映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
レオナルド・ディカプリオ              ブラッド・ピット

今回は8月30日に日本で劇場公開されたクエンティン・タランティーノ監督2019年製作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)」を9月12日にTOHOシネマズ府中スクリーン4で観て来た。
第9回監督作品である本作は、1969年の黄金期のハリウッドを舞台に、落ち目の俳優とその専属スタントマンが映画界で奔走する姿を映画愛で描いたものだ。5年間に渡って書き上げられた脚本は、リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)のモデルがバート・レイノルズであるそうだが、イタリアに渡ってマカロニ・ウエスタンに出演した作品は、セルジオ・コルプッチ監督1966年製作「さすらいのガンマン(Navajo Joe)」だが、作品名を変えている。シャロン・テート(マーゴット・ロビー)が、街の映画館で自分の作品を観るが、フィル・カールソン監督1968年製作「サイレンサー第4弾/破壊部隊(The Wrecking Crew)」、こちらは本物を使っていた。
本作はフィルムスキャンしたものをDCP上映で観たのだが、35mmフィルムで撮られている。
イーストマン・コダックのVISION3 500T(5219)、200T(5213)で現像はフォトケムである。とても素晴らしい作品だった。本作こそ本物の映画である。

作品リスト

撮影監督のロバート・リチャードソン氏によると(コダックメルマガVOL,143より)
「クエンティンは、ズームやリッチで血気盛んな色彩であるテクニカラー(ダイ・トランスファー)のルックを使った、 リック・ダルトンのテレビ西部劇からのシーンやより古い時代とも調和する1969年当時を思わせる映像を求めていました。フィ ルムかデジタルかという議論はありませんでした。デジタルという言葉は、クエンティンの辞書にはありません。彼との共作はすべてコダックフィルムで撮影し ています。
2人がこれまでに35mmフィルムで撮影した作品は、2003年「キル・ビル」「キル・ビル Vol.2」2009年「イングロリアス・バスターズ」2012年「ジャンゴ 繋がれざる者」があり、「ヘイトフル・エイト」は65mmフィルムで撮影されました。

かなり早い段階から、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のフォーマットは、ワイドスクリーンと決 まっていました。
35mmのアナモフィックです。リック・ダルトンのテレビ西部劇シリーズだけは、35mmの白黒フィルムを使い、アスフェリカルのズームレ ンズでほぼすべて1:1.33で撮影しています。また、シャロン・テートとロマン・ポランスキー夫妻の自宅での2シーンは、コダック エクタクロームで撮影し、一方は16mmでもう一方はスーパー8です。」

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
マーゴット・ロビー
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
マーゴット・ロビー                  レオナルド・ディカプリオ  

【ストリー】
リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身の道を目指し焦る日々が続いてい た。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は彼に雇われた付き人でスタントマン、そして親友でもある。
目まぐるしく変 化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。
そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。今まさに最高の輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが―。そして、1969年8月9日-それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える事件は起こる。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD)

題名:ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD
邦題:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
監督:クエンティン・タランティーノ
製作総指揮:ジョージア・カカンデス
製作:デイヴィッド・ヘイマン、シャノン・マッキントッシュ、クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
撮影:ロバート・リチャードソン
美術:バーバラ・リング
衣裳:アリアンヌ・フィリップス
編集:フレッド・ラスキン
フィルム:イーストマンコダック
※カラーネガティブ フィルム:VISION3 500T(5219)、200T(5213)
撮影機材:パナビジョン
※パナビジョンCとEシリーズのアナモフィックレンズを使用
現像:フォトケム
出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、アル・パチーノ、マーゴット・ロビー、ブルース・ダーン、ダコタ・ファニング、ジェームズ・マースデン、ルーク・ペリー、ティム・ロス、マイケル・マドセン、カート・ラッセル、エミール・ハーシュ、ティモシー・オリファント、ダミアン・ルイス
2019年アメリカ・イギリス/シネスコサイズ・カラー161分35mmフィルム
公式サイト


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

映画「アメリカ、家族のいる風景」

アメリカ、家族のいる風景アメリカ、家族のいる風景
サム・シェパード                 ジェシカ・ラング

今回はヴィム・ヴェンダース監督2005年製作「アメリカ、家族のいる風景(DON’T COME KNOCKING)」高評価作品sをピックアップする。ユタ州モアブで西部劇の映画撮影から始まる本作は、”落ち目の役者ハワードが撮影現場を逃亡し、30年ぶりに母と再会し、そこで自分に子供がいる事を知る”という設定で”崩壊した家族を復元しようとする”内容だが、大変味わい深く、撮影が絶品である。特に「アールが投げ捨てたソファーにハワードが力なく座り込む」シーンは、日中から夜間・早朝にかけて時間の流れを、自然光と照明光を生かした絶妙なライティングで円形移動撮影を行っている。この撮影と構成、デジタルエフェクトのセンスは、最高の出来だと思う。撮影は「「ランド・オブ・プレンティ」のフランツ・ラスティグ氏。本作の撮影は、2004年夏からか始まり、8月前半までに、モンタナ州ビュート、8月中旬からはネヴァダ州エルコー、ユタ州モアブで行われたそうだ。

作品リスト

【追記・訃報】
米国の劇作家・俳優で、現代米国人の生活の裏にある闇を描き出した作品で知られるサム・シェパード(Sam Shepard)氏が死去した。73歳だった。シェパード家の広報担当者が2017年7月31日、明らかにした。(AFP=時事 2017/8/1(火) 5:10配信 )

アメリカ、家族のいる風景アメリカ、家族のいる風景

【ストリー】
かつては西部劇のスター俳優だったのに今では落ちぶれたハワード・スペンス(サム・シェパード)は、新作の撮影現場から逃げ出し、久々に故郷を訪れる。そこで30年ぶりに再会した母(エヴァ・マリー・セイント)から、20数年前に彼の子供を身篭もっている女性から連絡があったという驚きの事実を聞かされる。ハワードはそれを確かめるため、自分の俳優デビュー作の撮影地でもあるモンタナ州ビュートへ向かった。彼は撮影中に関係を持った地元のウェイトレス、ドリーン(ジェシカ・ラング)を訪ねる。驚くドリーンだが、彼女はバーのステージでロックを歌っているアール(ガブリエル・マン)が、ハワードの息子であることを告げた。アールも突然その事実を知って、衝撃を受ける。そんなアールのもとに、見知らぬ女性スカイ(サラ・ポーリー)が訪ねてくる。続いてスカイはハワードのもとも訪ねる。自分の母の骨壷を抱えたスカイも、またハワードの娘だったのだ。ある朝、ハワードはドリーンのもとへ行き、結婚を申し込むが、拒絶される。疲れ果て町を去ろうとするハワードに、私立探偵のサター(ティム・ロス)が声をかける。撮影現場に連れ戻されることになったハワードは、最後に子供たちに別れを言わせてくれと頼みこむ。そしてハワードはスカイを抱きしめ、アールに自分の父親の形見である車を譲り、仕事場のモアブへと戻っていく。それからスカイとアールと彼の恋人のアンバー(フェアルーザ・バーク)は、ハワードから譲り受けた車に乗り込み、ドライヴへと出掛けていくのだった。

アメリカ、家族のいる風景アメリカ、家族のいる風景
サラ・ポーリー                    ジョージ・ケネディ

【追記・訃報】
1967年の「暴力脱獄」でアカデミー賞助演男優賞を受賞し「人間の証明(1977年)」「復活の日(1980年)」など日本映画にも出演したジョージ・ケネディ氏(上右画像)が2016年2月28日に米西部アイダホ州で死去した。享年91歳だった。

題名:DON’T COME KNOCKING
邦題:アメリカ、家族のいる風景
監督:ヴィム・ヴェンダース
製作総指揮:ジェレミー・トーマス
製作:ピーター・シュウォーツコフ
共同製作:カースティン・ロレンツ
プロデューサー:カルステン・ブリュニヒ、イン=アー・リー
原案:サム・シェパード、ヴィム・ヴェンダース
脚本:サム・シェパード
撮影監督:フランツ・ラスティグ
カメラ・オペレーター:ベンクト・ジョンソン
録音:マシュー・ニコライ
美術:ネイサン・アマンドソン
装飾:デヴィッド・ストーム
大道具:マイク・ケリー
小道具:ジェフリー・オブライアン
衣装:ジェニファー・デイ・ヤング
メイク:バーバラ・ラメルザ
ヘアー:ガレン・トルキン
衣装:キャロライン・イースリン=シェーファー
配役:ハイディ・レヴィット
記録:シルヴィー・マイケル=ケーシー
編集:ペーター・プルツィゴッダ、オリー・ワイス
音楽:T・ボーン・バーネット
撮影機材:オットーメネッツ(ARRICAM)
フィルム:イーストマンコダック
製作主任:サムソン・マック
助監督:ジョセフ・リック、エドワード・マクガーン
スーパーバイザー:ヘイリー・スウィート
コーディネーター:ショーン・マクナリー、トービン・アダムス、トレイシー・スコッテル
スチール:ドナータ・ヴェンダース
出演:サム・シェパード、ジェシカ・ラング、ティム・ロス、ガブリエル・マン、サラ・ポーリー、フェルザ・バルク、エヴァ・マリー・セイント、ジョージ・ケネディ
2005年ドイツ・アメリカ/シネスコサイズ・カラー124分35mmフィルム
アメリカ、家族のいる風景 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

アメリカ、家族のいる風景アメリカ、家族のいる風景
※「アールが投げ捨てたソファーにハワードが力なく座り込む」シーン

映画「レザボア・ドッグス」

レザボア・ドッグスレザボア・ドッグス
ハーヴェイ・カイテル

今回はクエンティン・タランティーノ監督1991年のデビュー作「レザボア・ドッグス(RESERVOIR DOGS)」をピックアップした。当時レンタルビデオ店でバイトしていたクエンティン・タランティーノ氏が16mmフィルムで自主製作した同作品を俳優の ハーヴェイ・カイテルが気に入り、リメイクされ脚光を浴びる事になった。だがハリウッド製作にしては90万ドルという低予算で作られた映画の為に多くの俳優は私服を着たりと苦労が多かったそうだ。本作は、映画としてストリー構成が巧みであり、展開が緩調な最近の日本映画とは比較にならない位に優れた作品だと思う。タランティーノ監督が本作から始まるのかと思うと次も観たくなる。

作品リスト

本作のテーマ曲となったジョージ・ベーカー セレクション(GEORGE BAKER SELECTION/オランダ)の1969年の世界的ヒット曲「 LITTLE GREEN BAG」は私もEPレコードを買った事があるが、1998年に日本で放映されたTVCM「サントリーウイスキー・ リザーブ」や「トヨタ・マークX」などでも楽曲使用された良曲だ。

LITTLE GREEN BAG」 GEORGE BAKER SELECTION

レザボア・ドッグスレザボア・ドッグス
(右)クエンティン・タランティーノ監督

【ストリー】
ロサンゼルスの犯罪のプロ、ジョー・カボット(ローレンス・ティアニー)は大掛りな宝石強盗を計画し、彼の息子ナイスガイ・エディ(クリストファー・ペ ン)とダイヤモンド専門の卸売り業者に押し入るべくプロの悪党たちに声をかけた。計画を成功させるため、コードネームで呼ばれるMrホワイト(ハーヴェ イ・カイテル)、Mrオレンジ(ティム・ロス)、Mrブロンド(マイケル・マドセン)、ピンク(スティーヴ・ブシェーミ)、Mrブルー(エディ・バン カー)、Mrブラウン(クエンティン・タランティーノ)が集まった。周到に練られた彼らの計画は、襲撃現場に警官が待ち伏せていたため失敗に終る。ホワイ トと瀕死の重傷を負ったオレンジが集合場所の倉庫に必死でり着いた時、ピンクもやって来た。そして彼らはブルーが行方不明で、ブラウンは逃走の途中で死ん だことを知った。彼らの中に仲間への不審の念が沸き上がる。そこに縛り上げた若い警官、マーヴィン・ナッシュ(カーク・バルツ)を連れてブロンドがやって 来た。仲間に裏切り者がいたことを確信するブロンドは、この警官に裏切り者は誰か吐かせようと言う。やって来たエディと共に、ホワイトとピンクは隠したダ イヤを取りに倉庫を出て行った。サディストのブロンドは拷問を楽しむために剃刀とガソリンを取り出した。倉庫にマーヴィンの絶叫が響き、彼の耳が切り落と された。血の海の中でオレンジはマーヴィンに、自分は潜入捜査官だと告白した。そしてまた倉庫に生き残った者が集まり、それぞれの不信感が絶頂に達し、凄絶な殺し合いが始まった。銃を手にしなかったピンクがひとり生き残り、地獄絵のような倉庫をあとにして去っていくのだった。

レザボア・ドッグスレザボア・ドッグス

題名:RESERVOIR DOGS
邦題:レザボア・ドッグス
監督:クエンティン・タランティーノ
製作総指揮:モンテ・ヘルマン、リチャード・N・グラッドスタイン、ロンナ・B・ウォーレス
製作:クエンティン・タランティーノ、ローレンス・ベンダー
脚本:クエンティン・タランティーノ
撮影:アンジェイ・セクラ
美術:デヴィッド・ワスコ
衣装:ベッツィー・ハイマン
配役:ロニー・イェスケル
編集:サリー・メンケ
音楽:カリン・ラクトマン
現像:PHTO-KEM
撮影機材:パナビジョン
出演:ハーヴェイ・カイテル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、クリストファー・ペン、スティーブ・ブシェミ、ローレンス・ティアニー、カーク・バルツ、エディ・バンカー、クエンティン・タランティーノ
1991年アメリカ/シネスコサイズ・イーストマンカラー100分35mmフィルム
レザボア・ドッグス [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

レザボア・ドッグスレザボア・ドッグス