映画「お熱いのがお好き」


トニー・カーティス、ジャック・レモン

今回はビリー・ワイルダー監督1959年製作「お熱いのがお好き(SOME LIKE IT HOT)」をピックアップする。
本作は1920年代、禁酒法制下のアメリカを時代背景にウィットに富むコメディ作品で名作と言われている。劇中、マリリン・モンローが歌った主題曲は、現在も彼女のアイコンになって余りにも聞き慣れている。トニー・カーティスとジャック・レモンの女装は、当時としては衝撃的な設定であり、喜劇の重要なモチーフとして成功している。


「お熱いのがお好き(SOME LIKE IT HOT)」マリリン・モンロー

【ストリー】
禁酒時代のシカゴのもぐり酒場。サキソフォンを吹いていたジョー(トニー・カーティス)と、バス・ヴァイオルを弾いていたジェリー(ジャック・レモン)は、酒場に警察の手入れが入って失職した。困った2人は新しい仕事場へ都落ちするため、ガレージに自動車を借りに出かける。ところがそのガレージで、彼らはギャングの殺人を目撃する。折からの聖ヴァレンタインの日を期して、2人がもと働いていた酒場の持ち主スパッツ・コロンボ(ジョージ・ラフト)が、もぐり営業を密告した男に機関銃弾をぶちこんだのである。逃げ出した2人は、コロンボ一味に狙われる身の上となった。生命の危険を感じた2人は、ジョーがジョセフィン、ジェリーがダフニと名を変えて、女装して女性オーケストラ一行にまぎれこみ、マイアミ演奏旅行に出発する。オーケストラの一員に、ウクレレ奏者の金髪娘シュガー(マリリン・モンロー)がいた。ジョーは一目でシュガーに惹かれたが、彼女は過去に6回もサキソフォン吹きとの恋愛に失敗し、今度は成金と結婚しようと狙っている娘だった。それに女を装う身の上では、求愛もできない。一方ジェリーのダフニは、マイアミで年輩の大金持の御曹子オスグッド3世(ジョー・E・ブラウン)に一目惚れされてしまう。そこで一計を案じ、ジョーは男の姿に戻って石油成金と偽り、シュガーをつれ出す。そしてジェリーの誘いで外出したオスグッド3世のヨットを使い、彼女と愛をささやくことに成功。2人の二重生活が進行中のそんなある日、ギャング達の集会がマイアミで開かれ、スパッツ・コロンボが一味をつれてオーケストラ一行と同じホテルにやってきた。びっくりした2人は、正体を見破られかけて逃げ出す仕度をする。ギャングの集会では、勢力拡張を計るコロンボが組織の怒りをかい、集会の席上で突然射殺される事件が起こる。そんな騒ぎのうちに、ジョーは実は自分は男だと打ち明けて、シュガーとともに安全なヨットに逃れる。ヨットに向かう途中、ジェリーもオスグッド3世に、自分が男である身の上を打ち明ける。しかしオスグッド3世は、平然として言った。「誰でも完全な人間なんてありはしない」と。


「お熱いのがお好き(SOME LIKE IT HOT)」マリリン・モンロー

題名:SOME LIKE IT HOT
邦題:お熱いのがお好き
監督:ビリー・ワイルダー
製作:ビリー・ワイルダー
原作:R・ソーレン、M・ローガン
脚本:ビリー・ワイルダー、I・A・L・ダイアモンド
撮影:チャールズ・ラング
美術:テッド・ハワース
衣装:オーリー・ケリー
音楽:アドルフ・ドイッチェ 音楽監督:マティ・マルネック
編集:アーサー・シュミット
出演:マリリン・モンロー、トニー・カーティス、ジャック・レモン、ジョージ・ラフト、パット・オブライエン、ジョー・E・ブラウン、ネーミア・パーソフ、ジョアン・ショーリー、ビリー・グレイ、ジョージ・E・ストーン、デイヴ・バリー
1959年アメリカ/ビスタサイズ・モノクロ120分35mmフィルム
お熱いのがお好き -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「お熱いのがお好き(SOME LIKE IT HOT)」マリリン・モンロー

マリリン・モンロー

映画「手錠のままの脱獄」


「手錠のままの脱獄(THE DEFIANT ONES)」シドニー・ポワチエ、トニー・カーティス

トニー・カーティス、シドニー・ポワチエ              カーラ・ウィリアムス

今回はスタンリー・クレイマー監督1958年製作「手錠のままの脱獄(THE DEFIANT ONES)」をピックアップする。
本作は、手を鎖に繋がれたままの白人と黒人の脱走犯が逃避行をする。人種偏見を提起する形で両者の憎悪があり、鎖が人間性の目覚めとして、両者の絶望的な友情へと導く。脚本と構成がすこぶる優秀で素晴らしい作品である。ロケーション撮影は、南カリフォルニアで悪天候を選んで行われたそうだ。製作当時のアメリカは公民権運動の最中であり、法的には1964年に公民権法が成立する。その意味でも凄い作品である。


「手錠のままの脱獄(THE DEFIANT ONES)」カーラ・ウィリアムス

「手錠のままの脱獄(THE DEFIANT ONES)」

ロン・チャニー、シドニー・ポワチエ、トニー・カーティス       チャールズ・マッグロー

【ストリー】
豪雨のハイウェイで1台の囚人護送車がハンドルを切り損ない崖から転落した。死者はなかったが白人のジャクソン(トニー・カーティス)と黒人のカレン(シドニー・ポワチエ)の2囚人が脱走した。2人は互いに手首と手首を4フィートの鎖でつながれていたが、心は双方とも相手に対する人種的偏見と憎悪で固まっていた。時をおかずギボンス警部(チャールズ・マッグロー)の率いる武装警官隊とルー・ガンス(ウィット・ビッセル)を隊長とする民間人徴集隊が協同で捜索をはじめた。獰猛なドーベルマン2頭を含む警察犬も動員され雨中の山狩りがはじまる。指揮官には治安官のミュラー(セオドア・バイケル)が当たった。2人の囚人は増水した谷河を渡り、崩れ易い陶土採掘坑に身をひそめ、沼地で食用ガエルをとり、必死の逃走をつづけた。鎖で繋がれた2人は心ならずも協力しなければならなかったが、互いの憎悪はつのる一方だった。食物を求めて、夜更けにある集落の店に2人は忍び入ったが、誤って足を滑らしたジャクスンは手錠で手首を切り、カレンも共に床に転落して、物音により村人たちに捕らえられた。男たちは2人にリンチを加えようとしたが、危うく、長い獄中生活をしたらしい手錠のあとのある大男サム(ロン・チャニー)に救われた。なおもあてのない道を進む2人の不安と焦りは爆発して、なぐり合いとなった。この時、2人の鼻先に22口径のライフルがつきつけられた。何とそれは10歳位の男の子だった。カレンは銃を奪うと子供の家に向かった。母親(カーラ・ウィリアムス)は2人に食物を与え、タガネと金槌を出して鎖を切った。ジャクソンは手首の傷から発熱して倒れた。半年前から夫に捨てられ、2人で暮らしてきたという女は、翌朝、熱の下がったジャクソンに連れて逃げてくれと頼んだ。そして、北に逃げたいというカレンに沼地を抜ける近道を教えた。しかし、カレンが発った後、それが流砂に埋まる死の道だと知ったジャクソンは、女を振り切って憎みきっている筈の黒人のあとを追って行き、カレンを助けた。しかしその時少年の撃ったライフルの弾丸がジャクソンの胸を貫いていた。追手は銃声で迫ってき、警察犬の吠え声がする。鉄道線路にたどりついて2人は、通過する列車にとびついた。しかし、先にはい上がってのばしたカレンの手をジャクソンが掴みながらも、力つきた2人は車外に転落した。捜索隊が追いついた時、虫の息ながら微笑みするジャクソンを膝に、黒人のカレンは静かに民謡を口ずさんでいた。


セオドア・バイケル              「手錠のままの脱獄(THE DEFIANT ONES)」

題名:THE DEFIANT ONES
邦題:手錠のままの脱獄
監督:スタンリー・クレイマー
製作:スタンリー・クレイマー
脚本:ネイサン・E・ダグラス、ハロルド・ジェイコブ・スミス
撮影:サム・リーヴィット
録音:ウォルター・エリオット
美術:フェルナンド・キャリー
装飾:ジョセフ・キッシュ
特撮:アレックス・ウェルドン
編集:フレデリック・ナドソン
音楽:アーネスト・ゴールド
出演:トニー・カーティス、シドニー・ポワチエ、カーラ・ウィリアムス、セオドア・バイケル、ロン・チャニー、チャールズ・マッグロー
ベルリン映画祭男優賞受賞(シドニー・ポワチエ)
1958年アメリカ/ビスタサイズ・モノクロ97分35mmフィルム
手錠のままの脱獄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「手錠のままの脱獄(THE DEFIANT ONES)」