映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
レオナルド・ディカプリオ              ブラッド・ピット

今回は8月30日に日本で劇場公開されたクエンティン・タランティーノ監督2019年製作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)」を9月12日にTOHOシネマズ府中スクリーン4で観て来た。
第9回監督作品である本作は、1969年の黄金期のハリウッドを舞台に、落ち目の俳優とその専属スタントマンが映画界で奔走する姿を映画愛で描いたものだ。5年間に渡って書き上げられた脚本は、リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)のモデルがバート・レイノルズであるそうだが、イタリアに渡ってマカロニ・ウエスタンに出演した作品は、セルジオ・コルプッチ監督1966年製作「さすらいのガンマン(Navajo Joe)」だが、作品名を変えている。シャロン・テート(マーゴット・ロビー)が、街の映画館で自分の作品を観るが、フィル・カールソン監督1968年製作「サイレンサー第4弾/破壊部隊(The Wrecking Crew)」、こちらは本物を使っていた。
本作はフィルムスキャンしたものをDCP上映で観たのだが、35mmフィルムで撮られている。
イーストマン・コダックのVISION3 500T(5219)、200T(5213)で現像はフォトケムである。とても素晴らしい作品だった。本作こそ本物の映画である。

作品リスト

撮影監督のロバート・リチャードソン氏によると(コダックメルマガVOL,143より)
「クエンティンは、ズームやリッチで血気盛んな色彩であるテクニカラー(ダイ・トランスファー)のルックを使った、 リック・ダルトンのテレビ西部劇からのシーンやより古い時代とも調和する1969年当時を思わせる映像を求めていました。フィ ルムかデジタルかという議論はありませんでした。デジタルという言葉は、クエンティンの辞書にはありません。彼との共作はすべてコダックフィルムで撮影し ています。
2人がこれまでに35mmフィルムで撮影した作品は、2003年「キル・ビル」「キル・ビル Vol.2」2009年「イングロリアス・バスターズ」2012年「ジャンゴ 繋がれざる者」があり、「ヘイトフル・エイト」は65mmフィルムで撮影されました。

かなり早い段階から、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のフォーマットは、ワイドスクリーンと決 まっていました。
35mmのアナモフィックです。リック・ダルトンのテレビ西部劇シリーズだけは、35mmの白黒フィルムを使い、アスフェリカルのズームレ ンズでほぼすべて1:1.33で撮影しています。また、シャロン・テートとロマン・ポランスキー夫妻の自宅での2シーンは、コダック エクタクロームで撮影し、一方は16mmでもう一方はスーパー8です。」

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
マーゴット・ロビー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
マーゴット・ロビー                  レオナルド・ディカプリオ  

【ストリー】
リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身の道を目指し焦る日々が続いてい た。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は彼に雇われた付き人でスタントマン、そして親友でもある。
目まぐるしく変 化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。
そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。今まさに最高の輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが―。そして、1969年8月9日-それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える事件は起こる。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)

題名:ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD
邦題:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
監督:クエンティン・タランティーノ
製作総指揮:ジョージア・カカンデス
製作:デイヴィッド・ヘイマン、シャノン・マッキントッシュ、クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
撮影:ロバート・リチャードソン
美術:バーバラ・リング
衣裳:アリアンヌ・フィリップス
編集:フレッド・ラスキン
フィルム:イーストマンコダック
※カラーネガティブ フィルム:VISION3 500T(5219)、200T(5213)
撮影機材:パナビジョン
※パナビジョンCとEシリーズのアナモフィックレンズを使用
現像:フォトケム
出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、アル・パチーノ、マーゴット・ロビー、ブルース・ダーン、ダコタ・ファニング、ジェームズ・マースデン、ルーク・ペリー、ティム・ロス、マイケル・マドセン、カート・ラッセル、エミール・ハーシュ、ティモシー・オリファント、ダミアン・ルイス
2019年アメリカ・イギリス/シネスコサイズ・カラー161分35mmフィルム
公式サイト


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

映画「宇宙戦争」

宇宙戦争宇宙戦争
トム・クルーズ       ジャスティン・チャットウィン、ダコタ・ファニング、トム・クルーズ

今回はスティーヴン・スピルバーグ監督2005年製作「宇宙戦争(WAR OF THE WORLDS)」をピックアップする。
製作費は1億3200万ドル、興行収入は2億3427万ドルを挙げた本作は、H・G・ウェルズの原作で、1953年にバイロン・ハスキン監督「宇宙戦争」のリメイクだ。1953年版出演のジーン・バリーとアン・ロビンソンもカメオ出演している。ILMの作ったCGの高いレベルと子役ダコタ・ファニングの魔力に引き込まれる。

「未知との遭遇」「E.T.」と過去に人類に友好的な異星人との交流を扱った作品を手掛けてきたスピルバーグ監督が、一転して宇宙侵略物の古典の映画化に挑んだ本作は、2001年9月11日に起きた同時多発テロ事件で受けたアメリカに住む人々の衝撃・思いを反映している。映画には墜落したジャンボ旅客機、掲示板に貼られた無数の人探しの張り紙などが登場するが、映画のメイキングでスピルバーグも公言している通り、これらは9.11のテロを連想させるため、あえて描いたものである。

宇宙戦争宇宙戦争

【ストリー】
アメリカ東部のある町。その異変は突然起こった。雲ひとつない晴天だったのが、何の予兆もなく天候は崩れ、強風がうなり声をあげる。上空では激しい稲光が交錯し、その一つは地上にまで達した。やがて大地は揺れ、禍々しくも、邪悪な裂け目がその表面を覆った。その場に居合わせた労働者のレイ(トム・クルーズ)は、自分たちに襲いかからんとする“何者か”の存在を敏感に感じとり、別れた妻との間の二人の子供、息子のロビー(ジャスティン・チャットウィン)と幼い娘レイチェル(ダコタ・ファニング)の元へと急ぐ。そして彼は知る。次々と起きた不可思議な超常現象が、更に想像を超えた形へと変化し、世界の16ヶ国で同時に人々に襲い掛かってきたことを。平和な時は一転して失われ、世界中の人々の心は恐怖で満ちあふれた。今、人類が未だかつて想像すらし得なかった“侵略者”たちが操る巨大な“トライポッド”が、人類の前にその姿を現すのだった。侵略者たちの前に戦う術を持たない無力な人間たち、世界中で難民と化す無数の人々、極限の恐怖が全世界に広がり、地球のかつての支配者を追い詰めていく。愛するものが次々と消えていくとき、人類に残されたのは愛と勇気だけだった。

宇宙戦争

題名:WAR OF THE WORLDS
邦題:宇宙戦争
監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作総指揮:ポーラ・ワグナー
製作:キャスリーン・ケネディ、コリン・ウィルソン
原作:H・G・ウェルズ
脚本:デイヴィッド・コープ
撮影:ヤヌス・カミンスキー
美術:リック・カーター
視覚効果:デニス・ミューレン
VFXスーパーバイザー:デニス・ミューレン、パブロ・ヘルマン
VFX:ILM、スタン・ウィンストン・スタジオ、ジェントル・ジャイアント・スタジオ、ハロン・エンターテインメント、ニューディール・スタジオ
音楽:ジョン・ウィリアムス
編集:マイケル・カーン
撮影機材:パナビジョン
フィルム:イーストマンコダック、富士フィルム
現像:テクニカラー、デラックスカラー
出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ジャスティン・チャットウィン、ティム・ロビンス、ミランダ・オットー、リック・ゴンザレス
2005年アメリカ/ビスタサイズ・カラー114分35mmフィルム
宇宙戦争 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

宇宙戦争宇宙戦争
ダコタ・ファニング、トム・クルーズ