映画「トブルク戦線」

ロック・ハドソン                  ナイジェル・グリーン

今回はアーサー・ヒラー監督1966年製作「トブルク戦線(TOBRUK)」をピックアップする。
撮影はスペインとアメリカで行われたが、当時多くの戦争映画がロケされたスペインでは軍が全面協力し、ドイツ軍戦車役としてアメリカ製M41ウォーカーブルドッグ軽戦車やM48パットン戦車が多数登場する。特に無数のM48パットンがトブルクに集結したシーンは大迫力である。そしてアメリカ国内でも、カリフォルニア州軍第40機甲師団に軍事アドバイザーとして協力を受けながら、アリゾナ州やカリフォルニア州の砂漠で撮影された。
クライマックスのトブルク要塞は、南カリフォルニアの塩水湖サルトン海に作られ、全長16メートル、全幅24メートルの巨大なセットとなり、撮影はカメラを高さ25メートルのクレーンに吊り下げた状態で行われたという。
(ウィキペディア参照)


ガイ・ストックウェル                トブルク戦線(TOBRUK)

【ストリー】
第2次大戦中頃、ロンメル将軍率いる北アフリカのドイツ軍はスエズ運河を目ざして進撃していた。この時イギリス軍のクレイグ少佐(ロック・ハドソン)は砂漠部隊に配属されてアフリカに来たが、ビシー政権派のフランス人に逮捕されアルジェー港から送還される破目になった。だが彼は船が出航する直前、バーグマン大尉(ジョージ・ペパード)が指揮する3人の潜水隊員によって誘拐された。彼らの服装から見るとナチに違いなかったが、実はドイツ生れのパレスチナ系ユダヤ人で組織されている特殊部隊の義勇隊員で連合軍の味方であった。クレイグはイギリス軍基地に来て、救出された理由が分かった。指揮官ハーカー大佐(ナイジェル・グリーン)がトブルクのドイツ軍要塞に潜入して、燃料貯蔵庫を爆破せよ、と彼に命令を下したからだ。ロンメル軍はトブルクから補給を受けながら進撃していたから、そこの要塞を破壊すれば大打撃を受けるのは必至であった。この計画はもともとトブルクの事情に精通しているクレイグ少佐が着想したもので、やっと実行に移されたのである。翌日将校を含む62名のイギリス軍捕虜と21名のドイツ兵に変装した特殊部隊が、ドイツ軍の標識のついたトラックに分乗して出発した。だがクレイグ少佐はトブルクの地形を知っているだけに、この作戦は自殺的だと思っていたし、指揮官ハーカー大佐もユダヤ人の特殊部隊を信頼してはいなかった。行軍は再三危機にさらされたが、何とかトブルク潜入に成功した。だがその夜、何者かがドイツ軍へ密告したという情報が流れて、部隊は最高に緊張した。事実部隊が捕虜にしていたドイツ側のスパイが動き出して殺害されたし、特殊部隊の伍長が殺されたりした。いよいよトブルク要塞攻撃が開始された。海からはイギリス艦隊が応援した。壮絶きわまる戦闘中、裏切者が判明した。それは特殊部隊のモンフェルト中尉(ガイ・ストックウェル)だった。要塞攻撃は成功したが、最初83名のこの小部隊のうち、生き残った者はわずか4名だった。


トブルク戦線(TOBRUK)・トブルク要塞

題名:TOBRUK
邦題:トブルク戦線
監督:アーサー・ヒラー
製作:ジーン・コーマン
脚本:レオ・V・ゴードン
撮影:ラッセル・ハーラン
特撮:バワード・A・アンダーソン
美術:アレクサンダー・ゴリッツエン、ヘンリー・バムスタード
編集:ロバート・C・ジョーンズ
音楽:ブロニスロー・ケイパー
現像:テクニカラー
出演:ロック・ハドソン、ジョージ・ペパード、ナイジェル・グリーン、ガイ・ストックウェル、ジャック・ワトソン、レオ・ゴードン、ノーマン・ロシントン、パーシー・ハーバート、ライアム・レッドモンド
1966年アメリカ/シネスコサイズ(テクにスコープ)・カラー107分35mmフィルム
トブルク戦線 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ロック・ハドソン                     トブルク戦線(TOBRUK)

映画「地獄のアパッチ」


リー・ヴァン・クリーフ                        キャロル・ベイカー

今回はアレクサンダー・シンガー監督1971年製作「地獄のアパッチ(CAPTAIN APACHE)」をピックアップする。
本作はリー・ヴァン・クリーフ主演のイタリア製とは全く違うティストを持つブリティッシュ・ウエスタンだ。共演は「新・課外教授」のキャロル・ベイカーなど。

リー・ヴァン・クリーフが歌う「地獄のアパッチ」テーマ曲
本作の主題歌を歌っているのは、アパッチを演じたリー・ヴァン・クリーフである。
クリーフは、1969年に出演した「ベンチャー・ワゴン」で、主演のリー・マービンが主題歌を歌っているのを聞き、自身も映画の主題歌にチャレンジする事を決意。元オペラ歌手の妻ジョアン(1974年離婚)も背中を押したという。クリーフの申し出を受け、リチャード・モリスの作詞に、ドロレス・クラマンが曲をつけ、オープニング曲”Captain Apache”とエンディング曲”April Morning”が完成。クラマンのピアノ伴奏で、早速練習が始まった。しかし、「クリーフは歌唱力に乏しく、特にリズム感がなかった」と語るクラノンに対し、クリーフは「ピアノのせいで音程が外れてしまう」と言って譲らなかった為、ギター伴奏による練習に切り替えられたのだが、クリーフの歌がレコーディングに至るレベルに上達する事はなかったのである。。そこで、苦肉の策として考案されたのが、曲のかなりの部分を語りにしてしまうというアレンジ法。別録りした音楽にクリーフの歌と語りを正しいタイミングで挿入し、編集するという方法であった。こうして無事に?仕上がったレコードをクリーフは気に入っていたようで、自身のファンクラブの会員に配ったという逸話が残されている。
(マカロニウエスタン傑作DVDプロダクションノートより)


スチュアート・ホイットマン、チャーリー・ブラフォー、パーシー・ハーバート

【ストリー】
先住民居留地の監督官ハリー・コリア(ルイス・イントゥーニ)が何者かに射殺される事件が発生、彼が死に際に発した「エイブリル・モーニング」という言葉の真相を探るべく、アパッチ大尉(リー・ヴァン・クリーフ)が捜査に乗り出した。その遺言を聞いたコリアの部下OJ(ミロ・ケソダ)が不審な死を遂げる中、彼が定期的に誰かと密かに誰かと会っていたという情報を得たアパッチは、その密会場所だというメキシコの酒場に急行。しかし、店内にはいくつもの死体が転がっており、その直後にアパッチを縦断が襲うのだった……。

題名:CAPTAIN APACHE (THE GUNS OF APRIL MORNING)
邦題:地獄のアパッチ
監督:アレクサンダー・シンガー
製作:ミルトン・スパーリング、フィリップ・ヨーダン
原作:S・E・ホイットマン
脚本:ミルトン・スパーリング、フィリップ・ヨーダン
撮影:ジョン・カブレラ
編集:レイジ・G・テイラー
音楽:ドロレス・クラマン
出演:リー・ヴァン・クリーフ、キャロル・ベイカー、スチュアート・ホイットマン、パーシー・ハーバート、トニー・ボーケル、ルイス・イントゥーニ、チャーリー・ブラフォー、ミロ・ケソダ、エリザ・モンテス
1971年イギリス・スペイン/シネスコサイズ・カラー93分[日本劇場未公開] 35mmフィルム
マカロニ・ウェスタン傑作映画DVDコレクション 45号 2017年 12/31号 [分冊百科]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


地獄のアパッチ(CAPTAIN APACHE)

※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。