マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「ミネソタ無頼」


朝日新聞出版より1月19日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第21号が届いた。二作品のうち今回はセルジオ・コルブッチ監督1964年製作「ミネソタ無頼(MINNESOTA CLAY)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 2017年 1/29号[分冊百科]

「ミネソタ無頼」の元ネタは「座頭市」?
本作の主人公は、実在したとされる、西部開拓時代の伝説的な人物「MINNESOTA CLAY(ミネソタ・クレイ)」である。無類の早撃ちガンマンだったというクレイの生涯を描く映画は、これまでに何度も企画されながら、晩年に負傷して盲目になったという伝説から、実現は難しいと見送られてきた。それが「ミネソタ無頼」によって実現したのは、勝新太郎主演の「座頭市物語(1962年)」を始めとする座頭市シリーズの影響とも言われる。盲目の任客が見事な立ち回りを見せる座頭市シリーズは、海外でも大変な人気を博していたのだ。一方、「ミネソタ無頼」のセルジオ・コルブッチ監督は、1954年に原案。監督を担当した映画「Acque amare」でも失明してしまう主人公を描いており、「殺しが静かにやって来る(1968年)」では声を失った「サイレンス」をヒーローとしている。後のインタビューでコルブッチ監督は「ヒーローに何らかの障害を持たせれば、監督は、それを克服する為の工夫を考え抜く必要が生じる。私は、そのチャレンジが好きなんだ」と語っている。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「「ミネソタ無頼」当ブログ2013年1月2日公開
MINNESOTA CLAYMINNESOTA CLAY
「MINNESOTA CLAY(ミネソタ無頼)」                    キャメロン・ミッチェル

今回はセルジオ・コルブッチ監督1964年製作「ミネソタ無頼(MINNESOTA CLAY)」をピックアップする。本作は今迄紹介したマカロニウエスタン(イタリア製西部劇)と違いハリウッド西部劇を模倣した創成期の作品である。1966年製作の「続・荒野の用心棒(DJANGO)」が同じ監督とは思えないテイストだ。

MINNESOTA CLAYMINNESOTA CLAY
フェルナンド・サンチョ            エテル・ロージョ

マカロニウエスタンで出演しないと淋しい名物キャラクターのフェルナンド・サンチョ氏も往年の作品に比べると若々しい。またセルジオ・コルブッチ監 督作品の女優陣は美しく哀しく屈強なヒロインが登場する。
主演はバイキング映画に出るためにイタリアへ招かれたキャメロン・ミッチェル。

MINNESOTA CLAYMINNESOTA CLAY
ディアナ・マーティン          エテル・ロージョ  フェルナンド・サンチョ

【ストリー】
刑務所を脱獄したミネソタ・クレイ(キャメロン・ミッチェル)は自分の無実を晴らすためにかっての仲間だったフォックス(ジョルジュ・リヴィエール)がい るメサの町に向っていた。途中でならず者たちに襲われていたエステラ(エテル・ロージョ)の命を救う。 メサの町はフォックスのグループとメキシコ人オルチス(フェルナンド・サンチョ)が激しく町の支配を巡って争っていた。エステラはオルチスの情婦だったの だ。そしてメサの町に到着したクレイはここで全てを悟る。 旧友のジョナサン(アントニオ・カザス)がクレイに語ったのは―メサの町にいたフォックスは18年前にクレイの恋人だったエリザベスの横恋慕を抱きその思 い叶わぬと知るや、エリザベスを殺し、クレイに殺人の濡れ衣を着せ自分は正義の仮面を被って保安官となっていた。 しかも町で見かけたナンシー(ディアナ・マーティン)という娘が持っていた金貨のお守りはクレイがエリザベスに渡した愛の証だった。ナンシーはクレイの実 の娘だった。ナンシーはジョナサンが引き取り大切に育てられたいた。そこへ山賊のオルチスが雪崩れ込みフォックスと争ったが、オルチスたちフォックスに倒 された。もう町は完全にフォックスに手中に落ちたのだ。クレイはフォックスに対決を挑むが、クレイの「持病」が悪化したのだ。 獄中にいた時からクレイは眼病を患い、盲目になってしまったのだ。彼は死を覚悟してジョナサンの名前で脱獄したドラナー刑務所にクレイが町に居ると便りを 出せさせる。こうすればクレイが死んでも自分の賞金はジョナサンが手にする事ができるからだ。クレイはハンディをなくすために月の出ていない闇夜にフォッ クスたちを誘い出し、彼等の物音や足音を自分の耳を頼りにひとりずつ倒して行く。だがクレイも決闘で傷つき、最後のひとり、フォックスを倒したクレイもそ の場で崩れる・・・。

MINNESOTA CLAY
メサの町“になったオープンセット

本作の”メサの町”になったセットは、スペインの首都マドリードの北にあるオヨ・デ・マンツァナーレスのオープンセットで撮影された。 「荒野の用心棒(1964年)」、「荒野の棺桶(1966年)」、「情無用のコルト(1967年)などで撮影されたが、1970年代半ばに取り壊されたそうだ。

題名:MINNESOTA CLAY
邦題:ミネソタ無頼
監督:セルジオ・コルブッチ
脚本:アドリアーノ・ボルツォーニ、セルジオ・コルブッチ
撮影:ホセ・F・アグアイヨ
美術:カルロ・シミ
音楽:ピエロ ピッチオーニ
出演:キャメロン・ミッチェル、ジョルジュ・リヴィエール、アントニオ・カサス、エセル・ロホ、ダイアナ・マーティン、アンソニー・ローズ
1964年イタリア ・フランス ・ スペイン合作/ヨーロッパ・ビスタサイズ(1.66:1)・カラー89分35mmフィルム
ミネソタ無頼[DVD]


MINNESOTA CLAY(ミネソタ無頼)

マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「夕陽の用心棒」

夕陽の用心棒夕陽の用心棒
モンゴメリー・ウッド(ジュリアーノ・ジェンマ)          ジョージ・マーティン

朝日新聞出版より8月18日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第10号が届いた。二作品のうち今回はドゥッチョ・テッサリ監督1965年製作「夕陽の用心棒」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 2016年 8/28号[分冊百科]

夕陽の用心棒
フェルナンド・サンチョ                                    ニエベス・ナバロ

本作は、甘いマスクと華麗な身のこなしで”マカロニ・ウエスタンの貴公子”と称されたジュリアーノ・ジェンマが、モンゴメリー・ウッド名義でマカロニ・ウエスタン初主演を果たした記念すべき作品だ。無名だったジュリアーノ・ジェンマを「タイタンの逆襲(SONS OF THUNDER/1962年)」の主役に抜擢したドゥッチョ・テッサリ監督が、初めてメガホンをとったマカロニ・ウエスタンでもある。原題の「UNA PISTOLA PER RINGO」は「リンゴのためのピストル」という意味である。

夕陽の用心棒夕陽の用心棒
ホセ・マヌエル・マルティン、ロレッラ・デ・ルーカ     ニエベス・ナバロ、アントニオ・カザス

ジュリアーノ・ジェンマは1965年「夕陽の用心棒」「荒野の1ドル銀貨」「続・荒野の1ドル銀貨」「続・さすらいの一匹狼」という4本のマカロニ・ウエスタンに主演した。イタリアの大衆紙「ドメニカ・デル・コリエール」が同年末に行った俳優の人気投票で、ジュリアーノ・ジェンマはクラウディア・カルディナーレもソフィア・ローレンに次ぐ3位となり、4位のマストロ・マストロヤンニを抑えて男優1位に輝いている。さらにこの翌年、ジュリアーノ・ジェンマが主演した盟友ドゥッチョ・テッサリ監督のスパイ映画「キスキス・バンバン(KISS KISS… BANG BANG/1966年)」がイタリアで空前の大ヒットを記録した。

夕陽の用心棒

マカロニ・ウエスタン以外でもその人気を示したジュリアーノ・ジェンマは、1987年に巨匠セルジオ・レオーネ監督の愛弟子だったトニーノ・ヴァレリ監督から、後に”マカロニ・ウエスタン史上屈指の名作”と評される作品への出演オファーを受けた。それはセルジオ・レオーネ監督1965年「夕陽のガンマン」でクリント・イーストウッドを凌ぐほどの強烈な印象を残したアメリカ人俳優リー・ヴァン・クリーフとのダブル主演による「怒りの荒野」である。この作品で火花の散る様なリー・ヴァン・クリーフとの対決を繰り広げたジュリアーノ・ジェンマは、甘いマスクと華麗なアクションだけでなく”演技派俳優”としても認められる存在となったのである。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

夕陽の用心棒夕陽の用心棒
※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「夕陽の用心棒」当ブログ2014年4月1日公開

夕陽の用心棒
ジュリアーノ・ジェンマ

今回ははドッチオ・テッサリ監督1965年製作「夕陽の用心棒(A GUN FOR RINGO)」をピックアップする。

夕陽の用心棒夕陽の用心棒
ジュリアーノ・ジェンマ            フェルナンド・サンチョ

モンゴメリー・ウッドでクレジットされた本作は、ジュリアーノ・ジェンマの記念すべきマカロニデビュー作で日本での劇場未公開作品だ。この後にカルヴィン・J・パジェット監督「荒野の1ドル銀貨」(日本でのデビュー作)、ドゥッチョ・テッサリ同監督「続・荒野の1ドル銀貨」と続く。

夕陽の用心棒
ニエヴェス・ナバロ

続・荒野の1ドル銀貨」星空の用心棒」でジュリアーノ・ジェンマと共演したニエヴェス・ナバロが悪役で出演している。スペインの美しい女優さんだが、手綱捌きやガンプレイまで出来る男勝りにキュンと来る。マカロニウエスタンになくてはならない俳優フェルナンド・サンチョや「さすらいの一匹狼」のジョージ・マーティンが脇を固めている。

夕陽の用心棒夕陽の用心棒
ジョージ・マーティン

イタリア映画ではしばしば演じた俳優が別の俳優または声優で吹き替えする事がある。日本では聞いた事がないが、本作でジュリアーノ・ジェンマの声はアダルベルト・マリア・メルリが吹き替えをしたそうだ。

【ストリー】
エンジェル・フェイスこと、正当防衛が認められて釈放されたばかりのリンゴー(ジュリアーノ・ジェンマ)が、ベンソン兄弟殺害容疑で保安官に逮捕される。 一方、国境を越えてやってきたサンチョ(フェルナンド・サンチョ)一味が、町の銀行を襲い強奪した金を持って逃走を図るが、肩を撃たれたサンチョが負傷し た為に途中にあった農場主ブラウン邸に籠城し、保安官に国境越えを要求する。
軍隊を動員しようとする大佐に対して、被害者を最小限に食い止める為に保安官は止む無くリンゴーを使って、人質を解放し、サンチョ一味の国境越えを阻止し ようとする。一味が籠城する農場に潜入したリンゴーは、サンチョの肩に残った銃弾を取り出す手術をしてやり信用を得る。リンゴーが強奪金の30パーセント と引き替えに、保安官と交わした約束を聞いたサンチョたちは新たな対応に出るが、リンゴーが提案したサンチョ一味が農場から脱出する策がワナだと見破った サンチョ。サンチョ一味を人質に囲ませて国境に向けて出発するはずだった馬車が、爆竹の音に驚いて暴走する。
馬車の後を追った保安官によって、馬車はようやく停止し、ルビーら人質は救出され、馬車に乗りそびれたサンチョたちは、一旦は馬に乗って馬車を追ったもの の、リンゴーが仕掛けたダイナマイトによって国境への道がふさがれたので、強奪金を持ったまま、農場に戻る。拳銃はあれど弾丸がないリンゴーは、ブラウン からワーテルローの戦いで使ったという古い銃を受け取って、サンチョを撃つ。
軍隊を投入することなく、無事農場は解放された。保安官らが農場に到着したとき、約束の強奪金の30パーセントを手にしたリンゴーの姿はなかった。

夕陽の用心棒夕陽の用心棒

【当プログで紹介したジュリアーノ・ジェンマの主演映画】※2014年4月現在
1965年ドッチオ・テッサリ監督「夕陽の用心棒
1965年カルヴィン・J・パジェット監督「荒野の1ドル銀貨
1965年ドッチオ・テッサリ監督「続・荒野の1ドル銀貨
1967年トニーノ・ヴァレリー監督「怒りの荒野
1967年カルヴィン・J・パジェット監督「荒野の一つ星
1967年ジョージ・フィンレー監督「続・さすらいの一匹狼
1967年カルヴィン・J・パジェット監督「さいはての用心棒
1967年スタン・バンス監督「星空の用心棒
1968年シェリオ・ペトローニ監督「暁のガンマン
1969年トニーノ・ヴァレリ監督「怒りの用心棒
1971年ヴァレンティノ・オルジーニ監督「特攻大戦線
1972年ミケーレ・ルーポ監督「新・さすらいの用心棒
1977年ミケーレ・ルーポ監督「カリフォルニア~ジェンマの復讐の用心棒

夕陽の用心棒夕陽の用心棒

題名:A GUN FOR RINGO/A PISTOL FOR RINGO
邦題:夕陽の用心棒
監督:ドゥッチョ・テッサリ
製作:ルチアーノ・エルコリ、アルベルト・ピュグリーゼ
脚本:ドゥッチオ・テッサリ
撮影:フランチェスコ・マリン
編集:リチア・クアーリャ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:モンゴメリー・ウッド(ジュリアーノ・ジェンマ)、ロレッラ・デ・ルーカ、ニエヴェス・ナバロ、フェルナンド・サンチョ、ジョージ・マーティン、キャメロン・ミッチェル、ジョルジュ・リヴィエール、エセル・ロホ、ダイアナ・マーティン、アンソニー・ロス
1965年イタリア・スペイン合作/ユーロスコープ・イーストマンカラー95分35mmフィルム
夕陽の用心棒 [DVD]

夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒
夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒
夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒
夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒
夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒
夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒
夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒
夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒
夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒夕陽の用心棒
夕陽の用心棒(A GUN FOR RINGO)
夕陽の用心棒ジュリアーノ・ジェンマ
ドゥッチョ・テッサリ監督   ジュリアーノ・ジェンマとジュリアーナ・ジェンマ父娘(2013年)
(サンチョ一味フェリペ役で出演)

ジュリアーノ・ジェンマ、最初の結婚でマネージャーのナターリア・ロベルティさんとの間にジュリアーナとベーラの二人の娘さんがいて2回目の結婚相手の、ジャーナリストのダニエーラ・バーバ・リケルメさんと、ローマ近郊のチェルベーテリに住んでいたそうだ。2013年10月7日、ジュリアーノ・ジェンマの葬送曲として選ばれたのは本作のマウリツィオ・グラフが歌ったテーマだったそうだ。