映画「太平洋の地獄」


太平洋の地獄(HELL IN THE PACIFIC)

三船敏郎                           リー・マービン

今回はジョン・ブアマン監督1968年製作「太平洋の地獄(HELL IN THE PACIFIC)」をピックアップする。
本作は太平洋戦争を背景に、三船敏郎さん演じる日本軍人と、リー・マーヴィンさん演じるアメリカ軍人の2人だけの出演という特異な作品である。撮影はミクロネシアのパラオ島で行われ、三船プロダクションが撮影場所の人的資源、設備、資金の多くを拠出したそうだ。


太平洋の地獄(HELL IN THE PACIFIC)

【ストリー】
第2次世界大戦の末期。南太平洋のカロリン諸島の小島に1人の日本海軍大尉(三船敏郎)が漂着し、飢えと孤独の中で生きる道を求めていた。ある暴風雨の夜、その島にアメリカ海軍少佐(リー・マーヴィン)が救命ボートでたどり着いた。(ここで2人を仮に、その皮膚の色で、ブラウン、アメリカ人をレッドと呼ぶ)2人は、豪雨の中で会った。が互いに、その正体がわからぬまま、ただ不安がつのるばかりだった。翌朝、ブラウンは、救命ボートを発見、昨夜の化物の正体がアメリカ兵であることを知った。灼熱の太陽はレッドの喉を灼いた。そしてついにブラウンが水を貯めてある貯水布に近づいた。ブラウンは眠ったふりをしてレッドをつかまえようとしたが逃げてしまった。そこで、ブラウンは煙でレッドを森からいぶり出すことにした。が、レッドは出てこなかった。翌日、水をめぐって2人の闘いは続いた。そして遂にその翌朝、レッドはブラウンの捕虜となった。しかし、この特殊な環境の中で勝者と敗者にどれほどの違いがあろうか。2人の間には無益な疲労感が残るだけで、ブラウンもレッドを捕虜扱いしている無意味さに気がついた。2人はこの疎外感を救うにはほかの世界へ脱出するしかないという気持ちに到達、筏をくんで外海に出た。そして数日後、ついに第2の島へ着いた。その島にも人影はなかった。が、そこは旧日本軍の陣地であったらしく、建物、軍服、酒、缶詰などが見つかった。生きられたという気持ちがゆとりとなったのか、2人は初めて友情を感じ、酒をのみながら、言葉もわからないままに身の上話を始め、徹夜で騒いだ。そうしているうちに、ブラウンはふと手にしたライフ誌の中に日本兵の死体の写真を見た。ブラウンの心にレッドは敵だという意識がわいた。だが、2人はお互いに闘いの空しさを知っていた。今日もまた島は、南海特有の美しい朝をむかえた。互いに正装し、2人は、敬礼を交わし、それぞれの方に去っていった。


リー・マービン                              三船敏郎

題名:HELL IN THE PACIFIC
邦題:太平洋の地獄
監督:ジョン・ブアマン
製作総指揮:ヘンリー・G・サバースタイン、セリッグ・J・セリッグマン
製作:ルーベン・バーコヴィッチ
脚本:ルーベン・バーコヴィッチ
脚色:アレクサンダー・ジェイコブス、エリック・ベルコビッチ
撮影:コンラッド・ホール
録音:ゴードン・ソーヤー
編集:トーマス・スタンフォード
音楽:ラロ・シフリン
撮影機材:パナビジョン
現像:テクニカラー
協力:三船プロダクション
出演:三船敏郎、リー・マービン
1968年アメリカ/シネスコサイズ・カラー104分70mmフィルム
太平洋の地獄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


太平洋の地獄(HELL IN THE PACIFIC)

映画「未来惑星ザルドス」


ショーン・コネリー

今回はジョン・ブアマン監督1974年製作「未来惑星ザルドス(ZARDOZ)」最悪作品賞をピックアップする。
本作はSF映画としているが、B級カルト映画に見えた。製作予算が100万ドルという事だが、理由にはならないチープさだ。
作品の賛否はいろいろあるが、私には理解でき難い内容だった。あの名優ショーン・コネリーさんが出演している事に驚いた。

【ストリー】
高度成長を遂げた社会は20世紀末に滅び、1990年にボルテックスと呼ばれる新しいコミューンが誕生し、それから300年経って、2293年を迎えた。ボルテックスとは、20世紀末の最高の科学者と知識人が高度な頭脳と技術を結集して作りあげた理想郷だった。ここに住む人たちは年をとらず、霊を基盤とする生活を営み、性欲はなくなっていた。彼らはエターナルス(永遠の人たち)と呼ばれていた。だがボルテックスの社会にも異分子がいた。永遠の生命に耐えられなくなり、痴呆状態で生き続ける恍惚人間たちと、思想的な罪を犯した罰により老人にさせられた人たちだった。ボルテックスと外界とは眼に見えない壁で仕切られていて、何者もボルテックスに侵入することは出来なかった。外界は荒涼たる別世界で、そこには人類の生き残りが獣のような最低の生活を営んでいた。彼らはボルテックスに住む人たちのために耕作をする、いうなれば奴隷で、無制限に繁殖することは許されず、定数をオーバーした場合、エクスターミネイターズ(撲殺者)と呼ばれる屈強な男たちが獣人狩りを行なっていた。また、外界の空中にはエターナルスが獣人たちのために作った巨大な首の形をした神像ザルドスが飛んでいた。獣人たちはザルドスを神と信じ、崇め畏れていたが、エターナルスたちはこれで獣人たちが収穫した穀物を運んでいた。ザルドスを直接にコントロールしているのはアーサー・フライン(ナイオール・バギー)というエターナルスで、ゼッド(ショーン・コネリー)はエクスターミネイターズの隊長だった。ボルテックスのコミューンで幅をきかせているのは女性である。特に指導者コンスエラ(シャーロット・ランプリング)、遺伝学者メイ(セーラ・ケステルマン)、預言者アバロウがほとんどの権力を掌握していた。ある日ゼッドは自分達がザルドスに裏切られていることを知り、ザルドスを操っているボルテックスの秘密を暴く復讐を決意した。ボルテックスに入るためにザルドス内に潜入したゼッドは神像を操るアーサーめがけて発砲、首尾よくボルテックス潜入に成功した。だがたちまち捕われの身となり、取調べを受けることになった。やがてフレッド(ジョン・アルダートン)という男性のエターナルスの案内でボルテックスに住む人たちの生活を見ることが出来た。例えばコミューンの理念を失った痴呆者や、反逆者として老人に転落した人たちの惨めな姿だ。そのフレッドも反対制的な言辞を弄する罪で反逆者の烙印をおされ、老人組に入れられてしまう。一方、遺伝学者メイは、強力な生殖力をもつゼッドに魅せられて、彼を救出した。コンスエラもメイと同じ思いだった。彼女たちは、ゼッドによってすでに枯渇していた性への欲求を呼びさまされたのだ。そのゼッドの眼に映ったボルテックスは、所詮人間の理想郷ではなく、永遠の生命と引きかえに人間性を喪失していた。かくてゼッドは、彼に味方するアバロウやフレッドや生き返ったアーサー・フラインたちの力を借りてボルテックスの人々を解放するために立ちあがった。エクスターミネイターズが生に倦んだエターナルスたちを殺戮し、たちまち周囲は血の海となり死体の山が築かれていく。コンスエラとゼッドはザルドス内に逃げ込み、生きのびた。数ヵ月後、コンスエラが赤ん坊を生んだ。そして次第に老いていく2人。やがてそこには1対の骸骨が転がっていた。

題名:ZARDOZ
邦題:未来惑星ザルドス
監督:ジョン・ブアマン
製作総指揮:チャールズ・オーム
製作:ジョン・ブアマン
脚本:ジョン・ブアマン
撮影監督:ジェフリー・アンスワース
撮影:ピーター・マクドナルド
美術:アンソニー・プラット
衣裳:クリステル・クルーズ・ブアマン
編集:ジョン・メリット
音楽:デイヴィッド・モンロー
撮影機材:パナビジョン
現像:RANK FILM LABORATORIES プリント:デラックスカラー
出演:ショーン・コネリー、シャーロット・ランプリング、セーラ・ケステルマン、ジョン・アルダートン、ナイオール・バギー、ボスコ・ホーガン、ジェシカ・スウィフト、ベアバー・ダウリング、タリストファー・キャッソン、レジナルド・ジャーマン
1974年イギリス/シネスコサイズ・カラー105分35mmフィルム
未来惑星ザルドス -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


未来惑星ザルドス(ZARDOZ)

映画「殺しの分け前」

殺しの分け前殺しの分け前
リー・マーヴィン

今回はジョン・ブアマン監督1967年製作「殺しの分け前/ポイント・ブランク(POINT BLANK)」をピックアップした。
本作はリチャード・スタークの小説「ザ・ハンター」を映画化したものでメル・ギブソン主演「ペイバック(PAYBACK/1998年ブライアン・ヘルゲランド監督)」としてリメイクされた。斬新で実験的な構図、個性的なショットやシャープな演出に裏切者を追うスーツ姿のリー・マーヴィンの渋さがベストマッチする。

殺しの分け前殺しの分け前
リー・マーヴィン          アンジー・ディッキンソン、リー・マーヴィン

【ストリー】
ウォーカー(リー・マーヴィン)は、戦友マルに勧められて密売の金を強奪したが、金額が思ったより少なかったことから、マルは、ウォーカーを倒し、彼の妻リンを連れて逃げ去った。幸い弾は急所をはずれ、ウォーカーは、あやういところを命拾いした。1年後、彼はヨスト(キーナン・ウィン)と名のる男から声をかけられた。彼は、今ではマルが羽振りをきかしていることを語り、分け前を取り戻す手助けをするから、自分が組織を握るのに手を貸してくれと持ちかけ、マルとリンの住所を教えた。ウォーカーは早速、訪ねてみたが、マルはすでにいず、数日後、リンは夫への裏切りを後悔して自殺した。
やがてウォーカーは、リンの妹クリス(アンジー・ディッキンソン)がマルの新しい情婦であり、ナイトクラブを経営していることをつきとめた。クリスを訪ねてウォーカーは、彼女の協力を得てマルを捕まえることができた。しかしマルは、すでに金を全部、彼の組織に収めてしまっていた。そのうえ彼はウォーカーの手をのがれようとしてビルの屋上から転落死。ウォーカーは改めて組織から金を取り戻す決心をした。組織は3人のボスのものだった。まずカーターは、手違いから自分の雇った殺し屋に射殺されてしまった。次のブルースター。彼はアルカトラズ島で金を渡す約束をし、2人は島に渡ったが、金包みを渡す寸前に射殺された。発砲したのはヨストだった。彼も組織のボスの1人だったのだ。彼は、かつてウォーカーに話を持ちかけた通りになったことを語り、今後は一緒に仕事をしよう、と言った。しかしウォーカーが応じないのを知ると、金包みを置いて去っていった。

殺しの分け前殺しの分け前
アンジー・ディッキンソン        リー・マーヴィン、アンジー・ディッキンソン

題名:POINT BLANK
邦題:殺しの分け前/ポイント・ブランク
監督:ジョン・ブアマン
製作:ジャド・バーナード、ロバート・チャートフ
原作:リチャード・スターク
脚本:アレクサンダー・ジェイコブス、デヴィッド・ニューハウス、レイフ・ニューハウス
撮影:フィリップ・ラスロップ
音楽:ジョニー・マンデル
撮影機材:パナビジョン
現像:メトロカラー
出演:リー・マービン、キーナン・ウィン、アンジー・ディキンソン、キャロル・オコナー、ジョン・バーノン、マイケル・ストロング、シャロン・アッカー
1967年アメリカ/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
殺しの分け前 ポイント・ブランク【DVD】
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

殺しの分け前殺しの分け前