映画「黒い賭博師 悪魔の左手」


小林旭                    広瀬みさ、横山道代

今回は中平康監督1965年製作「黒い賭博師 悪魔の左手」をピックアップする。
賭博師シリーズ第8弾の本作は、”無国籍色”が強く、パンドラ王国の俳優が全員日本人というのが何とも言えない。リアルタイムで劇場で見てはいないが、パロディを狙ったものなのか大真面目なのか理解に苦しむ。


パンドラ王国の人々

【ストリー】
回教国パンドラ王国の若い国王アブダラ三世(大泉滉)は、野心に燃える賭博大学の技術部長“教授”(二谷英明)にあやつられて、すべてのギャンブルを国営化し、その利益で水爆を買入れ、世界を支配しようとしていた。そして、この計画の第一歩になる日本のギャンブル市場の獲得に邪魔なギャンブラー氷室(小林旭)を亡きものにしようと、氷室に対決させるべく選りすぐった三人のギャンブラーと親衛隊を極秘裡に日本に潜入させた。ところがこの馬鹿気た計画を知り、何とかこれを思いとどまらせようというアブダラ三世の第二王妃チューリップこと春野うらら(広瀬みさ)は、彼等の計画を断念させるために氷室を護ろうと、彼のあとをつきまとった。そんな氷室に盲目のギャンブラー第一号(天坊準)がダイスで勝負を挑んだ。しかし氷室は、巧みに隠された第一号のイカサマを見破り、敗れた第一号は彼をつけていた親衛隊のために殺された。続いて日本の暴力団のボス蒲郡をポーカーで散々の目にあわせた少年第二号(ジュディ・オング)が、一度目はボーリングで、二度目は競艇で氷室に勝負を挑んできたが、これも少年が敗れ、少年は親衛隊に殺された。この間氷室をやぶる科学的データーを記した“ファイル8”を持つうららは、これを取返しに来た教授一味に狙われていた。一方の氷室は、教授につきそわれた第三号ど呼ばれる婆さんと地下室の賭博場で対決していた。婆さん(原泉)の奇策で氷室は負け続けた。
が、その時、氷室を慕う女、時子(横山道代)が回教徒が忌み嫌う豚をもって、とびこんできた。この奇襲に落着きを失った婆さんは、それ以後氷室に敗け続け、勝負は氷室の逆転勝ちとなった。氷室は、この密閉された部屋に爆薬が仕かけてあるのを知り、外にひそませていた彼の子分チョンボ(鈴木ヤスシ)の助けで時子、うららたちと部屋を脱出した。運のつきたのを悟った教授は残り、数分後そのまま部屋は爆破された。この計画の失敗で、アブダラ三世もめざめ、もとの平凡な国王に帰った。大任を果した氷室は、またあてどないギャンブルの旅にでていくのだった。


鈴木やすし                    ジュディ・オング

題名:黒い賭博師 悪魔の左手
監督:中平康
企画:児井英生
製作:亀井欽一
脚本:小川英、山崎忠昭
撮影:山崎善弘
照明:高島正博
録音:神保小四郎
美術:松井敏行
特技:金田啓治
編集:丹治睦夫
音楽:伊部晴美
現像:東洋現像所
製作主任:亀井欽一
助監督:村田啓三
色彩計測:畠中照夫
スチール:浅石靖
出演:小林旭,、二谷英明、鈴木やすし、広瀬みさ、横山道代、二谷英明、浜川智子、山崎忠昭、谷村昌彦、大泉滉、ジュディ・オング、原泉、天坊準、郷英治、神田隆
1965年日本・日活/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
黒い賭博師 悪魔の左手 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


横山道代、谷村昌彦                    小林旭、二谷英明