映画「レッド・スパロー」


ジェニファー・ローレンス                ジョエル・エドガートン

今回はフランシス・ローレンス監督2018年製作「レッド・スパロー(RED SPARROW)」をピックアップする。
本作は、33年間CIAで工作員をしていたジェイソン・マシューズ原作のスパイ小説を映画化した女性スパイもの。
2017年に製作された「アトミック・ブロンド」とは対照的に、アクションシーンが少ないが、心理ゲームの展開が面白味を出している。


マティアス・スーナールツ

【ストリー】
事故によりバレリーナの道を絶たれてしまったドミニカ(ジェニファー・ローレンス)は、母を守るために自分の意に反して、ロシア政府が極秘裏に組織した諜報機関の一員になることを決意する。自らの肉体を使った誘惑や心理操作などを駆使し、情報を盗み出す女スパイ<スパロー>になるための訓練を受けるドミニカ。やがて、持ち前の美貌と明晰な頭脳で頭角を現したドミニカは、ロシアの機密事項を調査するCIA捜査官ナッシュ(ジョエル・エドガートン)に近づきミッションを実行。ふたりのスパイは互いに惹かれ合いながらも、騙し合いの連鎖へと陥っていく……。


レッド・スパロー(RED SPARROW)

題名:RED SPARROW
邦題:レッド・スパロー
監督:フランシス・ローレンス
製作総指揮:メアリー・マクラグレン、デイビッド・レディ、ギャレット・バッシュ
製作:ピーター・チャーニン、スティーブン・ザイリアン、ジェンノ・トッピング
原作:ジェイソン・マシューズ
脚本:ジャスティン・ヘイス
撮影:ジョー・ウィレムズ
編集:アラン・エドワード・ベル
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ジェニファー・ローレンス、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズ
2018年アメリカ/シネスコサイズ・カラー140分デジタルシネマ
レッド・スパロー -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


レッド・スパロー(RED SPARROW)

映画「ジェーン」


ナタリー・ポートマン                               ジョエル・エドガートン

今回はギャヴィン・オコナー監督2016年製作「ジェーン(JANE GOT A GUN)」をピックアップする。
本作はナタリー・ポートマンが製作・主演を務めたハリウッド西部劇だが、本物の風景を舞台にしていても、脚本が良くない。
やたらに回想シーンが多く、構成も悪い作品だった。
1995年に作られた「クイック&デッド」の方が、ハリウッド・ウエスタンとして遥かに上回っている。
それにしてもハリウッドの女優さんは、どうして西部劇へのステータスを持ち合わせているのだろうか?
シャロン・ストーンにしてもナタリー・ポートマンにしてもプロデュースを買って出る程の熱の入れようだ。


ユアン・マクレガー

【ストリー】
アメリカ西部の荒野で、ジェーン(ナタリー・ポートマン)は夫ハム(ノア・エメリッヒ)と娘と暮らしていた。しかしある日、悪名高きビショップ一家の首領ジョン・ビショップ(ユアン・マクレガー)にハムが撃たれ瀕死の状態となり、穏やかな暮らしが一変する。強欲で執念深いビショップの恐ろしさを知るジェーンは、家族を守るために、南北戦争のときに活躍したかつての恋人ダン(ジョエル・エドガートン)にすがる思いで助けを求める。敵が迫りくる中、それぞれの過去が明らかに。ジェーンは愛のために戦うことを決意し、銃を手に取る――。

題名:JANE GOT A GUN
邦題:ジェーン
監督:ギャヴィン・オコナー
製作:ナタリー・ポートマン、エイリーン・ケシシアン、ザック・シラー、スコット・ステインドルフ、スコット・ラステティ、テリー・ダガス、メアリー・リージェンシー・ボーイズ
原案:ブライアン・ダッフィールド
脚本:ブライアン・ダッフィールド、アンソニー・タムバキス、ジョエル・エドガートン
撮影:マンディー・ウォーカー
美術:ティム・グリムス、ジム・オバアーランダー
配役:ビリー・ホプキンス
編集:アラン・コディ
音楽:マルチェロ・デ・フランシス、リサ・ジェラルド
撮影機材:パナビジョン
フィルム:イーストマンコダック
現像:デラックスカラー
出演:ナタリー・ポートマン、ユアン・マクレガー、ジョエル・エドガートン、ノア・エメリッヒ、ロドリゴ・サントロ ボイド・ホルブルック
2016年アメリカ/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
ジェーン -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ジェーン(JANE GOT A GUN)

映画「ゼロ・ダーク・サーティ」

ZERO DARK THIRTYZERO DARK THIRTY

今回はキャスリン・ビグロー監督の公開中作品「ゼロ・ダーク・サーティ(ZERO DARK THIRTY)」高評価作品sをピックアップする。本作は第85回アカデミー賞(作品賞・主演女優賞・編集賞)を受賞し、日本では2013年2月15日から公開された。製作費は$40,000,000である。

作品リスト

ZERO DARK THIRTYZERO DARK THIRTY

内容はテロ組織アルカイダの指導者ビンラディンの殺害までの全貌を徹底したリアルティで描き出す。劇映画では長めの上映時間2時間38分がアッという間だった。
私は渋谷TOHO シネマズ Screen2(7F)のデジタル上映で観た。
撮影監督のグレイグ・フレイザー氏は、前作「ハートロッカー(THE HURT LOCKER)」でスーパー16mmフィルムカメラを使用したが、本作はARRIFLEX ALEXAによるデジタルデータ撮影を行った。
前作同様に4台のカメラを一度に廻して180万フィート(フィルム換算)=約320時間を撮ったそうだ。レンズはCOOKE S4 PRIME LENSESを使用している。

ARRI Alexa
Arriflex  Alexa  Camera

撮像素子:スーパー35mmフォーマットCMOSセンサー(ALEV III)
レンズマウント:PLマウント
感度:EI 160~2580(標準 EI 800)
HD-SDI出力:非圧縮HDおよびARRIRAW
質量:約6.2kg(本体のみ)

※このカメラはビデオカメラではない。映画用データカメラである。
※もはやラチチュードは13ストップを確保出来るのでフィルムカーブとの差異は見当たらない。

COOKE S4
Cooke S4Prime Lenses
12/14/16/18/21/25/27/32/35/40/50/65/75/100/135/150/180mm

ZERO DARK THIRTYZERO DARK THIRTY

撮影はインドのチャンディーガルで行われチャンディーガルの一部はパキスタンのラホールと2011年5月に実際にビン・ラーディンが発見・殺害されたアボッターバードとして設定したそうだ。隠れ家は正確なレプリカというから事実に相当こだわる姿勢に感銘する。

ZERO DARK THIRTYZERO DARK THIRTY
ジェシカ・チャステイン

執念でビンラディンを追跡する主人公マヤを演じるジェシカ・チャステインのアカデミー賞主演女優賞には納得が行く。アメリカ政府が隠し続けた衝撃の 真実とオサマ・ビンラディンを追い詰めたのが実在の若い20代女性だったという事に驚く。是非、劇場で観る事をお奨めする高評価作品だ。

【ストリー】
ビンラディンの行方を追うものの、的確な情報を得られずにいる捜索チーム。
そこへ、人並み外れた情報収集力と分析力を誇るCIAアナリストのマヤ(ジェシカ・チャスティン)が加わることに。しかし、巨額の予算を投入した捜査は一 向に進展せず、世界各国で新たな血が次々と流されていく。そんな中、同僚の一人が自爆テロの犠牲となって命を落としてしまう。
それを機に、マヤの中でビンラディン捕獲という職務が狂気じみた執心へと変貌。
ついに、彼が身を隠している場所を特定することに成功するが……。

ZERO DARK THIRTYZERO DARK THIRTY

題名:ZERO DARK THIRTY
邦題:ゼロ・ダーク・サーティ
監督:キャスリン・ビグロー
脚本:マーク・ボール
製作:マーク・ボール、キャスリン・ビグロー、ミーガン・エリソン
製作総指揮:コリン・ウィルソン、グレッグ・シャピロ、テッド・シッパー
撮影:グレイグ・フレイザー
編集:ウィリアム・ゴールデンバーグ、ディラン・ティチェナー
音楽:アレクサンドル・デスプラ
製作会社:アンナプルナ・ピクチャーズ
配給:コロンビア映画(日本:ギャガ)
出演者:ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク、ジョエル・エドガートン、マーク・ストロング、クリス・プラット、カイル・チャンドラー
2012年/アメリカ/ビスタサイズ・カラー157分デジタルシネマ
ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ZERO DARK THIRTY
キャスリン・ビグロー監督