映画「無頼プロフェッショナル」


「無頼プロフェッショナル」ジーナ・ロロブリジーダ

“世界一美しい女性”ジーナ・ロロブリジーダ
本作の”悪女”を演じているのは、イタリアの名女優ジーナ・ロロブリジーダである。ロロブリジーダは1946年に女優デビューし、翌年ミス・イタリアの3位に入賞した事で知名度を上げ、1950年には主演映画が次々と製作される程の人気を獲得。さんな彼女に世界屈指の億万長者で映画製作者(プロデューサー)のパワード・ヒューズが目を付けてハリッドへ誘ったが、彼女はそれをあっさり断っている。その後もヨーロッパを拠点に活動を続けたロロブリジーダは、1953年にヨーロッパを舞台とするハリウッド映画「悪魔をやっつけろ」でハンフリー・ボガードと共演。この映画のヒットにより、世界的な人気を獲得した彼女は「世界で最も美しい女性」と称され、1960年のゴールデン・グローブ賞でヘンリエッタ賞(世界で最も好かれた女優賞)を受賞したのである。こうして国際スターとなったロロブリジーダだったが、もともとはローマ芸術学院を卒業した芸術家志望で、1950年代から女優活動と並行して写真を撮り続けていた。そして、1960年代からフォト・ジャーナリストとしての道を模索し、1970年代には世界中を飛び回り、時のキューバ首相フィデル・カストロ、アメリカ国務長官ヘンリー・キッシンジャー、20世紀を代表する天才画家サルバドール・ダリなど、各界の著名人からのインタビュー集を発表。自ら創作した大理石や銅製の彫刻をパリやベネチアなどの個展で展示し、その収益の一部を国境なき医師団やUNICEFに寄付した他、国連の親善大使を務めるなどした。そんなロロブリジーダは後年のインタビューで、デビュー当時も出演料1,000リラでの映画出演オファーに対して、100万リラを要求した事を告白。億万長者ヒューズからの誘いについて聞かれると「すべての財産を投げ打ってくれるなら、結婚を考えてもいいわ」と突っぱねた事を明かしている。そして彼女は「これまでの人生で妥協した事はない。いつも独立を守り続けてきたわ。自由な心と豊かな想像力が、私に強さとバイタリティーをもたらしているの」と誇らしげに語ったのだった。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)


リー・ヴァン・クリーフ              ジーナ・ロロブリジーダ

今回はエウヘニオ・マルティン(ジーン・マーティン)監督1971年製作「無頼プロフェッショナル(E CONTINUAVANO A FREGARSI IL MILIONE DI DOLLARI)」をピックアップする。マカロニ・ウエスタン傑作「ガンクレイジー(1966年)」のスペイン人監督エウヘニオ・マルティンが、「夕陽のガンマン」「怒りの荒野」のリー・ヴァン・クリーフを主演に「北北西に進路を取れ(1959年/アルフレッド・ヒッチコック監督)」の名優ジェームズ・メイソン、イタリアの大御所女優ジーナ・ロロブリジーダ、「二匹の流れ星」の人気俳優ジャンニ・ガルコ、「さすらいのガンマン」のアルド・サンブレルなど豪華俳優陣を迎えて製作した西部劇だ。


ジェームズ・メイソン                ジャンニ・ガルコ

【ストリー】
銀行から大金を盗んだ4人組の強盗一味は、それぞれ分け前を受け取った後に解散するが、列車の中で美女(ジーナ・ロロブリジーダ)に一目惚れしたリーダーのキング(リー・ヴァン・クリーフ)は、まんまと彼女に金を奪われてしまう。しばらくして、強盗一味のメンバーは或る仕事の為にキングに呼び出され、再び集合した。その仕事とは、メキシコ軍の武器庫を爆破するというもので、強盗一味は依頼主のフランシスコ・モンテーロ(ジェームズ・メイソン)と面会。するとそこに、キングを騙した美女が”モンテーロ夫人”として現れたのだった。


アルド・サンブレル               セルジオ・ファントーニ

題名:E CONTINUAVANO A FREGARSI IL MILIONE DI DOLLARI
英題:BAD MAN’S RIVER
邦題:無頼プロフェッショナル
監督:エウヘニオ・マルティン
製作:バーナード・ゴードン
脚本:ジーン・マーティン、フィリップ・ヨーダン
撮影:アレハンドロ・ウジョア
音楽:ワルド・デ・ロス・リオス
出演:リー・ヴァン・クリーフ、ジェームズ・メイソン、ジーナ・ロロブリジーダ、ジャンニ・ガルコ、サイモン・アンドリュー、ジェス・ハーン、ダイアナ・ロリス、ダニエル・マーティン、ルイス・リヴェラ、アルド・サンブレル、セルジオ・ファントーニ
1971年イタリア・スペイン/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム [日本劇場未公開]
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 48号 2018年 2/11号 [分冊百科]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


無頼プロフェッショナル(E CONTINUAVANO A FREGARSI IL MILIONE DI DOLLARI)

無頼プロフェッショナル(E CONTINUAVANO A FREGARSI IL MILIONE DI DOLLARI)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

映画「行け、野郎、撃て!」


ファビオ・テスティ                 チャロ・ロペス

今回はアルド・フロリオ監督1972年製作「行け、野郎、撃て!(ANDA MUCHACHO, SPARA!)」をピックアップする。
主演は「荒野の処刑」のファビオ・テスティ「情無用のコルト」「怒りの荒野」のホセ・カルヴォ「続・荒野の用心棒」「豹/ジャガー」のエドゥアルド・ファヤルド、そしてスペインの美人女優チャロ・ロペスが綺麗なヌードを披露している。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 27号 2017年 4/23号 [分冊百科]

スタントマン→モデル→俳優となったファビオ・テスティ
本作の主人公ロイ・グリーンフィールドを演じるファビオ・テスティは、水泳と柔道を得意とするスポーツマンだった大学時代、その運動神経を活かしてスタントマンとしての活動を開始。測量技師の資格を取得して大学を卒業すると、今度はルックスを活かしてモデルになり、CMやポスターなどでイタリアにおけるコカ・コーラの”顔”となったのである。スタントマンとしては、セルジオ・レオーネ監督の「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗(1966年)」にも参加している。
その後、ノンクレジットながら俳優としての活動を始めたテスティは、ジェーン・フォンダ主演のお色気SF映画「バーバレラ(1967年)」や、レオーネ監督の大作「ウエスタン(1968年)」などに出演する傍らで、英語、スペイン語、フランス語を習得。1971年にはイタリア映画界の巨匠ヴィットリオ・デ・シーカ監督が、自身3度目のアカデミー賞外国語映画賞を獲得する事となる「悲しみの青春」の大役を任され、一躍、国際俳優として脚光を浴びたのだった。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


ホセ・カルヴォ                 エドゥアルド・ファヤルド

【ストリー】
刑務所を男(ファビオ・テスティ)が脱走する。逃げ延びた先にはメキシコの村があった。老人(ホセ・カルボ)に助けられた彼は、少しずつ失っていた人間性を取り戻していく。だが、村人たちは権力者(エドゥアルド・ファヤルド)の圧政に苦しんでいた。収穫は強制的に取り立てられ、刃向かった者には過酷な拷問が待ち受けている。そして、男にも果たさねばならない目的があった。自分を罪に陥れ、黄金を奪った男たち…。彼は復讐の相手を見つけ出し、次々に怒りの銃弾を叩き込む。そして、権力者を目撃したある日、男は憎悪と共に封印された過去を思い起こす。


チャロ・ロペス、ベン・カルラ            ファビオ・テスティ

題名:ANDA MUCHACHO, SPARA!
邦題:行け、野郎、撃て!
監督:アルド・フロリオ
製作総指揮:アルフレード・ニコライ
製作:エドゥアルド・マンザノス・ブロチェロ
脚本:ブルーノ・ディ・ジェロニモ、アルド・フロリオ、エドゥアルド・マンザノス・ブロチェロ
撮影:エミリオ・フォリスコット
音楽:ブルーノ・ニコライ
出演:ファビオ・テスティ、ホセ・カルヴォ、エドゥアルド・ファヤルド、チャロ・ロペス、マッシモ・セラート、ルチアーノ・ピゴッツィ(アラン・コリンズ)、ロマノ・ブッホ(ローマン・パレット)、ベン・カルラ、ダニエル・マーティン、フランシスコ・サンズ
1972年イタリア・スペイン/シネスコサイズ・テクニカラー105分35mmフィルム [日本劇場未公開]
行け、野郎、撃て! -DVD-
2017年4月現在、DVDレンタルはありません。


「行け、野郎、撃て!(ANDA MUCHACHO, SPARA!)」ファビオ・テスティ

「行け、野郎、撃て!(ANDA MUCHACHO, SPARA!)」

「行け、野郎、撃て!(ANDA MUCHACHO, SPARA!)」チャロ・ロペス

「行け、野郎、撃て!(ANDA MUCHACHO, SPARA!)」チャロ・ロペス

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。