映画「姐御 」

姐御 姐御
黒木瞳                          香山美子

今回は鷹森立一監督1988年製作「姐御 ANEGO」をピックアップする。
本作は、藤田五郎氏原作の小説「女侠客」の映画化したもので、極道の夫を殺された妻の復讐を描いている。明らかに70年代の東映任侠映画と違うティストで、若干の違和感が残るもののテンポは良かったのではないかと思う。脚本は中島貞夫監督、撮影は巨匠木村大作氏が担当されている。

姐御 姐御
松方弘樹、名高達郎                 石橋蓮司、白都真理
姐御 姐御
黒木瞳、松方弘樹                 石橋保、高部知子

【ストリー】
大阪・道頓堀で古溝組の若頭・紺野淳一(松方弘樹)は、田ノ浦組の客分・杉本(ビートたけし)に襲われ重傷を負った。淳一の妻・愛(黒木瞳)は死にものぐるいで杉本の白刃に飛びつくのだった。数日後、田ノ浦組から手打ちの申し入れがあったが、それは罠で、淳一は殺されてしまう。愛はかつて極道の妻だった澄江(香山美子)の店を手伝いながら田ノ浦への復讐を狙っていた。そして彼が愛人の亜矢子(白都真理)といるところを襲うが、失敗して刑務所に入れられてしまう。愛は獄中で女児を出産。幸子(竹村愛美)と名付けて澄江に預けた。4年後に愛は出所し、古溝組三代目・弘(名高達郎)に迎えられた。しかし、澄江の店も田ノ浦によって地上げされようとしていた。田ノ浦は悪どいやり口で弘まで殺し、幸子を誘拐。澄江は幸子と引き替えに店を立ち退くのだった。愛はついに田ノ浦を殺す決心をし、杉本を味方につけ、田ノ浦のマンションの合い鍵を手にした。そして、田ノ浦と亜矢子を待ちぶせ、淳一の仇をとるのだった。

姐御
「姐御 ANEGO」黒木瞳
姐御 姐御
ビートたけし                      寺田農

題名:姐御 ANEGO
監督:鷹森立一
製作:俊藤浩滋、高岩淡
原作:藤田五郎「女侠客」
構成:斯波道男
脚本:中島貞夫
撮影:木村大作
照明:増田悦章
録音:芝氏章
整音:伊藤宏一
音効:竹本洋二、和田秀明
美術:内藤昭
装置:梶谷信男
装飾:西川由紀夫
背景:西村三郎
衣裳:豊中健
美粧:田中利男
結髪:山田真佐子
擬斗:金田治 (JAC)
配役:葛原隆康
記録:中嶋俊江
編集:市田勇
音楽:津島利章 主題歌:閔海景「この世のすべて
現像:東映化学 (ノンクレジット)
プロデューサー:佐藤雅夫、厨子稔雄、天野和人
企画:藤映像コーポレーション
進行主任:宇治本進
製作進行:下戸聡
演技事務:藤原勝
助監督:比嘉一郎
撮影補佐:信坂利文
監督助手:森本浩史、中川裕介
撮影助手:田中勇二、金子正人
撮影効果:村上喜代美
照明助手:伊藤昭、磯野雅宏、立石和彦、村沢浩一、鹿野克己、木戸美昭
録音助手:立石良二、川口三郎
美術助手:松宮敏之
装置助手:井筒恒夫
装飾助手:宮村敏正、大橋豊
衣装助手:宮川信男、中村恵
編集助手:坂口由美、田中みどり
刺青:毛利清二
火薬効果:ブロンコ
ヘアーメイク:福田高広
衣裳コーディネーター:堀田都志子
方言指導:永居光男、河原芳美、川鶴晃浩
製作宣伝:丸国艦
スチール:中山健司
出演:黒木瞳、名高達朗、香山美子、白都真理、高部知子、ビートたけし、松方弘樹、寺田農、石橋蓮司、石橋保、品川隆二、荒井注、志賀勝、間寛平、正司歌江、竹村愛美
1988年日本・東映/ビスタサイズ・カラー101分35mmフィルム
姐御 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

姐御 姐御
松方弘樹                     石橋蓮司、白都真理
姐御 姐御
錦引勝彦                       名高達郎

映画「十階のモスキート」

十階のモスキート
「十階のモスキート」内田裕也
十階のモスキート十階のモスキート
内田裕也                         吉行和子

今回は崔洋一監督1983年製作「十階のモスキート」をピックアップする。
本作は、内田裕也氏が企画・脚本・主演を務め、崔洋一監督のデビュー作である。
内容は、万年係長の交番勤務の警官が、無味乾燥な日々の中、サラ金地獄に陥り、ついに郵便局強盗を実行してしまうといったものだが、すべてが物悲しく映っている。
破滅に向かって進む人物像は、想定内の物語ではあるが「餌食(若松孝二監督1979年)」「水のないプール(若松孝二監督1981年)」そして本作でも内田裕也氏が演じたから成立した固有な作品になっている事は間違いない。全編ロケーション撮影は、千葉県君津市で主に行われたそうだ。

十階のモスキート
「十階のモスキート」中村れい子
十階のモスキート十階のモスキート
中村れい子                        佐藤慶

【ストリー】
男(内田裕也)は万年係長のサエない警察官で、妻のTOSHIE(吉行和子)はそんな男に愛想をつかし、娘のRIE(小泉今日子)を引き取って離婚していた。娘は原宿のロックンロール族に狂い、時々、男に金をせびりに来るが、男は娘にだけは甘い。団地の十階に住み、毎月の慰謝料や養育費もとどこおりがちな男の気晴らしは、スナック・ヒーローで酒を飲むことと、その店の女、KEIKO(中村れい子)とのセックスだ。男はいつも落ちている昇進試験のためにサラ金から借金をしてパソコンを購入する。男は妻への支払い、サラ金への返済で出費がかさみ、競艇に手を出し、さらにサラ金から金を借りるという悪循環が続き、とうとう、返済の催促は交番にまで及んだ。追いつめられた男は、自分の部屋に駆けつけると窓からパソコンを放り投げる。男は、その足で郵便局に押し入り、金を出せと拳銃を乱射する。郵便局の外にはパトカー、TV局やヤジ馬が殺到している。やがて、群集が見守る中、男は同僚の警官にかかえられ、手錠をかけられたまま連れ出されてくるのだった。

十階のモスキート十階のモスキート
小泉今日子                        アン・ルイス
十階のモスキート十階のモスキート
横山やすし                      ビートたけし

題名:十階のモスキート
監督:崔洋一
企画:内田裕也
製作:結城良煕
脚本:内田裕也、崔洋一
撮影:森勝
照明:小山勲
録音:佐藤富士男
音効:坂井三郎
美術:細石照美
装飾:落合亮司、橋本良二
結髪:榊原暁美 (山田かつら)
衣裳:第一衣裳
記録:中川初子
編集:山田真司
音楽:大野克夫 挿入歌:白竜「誰のためでもない」選曲:小野寺修
現像:東洋現像所
製作担当:栗原啓祐
製作進行:小橋孝裕
俳優担当:笹岡幸三郎
助監督:磯村一路
監督助手:平山秀幸、福岡芳穂、増本千尋
撮影助手:喜久村徳章、寺沼範雄、五十嵐英弘
照明助手:金沢正夫、白石宏明、井上英一、関野高弘
美術助手:山田正徳
編集助手:北沢良雄
録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
制作協力:内野二郎
車両:富士映画
スチール:中島俊雄
出演:内田裕也、吉行和子、中村れい子、風祭ゆき、宮下順子、小泉今日子、アン・ルイス、佐藤慶、ビートたけし、横山やすし、阿藤海、清水宏、下元史朗、梅津栄、小林稔侍、安岡力也
1983年日本・ニュー・センチュリー・プロデューサーズ/ビスタサイズ・カラー108分35mmフィルム
十階のモスキート -DVD-
2019年6月現在、DVDレンタルはありません。

十階のモスキート十階のモスキート
中村れい子                       風祭ゆき
十階のモスキート十階のモスキート
十階のモスキート

映画「その男、凶暴につき」


ビートたけし                        白竜

今回は北野武監督1989年製作「その男、凶暴につき」をピックアップする。
本作は当初プロデューサーの奥山和由氏が、深作欣二監督に依頼した企画であり、深作監督が降板した事で、急遽ビートたけしさんが主演・監督をする事に至り、たけしさんは、脚本の書き直しを唯一の条件に引き受け、北野武名義で第1回監督作品を務める事となった。今までのバイオレンス映画と違い、時間の流れ、間の取り方が、秀悦な描き方をしており、その後の北野武監督作品を予感する思いだった。


芦川誠、ビートたけし                  平泉成

吉澤健                         音無美紀子

【ストリー】
一匹狼の刑事・我妻諒介(ビートたけし)は、凶暴なるがゆえに署内から異端視されていた。ある晩、浮浪者を襲った少年の自宅へ押し入り、殴る蹴るの暴行を加えて無理矢理自白させた。暴力には暴力で対抗するのが彼のやり方だった。麻薬売人の柄本(遠藤憲一)が惨殺された事件を追ううち、青年実業家・仁藤(岸部一徳)と殺し屋・清弘(白竜)の存在にたどり着いたが、麻薬を横流ししていたのは、諒介の親友で防犯課係長の岩城(平泉成)だった。やがて岩城も口封じのため、自殺に見せかけて殺されてしまう。若い菊地(芦川誠)は諒介と組むが、いつもハラハラのし通しだった。一方、清弘の仲間たちは知的障害の少女を諒介の妹(川上麻衣子)と知らずシャブ漬けにして輪姦する。諒介は刑事を辞めて、岩城の復讐のために仁藤を撃ち殺した。さらに清弘もアジトで射殺するが、その死体にすがるのは変わり果てた妹・灯の姿だった。諒介は最愛の妹にも引き金をひいたのだった。その時、背後から忍び寄った仁藤の部下・新開(吉澤健)が諒介を射殺、菊地に岩城の代わりをさせて麻薬の密売を引き継ぐことになったのだった。


佐野史郎                    岸部一徳、吉澤健

題名:その男、凶暴につき
監督:北野武
製作総指揮:奥山和由
製作:鍋島壽夫、吉田多喜男、市山尚三
原案:奥山和由
監修:黒井和男
脚本:野沢尚
撮影:佐々木原保志
照明:高屋齋
録音:堀内戦治
音効:帆苅幸雄(東洋音響)
МA:アオイスタジオ リーレコ:岩橋政志
美術:望月正照
装置:福田義昭
装飾:遠藤光男、毛尾喜泰
小道具:中島順子
特殊効果:納富貴久男、唐沢裕一
特殊メイク:原口智生
擬闘:菊地竜志、津川誠(菊地剣友会)
ガンエフェクト:BIGSHOT
カースタント:竹内雅敏(カースタントTAKA)
特殊機械:中村雅敏
美粧:浜田芳恵、博田佳子
配役:吉川威史
記録:中田秀子
編集:神谷信武 ネガ編集:大橋まさみ、錦織朱美
音楽:久米大作 音楽プロデューサー:佐々木麻美子 挿入歌:トレイシー「ガール・ユー・ニード」
現像:東京現像所 タイミング:福島宵行
製作担当:貝原正行
製作主任:黒田晃司
製作進行:中村秀康
進行助手:近藤信二
監督補:天間敏広
助監督:月野木隆
監督助手:加門幾生、宮島英紀、中西健二
撮影助手:図書紀芳、相馬健司、柳田裕男、小柴健二
照明助手:中村裕樹、清水康利、院瀬見昭佳、井上信治、内田浩策、鈴木敦子
録音助手:佐久間猛、石見洋
美術助手:沢路和範
編集助手:西岡容子、井山和彦
車両担当:西垣恵一、三浦了、斎藤重信
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
製作協力:森昌行、ライトヴィション
企画協力:末吉博彦
スチール:野上哲夫
出演:ビートたけし、白竜、川上麻衣子、佐野史郎、吉澤健、芦川誠、岸部一徳、平泉成、遠藤憲一、音無美紀子、上田耕一
1989年日本/ビスタサイズ・カラー103分35mmフィルム
その男、凶暴につき -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ビートたけし、川上麻衣子                ビートたけし

1 2 3