映画「あの頃ペニー・レインと」


パトリック・フュジット               ケイト・ハドソン

今回はキャメロン・クロウ監督2000年製作「あの頃ペニー・レインと(ALMOST FAMOUS)」をピックアップする。
キャメロン・クロウ監督は、実際に15歳でローリング・ストーン誌の記者になり、レッド・ツェッペリン、ニール・ヤングなど、数多くの伝説的なミュージシャンへのインタビューに成功した音楽ジャーナリストで、自伝的ストーリーを映画化したものだ。邦題の「ペニー・レイン」は1967年にビートルズが発表した14枚目のオリジナル曲で、イギリス・リバプールにあるペニー・レインという通りの名前の響きを気に入ったポール・マッカートニーが過ぎ去りし日々を思い出し作曲したものだ。
1970年代のUSAヒットチャートを知る人にはたまらない映画である。


あの頃ペニー・レインと(ALMOST FAMOUS)

【ストリー】
1973年、大学教授の母(フランシス・マクドーマンド)と暮らす知的で陽気な15歳の少年ウィリアム(パトリック・フュジット)は、姉アニタ(ズーイー・デシャネル)が教えたロック音楽の魅力に取り憑かれ、学校新聞などにロック記事を書いていた。やがて、伝説のロック・ライターでクリーム誌の編集長、レスター・バングス(フィリップ・シーモア・ホフマン)に認められ、さらにローリングストーン誌からも声がかかり、ウィリアムが愛する新進バンド、スティルウォーターのツアーに同行取材をすることになる。そして、このバンドを追う少女たちの中にいた、一際美しいペニー・レイン(ケイト・ハドソン)に恋をするのだが、彼女はスティルウォーターのギタリスト、ラッセル(ビリー・クラダップ)と付き合っていた。それでもウィリアムの恋心は変わらず、ツアーの刺激的な毎日を楽しんでいた。しかしやがてペニー・レインは、ニューヨークでラッセルの本命の恋人が現われたため、睡眠薬で自殺を図る。ウィリアムの助けで彼女は一命を取り止めるが、それはお祭り騒ぎの終焉を意味していた。そして飛行機事故の危機をなんとか切り抜け、ウィリアムの旅は終わるのだった。


ビリー・クラダップ               フランシス・マクドーマンド

題名:ALMOST FAMOUS
邦題:あの頃ペニー・レインと
監督:キャメロン・クロウ
製作:キャメロン・クロウ、イアン・ブライス
脚本:キャメロン・クロウ
撮影:ジョン・トール
美術:クレイ・A・グリフィス、クレイトン・アール・ハートレイ
衣裳:ベッツィ・ヘイマン
編集:サー・クライン、ジョー・ハッシング
音楽:ナンシー・ウィルソン、リサ・スチュワート 音楽監修:ダニー・ブラムソン
撮影機材:パナビジョン
編集機材:Avid
フィルム:イーストマンコダック
現像:テクニカラー
出演:パトリック・フュジット、ビリー・クラダップ、ケイト・ハドソン、フランシス・マクドーマンド、ジェイソン・リー、アンナ・パキン、フェルザ・バルク、ノア・テイラー、ズーイー・デシャネル、フィリップ・シーモア・ホフマン、テリー・チェン
第73回アカデミー賞脚本賞受賞。第58回ゴールデングローブ賞作品賞受賞。
2000年アメリカ/ビスタサイズ・カラー123分35mmフィルム
あの頃ペニー・レインと -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


あの頃ペニー・レインと(ALMOST FAMOUS)

映画「ミッション:インポッシブルIII M-I:III」


トム・クルーズ                 ミシェル・モナハン

今回はJ・J・エイブラムス監督2006年製作「ミッション:インポッシブルIII(MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III)」をピックアップする。本作はトム・クルーズ主演の人気スパイ・アクションの第3弾で敵役にアカデミー賞受賞俳優、フィリップ・シーモア・ホフマンを迎え、目まぐるしいアクションを展開する。撮影は2005年6月にイタリアで開始され、ベルリン、ローマ、バチカン、上海、西塘(浙江省)、ヴァージニア州、カリフォルニア州などでロケが行われた。2006年6月21日に主演のトム・クルーズが、東京~新大阪間の新幹線「のぞみ」を借り切った来日キャンペーンが実施された。時刻表にない特別ダイヤで運行し、出発時刻などは混乱を避ける目的で非公開となった。この企画の経費は、「のぞみ」の貸切りの1,500万円など、約3,000万円とされる。
(ウィキペディア参照)


マギー・Q                     ケリー・ラッセル

【ストリー】
スパイを引退したイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、婚約者のジュリア(ミシェル・モナハン)と幸せな日々を過ごしていた。新人スパイの教育に当っていたイーサンだが、教え子リンジーが誘拐されたことを知らされ、その救出作戦に参加する。しかし救出に成功したと思ったのも束の間、リンジーは頭に仕掛けられた爆弾で死んでしまった。その後、一連の事件の裏に闇商人デイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)がいることを知ったイーサンのチームは、デイヴィアンを捕獲すべく、バチカンへと向かった。見事デイヴィアンを捕らえたイーサンたちだったが、帰国後、襲撃を受ける。リンジーが遺したマイクロドットには、上官のブラッセルが、デイヴィアンと通じているという秘密が語られていた。奇襲を受けたイーサンたちは、結局デイヴィアンを奪われてしまう。イーサンに恨みを抱くデイヴィアンは、ジュリアを誘拐し、機密物質「ラビットフット」を48時間以内に探し出さないとジュリアを殺すと脅迫してきた。ブラッセルの裏切りに気づいた上司マスグレイブの機転により、イーサンは上海に向かった。そこにはチームの面々も揃っていた。「ラビットフット」があるという高層ビルに潜入し、盗み出すことに成功するイーサン。それをデイヴィアンの元に持っていくが、頭に爆弾を埋め込まれた挙句、目の前でジュリアを殺されてしまう。絶望するイーサン。しかし何故かそこにマスグレイブが現れ、実は殺されたジュリアが偽者だったことを明かす。デイヴィアンと結託していたのはマスグレイブだったのだ。イーサンはマスグレイブを出し抜き、本物のジュリアが囚われている場所へと向かった。そこでイーサンはデイヴィアンを倒し、頭の爆弾を破壊することにも成功する。追ってきたマスグレイブを撃ち殺したのはジュリアだった。イーサンは新しい仕事を丁重に断り、ジュリアとハネムーンに出かけるのだった。

題名:MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III
邦題:ミッション:インポッシブル3/M-I:III
監督:J・J・エイブラムス
脚本:アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、J・J・エイブラムス
製作総指揮:ストラットン・レオポルド
製作:トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー
撮影:ダン・ミンデル
美術:スコット・チャンブリス
VFX:インダストリアル・ライト&マジック(ILM)
効果:ロジャー・ガイエット
衣装:コリーン・エイトウッド
編集:メリアン・ブランドン、メアリー・ジョー・マイキー
音楽:マイケル・ジアッチーノ
音楽スーパーバイザー:ダニー・ブラムソン
フィルム:イーストマンコダック
撮影機材:パナビジョン
現像:デラックスカラー
出演:トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィング・レイムス、ビリー・クラダップ、ミシェル・モナハン、ジョナサン・リース・マイヤーズ、ケリー・ラッセル、マギー・Q、サイモン・ペッグ、ローレンス・フィッシュバーン
2006年アメリカ/シネスコサイズ・カラー126分35mmフィルム
ミッション:インポッシブル3 M-I:III -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ミッション:インポッシブルIII(MISSION: IMPOSSIBLE III/M-I:III)