映画「傷だらけの挽歌」


キム・ダービー                  スコット・ウィルソン

今回はロバート・アルドリッチ監督1971年製作「傷だらけの挽歌(THE GRISSOM GANG)」をピックアップする。
本作は1930年代のアメリカを背景にしたフィルム・ノワールであるが、卓越した配役、演技に相まって脚本が素晴らしい作品である。本作には2種類のラストが存在する。DVD版では、虚しさと哀しさでボロボロになったバーバラが、探偵フェナーの運転するロードスターの助手席から、父親を振り返る顔のストップモーションで終わる。1971年の劇場公開版は、フェナーに送り届けられる途中、川に身を投げるバーバラで終っているそうだ。


コニー・スティーヴンス

【ストリー】
1931年の夏、不況のドン底にあった、ここは中部のカンサス・シティ。町はずれの安酒場で、3人のチンピラが、みすぼらしいナイトクラブの写真屋ヘイニーからうまい話を聞き出した。プレイガールのバーバラ・ブランディシュ(キム・ダービー)が身につけている首飾りが5万ドルもするダイヤだというのだ。チンピラ・ギャングのトリオ、ジョー・ベイリー、フランク・コナー、サムの3人は早速、もぐり酒場ゴールデン・スリッパーへ駆けつけた。待ち構える3人に、予想通り、バーバラはボーイフレンド、ジェリー・マクゴーワンに伴われて姿を現わした。しかし、急に喧嘩を始めたバーバラは、怒って酒場をとび出した。慌てて店を出た3人は、バーバラを乗せたジェリーのロードスターが走り出すと、リンカンで後に続いた。やがて、妨害して車を止めさせると、怒ったジェリーはいきなりサムに殴りかかっていった。突然コナーはピストルをジェリーめがけて射った。泣き叫ぶバーバラを車に乗せて、3人はひとまずカンサス・シティから100 マイル離れた所にある黒人の元ボクサー、ジョニー・ハッチンスの小屋に隠れることにした。途中で彼らはガソリン・スタンドに立ち寄り、まずいことにグリッソム・ギャングと呼ばれる名うてのギャング団の1人、エディ・ヘイゲン(トニー・ムサンテ)に会ってしまった。エディは持ち前の勘で、3人を臭いとにらんだ。彼は早速、女親分マー・グリッソム(アイリン・デイリー)に知らせに車を走らせた。ハッチンスの小屋にひそんだ3人のギャングとバーバラを訪ねて、突如グリッソム・ギャングがやってきた。エディ、メイス、ウォッピー、それにマー・グリッソムの息子で精神に異状のあるスリム(スコット・ウィルソン)の4人である。すっかりおびえた3人組は、たちまちのうちに射殺され、バーバラはグリッソム・ギャングに連れ去られた。グリッソムは早速、身代金を要求した。そして約束通りの金を受け取ると、用のすんだバーバラを殺す計画を立てた。しかし、バーバラの美貌にひかれ、友達になりたいと思いつめるスリムは、絶対服従のはずのマー・グリッソムにも盾つき、絶対にバーバラは離さないと、得意のナイフをちらつかせた。バーバラの父親ジョン・P・ブランディシュ(ウェズリー・アディ)は、百万長者の実業家である。早速私立探偵デイブ・フェナー(ロバート・ランシング)を雇ったが、バーバラは戻らなかった。すでに用のないバーバラを消してしまおうとするマー・グリッソムに、スリムはナイフをつきつけ、母親でも容赦はしないといきまいた。おかげで命を保っているバーバラは、薄汚くて軽薄なスリムへの嫌悪感を振り払って、スリムのご機嫌を取らねばならなかった。グリッソムの経営するナイトクラブで歌っている、殺されたコナーの女アンナ・ボーグは、ガソリン・スタンドの男から、コナーがエディ・ヘイゲンに会ったことを聞いた。それを知ったエディは、ガソリン・スタンドの男を殺し、バーバラから離れようとしないスリムのために、2人がまるで新婚生活を送るかのような豪華な部屋を提供した。一方、フェナーはアンナ・ボーグに関する聞き込みを得て、芸能周旋屋に化けて、まんまとジョニー・ハッチンスの名前を聞き出した。エディはそれを知るとアンナを射殺し、急遽、スリムたちを廻した、ハッチンスに会ったフェナーは、ことのいきさつを聞き出したが、スリムたちに襲われた。しかし到着した警官たちを見て、スリムたちは逃げ出し、フェナーは九死に一生を得た。エディがスリムの留守にバーバラをものにしようと迫った時、スリムが現われ、得意のナイフでエディを刺し殺した。一方、警官隊はナイトクラブを包囲した。ギャングと警官隊との間に激しい射ち合いが展開され、マー・グリッソムも遂に銃弾を浴びて倒れた。バーバラを連れて車で逃げ回るスリムは、途中、ラジオで母親の惨死を知り、悲しみに沈みながらも更に逃げ、とある農家の納屋にひそんだ。しかし、それを見た農夫が警察に通報した。その納屋で、バーバラは初めてスリムの暖かい心にうたれ、優しく包むようにスリムを抱いた。夜が明けそめるころ、警官隊は納屋の回りをびっしりと取りかこんでいた。バーバラの制止も振り切って飛び出したスリムは、一斉に発射された無数の銃弾を浴びて倒れた。泣き叫びながらスリムの死体を愛撫するバーバラに、父親の冷たい言葉が突き刺さり、バーバラの目はうつろな色に変わっていった。


アイリーン・デーリー            スコット・ウィルソン、キム・ダービー

題名:THE GRISSOM GANG
邦題:傷だらけの挽歌
監督:ロバート・アルドリッチ
製作:ロバート・アルドリッチ
原作:ジェームズ・ハドリー・チェイス「ミス・ブランディッシの蘭」
脚本:レオン・グリフィス
撮影:ジョセフ・バイロック
衣装:ノーマ・コック
音楽:ジェラルド・フリード 主題歌:ルーディ・ヴァリー “I Can’t Give You Anything But Love, Baby”
編集:マイケル・ルチアーノ
現像:メトロカラー
出演:キム・ダービー、スコット・ウィルソン、トニー・ムサンテ、ロバート・ランシング、コニー・スティーヴンス、ウェズリー・アディ
1971年アメリカ/ビスタサイズ・カラー125分35mmフィルム
傷だらけの挽歌 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


傷だらけの挽歌(THE GRISSOM GANG)

ロバート・アルドリッチ監督

傷だらけの挽歌(THE GRISSOM GANG)
※ARRIFLEX 35 BL CAMERA

マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「豹/ジャガー」

豹/ジャガー

5月26日に朝日新聞出版より「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第4号が届いた。「マカロニウエスタン」カテゴリになかった「南から来た用心棒」は先日紹介したので、二作品のうち今回は「豹/ジャガー」をピックアップする。
最初にイタリア製西部劇(マカロニウェスタン)を作り始めたのはセルジオ・レオーネ監督という認識が多いが、実は「荒野の用心棒」より一年も早くセルジオ・コルブッチ監督が1963年に「グランド・キャニオンの虐殺(MASSACRO AL GRANDE CANYON)」を西ドイツ製作で撮っていた。いわゆるマカロニウェスタンの先駆となったのはそれ以前に西ドイツで盛んにつくられていたカール・マイ・ウエスタンという一連の西部劇(ロケ地は主にユーゴスラビア)がルーツだそうだ。

※カール・マイ・ウエスタン
カール・マイという一度もアメリカにすら行ったことのない作家が書いた西部小説「ウィネットー」シリーズが大人気を呼び、1962年にハラルト・ラインル監督による 「シルバーレークの待伏せ」が作られた。

豹/ジャガー
フランコ・ネロ、トニー・ムサンテ
豹/ジャガー豹/ジャガー
豹/ジャガー
豹/ジャガー
ジャック・パランス

本作はセルジオ・コルブッチ監督のメキシコ革命3部作のひとつで、他は「ガンマン大連合」と日本未公開「進撃0号作戦(1973年/CHE C’ENTRIAMO NOI CON LA REVOLUZIONE?)」となる。この中で本作と「ガンマン大連合」は、”メキシコ革命を舞台にメキシコ人の若者と、金を目的に北欧から来た男が共闘しメキシコ政府軍と戦う”というモチーフが似ているばかりか、出演は両作ともフランコ・ネロとジャック・パランスである。この二作をセルフ・リメイクと呼ばれているそうだ。

豹/ジャガー豹/ジャガー
豹/ジャガー(A PROFESSIONAL GUN))
豹/ジャガー
ジョヴァンナ・ラッリ
豹/ジャガー豹/ジャガー

マカロニウエスタンで闘牛場(スペイン)が使われているのは珍しいが、ラストシーンのオープンセットは「ガンマン無頼」で使われたものと同一なのを発見した。

001a002a
※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
westan

【次回紹介予定の作品】

この定期購読は、第一弾が1~25号、第二弾が26~51号と予定されていて各号は隔週木曜日に届けられる。前回紹介した創刊号は「荒野の用心棒」1作品のみで990円、以降2作品同梱で1,990円となっている。定期購読は途中で解約可能だが、単品でAMAZONで販売している。

【今後のブログ公開予定】
「マカロニウエスタン傑作DVDコレクション」は、51号まで続くと全101作品にもなる。マカロニウエスタン以外の通常映画作品は、2016年9月まで予約投稿してあるのでこちらを優先して差し込む形で公開してゆく予定です。

【既に発売済の作品】
1.「荒野の用心棒」2016年4月14日発売
2.「荒野の1ドル銀貨」2016年4月28日発売
3.「続・荒野の用心棒」2016年4月28日発売
4.「続・荒野の1ドル銀貨」2016年5月12日発売
5.「さすらいのガンマン」2016年5月12日発売
6.「南から来た用心棒」2016年5月26日発売
7.「豹/ジャガー」2016年5月26日発売

【今後の発売予定作品】
8.「情無用のジャンコ」2016年6月9日発売予定
9.「殺しが静かにやって来る」2016年6月9日発売予定
10.「暁の用心棒」2016年6月23日発売予定
11.「怒りの荒野」」2016年6月23日発売予定
※定期購読は朝日新聞出版「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」で受付中!


映画「豹/ジャガー」当ブログ2013年1月23日公開

A PROFESSIONAL GUNA PROFESSIONAL GUN
フランコ・ネロ

今回はセルジオ・コルブッチ監督1968年製作の「豹/ジャガー(A PROFESSIONAL GUN)」をピックアップする。「続・荒野の用心棒」「殺しが静かにやって来る」は、当ブログでも紹介した。本作は舞台をメキシコ革命に置き革命軍と政府軍の狭間で蠢く凄腕ガンマンの物語である。
主演はフランコ・ネロ、共演にジャック・パランス、トニー・ムサンテが熱演している。
この頃のマカロニウエスタンは後期にあたり、「ガンマン大連合(セルジオ・コルブッチ監督1970年)」もメキシコ革命を背景にしている。
ここには荒野を一人さすらうガンマンの姿はない。

A PROFESSIONAL GUNA PROFESSIONAL GUN
ジャック・パランス

【ストリー】
早射ちの殺し屋ビル・ダグラスことセルゲイ・コワルスキ(フランコ・ネロ)は、精悍なジャガーのような男だった。今度の雇い主は、メキシコ国境に銀鉱をも つ富豪アルフォンソ・ガルシア(エドゥアルド・ファヤルド)。ガルシアは、革命の気配のあるメキシコから安全な場所へ銀を移すため、護送を頼んできたの だ。ところが、殺し屋の商売仇エラム・ブリッグス(ジャック・パランス)が取引に割りこんできた。ビルが鉱山に着くと、すでにメキシコ人抗夫エウフェミオ (トニー・ムサンテ)のひきいる革命軍に占拠されていた。ガルシアは、銀をひそかに井戸にかくし、ふみこむと爆発するしかけをしていた。一方、エラムはガ ルシアの用心棒となり、革命鎮圧に参加していた。この間、ビルはまったく無関心。ゼニにならなければ何もやらないのが彼の主義だ。彼はエウフェミオから金を受けとると、革命軍のためにひと仕事した。おかげで、エウフェミオはビルに惚れこみ、あり金をはたいて参謀にやとった。
ビルの指導のもとに、革命部隊は町々を解放した。途中で、一人の美しいメキシコ娘コルンバ(ジョヴァンナ・ラッリ)が一行に加わった。ガルシアが、軍隊を 連れて討伐に来るという情報が入った。輸送列車を襲撃したりして、革命軍に資金もできた。だが、ある時、革命軍は軍隊に壊滅され、エウフェミオとコルンバ は命からがら逃げた。首に懸賞金をかけられたものの、エウフェミオはエラムを倒した。だが、エウフェミオとビルは、ついに捕えられてしまった。それを救っ たのはコルンバだ。
ガルシア一味を倒したビルは、未だ革命の理想に燃えるエウフェミオを残し去って行った。

A PROFESSIONAL GUNA PROFESSIONAL GUN

題名:A PROFESSIONAL GUN/THE MERCENARY/IL MERCENARIO
邦題:豹/ジャガー
監督:セルジオ・コルブッチ
製作:アルベルト・グリマルディ
脚本:ルチアーノ・ヴィンセンツォーニ、ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ、セルジオ・スピーナ、セルジオ・コルブッチ、アドリアーノ・ボルツォーニ
撮影:アレハンドロ・ウロア
美術:ピエロ・フィリポーネ
編集:ユージェニオ・アラビソ
音楽:エンニオ・モリコーネ、ブルーノ・ニコライ
出演:フランコ・ネロ、ジャック・パランス、トニー・ムサンテ、ジョヴァンナ・ラッリ、エドゥアルド・ファヤルド
1968年イタリア・スペイン/テクニスコープ・テクニカラー109分35mmフィルム
豹/ジャガー [DVD]

映画「豹/ジャガー」

A PROFESSIONAL GUNA PROFESSIONAL GUN
フランコ・ネロ

今回はセルジオ・コルブッチ監督1968年製作の「豹/ジャガー(A PROFESSIONAL GUN)」をピックアップする。
コルブッチ監督の作品は「続・荒野の用心棒」「殺しが静かにやって来る」を当ブログでも紹介した。本作は舞台をメキシコ革命に置き革命軍と政府軍の狭間で蠢く凄腕ガンマンの物語である。主演はフランコ・ネロ、共演にジャック・パランス、トニー・ムサンテが熱演している。この頃のマカロニウエスタンは後期にあたり、「ガンマン大連合(セルジオ・コルブッチ監督1970年)」もメキシコ革命を背景にしている。ここには荒野を一人さすらうガンマンの姿はない。

A PROFESSIONAL GUNA PROFESSIONAL GUN
ジャック・パランス

【ストリー】
早射ちの殺し屋ビル・ダグラスことセルゲイ・コワルスキ(フランコ・ネロ)は、精悍なジャガーのような男だった。今度の雇い主は、メキシコ国境に銀鉱をも つ富豪アルフォンソ・ガルシア(エドゥアルド・ファヤルド)。ガルシアは、革命の気配のあるメキシコから安全な場所へ銀を移すため、護送を頼んできたの だ。ところが、殺し屋の商売仇エラム・ブリッグス(ジャック・パランス)が取引に割りこんできた。ビルが鉱山に着くと、すでにメキシコ人抗夫エウフェミオ (トニー・ムサンテ)のひきいる革命軍に占拠されていた。ガルシアは、銀をひそかに井戸にかくし、ふみこむと爆発するしかけをしていた。一方、エラムはガ ルシアの用心棒となり、革命鎮圧に参加していた。この間、ビルはまったく無関心。ゼニにならなければ何もやらないのが彼の主義だ。彼はエウフェミオから金を受けとると、革命軍のためにひと仕事した。おかげで、エウフェミオはビルに惚れこみ、あり金をはたいて参謀にやとった。ビルの指導のもとに、革命部隊は町々を解放した。途中で、一人の美しいメキシコ娘コルンバ(ジョヴァンナ・ラッリ)が一行に加わった。ガルシアが、軍隊を 連れて討伐に来るという情報が入った。輸送列車を襲撃したりして、革命軍に資金もできた。だが、ある時、革命軍は軍隊に壊滅され、エウフェミオとコルンバ は命からがら逃げた。首に懸賞金をかけられたものの、エウフェミオはエラムを倒した。だが、エウフェミオとビルは、ついに捕えられてしまった。それを救っ たのはコルンバだ。ガルシア一味を倒したビルは、未だ革命の理想に燃えるエウフェミオを残し去って行った。

A PROFESSIONAL GUNA PROFESSIONAL GUN

英題:A PROFESSIONAL GUN
伊題:THE MERCENARY/IL MERCENARIO
邦題:豹/ジャガー
監督:セルジオ・コルブッチ
製作:アルベルト・グリマルディ
脚本:ルチアーノ・ヴィンセンツォーニ、セルジオ・スピーナ、セルジオ・コルブッチ、アドリアーノ・ボルツォーニ
撮影:アレハンドロ・ウロア
美術:ピエロ・フィリポーネ
編集:ユージェニオ・アラビソ
音楽:エンニオ・モリコーネ、ブルーノ・ニコライ
出演:フランコ・ネロ、ジャック・パランス、トニー・ムサンテ、ジョヴァンナ・ラッリ、エドゥアルド・ファヤルド
1968年イタリア・スペイン/テクニスコープ・テクニカラー109分35mmフィルム
豹/ジャガー [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。