映画「続・荒野の七人」


ロバート・フラー、ユル・ブリンナー 「続・荒野の七人(RETURN OF THE SEVEN)」

ユル・ブリンナー                  ロバート・フラー

今回はバート・ケネディ監督1966年製作「続・荒野の七人(RETURN OF THE SEVEN)」をピックアップする。
本作の撮影は前作のアメリカからスペイン・バレンシア州アリカンテとマドリッドのブロンストンスタジオで行われた。
どおりでマカロニウエスタンで見慣れた風景やロケセットに見覚えがある。本作は原作(七人の侍)にはない内容で、以降「新・荒野の七人 馬上の決闘(1969年)」「荒野の七人・真昼の決闘(1972年)」の続編が作られた。


クロード・エイキンズ

【ストリー】
19世紀も終わりに近いころのメキシコ。貧しい農民たちが砂漠に囲まれた不毛の土地にしがみついて細々と暮しをたてていた。ある日、そのあたり一帯を勢力下に治め悪業の限りをつくしている男ロルカ(エミリオ・フェルナンデス)一味が村を襲い、男たちをひっ捕らえて消えた。ロルカは戦いで破壊された自分の領地を再生しようと、農夫を集め奴隷のように労働させていたのだ。捕えられた男の中には、かつて6人の仲間と村人のために馬賊と闘った経験のあるガンマン、チコ(ジュリアン・マテオス)がいた。彼は村娘ペトラと結ばれて以来、平和な農村生活を送っていたのだった。その頃、チコの昔の仲間クリス(ユル・ブリンナー)とビン(ロバート・フラー)は近くの町で闘牛見物に興じていた。そこへチコの危急の報が1人の少年によってもたらされた。ふたりは早速村へ急行すべく仲間集めを開始した。昔の仲間は4人とも馬賊との戦いで死んでしまったから、新たに屈強のガンマンを探さねばならなかった。しかし、それは雑作なかった。たちまちそれぞれ腕に一癖ある男たち、フランク、ルイ、コルビー(ウォーレン・オーツ)、マヌエルの4人が仲間となった。クリスたちがロルカの本拠“悪魔の背骨”に騎首を進めている頃、チコは300人の農民とロルカの牢から脱出に成功していた。チコと合流して昔どおりの7人にかえった一同は、村人を指揮して教会を急ごしらえの砦に改変し、敵の襲撃を待った。戦いは翌朝を皮切りに、2回3回と続いた。7人の果敢な攻撃は重装備で騎馬に乗ったロルカ一味をかきまわし、決戦を次の日の朝に持ちこした。敵の背後に回ったマヌエルの投じたダイナマイトで一味は大半壊滅した。猛り狂ったロルカもクリスの正確な一発で倒された。再び平和を取り戻した村に響く鐘楼の鐘の音は、壮烈な死をとげたフランクやルイを追悼し、去って行くクリスとビンを惜しんでいるようであった。


エミリオ・フェルナンデス

題名:RETURN OF THE SEVEN
邦題:続・荒野の七人
監督:バート・ケネディ
製作:テッド・リッチモンド
脚本:ラリー・コーエン
撮影:ポール・C・ヴォーゲル
編集:バート・ベイツ
音楽:エルマー・バーンスタイン
撮影機材:パナビジョン
現像:FOTOFILM ESPANA プリント:デラックス
出演:ユル・ブリンナー、ロバート・フラー、ジュリアン・マテオス、ロゼンダ・モンテロス、ウォーレン・オーツ、エミリオ・フェルナンデス、クロード・エイキンズ、フェルナンド・レイ、ジョーダン・クリストファー
1966年アメリカ/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
続・荒野の七人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


続・荒野の七人(RETURN OF THE SEVEN)

フェルナンド・レイ、ジュリアン・マテオス、ロゼンダ・モンテロス

マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「黄金の棺」

黄金の棺第三の男
ジョセフ・コットン         「第三の男」のジョセフ・コットン

朝日新聞出版より9月29日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第13号が届いた。二作品のうち今回はセルジオ・コルブッチ監督1966年製作「黄金の棺」をピックアップする。本作は、オーソン・ウェルズの初監督作「市民ケーン(1941年)で映画デビューを果たし「第三の男(1949年)」「黒い罠(1958年)に出演したジョセフ・コットンが主演したマカロニ・ウエスタンだ。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 2016年 10/9号[分冊百科]

黄金の棺黄金の棺
ノーマ・ベンゲル、ジーノ・ペルニス        アルド・サンブレル

ジョセフ・コットンが出演した「黄金の棺」の姉妹作
「黄金の棺」をプロデュースしたアルバート・バンドは、1958年にウィル・クックが発表した小説「Guns of North Texas」の映画化権を買い取り、本作の他に「荒野の渡り者(1965年)」という映画も製作している。同じ小説が原作であることで、同作の主人公も南北戦争直後の南部の男とその子供たちなのだが、バンドはこちらの”頑固オヤジ”テンプル役にもジョセフ・コットンを指名。テンプルに娘との結婚を反対される恋人チャーリー役に、この翌年「続・荒野の用心棒」のジャンゴ役で大ブレイクを果たすこととなるフランコ・ネロを起用している。「黄金の棺」のメガホンをセルジオ・コルブッチに託したバンドは、この「荒野の渡り者」では監督も担当(マリオ・セクィとの共同監督)。その後も1983年に息子チャールズとともにエンバイア・ピクチャーズを設立し、数々のB級アクションやホラー映画を世に送り出すのであった。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

黄金の棺黄金の棺

主人公が名乗った”ヘルベンダース”とは?
「黄金の棺」で、敗北した南軍の再興をもくろむジョナスは、現金輸送隊の襲撃に成功した直後、日本語字幕では省略されているが、我々”ヘルベンダース(Hellbenders)”のことを忘れている」と語る—–。
「何があっても考えを変えない」という意味の「hell-bent」に由来する「hellbender」とは、「向こう見ずな人」「強情な人」という意味のほか、アメリカ中東部の川に生息する「アメリカオオサンショウウオ(アメリカハンザキ)」を表す言葉でもあるのだ。こうしたことから、南軍再興、新政府樹立という大志を決して諦めないジョナスは、自分たちのことを「ヘルベンダース」と名乗り、デザイン化したヘルベンダーをシンボルマークとして採用。そのバッジをカーボーイハットに付けていたのである。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)

黄金の棺黄金の棺
ノーマ・ベンゲル、ジーノ・ペルニス          ジョセフ・コットン
黄金の棺黄金の棺
※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「黄金の棺」当ブログ2015年4月29日公開
黄金の棺黄金の棺
ジョセフ・コットン             ノーマ・ベンゲル、ジーノ・ペルニス

今回はセルジオ・コルブッチ監督1966年製作「黄金の棺(THE HELLBENDERS)」をピックアップする。主演は「第三の男」の名優ジョセフ・コットンだ。
共演は「さすらいのガンマン」のアルド・サンブレル「続・荒野の用心棒」のジーノ・ペルニスが脇を支えている。

黄金の棺黄金の棺

【ストリー】
南北戦争直後、一台の馬車が荒野を行く。そこへ北軍の輸送部隊が。馬車を臨検する北軍兵士。馬車には棺がひとつ。ナッシュビルで戦死した南軍兵士のもので、その兵士の未亡人とエスコートのガイドの男が同乗していた。同胞の棺とあって気にも留めずにそのまま進む北軍の輸送部隊。だが川原で4人の男たちに待ち伏せされてダイナマイトとライフルで襲撃されて30人の兵士たちは川の水を血で真っ赤に染めて全滅する。ジョナスは南軍兵士で、北軍の軍資金を奪い故郷へ戻って敗軍である南軍を立て直すのが目的だった。男たちは彼の息子たちで棺に隠した奪った軍資金を運ぶという筋書きだが、道中にいろいろな障害が生まれていく。まずは未亡人に化けたキティがアル中で使い物にならない。北軍のパトロールに怪しまれてばれそうになったり馬車を暴走させて、ついにジョナスの息子のジェフにナイフで惨殺される。女が居なくなったら道中が困るジョナスは代役の女を捜しに町へ入る。そしていかさまカードで騙したクレアをキティの代役に充てる。自警団の尋問やメキシコ山賊の襲撃など苦難の旅がジョナスたちの前に立ちはだかる・・・・。

黄金の棺黄金の棺
アルド・サンブレル

題名:I CRUDELI/THE HELLBENDERS/THE CRUEL ONES
邦題:黄金の棺
監督:セルジオ・コルブッチ
製作:アルバート・バンド
脚本:ルイス・ガーフィンクル、ウーゴ・リベラトーレ
撮影:エンツィオ・バルボーニ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ジョセフ・コットン、ノーマ・ベンゲル、ジーノ・ペルニス、エンジェル・アランダ、マリア・マーティン、ジュリアン・マテオス、ジーノ・ペルニス
1966年イタリア・西ドイツビスタサイズ・イーストマンカラー92分35mmフィルム[日本劇場未公開]
黄金の棺 [DVD]

黄金の棺黄金の棺
黄金の棺(THE HELLBENDERS)