の頃、正月映画だったので、劇場で笑い転げて観たと思う。

ニッポン無責任野郎ニッポン無責任野郎
ハナ肇                        谷啓

【ストリー】
真面目な野郎は損をする、嬉しがらせて儲けて逃げるこれが無責任男源等(植木等)の人生観。ひょんなことから知り合った明音楽器営業部長の長谷川(ハナ肇)から会社の派閥争いを嗅ぎつけると、絶好のチャンスとばかり入社をこころざした。次期社長の椅子を狙う王仁専務(犬塚弘)と幕田常務(人見明)の間を縫って「明音楽器は貴方のもの」と、天性のハッタリとオトボケでまんまと入社に成功。丸山英子(団令子)の預金を見つけた源等、通帳ほしさに一円玉を預金して100万とオオボラ吹いてすかさず結婚を申込む。金に弱いが……の常、ガッチリや英子もヒトコロリ。結婚式は千円会費で、花嫁花婿は式をそっちのけの金儲け。新婚旅行は観光団体にまぎれ込んで飲めや歌えの大騒ぎ。女とウサギは掴み方にコツがある。等は長谷川に惚れているバーのマダム(中島そのみ)、専務の恋人(草笛光子)、はては社長のお目当て芸者初太郎(中真千子)のハートをガッチリ惑きつけてしまった。一金、二ワイフ、三出世、女なんかは余技の中、等の本領は金にある。会社から未収金取り立て係に廻されるや、ホイホイと取り立てた五百万円をソックリ自分名義で預金して利息でチャッカリ金儲け。一方英子も負けてはいない。食事代は割り勘、お代りは割り増し料金。等こんどは、アメリカはスミス楽器の御曹子が技術提携をしたいとのふれこみで、サックス吹きのゲーリイ(ジェリー伊藤)を引っぱりこんでの大博打。彼も等に劣らぬしたたか者、サックスも吹けばホラも吹く。二人の口車にのせられた王仁、幕田は社長への絶好の足がかりとばかり、ゲーリイ、等にリベート合戦。スイスイスイの人生街道にも山もあれば谷もある。あっさりゲーリイは化けの皮をはがされ、ついでに等の取立て貯金もバレてしまった。バレテしまえばハイソレマデヨ、等の旺盛な生活力は底知れない。

ニッポン無責任野郎ニッポン無責任野郎
草笛光子                       犬塚弘

題名:ニッポン無責任野郎
監督:古澤憲吾
製作:安達英三郎、森田信
脚本:松木ひろし
撮影:飯村正
照明:隠田紀一
録音:斎藤昭
整音:下永尚
美術:小川一男
記録:横山照子
編集:黒岩義民
音楽:宮川恭
現像:東京現像所
スチール:田中一清
出演:植木等、団令子、ハナ肇、谷啓、草笛光子、藤山陽子、犬塚弘、由利徹、桜井センリ、石橋エータロー、人見明、ジェリー伊藤、中島そのみ、中真千子、浦辺粂子、細川隆一
1962年日本・東宝/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
ニッポン無責任野郎 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ニッポン無責任野郎ニッポン無責任野郎
由利徹                     植木等、藤山陽子