映画「オーシャンズ13」


ジョージ・クルーニー                 アル・パチーノ

今回はスティーヴン・ソダーバーグ監督2007年製作「オーシャンズ13(OCEAN’S THIRTEEN)」をピックアップする。
2001年「オーシャンズ11」2004年「オーシャンズ12」に続くジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットらハリウッド豪華スター競演によるクライム・ムービーの第3弾だ。


ブラッド・ピット             アンディ・ガルシア、エレン・バーキン

【ストリー】
ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)率いるプロフェッショナルな犯罪チーム“オーシャンズ”のメンバーの一人、ルーベン(エリオット・グールド)は、今まさに生死の境を彷徨っていた。世界を股にかけるホテル王、ウィリー・バンク(アル・パチーノ)と組み、ラスベガスに新たな巨大ホテルを立ち上げようとしていた矢先、バンクの裏切りによってホテルを乗っ取られ、失意のあまり心筋梗塞で倒れてしまったのだ。ルーベン危篤の報せに、盗み出す寸前だった大金さえも放り出し、ラスベガスへ駆けつけたラスティー(ブラッド・ピット)。やがて病床に集まったライナス(マット・デイモン)たち“オーシャンズ”のメンバーは、バンクへの復讐を誓う。まもなくダニーは、バンクへの最後の警告として、ホテルの権利を返した方が身のためだと伝えるが、バンクは平然とこれを拒否。所有するすべてのホテルで最高の格付けを得てきたバンクには、“オーシャンズ”など所詮敵ではないと思えたのだ。一方、“オーシャンズ”の狙いは、バンクがルーベンから奪い取った、まもなくグランド・オープンを迎える超高級ホテル“バンク”。カジノを併設するそのホテルは、世界最新にして最高の人工知能セキュリティ“グレコ”に守られていた。だが、“オーシャンズ”は仲間の借りを返すため、金品のみならずバンクのすべてを奪い取るつもりだ。そして“オーシャンズ”にとって因縁の宿敵であり、バンクのライバルであるベネディクト(アンディ・ガルシア)、またバンクの右腕である女性アビゲイル(エレン・バーキン)らも巻き込んで、壮大なリベンジ計画が繰り広げられるのだった。


ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット

題名:OCEAN’S THIRTEEN
邦題:オーシャンズ13
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
製作総指揮:スーザン・イーキンス、グレゴリー・ジェイコブス、フレデリック・W・ブロスト、ブルース・バーマン、ジョージ・クルーニー
製作:ジェリー・ワイントローブ
脚本:ブライアン・コペルマン、デイヴィッド・レヴィーン
撮影:スティーヴン・ソダーバーグ
美術:フィリップ・メッシーナ
衣装:ルイーズ・フログレイ
編集:スティーヴン・ミリオン
音楽:デイヴィッド・ホームズ
撮影機材:パナビジョン
特機機材:チャップマン(Chapman)
フィルム:イーストマンコダック
現像:テクニカラー
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、アル・パチーノ、エレン・バーキン、ドン・チードル、バーニー・マック、ケイシー・アフレック、スコット・カーン、エディー・ジェミソン
2007年アメリカ/シネスコサイズ・カラー122分35mmフィルム
オーシャンズ13 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


マット・デイモン、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット

映画「フライト」


デンゼル・ワシントン

今回はロバート・ゼメキス監督2012年製作「フライト(FLIGHT)」をピックアップする。
本作を日本では航空サスペンスのように宣伝されたが、実際の内容はアルコール依存症の主人公を描いたドラマであり、アカデミー賞に輝く名優・監督コンビによる優れた作品だ。撮影は2011年10月から開始されたそうだ。

【ストリー】
フロリダ州オークランド発アトランタ行きの旅客機に乗り込んだウィップ・ウィトカー機長(デンゼル・ワシントン)。一流の操縦テクニックを誇る彼は、この日も激しい乱気流を鮮やかに切り抜け、機体が安定すると副操縦士に任せて眠ってしまう。だが突然の急降下が、ウィトカーの眠りを破る。機体は制御不能、車輪を出し、燃料を捨て、あらゆる手段で速度を落とそうとするが、降下は止まらない。緊迫するコックピットでウィトカーは、機体を逆さまにする背面飛行を決行。高度は水平に保たれ、前方に草原が現れた。ウィトカーは機体を元に戻し、決死の不時着陸に挑む……。
アトランタの病院で目覚めたウィトカーは、パイロット組合幹事のチャーリー(ブルース・グリーンウッド)から、102人中生存者は96人だと告げられる。高度3万フィートからのそれはまさに奇跡の着陸だった。しかし密かに付き合っていた客室乗務員のトリ―ナ(ナディーン・ヴェラスケス)が亡くなったと聞き、ウィトカーはショックを受ける。見舞いに来た友人のハーリン(ジョン・グッドマン)が、興奮して世の中の騒ぎをまくし立てる。マスコミがウィトカーの偉業を称え、彼は一夜にしてヒーローとなったのだ。翌朝、チャーリーに呼び出されたウィトカーは、弁護士のラング(ドン・チードル)を紹介される。フライト・レコーダーから、事故の真相は機体の故障だと解明されるはずなのに、なぜ弁護士が必要なのかと声を荒げるウィトカー。実は調査委員会で、ある重大な疑惑が浮上していた。事故後、乗務員全員に行われた検査の結果、ウィトカーの血液中からアルコールが検出されたのだ。それが事故の原因と特定されれば、ウィトカーは過失致死で終身刑となる。一方、10人のパイロットに挑戦させた事故のシミュレーションでは、全員が地面に激突、全乗客が死亡、ウィトカーの神の腕が証明される。だがマスコミが疑惑を嗅ぎつけ始める中、ある客室乗務員はウィトカーを命の恩人だと感謝しながらも、彼に有利な証言を断り、副操縦士はTVのインタビューで思わせぶりな発言をするのだった。心の拠り所だった一人息子にも罵られ、次第に追いつめられていくウィトカー。そして全てが白日の下にさらされる公聴会の日がやって来た……。

題名:FLIGHT
邦題:フライト
監督:ロバート・ゼメキス
製作総指揮:シェリラン・マーティン
製作:ロバート・ゼメキス、ウォルター・F・パークス、ローリー・マクドナルド、スティーヴ・スターキー、ジャック・ラプケ
脚本:ジョン・ゲイティンズ
撮影:ドン・バージェス
美術:ネルソン・コーツ
衣裳:ルイーズ・フログリー
SFX/VFX/:ケビン・ベイリー
編集:ジェレマイア・オドリスコル
音楽:アラン・シルヴェストリ
出演:デンゼル・ワシントン、ケリー・ライリー、ドン・チードル、ジョン・グッドマン、ブルース・グリーンウッド、メリッサ・レオ、ブライアン・ジェラティ、タマラ・チュニー、ナディーン・ヴェラスケス、ジェームズ・バッジ・デール、ガルセル・ビュヴァイス
2012年アメリカ/シネスコサイズ・カラー138分デジタルシネマ
フライト -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


フライト(FLIGHT)