映画「お熱いのがお好き」


トニー・カーティス、ジャック・レモン

今回はビリー・ワイルダー監督1959年製作「お熱いのがお好き(SOME LIKE IT HOT)」をピックアップする。
本作は1920年代、禁酒法制下のアメリカを時代背景にウィットに富むコメディ作品で名作と言われている。劇中、マリリン・モンローが歌った主題曲は、現在も彼女のアイコンになって余りにも聞き慣れている。トニー・カーティスとジャック・レモンの女装は、当時としては衝撃的な設定であり、喜劇の重要なモチーフとして成功している。


「お熱いのがお好き(SOME LIKE IT HOT)」マリリン・モンロー

【ストリー】
禁酒時代のシカゴのもぐり酒場。サキソフォンを吹いていたジョー(トニー・カーティス)と、バス・ヴァイオルを弾いていたジェリー(ジャック・レモン)は、酒場に警察の手入れが入って失職した。困った2人は新しい仕事場へ都落ちするため、ガレージに自動車を借りに出かける。ところがそのガレージで、彼らはギャングの殺人を目撃する。折からの聖ヴァレンタインの日を期して、2人がもと働いていた酒場の持ち主スパッツ・コロンボ(ジョージ・ラフト)が、もぐり営業を密告した男に機関銃弾をぶちこんだのである。逃げ出した2人は、コロンボ一味に狙われる身の上となった。生命の危険を感じた2人は、ジョーがジョセフィン、ジェリーがダフニと名を変えて、女装して女性オーケストラ一行にまぎれこみ、マイアミ演奏旅行に出発する。オーケストラの一員に、ウクレレ奏者の金髪娘シュガー(マリリン・モンロー)がいた。ジョーは一目でシュガーに惹かれたが、彼女は過去に6回もサキソフォン吹きとの恋愛に失敗し、今度は成金と結婚しようと狙っている娘だった。それに女を装う身の上では、求愛もできない。一方ジェリーのダフニは、マイアミで年輩の大金持の御曹子オスグッド3世(ジョー・E・ブラウン)に一目惚れされてしまう。そこで一計を案じ、ジョーは男の姿に戻って石油成金と偽り、シュガーをつれ出す。そしてジェリーの誘いで外出したオスグッド3世のヨットを使い、彼女と愛をささやくことに成功。2人の二重生活が進行中のそんなある日、ギャング達の集会がマイアミで開かれ、スパッツ・コロンボが一味をつれてオーケストラ一行と同じホテルにやってきた。びっくりした2人は、正体を見破られかけて逃げ出す仕度をする。ギャングの集会では、勢力拡張を計るコロンボが組織の怒りをかい、集会の席上で突然射殺される事件が起こる。そんな騒ぎのうちに、ジョーは実は自分は男だと打ち明けて、シュガーとともに安全なヨットに逃れる。ヨットに向かう途中、ジェリーもオスグッド3世に、自分が男である身の上を打ち明ける。しかしオスグッド3世は、平然として言った。「誰でも完全な人間なんてありはしない」と。


「お熱いのがお好き(SOME LIKE IT HOT)」マリリン・モンロー

題名:SOME LIKE IT HOT
邦題:お熱いのがお好き
監督:ビリー・ワイルダー
製作:ビリー・ワイルダー
原作:R・ソーレン、M・ローガン
脚本:ビリー・ワイルダー、I・A・L・ダイアモンド
撮影:チャールズ・ラング
美術:テッド・ハワース
衣装:オーリー・ケリー
音楽:アドルフ・ドイッチェ 音楽監督:マティ・マルネック
編集:アーサー・シュミット
出演:マリリン・モンロー、トニー・カーティス、ジャック・レモン、ジョージ・ラフト、パット・オブライエン、ジョー・E・ブラウン、ネーミア・パーソフ、ジョアン・ショーリー、ビリー・グレイ、ジョージ・E・ストーン、デイヴ・バリー
1959年アメリカ/ビスタサイズ・モノクロ120分35mmフィルム
お熱いのがお好き -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「お熱いのがお好き(SOME LIKE IT HOT)」マリリン・モンロー

マリリン・モンロー

映画「昼下りの情事」



オードリー・ヘップバーン             ゲイリー・クーパー

今回は名匠ビリー・ワイルダー監督1957年製作「昼下りの情事(LOVE IN THE AFTERNOON)」をピックアップする。
本作が公開された当時、オードリー・ヘップバーンが28歳、ゲイリー・クーパーが56歳で演じた年齢差恋愛のロマンチックコメディーだ。良き時代のハリウッド映画黄金期の純真な作品である。


モーリス・シュヴァリエ

【ストリー】
クロード・シャヴァッス(モーリス・シュヴァリエ)はパリの私立探偵である。御依頼ともあれば、アメリカの億万長者フラナガン(ゲイリー・クーパー)とX夫人の濡れ場を盗み撮るという仕事も、やらねばならない。依頼人のX氏がその写真を見て、フラナガンを殺すといきまく。これを聞いたのが、シャヴァッスの娘アリアーヌ(オードリー・ヘップバーン)である。彼女は父の扱う事件記録を読むのを楽しみにしていたが、チェロの勉強にコンセルヴァトワールへ出かけたものの、この事件が気になってたまらない。フラナガンの泊まっているホテルへ来てみると、X氏がピストルをポケットに忍ばせているところにアリアーヌは出くわした。アリアーヌの機転でX夫人は逃れ、危ういところを助かったフラナガンは、彼女と明日の午後を約束する。翌日、あんな浮気男とデートなどすまいと思ったものの、アリアーヌは結局ホテルを訪れる。食事と美しいムードミュージック、フラナガンのお定まりの手に、アリアーヌはすっかり参ってしまう。しかし、やがてフラナガンがパリを出発する時刻が来て、2人はいかにも世慣れた遊び人同士の如く、あっさり別れた。が、車が見えなくなると、アリアーヌはしおしおと音楽院へ向うのだった。何ヵ月後のある夜、アリアーヌはオペラで恋しいフラナガンに再会し、明日の逢瀬を約束する。翌日ホテルを訪れたアリアーヌに、皮肉にも今度はフラナガンが参ってしまい、彼女がことありげに話した男たちのことに、気が揉めてたまらない。偶然出会ったX氏に相談すると、彼の答は、シャヴァッスに頼め、だった。シャヴァッスが調査してみればなんと自分の娘アリアーヌである。事実を告げることもできず、シャヴァッスはフラナガンに、あの婦人は箱入り娘で当人の言ったことは全部作り話、あの娘を愛しいと思ったら、パリを離れることだと報告する。アリアーヌがホテルを訪れた時、フラナガンは荷造りを済ませていた。世慣れた風を装い、アリアーヌはリオン駅ホームまで見送るが、お互いに別れがたい。やがて発車の時、フラナガンは、遂にアリアーヌを列車に抱えあげる。プラットホームには、ふたりを微笑んで見送るシャヴァッスの姿があった。

題名:LOVE IN THE AFTERNOON
邦題:昼下りの情事
監督:ビリー・ワイルダー
製作:ビリー・ワイルダー
原作:クロード・アネ「アリアーヌ」
脚本:ビリー・ワイルダー、I・A・L・ダイアモンド
撮影:ウィリアム・C・メラー
美術:アレクサンドル・トローネ
衣裳:ユベール・ド・ジバンシー
編集:レオニード・アザー
音楽:フランツ・ワックスマン 挿入曲「魅惑のワルツ」
出演:オードリー・ヘップバーン、ゲイリー・クーパー、モーリス・シュヴァリエ、ジョン・マクギバー、ヴァン・ドード、リーゼ・ボウルディン、オルガ・ヴァレリーとザ・ジプシーズ
1957年アメリカ/ビスタサイズ・モノクロ134分35mmフィルム
昼下りの情事 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


昼下りの情事(LOVE IN THE AFTERNOON)    オルガ・ヴァレリーとザ・ジプシーズ

映画「七年目の浮気」


七年目の浮気(SEVEN YEAR ITCH)マリリン・モンロー

マリリン・モンロー                 イヴリン・キース

今回はビリー・ワイルダー監督1955年製作「七年目の浮気(SEVEN YEAR ITCH)」をピックアップする。
本作はブロードウェイの大ヒット作を映画化したものだが、マリリン・モンローが地下鉄通気口の風でスカートが浮き上がるシーンは、一世を風靡した。撮影はニューヨークロケが1954年の8月から始まったそうだ。
下左側画の有名な”スカートが浮き上がるスチール”は、本作のプロモーションとしての企画で、プロ・アマ含め数百人のカメラマンが集まったそうだ。


有名な地下鉄通気口の風でスカートが浮き上がるシーンは左が宣材用スチール。実際は右下のカットのみ。

【ストリー】
リチャード・シャーマン(トム・イーウェル)は出版社の編集者。中年に近い恐妻家の男だが、避暑に出かける妻ヘレン(イヴリン・キース)と息子のリッキー(ブッチ・バーナード)を飛行場で見送り、妻君の口うるさい忠告に閉口してひとりアパートに戻った。ところが彼の部屋の1階上には、部屋主の避暑旅行の留守期間だけ住みこんだテレビに出演している娘(マリリン・モンロー)がいた。その悩ましさを印象づけられたシャーマンは落ちつきをなくし、止むなく出版予定の精神病医ブルベイカー博士の原稿を読み始めた。やがてシャーマンは、自分が女たらしになる妄想の糸をたぐり出し、女秘書モリスから妻の女友達エレンまで、さまざまな女たちに誘惑される想像にふける。と、そこへ妻から長距離電話が。ヘレンは、旧友の作家トム・マッケンジーに会ったと言う。シャーマンの心はおだやかでなくなり、ふとしたきっかけで階上の娘を自室に招くが、現実の世界は妄想のようにはうまく運ばず、彼はことごとにヘマをする。翌朝、出社したシャーマンがブルベイカー博士の原稿を読むと、結婚7年目の男の浮気心を「7年越しのムズムズ」と説明している。自分もちょうど結婚7年目なのでいたく良心を責められるシャーマンだが、妄想は又もや始まる。たまりかねて妻に電話をかけると、マッケンジーとドライヴに出かけたという。アパートに戻ったシャーマンは、階上の娘をさそって映画を観に行く。自分の部屋はクーラーがないので暑くて眠れない、という娘を自分たちの寝室に寝かせ、シャーマンは居間で一夜を明かす。翌朝、又もやノイローゼ的妄想を始めたシャーマンに、娘は昨夜のお礼の接吻をする。そこへマッケンジーが突然訪ねてきた。シャーマンは、ヘレンが離婚する意志を伝えにやって来たと誤解し、トムを殴り倒してヘレンの元へ飛んでゆくのだった。

題名:SEVEN YEAR ITCH
邦題:七年目の浮気
監督:ビリー・ワイルダー
製作:チャールズ・K・フェルドマン、ビリー・ワイルダー
原作:ジョージ・アクセルロッド
脚本:ビリー・ワイルダー、ジョージ・アクセルロッド
撮影:ミルトン・クラスナー
特撮:レイ・ケロッグ
美術:ライル・ウィーラー、ジョージ・W・デイヴィス
装飾:ウォルター・M・スコット、スチュアート・A・リース
衣装:チャールズ・ル・メイル、トラヴィーラ
編集:ヒュー・S・ファウラー
音楽:アルフレッド・ニューマン
現像:デラックスカラー カラー・コンサルタント:レオナード・ドス
出演:マリリン・モンロー、イヴリン・キース、ソニー・タフツ、トム・イーウェル、ロバート・ストラウス、オスカー・ホモルカ、マーゲリット・チャップマン、ヴィクター・ムーア、ブッチ・バーナード
1955年アメリカ/シネスコサイズ・カラー105分35mmフィルム
七年目の浮気 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


七年目の浮気(SEVEN YEAR ITCH)

七年目の浮気(SEVEN YEAR ITCH)

七年目の浮気(SEVEN YEAR ITCH)

1 2