映画「続・復讐のガンマン 走れ、男、走れ」


続・復讐のガンマン 走れ、男、走れ続・復讐のガンマン 走れ、男、走れ
トーマス・ミリアン               ドナルド・オブライエン

今回はセルジオ・ソリーマ監督1968年製作「続・復讐のガンマン 走れ、男、走れ(CORRI UOMO CORRI/RUN MAN RUN)」をピックアップする。本作は、流れ者のガンマン “クチーロ” の痛快な活躍を描いた「復讐のガンマン」「血斗のジャンゴ(1968年)」に続き、スケールアップした “クチーロ” 三部作の完結編だ。主演は「情無用のジャンゴ」のトーマス・ミリアンが拳銃を持たないナイフ使いを演じる。共演は「ハチェット無頼」のドナルド・オブライエン、女優陣は、「西部悪人伝」のリンダ・ヴェラス、「続・夕陽のガンマン」のチェロ・アロンゾ、山賊のボスに「さいはての用心棒」のネロ・パッツァフィーニが出演している。ガンファイトが少ないマカロニウエスタン絶頂期の作品である。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 44号 2017年 12/17号 [分冊百科]

トーマス・ミリアン ”クーチョ”への思い
本作で「復讐のガンマン(1967年)」に続いて”クーチョ”を演じたトーマス・ミリアンは、1933年にキューバで生まれた。しかし、キューバ革命の際、キューバ軍の将校だった父が革命軍に捕らえられて獄中死に追い込まれた事で、ミリアンは祖国を離れてアメリカへ移住したのである。そんなミリアンが、革命側の”クーチョ”を演じる事について、矛盾を感じているのではないかと思われがちだが、彼の思いは違っていた。「クーチョのキャラクターは、慎重に創り上げた。マカロニ・ウエスタンを通じてラテン・アメリカの仲間を支援するつもりで演じている。中南米の人々は映画の中で悪い奴として表現される事が多い。しかし、私は悪い奴をヒーローにした」と語っているのだ。ミリアンは、マイノリティのヒーローを創り上げる事によって、中南米で生活に苦しんでいる人々を励ましたかったのだろう。一方、セルジオ・ソリーマ監督は。「クチーヨというキャラクターが成功したのは、観客、特に若い世代の観客がクチーヨを自分の仲間だと感じる事が出来たからだろう。クリント・イーストウッドが演じた役は冷たく、観客とかけ離れたスーパースターだったからね」とコメントしている。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)

※本稿は2015年3月15日に公開した投稿の改定版です。

続・復讐のガンマン 走れ、男、走れ続・復讐のガンマン 走れ、男、走れ
チェロ・アロンゾ                リンダ・ヴェラス

【ストリー】
ナイフ投げの名人クチーヨ(トーマス・ミリアン)は、牢獄で知りあった詩人ラミレス(ホセ・トーレス)から革命資金となる黄金の隠し場所を示す紙片を託される。ラミレスの遺言に応え、裸足で走り出したクチーヨ。追うのは革命軍の将軍、山賊、賞金稼ぎ、フランス人の殺し屋、救世軍の女軍曹、気の強いクチーヨの婚約者。弾丸とダイナマイトの雨の中、敵味方入り乱れながらメキシコの荒野から雪山を越えてテキサスへ…。

続・復讐のガンマン 走れ、男、走れ
ネロ・パッツァフィーニ

題名:CORRI UOMO CORRI
英題:RUN MAN RUN
邦題:続・復讐のガンマン 走れ、男、走れ
監督:セルジオ・ソリーマ
製作:アルド・ポミリア、セルジオ・ソリーマ
脚本:ポンペオ・デ・アンジェリス、セルジオ・ソリーマ
撮影:グリエルモ・マンコーリ
編集:タチアナ・カシーニ・モリジ
音楽:ブルーノ・ニコライ 主題歌:トーマス・ミリアン
出演:トーマス・ミリアン、ドナル・オブライエン、ジョン・アイアランド、フェデリコ・ボイド、リンダ・ヴェラス、ネロ・パッツァフィーニ、チェロ・アロンゾ、ホセ・トーレス、ルチアーノ・ロッシ
1968年イタリア・フランス/シネスコサイズ・カラー121分35mmフィルム [日本劇場未公開]
続・復讐のガンマン 走れ、男、走れ! [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

続・復讐のガンマン 走れ、男、走れ007
続・復讐のガンマン 走れ、男、走れ!(CORRI UOMO CORRI)

続・復讐のガンマン 走れ、男、走れ!(CORRI UOMO CORRI)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション「荒野の処刑」


ファビオ・ティステ

朝日新聞出版より2月2日発売の「マカロニウエスタン傑作映画DVDコレクション」第22号が届いた。二作品のうち今回はルチオ・フルチ監督1975年製作「荒野の処刑(FOUR OF THE APOCALYPSE)」をピックアップする。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 2017年 2/12号[分冊百科]


トーマス・ミリアン                リン・フレデリック

トーマス・ミリアンが想像した”チャコ”のモデル
本作で血も涙もない悪漢ハンター”チャコ”を演じたトーマス・ミリアンは、役作りにあたって実在の人物をモデルにしたという。1960年代後半にアメリカのカルト教団”マンソン・ファミリー”を組織し、1969年に映画監督ロマン・ポランスキーの妻シャロン・テート、大手スーパーマーケットの経営者レノ・ラビアンカとその妻ローズマリーらを信者に殺害させた狂信的カルト指導者チャールズ・マンソンである。彼に殺害を命じられた信者は、妊娠8カ月のシャロンを16カ所、レノを30カ所以上、ローズマリーを40カ所以上もメッタ刺しにした上で、被害者の血液で壁やドアに”Pig”などと殴り書きして現場を去っていた。実行犯でないものの、第一級殺人と殺人教唆によってマンソンに死刑判決が下されたのは1972年6月、「荒野の処刑」公開の約3年前の事である。(その後、カリフォルニア州が一時的に死刑を廃止した為、無期懲役に減刑)。本作の脚本を初めて読んだトーマス・ミリアンは、”チャコ”の凶悪な感性を”マンソン”に近いと感じ、人物造形の参考にした。”チャコ”が両目の下に描いた十字架は、獄中でマンソンが額に刻んだ十字架を見て発想したという。トーマス・ミリアンは、”チャコ”の衣装のほとんども、自分で選んだと語っている。ちなみに「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのゴア・ヴァービンスタキー監督はマカロニ・ウエスタンのファンで、本作の”チャコ”のいでたちをジョニー・デップ演じるジャック・スパロウ1に採り入れたという説があるが、真偽のほどは定かではない。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

リン・フレデリックの波乱万丈な人生
本作で妊娠中の娼婦”バニー”を演じたリン・フレデリックは、22歳を迎える1977年に天才喜劇役者ピーター・セラーズ(当時51歳)と結婚。心臓病を患っていたセラーズが1980年7月に心臓発作で急逝した事で、推定約450万ポンド(現在の価値で約1,740万ポンド。日本円で約22億円)もの膨大な遺産を手にした。一方、セラーズの最初の妻アン・ホーと二人の子供が相続したのは、わずか800ポンド(現在の約3,000ポンド=約38万円)ずつだったと伝えられている。セラーズの死から約半年後、フレデリックはイギリスの著名なテレビ司会者デイヴット・フロストと再婚し、1982年6月に離婚。同年には、セラーズの生前の映像を編集した「ピンクパンサーX(1952年)」の製作会社に対して訴訟を起こし、賠償金100万ポンド(現在の約320万ポンド=約4億円)を獲得して話題になった。さらに、同年12月に心臓外科医バリー・アンガーと結婚し、翌年に唯一の子を出産した彼女は1991年に離婚し、1994年4月27日、ロサンゼルスの自宅で遺体となって発見されたのである。享年39歳。死因は特定されず、薬物、あるいはアルコール依存症が噂されたが、遺族は否定している。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。
mwdvd
※他のマカロニウエスタン傑作DVDコレクションはバナーをクリックして下さい。


映画「荒野の処刑」当ブログ2013年3月20日公開
荒野の処刑荒野の処刑
トーマス・ミリアン                ファビオ・ティステ

今回はルチオ・フルチ監督1975年製作「荒野の処刑(FOUR OF THE APOCALYPSE)」をピックアップする。「真昼の用心棒」に続く9年後のルチオ・フルチ監督マカロニウエスタン第二作になる。この間は主にホラー映画「サンゲリア(SANGUELIA/1979年)」などを製作していた様だ。主人公が詐欺師でありガンマンではないキャラクター、ロードムービーといった切り口は、70年代製作の特徴のひとつだ。「ガンクレイジー(THE BOUNTY KILLER/1966年)」のトーマス・ミリアン、「俺たちに明日はない(BONNIE AND CLYDE/1967年)」「「華麗なる対決」のマイケル・J・ポラード、可憐な女優リン・フレデリック(後にピーター・セラーズと結婚)が脇を固めている。
尚、ルチオ・フルチ監督は1996年3月に満68歳で亡くなっている。

荒野の処刑荒野の処刑
リン・フレデリック、ファビオ・ティステ

【ストリー】
無法者に牛耳られた西部の町で、市民たちが彼らの支配から逃れるために虐殺を開始する。牢にいたギャンブラー、売春婦、黒人の墓堀り人夫、アル中の四人は殺す価値もないクズとして粗末な馬車を与えられ町を追放される。別の町を目指して旅をす る四人は一人のハンターと出会い一行に加えるが、その男は次第に掠奪者の本性を現し、彼らから全てを奪って去る。一人、また一人と仲間を失い、残された ギャンブラーは復讐を誓うのだった……。

荒野の処刑荒野の処刑
リン・フレデリック

題名:FOUR OF THE APOCALYPSE/I QUATTRO DELL’APOCALYPSE
邦題:荒野の処刑
監督:ルチオ・フルチ
脚本:エンニオ・デ・コンチーニ
撮影:セルジオ・サルヴァティ
音楽:フランコ・ピクシオ、ファビオ・フリッツィ、ヴィンス・テンペーラ
出演:トーマス・ミリアン、ファビオ・ティステ、リン・フレデリック、マイケル・J・ポラード、ドナルド・オブライエン、ブルーノ・コラッツァリ、ハリー・バード
1975年イタリア/ビスタサイズ・イーストマンカラー99分35mmフィルム[日本劇場未公開]
荒野の処刑 [DVD]

荒野の処刑荒野の処刑
荒野の処刑(FOUR OF THE APOCALYPSE)

映画「復讐無頼・狼たちの荒野」


今回はジュリオ・ペトローニ監督1968年製作「復讐無頼・狼たちの荒野(TEPEPA/BLOOD AND GUNS)」をピックアップする。本作は、何と言っても「市民ケーン」「第三の男」の巨匠オーソン・ウェルズがマカロニ・ウエスタンに出演している事に尽きる。
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 2017年 1/15号

オーソン・ウェルズに委縮したジュリオ・ペトローニ監督
本作のジュリオ・ペトローニ監督は、プロデューサーのアルフレッド・クオモからオーソン・ウェルズが出演すると聞いた時、「信じられない!」とだけ言ってしばし沈黙し、「あの名作、市民ケーン(1941年)の監督であるウェルズを私が監督するなんて、考えただけで委縮してしまう」と弱音を吐いたという。「復讐無頼・狼たちの荒野」は、1959年に42歳で監督デビューしたペトローニにとって7本目の監督作。対して25歳の若さで製作・監督・脚本・主演した市民ケーンで颯爽とハリウッドに登場したウェルズは、監督作だけでも既に10本を超えていた。しかも、年齢も2歳上であるウェルズに、ペトローニが委縮してしまうのは無理もない事だったのだろう。
しかし、イタリアにやって来たオーソン・ウェルズは毎晩のようにペトローニを誘ってウィスキーを飲み交わし、演劇や映画の話はもちろん、20年以上前に離婚したリタ・ヘイワーズに関する悩みまで打ち明けたというのだ。こうして意気投合したウェルズとの仕事をペトローニは、撮影終了後「彼は時々私にアドバイスしてくれた。その意見は的確で正しいものだったよ」と振り返っている。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)

オーソン・ウェルズと喧嘩したトーマス・ミリアン
本作の主演を務めるトーマス・ミリアンは、マイノリティのアウトローという役柄を好み、思い入れたっぷりに演じる事で知られている。
そんな彼は本作でも”メキシコのどこにでもいる”という主人公テペペの役作りに励み、クランクインに備えていた。ところが、俳優として尊敬していたオーソン・ウェルズとの撮影初日、ミリアンは駄目出しするばっかりで演じようとしないウェルズに腹を立て、生意気だと自覚しつつも大声で反論。取っ組み合い寸前の喧嘩になってしまったという。当時の状況を彼は「僕は彼に、台本を気に入って出演したと言って欲しかった。しかし、彼の目的は自分が撮りたい映画の資金を集める為だけだった。わざわざスペインへやって来て、僕の様な若い俳優と本気で共演する気なんて、さらさらなかったのさ」と振り返っている。それでもジュリオ・ペトローニ監督の仲介もあり、無事にクランクアップとなった本作は、メキシコでの初公開時の観客全員にスタンディングオベーションで迎えられ、数年間にわたって本作だけを上映した映画館が出るほど、南米で絶大な人気を誇る作品となったのだ。
(マカロニウエスタン傑作映画DVDプロダクションノートより)


トーマス・ミリアン                 オーソン・ウェルズ

【ストリー】
時はメキシコ革命の最中。イギリス人の医師ヘンリーは、メキシコのカスコッロ大佐と知り合い、人間は身体的特徴で犯罪者になるかどうか分類できると主張し、革命家テペパの処刑を研究のため延期して欲しいと依頼する。だが処刑は決行される。銃殺の直前、ヘンリーはメキシコではまだ珍しい乗用車で乗りつけて巧みに盾とし、テペパを救い出し騎馬の追手を振り切る。怒るカスコッロ大佐。はたして、ヘンリーの目的とは・・・。

題名:TEPEPA/BLOOD AND GUNS
邦題:復讐無頼・狼たちの荒野
監督:ジュリオ・ペトローニ
製作:アルフレッド・クオモ、ニコロ・ポミラ
脚本:イヴァン・デラ・メア、フランコ・ソリナス
撮影:フランシスコ・マリン
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:トーマス・ミリアン、オーソン・ウェルズ、スーザン・ジョージ、ジョン・スタイナー、ジャンカルロ・バデッシ、ホセ・トレス 、ルチアーノ・カーサモニカ
1968年イタリア・スペイン合作/シネスコサイズ・カラー128分35mmフィルム[日本劇場未公開]
復讐無頼・狼たちの荒野 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ルチアーノ・カーサモニカ

復讐無頼・狼たちの荒野(TEPEPA/BLOOD AND GUNS)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

1 2 3 5