映画「3時10分、決断のとき」

3時10分、決断のとき3時10分、決断のとき
クリスチャン・ベイル               ラッセル・クロウ

今回はジェームズ・マンゴールド監督2007年のアメリカ製西部劇「3時10分、決断のとき(3:10 TO YUMA)」をピックアップする。本作の原作は、エルモア・レナードの短編小説を映画化したデルマー・デイヴィス監督1953年製作「決断の3時10分(3:10 TO YUMA)」をリメイクした作品だが、オリジナルより評価が高い作品だそうだ。ラッセル・クロウ扮するボス、ピーター・フォンダ扮する老ガンマン、尊厳を取り戻すクリスチャン・ベイルの演技が魅力的だった。ニューメキシコの風景はとても良かったが、西部劇というより現代に通ずるテーマの展開が素晴らしい思う。しかし私は、イタリア製西部劇の方が好きだ。

3時10分、決断のとき3時10分、決断のとき
ローガン・ラーマン                グレッチェン・モル

【ストリー】
南北戦争で片足を負傷して不自由となったダン・エヴァンス(クリスチャン・ベイル)は、妻のアリス(グレッチェン・モル)と2人の息子と共に荒涼としたアリゾナで小さな牧場を営みながら暮らしている。だが新しく鉄道を引く計画が持ち上がり、一家を立ち退かせようとする地主らによって様々な嫌がらせを受けていた。そんなある日、ダンは騒ぎで逃げた牛を息子たちと探しに荒野へ行くと、無法者ベン・ウェイド(ラッセル・クロウ)率いる強盗団と遭遇、息子たちの安全を考え、ダンは乗っていた馬を引き渡す。一味に襲撃された駅馬車の護衛をしていたピンカートン探偵社の賞金稼ぎバイロン(ピーター・フォンダ)を救出したダンは町に赴くが、酒場でウェイドと再会、そこに保安官が現れ、ウェイドはあっけなく捕まった。ウェイドに度々襲われていた鉄道会社のグレーソン・バターフィールド(ダラス・ロバーツ)は、彼を刑務所に入れるため、三日後の午後3時10分発ユマ行きの列車に乗せようとする。ウェイドをコンテンションの駅まで護送する一行にダンも同行を願い出るが、ボスが捕まったことを知った一味の右腕チャーリー・プリンス(ベン・フォスター)もその後を追いかけていた。道中、バイロンら何人もの犠牲者を出しつつも、ダンはウェイドを連れてコンテンションの町に到着する。そこにボスを奪還しようとチャーリーたちが現れ、一行が身を隠すホテルを包囲、さらにダンを殺害した者には賞金を出すと群衆を扇動する。銃を持った男たちが虎視眈々とダンの命を狙う中、ウェイドはダンに命と金の保証をするから自分を逃がせと取引するが、ダンは拒否。この危険な仕事を引き受けたのは金のためではない、とダンは本当の理由をウェイドに語り始める。その後、ダンとウェイドは共に駅へと向かうが、町の中で銃撃戦が始まった。二人に容赦なく降り注ぐ銃弾の雨。ダンはウェイドを列車に乗せることができるのか……?

3時10分、決断のとき3時10分、決断のとき

題名:3:10 TO YUMA
邦題:3時10分、決断のとき
監督:ジェームズ・マンゴールド
製作総指揮:スチュアート・ベッサー、ライヤン・カヴァナー、リンウッド・スピンクス
製作:キャシー・コンラッド
原作:エルモア・レナード
脚本:ハルステッド・ウェルズ、デレク・ハース、マイケル・ブラント
撮影:フェドン・パパマイケル
美術:アンドリュー・メンジース
衣裳:アリアンヌ・フィリップス
配役:リサ・ビーチ、サラ・カズマン
録音:ポール・マッシー
編集:マイケル・マカスカー
音楽:マルコ・ベルトラミ
撮影機材:パナビジョン
フィルム:富士フィルム
出演:クリスチャン・ベイル、ラッセル・クロウ、グレッチェン・モル、ローガン・ラーマン、ベン・フォスター、ピーター・フォンダ
2007年アメリカ/シネスコサイズ・フジカラー122分35mmフィルム
3時10分、決断のとき [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

3時10分、決断のとき3時10分、決断のとき

映画「イギリスから来た男」

イギリスから来た男イギリスから来た男
テレンス・スタンプ

今回はスティーヴン・ソダーバーグ監督1999年製作「イギリスから来た男(THE LIMEY)」をピックアップする。
スティーヴン・ソダーバーグ監督は1989年に「セックスと嘘とビデオテープ(SEX,LIES,AND VIDEOTAPE)」で映画監督デビューし「アウト・オブ・サイト(OUT OF SIGHT/1998年)」「オーシャンズ11」「チェ 28歳の革命」「エージェント・マロリー」など傑作を世界に放っているが、撮影監督や編集を務めることも多く、「トラフィック(Traffic/2000年)」や「オーシャンズ11」といった作品では監督と撮影を兼任した。その際、アメリカ撮影監督協会から撮影監督としてのクレジットは認められない為に撮影監督ピーター・アンドリューズ、編集マリー・アン・バーナード名義にしているそうだ。

イギリスから来た男イギリスから来た男
ピーター・フォンダ

【ストリー】
9年間の刑務所暮らしを終えて出所したウィルソン(テレンス・スタンプ)は、ひとり娘ステイシー(ニッキー・カット)がLAで事故死したという手紙を受け 取る。死の真相を確かめるべく、手紙を出した彼女の友人エド(ルイス・ガズマン)を訪ねたウィルソンは、やがて彼女の死に大物音楽プロデューサーのテリー (ピーター・フォンダ )がからんでいるのを知る。どうやら彼女はテリーが相棒のエイヴリー(バリー・ニューマン)と組んで仕切るヘロインの密売事件に巻き込まれたらしい。エド とステイシーの友人のTV女優イレイン(レスリー=アン・ウォーレン)の手を借りて、海辺の別荘に逃げ込んだテリーを追うウィルソン。彼はテリーを追い詰 め、彼から娘の最期を聞き出した。真相を知ったウィルソンはテリーを殺さず、そのままLAを立ち去った。

イギリスから来た男イギリスから来た男
ルイス・ガズマン             レスリー=アン・ウォーレン

題名:THE LIMEY
邦題:イギリスから来た男
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
製作:ジョン・ハーディ、スコット・クレイマー
脚本:レム・ドブス
撮影:エド・ラッハマン
美術:ゲイリー・フラットコフ
衣裳:ルイーズ・フログレイ
音楽:クリフ・マルティネス 音楽監修:アマンダ・シーア=デム
編集:サラ・フラック
撮影機材:クレアモント
現像:CFI
フィルム:イーストマンコダック
出演:テレンス・スタンプ、ピーター・フォンダ、レスリー・アン・ウォーレン、ルイス・ガスマン、バリー・ニューマン、ジョー・ダレッサンドロ、ニッキー・カット
1999年アメリカ/ビスタサイズ・カラー89分35mmフィルム
イギリスから来た男 デラックス版 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

イギリスから来た男イギリスから来た男

映画「ダイヤモンドの犬たち」

ダイヤモンドの犬たちダイヤモンドの犬たち
ピーター・フォンダ

今回はヴァル・ゲスト監督1975年製作「ダイヤモンドの犬たち(KILLER FORCE)」をピックアップした。
主演にピーター・フォンダ、テリー・サバラス、クリストファー・リー、モード・アダムス、O・J・シンプソンをキャスティングし、南アフリカの荒涼たる砂漠を舞台にダイヤ・シンジケートを巡って争う弱アクション映画だ。豪華出演者の割にはテレビ映画の規模と内容だが、この時代に作られた日本のTV映画「キイハンター(1968年4月~1973年4月/東映・TBS)」の方が良かったなと思った。

ダイヤモンドの犬たちダイヤモンドの犬たち
テリー・サバラス                モード・アダムス

【ストリー】
世界有数のダイヤモンド会社として知られるシンジケーテッド・ダイヤモンド・コーポレーションの集積所は、南西アフリカの広大な砂漠にあって、その警備は厳重で、特に巨額のダイヤモンドが眠る地下金庫には、完璧に警備装置が二重三重にセットされていた。この地下金庫の警備隊に勤務する副隊長マイク・ブラッドリー(ピーター・フォンダ)は、ある日、隊長のネルソンから、街に潜伏してダイヤモンドの強奪を狙っているプロの5人組の計画を自ら囮になって未然に防ぐことを命令された。ネルソンの計画は、まずブラッドリーに会社のダイヤを盗ませ、それを土産がわりにして、ダイヤモンド強奪グループの仲間入りをさせようとするものだった。この計画はこの2人しか知らない秘密計画だった。やがて、ダイヤを盗み出したブラッドリーはそのダイヤを安物のネックレスにつなぎあわせて愛人のクレア(モード・アダムス)にプレゼントした。だが、そこにダイヤモンド・コーポレーション本社の警備本部長ウェッブ(テリー・サヴァラス)が現われ、クレアのネックレスから本物のダイヤをつまみ出した。
うまくその場を逃げたブラッドリーに、事の一部始終を見ていたダイヤモンド強奪グループが仲間に入るようにすすめた。するとブラッドリーは、以前からダイヤを盗むことを計画していた事を彼らに話し、自らリーダーとなって計画をおしすすめることにした。早速、ブラッドリーは、仲間の1人をダイヤモンド工場の労務者として潜入させ、残る5人は、地下金庫に接近した。そして見事に大量のダイヤモンド強奪に成功した。果てしなく広がる大砂漠。ジープを飛ばして逃げるブラッドリー一味。その後を彼の裏切りで怒るウェッブが隊員を総動員して追った。2人、3人と仲間を射殺されたブラッドリーは、ようやくクレアと合流し、敵のヘリコプターを奪い取って飛び乗った。だが執念で追うウェッブは、長距離ライフルで、ヘリコプターを墜落させるのだった。

ダイヤモンドの犬たちダイヤモンドの犬たち

題名:KILLER FORCE/THE DIAMOND MERCENARIES/DIE
邦題:ダイヤモンドの犬たち
監督:ヴァル・ゲスト
製作:ナット・ワックスバーガー、パトリック・ワックスバーガー
脚本:バル・ゲスト、マイケル・ウィンダー、ジェラルド・サンフォード
撮影:デヴィッド・ミリン
音楽:ジョルジュ・ガルヴァランツ
出演:ピーター・フォンダ、テリー・サバラス、クリストファー・リー、モード・アダムス、O・J・シンプソン
1975年アメリカ・アイルランド・スイス/ビスタサイズ・カラー101分35mmフィルム
ダイヤモンドの犬たち [DVD]
ダイヤモンドの犬たち[DMMレンタル]

ダイヤモンドの犬たちダイヤモンドの犬たち
ダイヤモンドの犬たち(KILLER FORCE)

1 2