映画「ミッション:インポッシブルIII M-I:III」


トム・クルーズ                 ミシェル・モナハン

今回はJ・J・エイブラムス監督2006年製作「ミッション:インポッシブルIII(MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III)」をピックアップする。本作はトム・クルーズ主演の人気スパイ・アクションの第3弾で敵役にアカデミー賞受賞俳優、フィリップ・シーモア・ホフマンを迎え、目まぐるしいアクションを展開する。撮影は2005年6月にイタリアで開始され、ベルリン、ローマ、バチカン、上海、西塘(浙江省)、ヴァージニア州、カリフォルニア州などでロケが行われた。2006年6月21日に主演のトム・クルーズが、東京~新大阪間の新幹線「のぞみ」を借り切った来日キャンペーンが実施された。時刻表にない特別ダイヤで運行し、出発時刻などは混乱を避ける目的で非公開となった。この企画の経費は、「のぞみ」の貸切りの1,500万円など、約3,000万円とされる。
(ウィキペディア参照)


マギー・Q                     ケリー・ラッセル

【ストリー】
スパイを引退したイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、婚約者のジュリア(ミシェル・モナハン)と幸せな日々を過ごしていた。新人スパイの教育に当っていたイーサンだが、教え子リンジーが誘拐されたことを知らされ、その救出作戦に参加する。しかし救出に成功したと思ったのも束の間、リンジーは頭に仕掛けられた爆弾で死んでしまった。その後、一連の事件の裏に闇商人デイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)がいることを知ったイーサンのチームは、デイヴィアンを捕獲すべく、バチカンへと向かった。見事デイヴィアンを捕らえたイーサンたちだったが、帰国後、襲撃を受ける。リンジーが遺したマイクロドットには、上官のブラッセルが、デイヴィアンと通じているという秘密が語られていた。奇襲を受けたイーサンたちは、結局デイヴィアンを奪われてしまう。イーサンに恨みを抱くデイヴィアンは、ジュリアを誘拐し、機密物質「ラビットフット」を48時間以内に探し出さないとジュリアを殺すと脅迫してきた。ブラッセルの裏切りに気づいた上司マスグレイブの機転により、イーサンは上海に向かった。そこにはチームの面々も揃っていた。「ラビットフット」があるという高層ビルに潜入し、盗み出すことに成功するイーサン。それをデイヴィアンの元に持っていくが、頭に爆弾を埋め込まれた挙句、目の前でジュリアを殺されてしまう。絶望するイーサン。しかし何故かそこにマスグレイブが現れ、実は殺されたジュリアが偽者だったことを明かす。デイヴィアンと結託していたのはマスグレイブだったのだ。イーサンはマスグレイブを出し抜き、本物のジュリアが囚われている場所へと向かった。そこでイーサンはデイヴィアンを倒し、頭の爆弾を破壊することにも成功する。追ってきたマスグレイブを撃ち殺したのはジュリアだった。イーサンは新しい仕事を丁重に断り、ジュリアとハネムーンに出かけるのだった。

題名:MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III
邦題:ミッション:インポッシブル3/M-I:III
監督:J・J・エイブラムス
脚本:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、J・J・エイブラムス
製作総指揮:ストラットン・レオポルド
製作:トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー
撮影:ダン・ミンデル
美術:スコット・チャンブリス
VFX:インダストリアル・ライト&マジック(ILM)
効果:ロジャー・ガイエット
衣装:コリーン・エイトウッド
編集:メリアン・ブランドン、メアリー・ジョー・マイキー
音楽:マイケル・ジアッチーノ
音楽スーパーバイザー:ダニー・ブラムソン
フィルム:イーストマンコダック
撮影機材:パナビジョン
現像:デラックスカラー
出演:トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィング・レイムス、ビリー・クラダップ、ミシェル・モナハン、ジョナサン・リース・マイヤーズ、ケリー・ラッセル、マギー・Q、サイモン・ペッグ、ローレンス・フィッシュバーン
2006年アメリカ/シネスコサイズ・カラー126分35mmフィルム
ミッション:インポッシブル3 M-I:III -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ミッション:インポッシブルIII(MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III)

映画「アイズ ワイド シャット」


「アイズ ワイド シャット(EYES WIDE SHUT)」ニコール・キッドマン、トム・クルーズ

トム・クルーズ                  ニコール・キッドマン

今回はスタンリー・キューブリック監督1999年製作「アイズ ワイド シャット(EYES WIDE SHUT)」をピックアップする。
本作は巨匠スタンリー・キューブリック監督が「フルメタル・ジャケット(1988年)」以来11年ぶりに製作した作品と同時に遺作となった映画である。この時、主演のトム・クルーズ、ニコール・キッドマンは夫婦であった。
撮影は1996年11月から撮影が始まり1998年4月まで延々400日以上に及ぶギネス記録となったそうだ。本作ではクリスマス期のニューヨークにおける華やかな街並みが背景にあるが、すべてイギリスでのロケおよび大規模スタジオ撮影で再現されている。

※撮影の長期化は、キャストの交代があった為に再撮影があった。
※キューブリック監督が極度の飛行機嫌いである事からイギリス国内で撮影した。

【ストリー】
クリスマス前後のニューヨーク。ウィリアム(トム・クルーズ)とアリス(ニコール・キッドマン)は結婚して9年目。7歳になる娘ヘレナをもうけ、瀟洒なアパートメントに暮らしている。その晩、ウィリアムの知人であるヴィクター(シドニー・ポラック)のパーティに出かけ、ウィリアムはふたりのモデルから誘惑されるが、ヴィクターから呼び出され、マンディというへロイン中毒になった娼婦の治療を頼まれる。その間、アリスはハンガリー人を名乗る中年紳士の誘惑を受けながらダンスを続けていた。帰宅後、寝室でマリファナでラリったアリスはウィリアムに思いがけない告白をする。以前、家族で出かけたヴァカンス先のホテルで、視線が合った魅惑的な海軍士官に浮気心を抱いだというのだ。妻を信用していたウィリアムはこの言葉に衝撃を受ける。老人の患者が急死して呼び出されたウィリアムは、妻が他の男に抱かれている妄想が頭から離れないまま、深夜の街をさまよう。娼婦ドミノ(ヴィネッサ・ショー)の誘いで彼女のアパートまでついていったが、アリスの電話でことは果たさぬまま立ち去る。次に彼はヴィクターのパーティで再会した大学の同級生でいまはピアニストをしているナイチンゲール(トッド・フィールド)を訪ね、彼から秘密の乱交パーティがあると知らされる。黒装束に仮面をつけ、仮装して郊外の館に乗り込んだウィリアム。なぜかひとりの女がすぐに立ち去るようにと忠告する。いぶかしく思う間に、彼は屈強な男に連行されるままに、居並ぶ人々の前でひとりだけ仮面を外し、裸になれと強制される。その場は例の女のとりなしでおさまったが、翌日、彼がナイチンゲールを訪ねると、彼は何者かに強制的にホテルを追い立てられていた。さらに彼には不審な尾行者がつきまとう。新聞には元ミスコンの女王がドラッグの過剰摂取で急死したという事件が出ており、彼が死体を確認してみると、それは昨晩の館の女だった。館に赴くと、「これ以上詮索するな」と脅迫の手紙が渡される。直後、今度はヴィクターに呼び出されたウィリアムは、思いがけず彼から事件の真相を聞かされた。館の女はパーティで彼が診たマンディだった。彼女はあの館に出入りする娼婦で、ヴィクターもその秘密の会員のひとりだったのだ。帰宅した彼は、眠るアリスの傍らに彼が館で使った仮面があるのを見つけ、ついに彼女に全てを告白した。娘のヘレナのプレゼントの買い物に出たふたり。アリスは夫婦の絆をもう一度確かめあおうと語るのだった。

題名:EYES WIDE SHUT
邦題:アイズ ワイド シャット
監督:スタンリー・キューブリック
製作総指揮:ヤン・ハーラン
製作:スタンリー・キューブリック
原作:アルトゥール・シュニッツラー
脚本:スタンリー・キューブリック、フレデリック・ラファエル
撮影:ラリー・スミス
美術:レスリー・トムキンス、 ロイ・ウォーカー
衣裳:マリット・アレン
編集:ナイジェル・ゴルト
音楽:ジョスリン・プーク
撮影機材:アリフレックス
フィルム:イーストマンコダック
現像:デラックスカラー(ロンドン)
出演:トム・クルーズ、ニコール・キッドマン、シドニー・ポラック、トッド・フィールド、マリー・リチャードソン、リーリー・ソビエスキー、ヴィネッサ・ショー
1999年アメリカ/ビスタサイズ・カラー159分35mmフィルム
アイズ ワイド シャット -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「アイズ ワイド シャット(EYES WIDE SHUT)」

「アイズ ワイド シャット(EYES WIDE SHUT)」

スタンリー・キューブリック監督     「アイズ ワイド シャット(EYES WIDE SHUT)」

映画「コラテラル」


トム・クルーズ                  ジェイミー・フォックス

今回はマイケル・マン監督2004年製作「コラテラル(COLLATERAL)」をピックアップする。
本作は人気俳優のトム・クルーズが悪役を演じるという事でも話題となったが、内容は単なるハリウッドエンタテイメン作品ではなく、上質の脚本と演出、俳優の演技、アクションによっで見事な映画に仕上がっている。

【ストリー】
マックス(ジェイミー・フォックス)は、ロサンゼルスのタクシー運転手として、ごく平凡な日々を送ってきた。だが今夜、アニー(ジェイダ・ピンケット=スミス)という女性検事を客に乗せ、心のふれあいを感じたところから、彼の運命は変化し始める。次にマックスのタクシーを拾ったのは、ヴィンセント(トム・クルーズ)というプロの殺し屋。彼は麻薬取引に関わる組織からの依頼で、今夜5人の証人を殺害する任務を授かっていた。ヴィンセントに脅されて、一晩のドライバー役となるマックス。やがて麻薬捜査官のファニング(マーク・ラファロ)が捜査に動き出す。ヴィンセントは計画を一つずつ冷徹に完了させていくが、マックスは次第に、彼に抵抗を示す勇気を手にしていく。ヴィンセントの大事な殺人の指令書を、ハイウェイに投げ捨てるマックス。あわてるヴィンセントだったが、マックスをコントロールし、再び殺害者のデータを手に入れる。そしてとあるクラブ内で、ファニングはあと一歩のところまでヴィンセントを追い詰めるが、結局彼の銃の犠牲になってしまった。いよいよ最後の標的のもとへ向かうヴィンセント。それはあの女性検事アニーだった。マックスは携帯電話でアニーに危険を知らせ、2人でヴィンセントから逃げる。まもなく電車の中で撃ち合いとなるが、マックスの銃弾がヴィンセントの体を撃ち抜く。そしてヴィンセントは席に座って、静かに息絶えるのだった。

題名:COLLATERAL
邦題:コラテラル
監督:マイケル・マン
製作総指揮 :フランク・ダラボン、ロブ・フリード、ピーター・ジュリアーノ、チャック・ラッセル製作:マイケル・マン、ジュリー・リチャードソン
脚本:スチュアート・ビーティー
撮影:ディオン・ビーブ、ポール・キャメロン
美術:デイヴィッド・ワスコ
衣装:ジェフリー・カーランド
編集:ジム・ミラー、ポール・ルベル
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影機材:パナビジョン
フィルム:イーストマン・コダック
現像:テクニカラー
出演者:トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス、ジェイダ・ピンケット=スミス、マーク・ラファロ、ハビエル・バルデム、ピーター・バーグ、ブルース・マッギル
2004年アメリカ/シネスコサイズ・カラー120分35mmフィルム
コラテラル -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ジェイダ・ピンケット=スミス、ジェイミー・フォックス

1 2 3 4