映画「無頼プロフェッショナル」


「無頼プロフェッショナル」ジーナ・ロロブリジーダ

“世界一美しい女性”ジーナ・ロロブリジーダ
本作の”悪女”を演じているのは、イタリアの名女優ジーナ・ロロブリジーダである。ロロブリジーダは1946年に女優デビューし、翌年ミス・イタリアの3位に入賞した事で知名度を上げ、1950年には主演映画が次々と製作される程の人気を獲得。さんな彼女に世界屈指の億万長者で映画製作者(プロデューサー)のパワード・ヒューズが目を付けてハリッドへ誘ったが、彼女はそれをあっさり断っている。その後もヨーロッパを拠点に活動を続けたロロブリジーダは、1953年にヨーロッパを舞台とするハリウッド映画「悪魔をやっつけろ」でハンフリー・ボガードと共演。この映画のヒットにより、世界的な人気を獲得した彼女は「世界で最も美しい女性」と称され、1960年のゴールデン・グローブ賞でヘンリエッタ賞(世界で最も好かれた女優賞)を受賞したのである。こうして国際スターとなったロロブリジーダだったが、もともとはローマ芸術学院を卒業した芸術家志望で、1950年代から女優活動と並行して写真を撮り続けていた。そして、1960年代からフォト・ジャーナリストとしての道を模索し、1970年代には世界中を飛び回り、時のキューバ首相フィデル・カストロ、アメリカ国務長官ヘンリー・キッシンジャー、20世紀を代表する天才画家サルバドール・ダリなど、各界の著名人からのインタビュー集を発表。自ら創作した大理石や銅製の彫刻をパリやベネチアなどの個展で展示し、その収益の一部を国境なき医師団やUNICEFに寄付した他、国連の親善大使を務めるなどした。そんなロロブリジーダは後年のインタビューで、デビュー当時も出演料1,000リラでの映画出演オファーに対して、100万リラを要求した事を告白。億万長者ヒューズからの誘いについて聞かれると「すべての財産を投げ打ってくれるなら、結婚を考えてもいいわ」と突っぱねた事を明かしている。そして彼女は「これまでの人生で妥協した事はない。いつも独立を守り続けてきたわ。自由な心と豊かな想像力が、私に強さとバイタリティーをもたらしているの」と誇らしげに語ったのだった。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)


リー・ヴァン・クリーフ              ジーナ・ロロブリジーダ

今回はエウヘニオ・マルティン(ジーン・マーティン)監督1971年製作「無頼プロフェッショナル(E CONTINUAVANO A FREGARSI IL MILIONE DI DOLLARI)」をピックアップする。マカロニ・ウエスタン傑作「ガンクレイジー(1966年)」のスペイン人監督エウヘニオ・マルティンが、「夕陽のガンマン」「怒りの荒野」のリー・ヴァン・クリーフを主演に「北北西に進路を取れ(1959年/アルフレッド・ヒッチコック監督)」の名優ジェームズ・メイソン、イタリアの大御所女優ジーナ・ロロブリジーダ、「二匹の流れ星」の人気俳優ジャンニ・ガルコ、「さすらいのガンマン」のアルド・サンブレルなど豪華俳優陣を迎えて製作した西部劇だ。


ジェームズ・メイソン                ジャンニ・ガルコ

【ストリー】
銀行から大金を盗んだ4人組の強盗一味は、それぞれ分け前を受け取った後に解散するが、列車の中で美女(ジーナ・ロロブリジーダ)に一目惚れしたリーダーのキング(リー・ヴァン・クリーフ)は、まんまと彼女に金を奪われてしまう。しばらくして、強盗一味のメンバーは或る仕事の為にキングに呼び出され、再び集合した。その仕事とは、メキシコ軍の武器庫を爆破するというもので、強盗一味は依頼主のフランシスコ・モンテーロ(ジェームズ・メイソン)と面会。するとそこに、キングを騙した美女が”モンテーロ夫人”として現れたのだった。


アルド・サンブレル               セルジオ・ファントーニ

題名:E CONTINUAVANO A FREGARSI IL MILIONE DI DOLLARI
英題:BAD MAN’S RIVER
邦題:無頼プロフェッショナル
監督:エウヘニオ・マルティン
製作:バーナード・ゴードン
脚本:ジーン・マーティン、フィリップ・ヨーダン
撮影:アレハンドロ・ウジョア
音楽:ワルド・デ・ロス・リオス
出演:リー・ヴァン・クリーフ、ジェームズ・メイソン、ジーナ・ロロブリジーダ、ジャンニ・ガルコ、サイモン・アンドリュー、ジェス・ハーン、ダイアナ・ロリス、ダニエル・マーティン、ルイス・リヴェラ、アルド・サンブレル、セルジオ・ファントーニ
1971年イタリア・スペイン/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム [日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 48号 2018年 2/11号 [分冊百科]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


無頼プロフェッショナル(E CONTINUAVANO A FREGARSI IL MILIONE DI DOLLARI)

無頼プロフェッショナル(E CONTINUAVANO A FREGARSI IL MILIONE DI DOLLARI)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

映画「さすらいの盗っ人野郎・サンタナ」



ジャンニ・ガルコ                ウィリアム・ボガート

今回はラファエル・ロメロ・マルチェント監督1970年製作「さすらいの盗っ人野郎・サンタナ(LO IRRITARONO…E SANTANA FECE PIASSA PULITA)」をピックアップする。
本作は「砂漠に血を吐け(1966,年)」の初登場以来、数々の亜流作品が作られた”サルタナ・シリーズ”の一作。主演は”元祖サルタナ”であるジャンニ・ガルコだが、キャラクター権の関係で主人公の名前は”サンタナ”となった。

映画界で活躍したマルチェント一家
本作のラファエル・ロメロ・マルチェント監督は、映画会社”Intercontinental Films”の創立者でプロデューサー、また映画雑誌”ラジオ・シネマ”を1938年から25年間にわたって発行していた映画人ホアキン・ロメロ・マルチェントの息子である。そんな環境に生まれ育ちながらも、当初は医者を目指していたラファエルは、1947年から俳優として映画に出演し始め、1958年から助監督として製作に参加。そして1965年、クレイグ・ヒルを主役にしたマカロニ・ウエスタン”Il destino di un pistolero”で監督デビューを果たしたのだった。その後、「荒野の死闘(1968年)」などのマカロニ・ウエスタンを含む約30作の監督を務めたほか、16作で脚本も執筆している。本作の原案・脚本を担当した実兄ホアキン・ルイスも、監督・脚本家であり、マカロニ・ウエスタン幕開け時代の「墓標には墓標を(1964年)」を監督、ラファエルと共に原案・脚本も担当したほか、「追跡者ガリンゴ(1969年)」などでもコンビを組んだ。さらに、ラファエルの弟であるカルロスは、12歳から子役として活躍。「墓標には墓標を」にも出演し、本作ではドナルド役(無法者一家リチャード・カービーの息子)を演じている。妹のアナも映画業界の製作マネージャーである。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 46号 2018年 1/14号 [分冊百科]


クリス・ヒュエスタ               マリア・シルヴァ

【ストリー】
10万ドルを奪った強盗容疑で保安官たちに追い詰められた盗っ人コンビのサルタナ(ジャンニ・ガルコ)とマルコス(ウィリアム・ボガート)。彼らはその10万ドルを持って姿を消した仲間のバートン兄弟(ラフ・バルダッサーレ)から、金を奪い返す計画を練っていた。自らが囮となってサンタナを逃したマルコスは逮捕されるが、保安官補のスミス(クリス・ヒュエスタ)にその計画を告白。儲け話に乗ったスミスによって釈放されたマルコスは、バートン兄弟の手掛かりを得るべくブラックフットという町に向かい、一足先に来ていたサンタナと合流するのだった………。

題名:LO IRRITARONO…E SANTANA FECE PIASSA PULITA
邦題:さすらいの盗っ人野郎・サンタナ
監督:ラファエル・ロメロ・マルチェント
脚本:サンチャゴ・モンガタ、ホアキン・ルイス・ロメロ、マリオ・アラビソ
撮影:グリエルモ・マンコーリ
編集:アントニオ・ラミレス
音楽:マルチェロ・ジョンビーニ
出演:ジャンニ・ガルコ、ウィリアム・ボガート、マリア・シルヴァ、クリス・ヒュエスタ、アンドレス・メフート、チャーリー・ブラフォー、カルロス・ロメロ・マルチェント、ラフ・バルダッサーレ
1970年イタリア・スペイン/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム  [日本劇場未公開]
さすらいの盗っ人野郎・サンタナ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


さすらいの盗っ人野郎・サンタナ(LO IRRITARONO…E SANTANA FECE PIASSA PULITA)

さすらいの盗っ人野郎・サンタナ(LO IRRITARONO…E SANTANA FECE PIASSA PULITA)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

マカロニウエスタン傑作映画DVD「増える賞金、死体の山」


ジャンニ・ガルコ

朝日新聞出版より9月28日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第39号が届いた。二作品のうち今回はジュゼッペ・ロサティ監督1973年製作「増える賞金、死体の山(CAMPA CAROGNA LA TRAGLIA CRESCE)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 39号 2017年 10/8号 [分冊百科]


「増える賞金、死体の山(CAMPA CAROGNA LA TRAGLIA CRESCE)」

ジャンニ・ガルゴのサルタナが甦る!
本作の主役コーランを演じたジャンニ・ガルゴは、当たり役となった”サルタナ”シリーズを含めた16本のマカロニ・ウエスタンに出演している。本作以降のガルゴは、ホラー、SF、コメディと幅広い役柄に挑戦し、1999年から放映されたイタリアの昼ドラマ「Vivere(1999~2008年)で」演じたドクター役で、若い世代のファン獲得にも成功した。2012年、映画祭に出席かる為、40数年ぶりに数々のマカロニ・ウエスタンのロケ地となったスペインのアルメリアを訪れたガルゴは、「町はすっかり変わってしまった。だが、風景は全く変わらない」と回想。「映画会社が大きな予算を組み、僕が準主役を務めた史劇映画”Saul and David(1964)”はヒットせず、現地で見つけたバックパックを背負った長身の男が主演した低予算映画”荒野の用心棒(1964年)”が世界的大ヒットとなった…..」と語ったガルゴは、「サルタナはカウボーイではなく、ギャンブラー。エレガントでミステリアスな男だ。彼のスタイルは今日も色褪せない。普遍的なキャラクターだ」とコメントしている。そんなガルゴは。「黄金の三悪人(1967年)などの」エンツォ・G・カステラッリ監督が製作準備を進めている新作マカロニ・ウエスタン「Keoma Rises」で、再びサルタナ役を演じる事が決まっている。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

増える賞金、死体の山
スティーヴン・ボイド                サイモン・アンドリュー

脇役を好んだ名優スティーヴン・ボイド
本作で、チャドウェル大佐を演じたスティーヴン・ボイドは、1931年に北アイルランドで誕生。舞台経験を積んだ後、大きなステージに憧れて移り住んだロンドンで、チャンスを掴み映画界へ。数本の映画とテレビ出演を経て、チャールトン・ヘストン主演の不朽の名作「ベン・ハー(1959年)」の敵役メッサラ役に大抜擢された。名匠ウィリアム・ワイラー監督がボイドに惚れ込み、彼が専属契約を結んでいた20世紀フォックスに交渉した結果であった。同作でゴールデン・グローブ賞助演賞に輝いたボイドは、1962年のミュージカル映画「ジャンボ」で華麗なダンスと美声を披露。SF大作「ミクロの決死圏(1966年)」では主役のグラントを演じるといった活躍を続けたが、1970年代に入ると活動の軸をハリウッドからヨーロッパへと移していった。
1976年のインタビューでボイドは次の様に語っている。「大手の映画会社は私をスターとして扱い、主役にしようとしていた。彼らの目には私がスターとして映っていたのだろう。しかし、私はスターではなかった。私はバイプレーヤーです。選択出来る場合は常にバイプレーヤーを選びました。「ベン・ハー」の頃は若造で自分のやっている事がよく分からず、刑務所で刑に服する様なものでした」…..。その反面で「大手の映画会社は、今後、中年となった等身大の私をキャスティングする事になるかもしれない」と語っていたボイドだったが、1977年、アメリカの人気テレビシリーズ「ハワイ5-O」のゲスト出演直後りゴルフラウンド中、心臓発作らより、45歳の若さでこの世を去っている。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


「増える賞金、死体の山(CAMPA CAROGNA LA TRAGLIA CRESCE)」

「増える賞金、死体の山(CAMPA CAROGNA LA TRAGLIA CRESCE)」

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「増える賞金、死体の山」当ブログ2014年10月6日公開

増える賞金、死体の山増える賞金、死体の山
ジャンニ・ガルコ

今回はジュゼッペ・ロサティ監督1973年製作「増える賞金、死体の山(CAMPA CAROGNA LA TRAGLIA CRESCE)」をピックアップする。
賞金稼ぎでアラーの神を崇拝するコーランを演じる「二匹の流れ星」のジャンニ・ガルコが、バイプオルガン機関砲=「サルタナがやって来る」から傘型マシンガン(GUNブレラ)を炸裂させる痛快マカロニウエスタン日本劇場未公開作品だ。

増える賞金、死体の山
傘型マシンガン(GUNブレラ)

【ストリー】
メキシコとの国境に近いテキサスで、馬車がメキシコの盗賊たちに襲撃されて、大量の武器と弾薬、そして軍医の娘が強奪されるという事件が発生。自らイスラム教徒と称し、マシンガンを仕込んだ日傘を武器に持つユニークな一匹狼の賞金稼ぎコーランと、アメリカ騎兵隊将校のチャドウェルら3名は、ただちに盗賊団のあとを追ってメキシコへと向かう。そして彼らは、山中に巨大な要塞を築いていた盗賊団の黒幕ロペス将軍と対決する・・・。

増える賞金、死体の山増える賞金、死体の山

題名:CAMPA CAROGNA LA TRAGLIA CRESCE
邦題:増える賞金、死体の山
監督:ジュゼッペ・ロサティ
脚本:ジュゼッペ・ロサティ、エンリケ・ロヴェット、カルロ・ヴェオ
撮影:ゴドフレード・パチェコ
音楽:ニコ・フィデンコ
出演:ジャンニ・ガルコ、スティーブン・ボイド、ハワード・ロス、サイモン・アンドリュー、ハリー・ベアード、テレサ・ギンペラ、ダニエル・ヴァルガス
1973年イタリア・スペイン・アメリカ/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム[日本劇場未公開]
増える賞金、死体の山 [DVD]

増える賞金、死体の山増える賞金、死体の山
「増える賞金、死体の山(CAMPA CAROGNA LA TRAGLIA CRESCE)」

「増える賞金、死体の山(CAMPA CAROGNA LA TRAGLIA CRESCE)」

1 2 3 4