マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「ガンマン大連合」

ガンマン大連合
イリス・ベルベン

朝日新聞出版より7月7日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第7号が届いた。二作品のうち今回は「ガンマン大連合」をピックアップする。名匠セルジオ・コルブッチ監督の本作は、1970年に製作され「豹/ジャガー」に引き続いてフランコ・ネロ、ジャック・パランスとトリオを組み、前作同様メキシコ革命を舞台に大暴れする男を描いている。

ガンマン大連合ガンマン大連合
フランコ・ネロ                  トーマス・ミリアン

セルジオ・コルプッチ監督は、演出したマカロニウエスタンが10本目となった本作において、様々な”遊び心”を見せてくれている。その一つは、コルプッチ監督とフランコ・ネロの名を世界に轟かせた出世作「続・荒野の用心棒(1966)」を想起させるいくつかの場面である。物語の中盤。政府軍の検問に行く手を阻まれたネロが演じるペンギンの前に、トーマス・ミリアン演じるパスコが棺桶を引き摺って登場。さらに、この後に展開される政府軍との銃撃戦でペンギンは、通称”ジャンゴ・マシンガン”を撃ちまくるのだ。「続・荒野の用心棒」の主人公ジャンゴが棺桶から取り出した多数の銃口があるこのタイプのマシンガンは、同作撮影の際に創作されたオリジナルの銃器。ちなみに「続・荒野の用心棒」の唯一の正統な続編とされる「ジャンゴ/灼熱の戦場(1987)」にも”ジャンゴ・マシンガン”が登場する。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

ガンマン大連合ガンマン大連合
ジャック・パランス                                       フェルナンド・レイ
ガンマン大連合ガンマン大連合
ホセ・ボダロ
ガンマン大連合ガンマン大連合
ガンマン大連合(COMPANEROS)
015ex017_ex
※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。

次回発売予定作品


映画「ガンマン大連合」当ブログ2013年3月16日公開

ガンマン大連合
トーマス・ミリアン、フランコ・ネロ

今回はセルジオ・コルブッチ監督1970年製作「ガンマン大連合(COMPANEROS)」をピックアップする。1970年代に製作されたマカロニ ウエスタンだ。主演はフランコ・ネロ、共演に トーマス・ミリアン、ジャック・パランス 、フェルナンド・レイと豪華俳優陣になっている。メキシコ革命時代が背景で1960年代のマカロニティストとは違う内容だが、邦題の「ガンマン大連合」は相変わらずの不当表示だと思う。

ガンマン大連合

メキシコ革命を背景にしたマカロニは、「群盗荒野を裂く」に始まったと記憶するが、セルジオ・コルブッチ監督が本作を手掛ける前(1968年)に「豹/ジャガー」でフランコ・ネロとジャック・パランスを起用しているのも興味深い。また撮影監督は両作ともアレハンドロ・ウロア氏が担当した。
さらに「夕陽のギャングたち」では主演にロッド・スタイガー、ジェームズ・コバーンを迎えハリウッド映画と見違える。絶頂期を過ぎたマカロニウエスタンの終焉期を予感させる。

ガンマン大連合ガンマン大連合
フランコ・ネロ                トーマス・ミリアン
ガンマン大連合ガンマン大連合
ホセ・ボダロ                 フェルナンド・レイ

【ストリー】
1911年から約十年間断続的に起こったメキシコ革命時代。ある日、革命軍が占領していたアン・ベルナディノの町にヨド(フランコ・ネロ)がやってきた。 彼は革命軍に武器を売りつけようと目論んでいたが革命軍の資金は金庫の中に隠されており、その金庫の開け方を知っているのは、アメリカ軍に人質になってい るザントス教授(フェルナンド・レイ)しかいないということだった。ヨドが教授をつれもどしに行くことを申しでた。これを受け入れたアルバトスは彼を監視させるために部下のチャトー(トーマス・ミリアン)をつけた。二人の 作戦は成功し教授を救いだすことができた。帰途、三人は武器密売者ジョン(ジャック・パランス)につかまりそうになったが、うまくかわした。しかし、ヨドとチャトーが争っているうちに教授がジョン一味につかまってしまった。さらにヨドとチャトーはザントス派の人達の捕虜になるが、教授を救いだ すことを条件に釈放される。教授は二人の手によって無事救出され、やっと仲間の許に戻ることができたが、彼は仲間を連れてサン・ベルナディノに向う途中、 待ち伏せていたアルバレス一味のために殺されてしまう。ヨドは帰国を思い立つが、決心をひるがえし、チャトーらと共に戦うことを誓った。

ガンマン大連合ガンマン大連合
ジャック・パランス                イリス・ベルベン

題名:COMPANEROS/VAMOS A MATAR
邦題:ガンマン大連合
監督:セルジオ・コルブッチ
脚本:セルジオ・コルブッチ ディノ・マイウリ、マッシモ・デ・リタ フリッツ・エバート
製作:アントニオ・モレリ
撮影:アレハンドロ・ウロア
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:フランコ・ネロ、 トーマス・ミリアン、ジャック・パランス 、フェルナンド・レイ、イリス・ベルベン、ホセ・ボダロ
1970年イタリア・フランス・西ドイツ合作/テクニスコープ・テクニカラー105分35mmフィルム
※日本公開:1972年4月(FOX)
ガンマン大連合 スペシャル・エディション [DVD]

ガンマン大連合ガンマン大連合
ジャック・パランス「ガンマン大連合(COMPANEROS)」

映画「ザ・シシリアン 復讐の挽歌」

ザ・シシリアン 復讐の挽歌ザ・シシリアン 復讐の挽歌
ジャック・パランス              ヴィットリオ・カプリオーリ

今回はフェルンナンド・ディ・レオ監督1976年製作「ザ・シシリアン 復讐の挽歌(I PARDONI DELLA CITTA MISTER SCARFACE)」をピックアップする。フェルンナンド・ディ・レオ監督は「ザ・ボス 暗黒街の標的」で紹介したが、マカロニウエスタンで優秀な脚本を執筆し、1968年に「敵中降下作戦(日本未公開)」で監督デビューし「皆殺しハンター」「ザ・ボス 暗黒街の標的」などでB級ギャング映画の巨匠と呼ばれる様になった。主演は名作「バグダッド カフェ」やマカロニウエスタン「豹/ジャガー」「ガンマン大連合」そしてジャン=リュック・ゴダール監督「軽蔑」の名優ジャック・パランス。

ザ・シシリアン 復讐の挽歌ザ・シシリアン 復讐の挽歌
ハリー・バエル                  アル・クライヴァー

【ストリー】
2人の犯罪者が隠れ家に戻ってくる。そのうちの一人マンザーリ(ジャック・パランス)は、邪魔な相棒をその場で射殺。一部始終を見ていた相棒の幼い息子は、拳銃でマンザーリを撃とうとする。しかし、弾丸が切れており、その場で殴り倒されてしまった。それから15年後。マフィアのボス、チェリコ(エドマンド・パードム)の下で借金の取り立てを担当しているトニー(ハリー・バエル)は、うだつの上がらない生活に嫌気が差していた。いつか大儲けして豪勢な生活をと夢見てはいるものの、所詮はしがないチンピラでしかない。美人のクラブ歌手クララ(ジゼラ・ハーン)にも軽くあしらわれる始末だ。ある日、チェリコの経営する違法カジノにリック(アル・クライヴァー)という若者がやって来た。カード賭博で大金を巻き上げられるリック。それを詐欺だと直感した彼は、自分のボスを連れてカジノへ戻って来る。賭博詐欺のトリックを見抜いたボスが圧勝し、リックの損失分を回収して行く。その一部始終を見ていたトニーは、マフィアの元幹部だった中年ギャンブラー、ナポリ(ヴィットリオ・カプリオーリ)から、そのボスの正体が街を牛耳る大物マフィア、マンザーリだとを知る。一方、組織の金でギャンブルをしたことから、リックはマンザーリの怒りを買ってしまった。半殺しの目に遭って気を失ったリックを、トニーは自宅に連れ帰って介抱する。回復して動けるようになったリックに、トニーが提案をする。憎きマンザーリから大金をせしめようじゃないかと。売れない役者をクララに紹介してもらったトニーは、税務署の職員と偽ってマンザーリの事務所に押しかけた。組織の違法書類を見られては困ると考えたマンザーリは、彼らに多額の現金を賄賂として手渡す。こうして、まんまとマンザーリを騙してみせたトニーとリック。しかし、すぐに詐欺はばれてしまった。マンザーリの部下たちはトニーとリックが主犯だと突き止め、2人の行方を追う。そのためマンザーリとチェリコの組織が激しく対立する。やがて詐欺に加担した役者がステージ上で殺害され、トニーのボスであるチェリコまでが暗殺されてしまった。ナポリもマンザーリ一味に捕まって殺されそうになったが、間一髪のところをトニーとリックに救われる。こうなったら反撃するしか生き残る手立てはないと考えたトニーたちは、郊外にある工場跡の廃墟にマンザーリ一味をおびき寄せる。実はリックにとって、マンザーリとこの場所で対峙するということは重要な意味を持っていた。かくして、3人はマンザーリ一味を相手に壮絶な戦いを繰り広げることとなる。

ザ・シシリアン 復讐の挽歌ザ・シシリアン 復讐の挽歌

題名:I PARDONI DELLA CITTA MISTER SCARFACE
邦題:ザ・シシリアン 復讐の挽歌
監督:フェルンナンド・ディ・レオ
製作:アルマンド・ノヴェリ
脚本:ピーター・バーリング、フェルナンド・ディ・レオ
撮影:エンリコ・メンツェル
音楽:ルイス・エンリケ・バカロフ
出演:ジャック・パランス、ヴィットリオ・カプリオーリ、ハリー・バエル、アル・クライヴァー、ハリー・ベアー、ジゼラ・ハーン、エドマンド・パードム、ロベルト・リール、ピーター・バーリング
1976年イタリア・西ドイツ/ビスタサイズ・イーストマンカラー92分35mmフィルム[日本劇場未公開]
ザ・シシリアン 復讐の挽歌 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ザ・シシリアン 復讐の挽歌ザ・シシリアン 復讐の挽歌

マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「豹/ジャガー」

豹/ジャガー

5月26日に朝日新聞出版より「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第4号が届いた。「マカロニウエスタン」カテゴリになかった「南から来た用心棒」は先日紹介したので、二作品のうち今回は「豹/ジャガー」をピックアップする。
最初にイタリア製西部劇(マカロニウェスタン)を作り始めたのはセルジオ・レオーネ監督という認識が多いが、実は「荒野の用心棒」より一年も早くセルジオ・コルブッチ監督が1963年に「グランド・キャニオンの虐殺(MASSACRO AL GRANDE CANYON)」を西ドイツ製作で撮っていた。いわゆるマカロニウェスタンの先駆となったのはそれ以前に西ドイツで盛んにつくられていたカール・マイ・ウエスタンという一連の西部劇(ロケ地は主にユーゴスラビア)がルーツだそうだ。

※カール・マイ・ウエスタン
カール・マイという一度もアメリカにすら行ったことのない作家が書いた西部小説「ウィネットー」シリーズが大人気を呼び、1962年にハラルト・ラインル監督による 「シルバーレークの待伏せ」が作られた。

豹/ジャガー
フランコ・ネロ、トニー・ムサンテ
豹/ジャガー豹/ジャガー
豹/ジャガー
豹/ジャガー
ジャック・パランス

本作はセルジオ・コルブッチ監督のメキシコ革命3部作のひとつで、他は「ガンマン大連合」と日本未公開「進撃0号作戦(1973年/CHE C’ENTRIAMO NOI CON LA REVOLUZIONE?)」となる。この中で本作と「ガンマン大連合」は、”メキシコ革命を舞台にメキシコ人の若者と、金を目的に北欧から来た男が共闘しメキシコ政府軍と戦う”というモチーフが似ているばかりか、出演は両作ともフランコ・ネロとジャック・パランスである。この二作をセルフ・リメイクと呼ばれているそうだ。

豹/ジャガー豹/ジャガー
豹/ジャガー(A PROFESSIONAL GUN))
豹/ジャガー
ジョヴァンナ・ラッリ
豹/ジャガー豹/ジャガー

マカロニウエスタンで闘牛場(スペイン)が使われているのは珍しいが、ラストシーンのオープンセットは「ガンマン無頼」で使われたものと同一なのを発見した。

001a002a
※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
westan

【次回紹介予定の作品】

この定期購読は、第一弾が1~25号、第二弾が26~51号と予定されていて各号は隔週木曜日に届けられる。前回紹介した創刊号は「荒野の用心棒」1作品のみで990円、以降2作品同梱で1,990円となっている。定期購読は途中で解約可能だが、単品でAMAZONで販売している。

【今後のブログ公開予定】
「マカロニウエスタン傑作DVDコレクション」は、51号まで続くと全101作品にもなる。マカロニウエスタン以外の通常映画作品は、2016年9月まで予約投稿してあるのでこちらを優先して差し込む形で公開してゆく予定です。

【既に発売済の作品】
1.「荒野の用心棒」2016年4月14日発売
2.「荒野の1ドル銀貨」2016年4月28日発売
3.「続・荒野の用心棒」2016年4月28日発売
4.「続・荒野の1ドル銀貨」2016年5月12日発売
5.「さすらいのガンマン」2016年5月12日発売
6.「南から来た用心棒」2016年5月26日発売
7.「豹/ジャガー」2016年5月26日発売

【今後の発売予定作品】
8.「情無用のジャンコ」2016年6月9日発売予定
9.「殺しが静かにやって来る」2016年6月9日発売予定
10.「暁の用心棒」2016年6月23日発売予定
11.「怒りの荒野」」2016年6月23日発売予定
※定期購読は朝日新聞出版「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」で受付中!


映画「豹/ジャガー」当ブログ2013年1月23日公開

A PROFESSIONAL GUNA PROFESSIONAL GUN
フランコ・ネロ

今回はセルジオ・コルブッチ監督1968年製作の「豹/ジャガー(A PROFESSIONAL GUN)」をピックアップする。「続・荒野の用心棒」「殺しが静かにやって来る」は、当ブログでも紹介した。本作は舞台をメキシコ革命に置き革命軍と政府軍の狭間で蠢く凄腕ガンマンの物語である。
主演はフランコ・ネロ、共演にジャック・パランス、トニー・ムサンテが熱演している。
この頃のマカロニウエスタンは後期にあたり、「ガンマン大連合(セルジオ・コルブッチ監督1970年)」もメキシコ革命を背景にしている。
ここには荒野を一人さすらうガンマンの姿はない。

A PROFESSIONAL GUNA PROFESSIONAL GUN
ジャック・パランス

【ストリー】
早射ちの殺し屋ビル・ダグラスことセルゲイ・コワルスキ(フランコ・ネロ)は、精悍なジャガーのような男だった。今度の雇い主は、メキシコ国境に銀鉱をも つ富豪アルフォンソ・ガルシア(エドゥアルド・ファヤルド)。ガルシアは、革命の気配のあるメキシコから安全な場所へ銀を移すため、護送を頼んできたの だ。ところが、殺し屋の商売仇エラム・ブリッグス(ジャック・パランス)が取引に割りこんできた。ビルが鉱山に着くと、すでにメキシコ人抗夫エウフェミオ (トニー・ムサンテ)のひきいる革命軍に占拠されていた。ガルシアは、銀をひそかに井戸にかくし、ふみこむと爆発するしかけをしていた。一方、エラムはガ ルシアの用心棒となり、革命鎮圧に参加していた。この間、ビルはまったく無関心。ゼニにならなければ何もやらないのが彼の主義だ。彼はエウフェミオから金を受けとると、革命軍のためにひと仕事した。おかげで、エウフェミオはビルに惚れこみ、あり金をはたいて参謀にやとった。
ビルの指導のもとに、革命部隊は町々を解放した。途中で、一人の美しいメキシコ娘コルンバ(ジョヴァンナ・ラッリ)が一行に加わった。ガルシアが、軍隊を 連れて討伐に来るという情報が入った。輸送列車を襲撃したりして、革命軍に資金もできた。だが、ある時、革命軍は軍隊に壊滅され、エウフェミオとコルンバ は命からがら逃げた。首に懸賞金をかけられたものの、エウフェミオはエラムを倒した。だが、エウフェミオとビルは、ついに捕えられてしまった。それを救っ たのはコルンバだ。
ガルシア一味を倒したビルは、未だ革命の理想に燃えるエウフェミオを残し去って行った。

A PROFESSIONAL GUNA PROFESSIONAL GUN

題名:A PROFESSIONAL GUN/THE MERCENARY/IL MERCENARIO
邦題:豹/ジャガー
監督:セルジオ・コルブッチ
製作:アルベルト・グリマルディ
脚本:ルチアーノ・ヴィンセンツォーニ、ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ、セルジオ・スピーナ、セルジオ・コルブッチ、アドリアーノ・ボルツォーニ
撮影:アレハンドロ・ウロア
美術:ピエロ・フィリポーネ
編集:ユージェニオ・アラビソ
音楽:エンニオ・モリコーネ、ブルーノ・ニコライ
出演:フランコ・ネロ、ジャック・パランス、トニー・ムサンテ、ジョヴァンナ・ラッリ、エドゥアルド・ファヤルド
1968年イタリア・スペイン/テクニスコープ・テクニカラー109分35mmフィルム
豹/ジャガー [DVD]

1 2 3